【コックシューズの入門編】人気おすすめ商品と選び方を徹底解説します!

こんな人に読んでほしい
  • コックシューズ選びで迷っている方
  • 現状のコックシューズに不満がある方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。 
どーも、野菜は炒めても足は痛めるなシンコーです。 

シンコーちゃん

当記事では、食品関係の職場で履かれるコックシューズについて徹底解説しました。

リョクシンは会社員でして、靴メーカーに勤めています!

リョクシン

ちなみに、学生時代はすべて靴屋でアルバイトしていました。

完全な靴のオタクですね(笑) 

そんな靴オタクがコックシューズを徹底解説します。

コックシューズって、下記のような悩みや疑問ありませんか?。

「なにを履いたらよいの?」

「売っている場所がわからない」

「そもそもどんな製品があるの?」

「コックシューズってすぐ壊れる」

「今使っているコックシューズ滑って危険」

「どのコックシューズ履いても疲れやすい」

リョクシン

そんなお悩みにお答えすべく、記事を作成しました。

コックシューズの種類・素材の違い・選び方・おすすめ商品を徹底解説!!

シンコーちゃん

ぜひ、当記事とブログを読んでいただきご判断ください!

 

 

タップできる目次

コックシューズとは?

コックシューズって分かるようで分からないキーワードですね。

コックシューズ とは、「食品関係の職場で労災対策で使用される靴」のことを指します。

リョクシン

まだコックシューズというジャンルができてから、時代が浅いんだね。

そのため、呼び方もコックシューズ以外に、厨房シューズや厨房靴、キッチンシューズと定まっていない印象。

すべて同じ意味なんだよ。

確かに人によって呼び方違うかも!

当ブログでは、コックシューズで統一しました。

シンコーちゃん

近年、コックシューズはワークマンブームにより注目されています。

テレビ番組では、コックシューズの「滑りにくさ」だけが先行して、話題となりました。

しかし、特長は「滑りにくい」だけではありません。

熱湯による火傷と浸水対策で、通気口がないことも特長だね。

立ちっぱなしだから疲れにくさも重要かな!

シンコーちゃん

下記がコックシューズに求められる機能です。

求められる機能

  • 滑りにくさ
  • 疲れにくさ
  • 通気口がない

リョクシン

詳しく見ていきましょう!

 

コックシューズは滑りにくさが重要!

まずコックシューズは滑りにくいことが最低条件です。

滑ってしまってはコックシューズを履く意味がありません。

滑りにくさは、キッチンやフロアの環境にも関係しますので色々な製品を試してみるのがよいでしょう。

ちなみに、滑りにくさの決め手は靴底の形状です。

靴底の形状がポイント

コックシューズの靴底は、普通の靴屋さんで販売されているスニーカーにはない特徴があります。

まず、靴底に溝(みぞ)がたくさんあること。

下記がコックシューズの靴底です。

靴底の溝(みぞ)が、キッチンや床にある水や油と行った液体をかき出します。

リョクシン

液体をかき出すことで床と接地する面積が増えるので、滑りにくいわけですね。

溝の少ない靴底と多い靴底の違い-

画像のとおり、溝が多い右側の靴は、水や油のない床と接地していますね。

リョクシン

普通のスニーカーにはない靴底の構造だね。

なるほど!

でもなんで、普通のスニーカーは溝が少ない製品ばかりなのだろう?

シンコーちゃん

その理由は、普通のスニーカーのほとんどが、昔スポーツシューズだったことが関係します。

たとえば、コンバースのオールスターやアディダスのスタンスミス、ナイキのエアーフォースなど。

挙げたらキリありません。

リョクシン

スポーツシューズは滑りにくさに特化できないんだ。

だから、靴底に溝が少ないんだね。

スポーツシューズの靴底の特徴

  • 滑りたいときに滑り、止まりたいときに止まる機能が求められる
  • 石ころ等の異物がが詰まりにくいように溝が少ない

上記がスポーツシューズの靴底の特徴です!

スポーツシューズは、滑りにくさに特化してしまうと、ケガ要因になることも・・・

滑らなすぎて、転倒するイメージです。

「つんのめる」感じだね。

また滑りにく過ぎると、パフォーマンスも低下するだろうね。

シンコーちゃん

さらに、スポーツシューズの靴底に(みぞ)が多いと、石ころや泥(どろ)など異物が詰まります。

そんな靴底では、滑ってケガをする可能性があるでしょう。

リョクシン

コックシューズの靴底は、特殊で普通のスニーカーでは代替えができないんだね。

食品関係で働く方は、コックシューズの使用をおすすめします。

滑って転倒したら労災だからね。

絶対にコックシューズにしましょう。

シンコーちゃん

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズは疲れにくさも重要

コックシューズは、疲れにくさも重要です。

リョクシン

クッション性が悪いと製品を履くと、足腰を悪くする可能性があるんだ。

長時間の立ち仕事だからね。

靴が悪かったら、カラダに負担が「かかる」か・・・

シンコーちゃん

食品関係の方でしたら、コックシューズは、通勤や休日履くスニーカーより、履いている時間が多いです。

ですので、履く時間の多いコックシューズには投資しましょう。

重要なポイントは下記3つ。

疲れにくいコックシューズの特徴

  • 滑りにくい
  • アーチサポート形状がある
  • クッション性の高い素材を使用している

上記、3つのポイントが抑えられていれば問題なし!

疲れにくい靴は、身体への負担と仕事へのストレスが軽減されます。

新メニューの考案は、終業後に行うこともあるから、疲労はなるべく蓄積させない方が良いね。

シンコーちゃん

疲れにくいコックシューズについては、説明がすこし長くなりますので、別の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
疲れないコックシューズはコレ!!靴オタクが厳選した2足

もし気になりましたら、確認をお願いします。

↑目次へ戻る↑

通気口がない

コックシューズには、表面の素材に通気口がありません。

水や熱湯がかかる可能性があるからです。

コックシューズのアッパーに通気口があると、水が入り気分が落ち込むね。

シンコーちゃん

リョクシン

また、熱湯が靴の中に入ればやけどの元。

通気口のないコックシューズを履きましょう!

シンコーちゃん

でも通気口ないと蒸れるんだよねー。
そのとおり!

正直なところ蒸れるね。

でも、製品によっては通気口はないものの素材で多少蒸れ対策したり、靴の形状で蒸れにくさを出したり、工夫はしているよ!

蒸れにくいコックシューズを探している方は、下記の別記事を見てみてください!

リョクシン

もっと詳しく解説
【徹底解説】蒸れないコックシューズのおすすめベスト3を紹介!

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズの売っている場所はどこ?

コックシューズ どこでうっているの?

次に「コックシューズはどこに売っているか?」について見ていきましょう!

リョクシン調べは、下記になります。

コックシューズ販売店

  • 東京靴流通センター(店舗による)
  • abc-mart(ネット通販)
  • ホームセンター(会社・業態・店舗による)
  • 作業着屋(会社・業態・店舗による)
  • ドン・キホーテ(店舗による)
  • ワークマン
  • ネット通販
  • テンポス(厨房機器の販売店)

まずコックシューズは、仕事に関係する靴なので、一般の靴屋さんには売っていないでしょう。

ABC-MARTや東京靴流通センターなど。

リョクシン

仕事に関係する靴は、ホームセンターやワークマンに売ってるね。

ワークマンは、基本的に3種類以上は、店頭にあるでしょう。

ドン・キホーテは、店舗によりますが販売している店舗はありました。

料理人さんではご存知のテンポスでもコックシューズは販売されています。

結局のところ、一番おすすめなお店ってどこなの?

シンコーちゃん

リョクシン

今すぐに欲しいならワークマンかな?

どこの店舗も販売されていたよ。

でも、一番は通販をおすすめしたい。

ネット通販のamazonでは、無料試着して無料で返品できるサービスがあります。

またamazonは、コックシューズのラインナップが豊富。

ハイスペックな製品から格安コックシューズまで全て取り揃えていました。

リョクシン

コックシューズのトップメーカーってミドリ安全なんだけど、実店舗にはあまり販売していないんだ。

これはミドリ安全の企業の方針なのかもしれない。

しかし、amazonにはミドリ安全の製品が多数ラインナップしています。

これから紹介するけど、スポーツメーカーのアシックスのコックシューズも通販だけだね。

シンコーちゃん

コックシューズって実はとても種類があります。

amazonや通販には、実店舗では見られないコックシューズがたくさん!

ぜひ、通販でのご購入も検討してみてください。

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズの選び方

ここからは、コックシューズの選び方についてみてきます。

重要なポイントは下記の2点!!

コックシューズの選び方

  • お店で何を作っているのか
  • 床の素材はなにか

詳しくみていきましょう。

シンコーちゃん

何を作っているのか

そのお店では、何を作っているのかによってコックシューズの選び方が変わります。

その理由は、料理の内容によってキッチンの環境が変わるから!

下記、具体例です。

具体例

  • ラーメン・・・水や油が多い
  • パン・・・粉が床に落ちる
  • お寿司・・・ごはん粒が床に落ちる

などなど

 

このように、料理の内容によって床の状態が変わってきます。

コックシューズの滑りにくさを生み出すのは、靴底の形状でした。

底の形状床の状態の相性を合わせる必要があります。

リョクシン

「靴底の形状」「床の状態」の相性が悪いとどんなによいコックシューズでも滑るでしょう。

下記、対策例です。

対策例

  • ラーメンであれば、水や油に対応したコックシューズ。
  • パン屋であれば、粉でも滑りにくいコックシューズ。
  • お寿司屋さんであれば、ごはん粒でも滑りにくいコックシューズ。

シンコーちゃん

価格の高い製品を買えば滑りにくい訳ではないのかー。

↑目次へ戻る↑

床の素材はなにか

お店の床によってもコックシューズの選び方が変わります。

リョクシン

床の素材が、ステンレスや滑りにくい床、タイル、排水溝の有無など。

その素材にあった靴底のコックシューズでないと滑ります。

ちなみに滑りにくい床とは、ザラザラした床

床をザラザラさせることで、靴底に引っかかるようにして滑りにくくするのです。

摩擦を起こすわけですね!

滑りにくいコックシューズを使用するだけではなく、床でも対策するとは驚きました。

シンコーちゃん

また、排水溝も靴底の形状と相性が悪いと、排水溝にハマってしまい、滑ります。

グレーチング

そのときは、排水溝対策の靴底を選びましょう!

リョクシン

床の素材からコックシューズを判断するのは、難しいです。

まずは、作っている料理の内容と床の状態を見てみましょう。

「水や油のような液体で滑るのか」

「ごはん粒や小麦粉、野菜くず等の固形物で滑るのか」

くらいはわかると思うので、検証してみましょう。

シンコーちゃん

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズの種類について

コックシューズの形状には、種類があります。

店舗レイアウトや作業環境、仕事内容、ユニフォームとのバランスなど。

ケースによって使い分ける必要があります。

リョクシン

下記の6種類になります。

それぞれの特性を知った上で、仕事内容にあったコックシューズを選びましょう!

 

スリッポン

スリッポンタイプは、コックシューズの定番の形です。

リョクシン

おそらく、ほとんどの方はこのスリッポン形状でしょう。

多くのコックシューズは、靴ヒモやマジックテープがないスリッポンが主流。

その理由は、靴ヒモがあると、衛生面と安全面に影響するからです。

たしかに、靴ヒモがあると踏んだり、カビたりする可能性がありますね。

マジックテープは、汚れが付着して掃除に手間がかかるわ。

シンコーちゃん

当記事では、スリッポンタイプの製品を解説します。

リョクシン

マジックテープや紐がないため、フィッティングが難しい!

その代わりに安全や衛生面には最適です。

↑目次へ戻る↑

サボシューズ

脱ぎ履きのしやすいコックシューズをサボシューズと呼びます。

サンダルのようにカカト部分が低いのが特徴。

居酒屋さんや観光地の蕎麦屋さんに多いイメージです。

いずれにしても、小上がりのあるお店に多いね。

シンコーちゃん

店員さんが脱ぎ履きすることが多い、お店で履かれていました。

サボシューズも種類がたくさんあります。

サボシューズについては、別記事にて詳しく説明。

コックシューズのサボに興味ある方は、下記からどうぞ!

シンコーちゃん

もっと詳しく解説
【飲食店の方必見!】厨房靴のサンダル『サボ』の選び方!

↑目次へ戻る↑

クロックス

リョクシン

あの有名サンダルメーカーのクロックスから飲食店用の製品が発売されています。

その名もビストロクロックス!!

ビストロクロックスの種類は、1つや2つではなく、たくさんラインナップがありました。

世界ではクロックスがコックシューズのシェアを占めているとのこと。

履き心地は、あのクロックスをそのままにして靴底だけ滑りにくいのです。

個人飲食店の方が履いているイメージがあります。

カラーバリエーションやデザインが豊富でおしゃれ!

シンコーちゃん

防水性が高いので、つま先が蒸れやすいデメリットがありました。

ですので、臭う可能性があります。

ただし、丸洗いが可能なので、ガンガン洗って清潔にすれば問題なし。

リョクシン

クロックスのビストロシリーズについては、別の記事でまとめて紹介しました。

気になった方はぜひ、見てみてください。

もっと詳しく解説
クロックスビストロシリーズ選び方とおすすめ商品【徹底解説】

↑目次へ戻る↑

紐付きスニーカータイプ

先ほど、紐付きのコックシューズは安全面と衛生面ですぐれないと解説しました。

確かに、コックシューズの基本形はスリッポンです。

リョクシン

しかしスリッポンでは、靴ヒモなど留め具がないためフィッティング性が低い。

そのため、足に合わないと靴ズレなどトラブルが発生することも・・・

いくら安全・衛生と言ったところで、足を悪くしては問題。

そんなときは、思い切って紐付きでもよいでしょう!

実際に大手外食チェーン店でも採用になっています。

紐付きコックシューズについては、別の記事でまとめて紹介しました。

気になった方はぜひ、見てみてください。

シンコーちゃん

もっと詳しく解説
サイズ合わない人は「紐付きコックシューズ」がおすすめ!

↑目次へ戻る↑

耐油長靴

リョクシン

長靴が必要なお店もあると思います。

水をたくさん使用する現場ですね。

当ブログでは、耐油長靴についても解説しました。

コックシューズでは、靴下やユニフォーム素足が、濡れる可能性のある場所で長靴を履きます。

コックシューズでは丈が短いので、濡れてしまいますからね。

ラーメン屋の場合には、熱湯なのでやけどの危険もあるので、長靴を使用することが多いでしょう。

長靴は、主にラーメン屋や食品スーパー、工場などで使用されているね。

シンコーちゃん

長靴ならなんでもOKという訳ではありません。

一体成型といわれる縫製糸や接着剤を使用しない作り方が主流。

そして、油に強い素材の「耐油」で無ければなりません。

リョクシン

もしコックシューズではなく耐油長靴について知りたい方は、下記の記事もどうぞ!

※徹底解説したのでちょっと長いかもしれません。

もっと詳しく解説
【食品関係者必見】白長靴の選び方とおすすめの耐油長靴を解説!

↑目次へ戻る↑

安全靴タイプ

コックシューズには、安全靴のようにつま先に硬い芯が入っている製品があります。

安全靴タイプのコックシューズ。

リョクシン

食品工場調理師専門学校で使用されていました。

重いモノを足元に落ちてもつま先を守ることができるでしょう。

また、包丁を落としたときも足元を保護してくれますね。

そのため、調理師専門学校では安全靴タイプのコックシューズが使用されるケースが多い。

包丁や調理器具の扱いに慣れていませんからね。

安全靴タイプのコックシューズについては、別の記事でまとめて紹介しました。

気になった方はぜひ、見てみてください。

シンコーちゃん

もっと詳しく解説
安全靴タイプのコックシューズおすすめ製品【徹底解説】

 

↑目次へ戻る↑

おすすめコックシューズトップ3を紹介!

ここからは、コックシューズ専門家の私が2019年11月現在、おすすめ商品を3つ紹介!

30種類以上のコックシューズに足を通してきた筆者が厳選しました。

30種類以上もコックシューズってあるんだ。

まずそこに驚いた方も多いはず!

シンコーちゃん

リョクシン

読者のみなさんお忙しいと思いますので、まずは取り急ぎベスト3を発表!

履き心地や耐久性(コスパ)、滑りにくいコックシューズから見ていきます。

下記の3つになります。

おすすめコックシューズ

  • アシックス『ウィンジョブCP-303』
  • 弘進ゴム『シェフメイトグラスパーCG-002』
  • アキレス『クッキングメイト100』

リョクシン

詳しく見ていきましょう。

 

アシックス『ウィンジョブCP-303』

評価項目詳細
価格¥9,612~
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感はじめはキツく感じる。0.5cm大きめ推奨。幅広の方は大きめ必須。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

まずは、アシックスの『ウィンジョブCP-303』です!

スポーツメーカーのアシックスコックシューズを開発しました!

アシックスは、世界3大ブランドのNIKE・ADIDAS・PUMAに迫る日本の靴メーカー。

アジアのスポーツ業界では№1メーカーです。

オリンピックでもアシックス製品を身にまとう選手を多くみました!

シンコーちゃん

リョクシン

アシックスブランドの中でもウィンジョブ®』は、働く人に向けたシリーズ。

安全・快適に重きを置くブランドです。

ウィンジョブ®シリーズは、コックシューズ以外にも工事現場で履くような安全靴をラインナップ。

それが大ヒット中です!!

工事現場をみてください。

働いている人ほとんどアシックスですから。

ウィンジョブは、安全靴やコックシューズだとわからない位に、かっこいいですね。

コックシューズの『ウィンジョブCP303』は新製品。

2018年8月に発売したばかりです。

実際に履いていますが、クッション性抜群で最高です。

リョクシン

さすがアシックス!!

履き心地に優れた製品です。

滑りにくさも今まで履いたコックシューズの中で一番

横滑りもOKです!

シンコーちゃん

縦に滑りにくいコックシューズはたくさんありました。

しかし、横にも滑りにくいコックシューズは少ないですね。

価格が高いのがデメリットですが、一度履いたらもう他は履けません。

ウィンジョブCP-303は、高級で購入の判断がむずかしいところ。

そこで、別の記事で詳しく解説しました。

気になった方は、こちらを読んでいただきご検討ください。

私は超オススメします!!

もっと詳しく解説
【最速レビュー】アシックスのコックシューズCP303を履く!

 

↑目次へ戻る↑

弘進ゴム『シェフメイトグラスパーCG-002』

評価項目詳細
価格¥5,000~3,000
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感幅広の方は大きめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★☆(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◎ ラーメン△→湯切りによる

※オゾン殺菌・高熱殺菌・消毒殺菌OK!(ただし、濃度による)

続いて、2つ目は弘進ゴムの『シェフメイトグラスパーCG-002』

殺菌処理に強いので、給食関係の方に超絶おすすめなコックシューズ。

熱殺菌とオゾン殺菌に対応したコックシューズは市場に2種類しかありません。

リョクシン

その内の1つがシェフメイトグラスパーCG-002です。

耐久性はコックシューズ界で、ナンバー1ではないかと!

弘進ゴムは、ゴム製品と樹脂製品を製造するメーカー。

最大手の業務用長靴メーカーです。

ラーメン屋さんや食品スーパーで履かれている、白い長靴で有名。

リョクシン

シェフメイトグラスパーCG-002の一番の特徴は、靴底!

東北大学の堀切川教授(ほっきりがわ)と弘進ゴムが共同開発した靴底になります。

堀切川教授は、摩擦学の世界的な権威。

教授の専攻が、摩擦学とのこと。

靴底に「Dr.Hokky」の刻印がありました!

リョクシン

コックシューズは、「靴底が、いかに摩擦を起こせるか」が滑りにくさを発揮するポイントです。

教授の研究が生きた靴底なのでしょう。

とても滑りにくいです。

教授とシェフメイトグラスパーは、テレビでも取り上げられていました。

MEMO
“堀切川教授 or シェフメイトグラスパーの出演メディア”

  • 凄ワザ(NHK)
  • モヤモヤさまぁ~ず2(テレビ東京)
  • 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ(テレビ東京)

前述のとおり、シェフメイトグラスパーCG-002は、耐久性も抜群!

コックシューズ履いていて靴底が剥がれた経験ありませんか?

うわぁーすごいね。

ここまではないけど、表面が破れて水が入ってくることはあるね。

シンコーちゃん

リョクシン

シェフメイトグラスパーCG-002であれば問題なし

靴に使用されるすべての素材を日本で調達!

さらに日本で生産しているそうです!

だから耐久性はバッチリ!

ここまでメリットがあると、価格が高そうな気がします。

しかし、通販価格は¥4,000前後くらい。

コスパ抜群で間違えなし!

すぐに、コックシューズが破損してしまう方にオススメします!

もっと詳しく解説
【レビュー】シェフメイトグラスパー日本製で耐久性高く滑りにくい

 

↑目次へ戻る↑

アキレス『クッキングメイト100』

評価項目詳細
価格¥6,500~3,900
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感0.5cm大きめ推奨。幅広の方は、さらに大きめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

3足目は、アキレスの『クッキングメイト100』です。

アキレスもアシックスと同様に、靴業界では有名なメーカー!

リョクシン

キッズスニーカーの大ヒット商品「瞬足」を開発しました。

アキレスは靴業界の中でも製品の品質がとても高いイメージ。

アキレスはコックシューズを「クッキングメイトシリーズ」として多数ラインナップ。

クッキングメイトシリーズの中でもクッキングメイト100は最もハイスペックな製品です。

コックシューズ業界で唯一、汚れにくさを表す「防汚」を機能として表記!

確かにツヤツヤしていて汚れが落ちやすそうです。

メーカー曰く、マジックペンで書いてもすぐに拭き取れば、着色しないくらい汚れにくいとのこと。

クッション性も素晴らしく、当サイトを経由して出会った料理人さんからも評価が高いです。

その秘密の1つがインソールにありました。

画像で見ると、なんか普通のインソールに見えます。

しかし、素材や形状が「立ちっぱなし」でも疲れにくいよう工夫がありました。

うん。

本当にクッキングメイト100のインソール評判が良いね。

シンコーちゃん

気になる「滑りにくさ」もコックシューズ界でトップクラス!

滑りにくさも間違いなくコックシューズでトップクラス。

メーカーより、汚れも靴底に詰まるものの取れやすい構造とのこと。

確かに、タテヨコの靴底の溝(みぞ)が一直線上にあります。

リョクシン

溝に詰まっても、ブラシで、迷路のように外側へ詰まったゴミを流せますね。

クッキングメイト100は、「①滑りにくさ × ②防汚 × ③耐久性 × ④履き心地」の4点で優れています。

かなり優秀なコックシューズですが、価格は高くありません。

コスパのよい製品です。

私にとって、サイズ感や価格帯でピッタリな一番好きな製品ですね。

アシックスには手が届かないが、ちょっと高い製品を試したい方にオススメ。

注意
  • 類似品のクッキングメイト003に注意してください。
  • ※とくにamazonで購入のとき。
  • 「防汚」と表記されているか確認をお願いします。
  • クッキングメイト003は、類似品で防汚と表記がありません。
  • クッキングメイト100と003ではクッション性に天と地ほどの差があります。
もっと詳しく解説
【レビュー】コスパ最強!隠れた名作クッキングメイト100

リョクシン

以上が、コックシューズオタクリョクシンのおすすめ「トップ3」でした。

 

注意

コックシューズ市場には、価格が安くて履き心地・耐久性の悪い製品がたくさん。

「コックシューズである前に、靴としてこれはどうなの?」

みたいな製品もありました。

上記の3製品は、コックシューズの前に靴としての当たり前の機能を有しています。

ぜひ、今お使いのコックシューズに不満な方は試してみてください。

以降、コックシューズ選び方・素材・その他おすすめ商品の紹介です。

 

↑目次へ戻る↑

滑りにくさ抜群のコックシューズ6つ紹介

ここでは、とにかく滑りにくいコックシューズについて解説します。

先ほどのおすすめ3製品に負けず劣らずの滑りにくいコックシューズ。

下記の6つになります。

滑りにくさ抜群のコックシューズ

  • 日進ゴム『ハイパーV#5000』
  • ノサックス『グリップキング』
  • ミドリ安全『ハイグリップNHS-700N』
  • ミドリ安全『ハイグリップNHS-600N』
  • ミドリ安全『ハイグリップNHF-700』
  • アイトス『Grip Max4440』

シンコーちゃん

それぞれみていきましょう!

 

日進ゴム『ハイパーV♯5000』

評価項目詳細
価格¥5,000~3,500
サイズ21.5~30.0cm
サイズ感大きい。足が細い人は靴内部に空間がありすぎる。幅広の方推奨。
カラー展開白・黒・ピンク・グリーン・ブルー
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

 

ハイパーV#5000は、日進ゴムが製造しているコックシューズ。

日進ゴムは、滑りにくい靴のリーディングカンパニーです。

リョクシン

その中でもハイパーV#5000は、日進ゴムの大ヒット製品。

とても滑りにくいです。

その滑りにくさを支えるのは、このV字状の靴底。

この靴底が水滴や油が床に付着していてもグリップして滑りにくい!

発売当初は衝撃でしたね。

それまで市場にあった製品と比べものにならない位に滑りにくい製品でした。

シンコーちゃん

今では、他社も追いつけ追い越せで、滑りにくい製品をラインナップしています。

しかし、発売当時の反響はいまでも続いていて、大人気。

ホームセンターやワークマンでも取り扱われていますね。

リョクシン

余談ですが、日進ゴムは「超防滑」という言葉を作ったメーカーではないかと。

超防滑とは、滑りにくいコックシューズ(防滑)の中でも、更に上のランク!

よって、コックシューズ業界は、超防滑の下に「防滑」というランク分けがありますね。

防滑タイプのコックシューズは安い製品に多いです。

超防滑は防滑タイプに比べて価格が高い!

その代わりに高い滑りにくさがあります。

リョクシン

靴底の形状に特許を持っていたり、靴底を作る過程に一工夫しているためどうしても高価格になるのでしょう!

ハイパーV5000はそんな「超防滑」を最初に実現した製品です。

もっと詳しく解説
【レビュー】ハイパーvソールで滑りにくい。hyperv♯5000

 

↑目次へ戻る↑

ノサックス『グリップキング』

評価項目詳細
価格¥4,400~2,526
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感0.5cm大きめ推奨。幅広の方は、更に大きめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★☆☆☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

グリップキングは、安全靴メーカーのノサックスが開発したコックシューズです。

 

ハイパーVに負けず劣らず、むしろ勝りつで滑りにくさ抜群

靴底の三角形のオムスビソール形状が高い滑りにくさを発揮します。

こちらも文句なしで「超防滑」ランクのコックシューズといえるでしょう。

しかも価格が安価なのがうれしいですね。

もっと詳しく解説
【レビュー】滑りにくいのに安い!グリップキングがおすすめ

 

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全『ハイグリップNHS-700N』

評価項目詳細
価格¥6,912~3,618
サイズ21.0~31.0cm
サイズ感大きめ。超幅広の方以外は、0.5cm小さめ推奨。
カラー展開白・黒・ピンク・グリーン・ブルー
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

※排水溝に強い

ハイグリップNHS-700Nは、ミドリ安全が製造したコックシューズです。

 

ミドリ安全は、コックシューズでトップシェアのメーカー。

リョクシン

ミドリ安全は、コックシューズを年間100万足販売!

文句なしのコックシューズ№1メーカーではないかと!

ハイグリップNHS-700Nは、全方向に滑りにくいのが特徴です。

また排水溝(グレーチング)対策もバッチリ!

排水溝の多いキッチンの方にオススメします。

もっと詳しく解説
【レビュー】ハイグリップNHS-700は全方向滑りにくい。

 

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全『ハイグリップNHS-600』

評価項目詳細
価格 ¥5,657~3,379
サイズ21.0~31.0cm
サイズ感 大きめ。超幅広の方以外は、0.5cm小さめ推奨。
カラー展開白・黒・ピンク・グリーン・ブルー
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◯ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

※つま先の安全靴のような先芯が入っています。

ハイグリップNHS-600もミドリ安全の「超防滑」ランクのハイスペック製品。

ハイグリップNHS-600は、つま先に安全靴のような芯が入っています。

靴底は、先ほどのハイグリップNHS-700Nと同じ。

滑りにくいことは間違えありません。

つま先には、安全靴のような先芯が入っていました。

何か落としたときに、つま先を保護します。

それなのにこの価格です!!安い!

料理人に成り立ての方やホテルの厨房など狭いキッチンで作業される方にもおすすめします。

 

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全『ハイグリップNHF-700』

評価項目詳細
価格¥5,000~
サイズ20.0~31.0cm
サイズ感大きめ。超幅広の方以外は、0.5cm小さめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

ハイグリップNHF-700もミドリ安全のコックシューズ。

 

2018年11月末に発売しました。

ミドリ安全のコックシューズ最新モデル!

リョクシン

靴底にミドリ安全の新しい靴底を搭載しています。

その名も「ハイグリップ・ザ・フォース」

水油に対する滑りにくさでは、どこにも負けません。

さらにハイグリップNHF-700のコンセプトは、「滑りにくいは当たり前」です。

クッション素材には、高反発素材を使用。

リョクシン

横からみたらわかりますが、かなり厚底ですね。

ナイキの厚底ランニングシューズのような反発性がありました。

ですので、本当に走ると早く感じますよ(笑)

おすすめの1足です。

もっと詳しく解説
【最速レビュー】疲れない!「ハイグリップ・ザ・フォースNHF-700」

 

↑目次へ戻る↑

アイトス『グリップマックス4440』

評価項目詳細
価格¥6,900~3,800
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感通常の通り
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

グリップマックス4440は、アイトスの製造しているコックシューズ。

 

アイトスは、ユニフォームをメインに製造しているメーカーです。

アイトスはいくつかコックシューズをラインナップ。

その中でも一番滑りにくい製品がグリップマックス4440です。

クッション部分の形状が印象的ですね。

滑りにくい機能がありながら、amazonではかなり特価でした。

滑りにくい機能があって、この価格は安いです。

但し、価格の落差が大きいので購入時期に気を付けましょう。

もっと詳しく解説
【解説】アイトスのグリップマックス4440は滑りにくく安い!

 

 

↑目次へ戻る↑

人気のコックシューズを5つ紹介!

ここからは、人気のコックシューズを紹介!!

リョクシン

私が、お店でよく目にしたコックシューズです。

外食チェーン店や個人飲食店で履かれている製品。

機能と価格のバランスに優れた製品ではないかと!

下記、4つになります。

人気コックシューズ紹介

  • 弘進ゴム『シェフメイトα-100』
  • アキレス『クッキングメイト003』
  • ミドリ安全『ハイグリップH-700N』
  • クロックス『ビストロシェフ』

確かにこの4製品よく見かけます。

飲食店の企業さんが制服に採用するだけあって、通販サイトでも人気。

飲食店でアルバイトが決まった方の1足目にピッタリでしょう。

 

弘進ゴム『シェフメイトα-100』

評価項目詳細
価格¥4,500~3,500
サイズ21.0~31.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒・ピンク・ミント・スカイ
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◯ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

シェフメイトα-100は、弘進ゴムが製造しているコックシューズ。

弘進ゴムの説明は、前述のとおり。

リョクシン

シェフメイトα-100は、本当によく飲食店で履いている人お見かけるね。

大手通販サイトのamazonではコックシューズで一番人気!

また、ホームセンターやワークマンでも販売されていました。

リョクシン

クッション部分に2本のラインがあるのわかりますか?

このラインがコックシューズに付着した水を床へ流しやすくします。

また、クッションも高く、インソールが初めから入っています。

取り外しができるので、仕事終わりに外して干しておくことで臭い対策になりますね。

インソールを別で購入している方、多いですが初めから付いているのはありがたい!

シンコーちゃん

大手通販サイト№1でワークマンのラインナップにも採用。

どう考えてもユーザーから評価されたコックシューズといえるでしょう!

もっと詳しく解説
【シェフメイトα-100をレビュー】amazonとワークマンで大人気!

↑目次へ戻る↑

アキレス『クッキングメイト003』

評価項目詳細
価格 ¥6,010~2,491
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感はじめはキツめ。0.5cm大きめ推奨。幅広の方は大きめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

クッキングメイト003は、アキレスの製造しているコックシューズです。

アキレスの説明は、前述のとおり。

リョクシン

実は、アキレスも安いコックシューズをラインナップしています。

アキレスの安い製品の場合、ただ安いわけではありません。

「しゃがむ」ときや、歩行サポートのために、クッションの部分に切り込みがあります。

この切り込みと靴底がしゃがむ動作や歩行と連動するような設計に!

こうすることでコックシューズが曲がりやすくなるのです。

リョクシン

靴って履きはじめは、硬くて歩きにくくないですか?

その理由は、靴自体の曲がる部位が定まっていない事にあります。

クッキングメイト003は歩くときに靴自体が曲がりやすいコックシューズ。

新品時から、歩きやすくしているのです!!

もっと詳しく解説
【クッキングメイト003をレビュー】アキレスの製品だから、安価でも歩きやすい厨房靴

 

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全『ハイグリップH-700N』

評価項目詳細
価格¥6,619~1,514
サイズ 21.0~31.0cm
サイズ感大きめ。1サイズ小さめ推奨。
カラー展開白・黒・
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

ハイグリップH-700Nは、ミドリ安全の製造しているコックシューズ。

 

トップメーカーのミドリ安全のスタンダードコックシューズです。

リョクシン

ハイグリップH-700Nは、大手の外食チェーン店さんでよくみかけます。

本当によく見かけますよ。

凄まじい採用率(笑)

[/say]

たぶん、ミドリ安全のコックシューズの中で一番売れているのでは!

シンコーちゃん

色展開も白と黒、ピンク、グリーン、ブルーと5色ありますね。

靴底には、買い替えの交換目安があります。

画面中央の部分にすこしだけ、浮き出た部分があります。

そこまですり減ったら交換してください。

労災対策で靴底がすり減ったら交換しましょう。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のハイグリップH-700Nをレビュー】取扱店と使用感を紹介します。

 

↑目次へ戻る↑

クロックス『ビストロシェフ』

評価項目詳細
価格¥5,738~4,735
サイズ22.0~31.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒・他グラデーション色あり。
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◎ 食品工場× 給食× ラーメン×

ビストロシェフは、クロックスが製造するコックシューズ。

 

先ほど、サラッと解説しました。

結構、人気で個人飲食店の方に多いイメージ。

シンコーちゃん

クロックス独自のEVAクッションが高評価です。

しかし、クロックスの素材の特性上、どうしても蒸れるのがデメリット。

靴の内部に空気層がないのです。

リョクシン

メリットは布製の素材を使用していないので洗えます!

定期的に必ず洗うことで蒸れても臭わないでしょう!

丸洗いができるのが、クロックスの利点だね。

シンコーちゃん

通販サイトのレビューを見ると洗いもせずに「臭います」という意見があるのが残念。

もっと詳しく解説
ビストロ クロックス 前【レビュー】ビストロクロックスは安全で洗えて疲れにくい厨房靴!

 

↑目次へ戻る↑

安価なコックシューズ紹介!短期パートさんにおすすめ!

ここからは、価格の安いコックシューズを紹介します。

短期パートさんなど長い間コックシューズを使用しない方におすすめ!

仕事道具にそこまでお金をかけたくない方は、検討してみてください。

安価品
  1. JCM『コックシューズ』
  2. イーシスユニフォーム 『コックシューズ』
  3. BLLendina 『コックシューズ』

リョクシン

安価品のため、安い理由がどうしてもあります。

その理由とご自身の仕事環境を考えてご検討ください。

しかし、安いのはよいですね。

それぞれみていきましょう。

シンコーちゃん

 

JCM『コックシューズ』

評価項目詳細
価格¥1,782~
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒
滑りにくさ★☆☆☆☆(星1つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◯ 食品工場× 給食× ラーメン×

言わずと知れた、やっすいコックシューズ。

リョクシン

正直なところ、先ほどの人気コックシューズにランクインできる位、売れています。

JCMは厨房機器の輸入代理店。

コックシューズは最安値ですが、厨房機器も最安値を前面に押し出しています!!

なぜ同じコックシューズなのに安いの?

シンコーちゃん

リョクシン

その特徴は作り方にありました。

通常のコックシューズは手作りで1足、1足作られています。

それに対して、JCMのコックシューズは、機械で生産しているとのこと。

また原材料が少ないのも特徴です。

リョクシン

機械で生産することで、手作業ではないため、製品差が少ないのだとか!

一体成型という作り方で、靴底が剥がれにくいのが特徴です。

安いだけではないのですね!!

シンコーちゃん

ただし、靴底に滑りにくいゴムを使用していない点がデメリット。

そこまで、床に水や油、粉がない環境では、おすすめします。

もっと詳しく解説
【JCMのコックシューズをレビュー】安くて壊れにくいコックシューズです!

 

↑目次へ戻る↑

イーシスユニフォーム『コックシューズ』

評価項目詳細
価格¥1,900~1,350
サイズ22.0~29.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒
滑りにくさ★☆☆☆☆(星1つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◯ 食品工場× 給食× ラーメン×

 

安さ爆発なイーシスユニフォームのコックシューズ。

靴メーカーではないからか、価格で勝負しています。

リョクシン

安い理由は、JCMと一緒!

機械で作っています。

さらに、クッションと靴底を同じ1枚の素材にすることで原料と生産コストを抑制!

だから安んだー!

シンコーちゃん

JCMとの大きな違いは、クッションと靴底の素材が軽いことです。

リョクシン

JCMより軽いですね。

ただし、靴底とクッションを同じ素材にしたことで機能性が低下。

やはりクッションはクッションに特化した素材、

靴底は靴底に求められる機能に特化した素材を使用した方がよいこともあるのです。

でも、安いのは魅力ですね!

シンコーちゃん

そこまで、床に水や油、粉がない環境では、問題ないでしょう。

もっと詳しく解説
【レビュー】通販の厨房靴ランキングで人気イーシスユニフォーム

 

↑目次へ戻る↑

リキオウ『コックシューズ』

評価項目詳細
価格¥1,900〜1,400
サイズ23.0~26.0cm
サイズ感普通
カラー展開
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)※粉モノは厳しい
クッション性★☆☆☆☆(星1つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◯ 食品工場× 給食× ラーメン×

リキオウのコックシューズは力王という足袋のメーカーが開発したコックシューズです。

 

こちらも安いコックシューズ。

リョクシン

簡単に説明すると、お風呂掃除のときに履くシューズわかりますか?

あれをコックシューズ風に加工したようなイメージのコックシューズです。

靴底は貼り合わせをしていますが、基本はすべて同じ素材。

ですので、表面の素材が破れて水が浸みてくる心配がありません。

安い製品ですが、それなりのメリットもありました。

リョクシン

ただし、お風呂掃除の靴と同じで、防水性が高過ぎるあまり、通気性に欠けます。

よって、蒸れやすいのも特長

もっと詳しく解説
【力王(リキオウ)をレビュー】水の浸みてきにくい安いコックシューズ

 

 

↑目次へ戻る↑

衛生管理しやすいおすすめなコックシューズ紹介!

ここからは、衛生管理しやすいコックシューズを紹介。

なにそれ?どういうこと?

どんなコックシューズ?

シンコーちゃん

リョクシン

簡単にいえば、靴底にゴミや食材が詰まりにくいコックシューズだね。

今までご紹介しました滑りにくいコックシューズにはデメリットがあります。

それは、靴底にゴミが詰まりやすいこと

リョクシン

滑りにくいコックシューズは、滑りにくさのメカニズム上、靴底に溝が多いとお話しました。

靴底に溝が多くした結果、食品くず等ゴミが詰まりやすいのですね。

靴底にゴミが詰まった結果、下記のような事案が発生します。

注意
  • 靴底のゴミが靴底の滑りにくさの邪魔をして滑る
  • 靴底に詰まったゴミが腐食して虫が寄ってくる
  • 靴底に詰まったゴミから異臭がする

コックシューズを選ぶ基準として、「靴底にゴミが詰まりにくくて滑りにくいこと」はとても重要です。

そんな機能を有しているのが下記、2製品。

衛生管理のしやすいコックシューズ

  • ミドリ安全 ハイグリップH-400N
  • シモン SC117

リョクシン

詳しく見ていきましょう!

 

ミドリ安全『ハイグリップH-400N』

評価項目詳細
価格¥5,500~3,400
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感大きめ。1サイズ小さめを推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)靴底のすり減りが早い
使用環境外食店△ 食品工場◎ 給食△ ラーメン△→湯切りによる

※排水溝の上で滑りにくい

ハイグリップH-400Nは、ミドリ安全が製造しているコックシューズ。

 

ミドリ安全の説明は前述の通りです。

ハイグリップH-400Nは、靴底にゴミが詰まりにくく滑りにくいコックシューズ。

リョクシン

靴底に溝が少ないのわかりますか? 

溝が少ないので、ゴミが詰まりにくくて快適です。

リョクシン

ハイグリップH-400Nは超軽量で、動きやすくて人気ですね。

デメリットは、靴底がすり減りやすいこと。

また、靴底がゴム素材ではないので、滑りにくさも劣ります。

しかし、床にどしてもゴミが落ちてしまうキッチンの方には、オススメ!

排水溝の上でも滑りにくいという評価が高いです。

シンコーちゃん

もっと詳しく解説
ミドリ安全「ハイグリップH-400N」は排水溝に強いコックシューズ

 

↑目次へ戻る↑

シモン『SC117』

評価項目詳細
価格¥3,218~1,966
サイズ21.5~29.0cm
サイズ感大きめ。足が細い方は、1サイズ小さめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◎ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

 

安全靴メーカーのシモンが、コックシューズを発売しました。

その名もSC117。

リョクシン

靴業界の人間からすると、「今更?」

でも、後発であるがゆえに付加価値のある製品でしたね。

一番の特徴は、靴底ではないでしょうか。

SC117の靴底を見ていきましょう。

靴底に溝が少ないのがわかりますね。 

シンコーちゃん

よって、ゴミが詰まりにくい。

さらに、靴底の素材はゴム素材です。

そのため、靴底もすり減りにくいでしょう。

ぜひ、試して見てください。

もっと詳しく解説
【レビュー】シモンのコックシューズSC117を履く【安い】

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズよくあるQ&A

最後に、コックシューズに関係することでよくある質問にお答えします。

ぜひ、参考にして見てください。

質問内容は下記になります。

コックシューズのよくあるQ&A

  • 一番滑りにくいコックシューズってなに?
  • パン屋・製麺所など粉モノで滑らない製品ない?
  • 飲食店でアルバイトします。おすすめのコックシューズありますか?
  • 飲食店で働くのですが、会社の指定が「黒い靴」です。おすすめは?

リョクシン

上記の質問に回答した記事を紹介して行きます。

 

Q:一番滑りにくいコックシューズってなに?

A:使用環境や床材、靴底の相性で変わります。

シンコーちゃん

一番滑りにくいコックシューズ教えて?
選び方のところで解説したんだけど、実は一番滑りにくいコックシューズという概念はないんだ!

キッチンやお店の環境、床材、靴底の相性で決まるからね!

それについての詳しい回答は、下記の記事から確認お願いします。

リョクシン

もっと詳しく解説
結局のところ一番すべりにくいコックシューズはどれ?

 

↑目次へ戻る↑

Q:パン屋・製麺所など粉モノで滑らない製品ない?

A:粉モノで滑りにくいコックシューズがあります。

シンコーちゃん

いろんなお店のコックシューズ買ってみたけど、パン屋さんだけ滑るんだ!
実は、ホームセンターやワークマン、靴屋さんに売っているコックシューズは全て粉モノに対応してないんだ。

コックシューズの基本は、水と油に対応した靴底です。

圧倒的にユーザーが多いからね。

粉モノ対応は、一般的ではないので通販サイトで購入しよう!

下記の記事で詳しく解説しました。

リョクシン

もっと詳しく解説
パン屋さんはコックシューズ選びがむずかしい!その理由3つ

 

↑目次へ戻る↑

Q:飲食店でアルバイトします。おすすめのコックシューズありますか?

A:安価品はおすすめしません。とはいえ、お財布事情もありますので安価品を解説しました。

シンコーちゃん

飲食店でアルバイトします。何かおすすめのコックシューズある?
アルバイトは、色々な事情から継続できるかわかりません。

それにも関わらず、アシックスのコックシューズは買えないでしょう。

そこで安価品について解説しました。

継続できそうでしたら、すこしグレードを上げましょう!

リョクシン

もっと詳しく解説
「格安コックシューズ」のメリットとデメリットを紹介!【徹底解説】

 

↑目次へ戻る↑

Q:飲食店で働くのですが、会社の指定が「黒い靴」です。おすすめは?

A:大手外食店に採用になっているコックシューズがおすすめです。

シンコーちゃん

コックシューズとかの指定がありません。

唯一の規定が「黒い靴」です。

何かおすすめありますか?

おすすめは、大手の外食チェーン店に採用になっているコックシューズがおすすめです。

価格と品質のバランスにすぐれているから。

とはいえ、大手外食チェーン店が何を履いているかわかりませんね。

そこで別記事にて詳しく解説しました。

リョクシン

もっと詳しく解説
【飲食店アルバイト】会社指定「黒い靴」の場合のコックシューズ紹介

 

↑目次へ戻る↑

リョクシン

上記、Q&Aにない質問ございましたら連絡ください。

下記のお問い合わせフォームからお願いします。

メールにて回答します。

 

↑目次へ戻る↑

コックシューズ完全解説のまとめ

当記事では、コックシューズについて完全解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ご紹介しましたほとんどの製品は、レビュー・解説記事がありますので見てみてください!

コックシューズは、少しでも機能性の高いコックシューズを使用してほしいです。

とくに、クッション性の低いコックシューズは足によくありません。

また、耐久性の低いコックシューズは、お財布に悪いでしょう。

ぜひ、当ブログを読んで少しでもランクを上げたコックシューズを使用していただければと思います。

コメントを残す