【ハイグリップHG2000Nをレビュー】ミドリ安全のスタンダード長靴

ハイグリップHG2000Nはミドリ安全が開発した耐油長靴

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ハイグリップHG2000Nをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、ミドリ安全の中でもスタンダード品です。

「清掃で長靴を使用することがある」

「とりあえず滑りにくい長靴がほしい」

「排水溝でも滑りにくい長靴を探している」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「滑りにくい、脚にもフィットする、お湯が入りにくい」という感想でした。

とりあえず耐油長靴1足ほしい方におすすめ!

ハイグリップHG2000Nとは?重量やサイズ感をレビュー

ハイグリップHG2000Nとは、ミドリ安全が開発した耐油長靴です。

ハイグリップHG2000Nはミドリ安全が開発した耐油長靴

評価項目詳細
価格¥5,040〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
丈の長さ約31cm
履き口の長さ約41cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ウィズ:3E
カラー展開5色(HACCP対応)
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境給食
食品工場
食品スーパー

ミドリ安全は、耐油長靴を含むワークシューズのトップメーカー。

コックシューズをメインに長靴も複数ラインナップしています。

リョクシン
国内でもトップクラスのメーカー。

ひっつき対応

ハイグリップHG2000Nは内側がひっつきにくい

ハイグリップHG2000Nは、長靴の内側同士でひっつきにくい

ミドリ安全の耐油長靴は、内側でひっつきにくい製品が多いですね。

リョクシン
また、この加工もミドリ安全しか行っていません。

耐油長靴は、素材の特性上、内側がひっついて滑ることもあるので、重要です!

排水溝

ハイグリップHG2000Nは排水溝でも滑りにくい

ハイグリップHG2000Nは、排水溝でも滑りにくいです。

ハイグリップHG2000Nに限らず、ミドリ安全の耐油長靴のハイグリップシリーズは排水溝でも滑りにくい

リョクシン
排水溝は、滑りやすいのですが、長靴を履くシーンでは、排水溝は必ずあるため、重要なポイントです!

ハイグリップHG2000Nは、ミドリ安全のスタンダードな長靴なのでおすすめ!

次項から、重量やサイズ感、別カラーを見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

ハイグリップHG2000Nは、26.5cmで715gです

ハイグリップHG2000Nの重量は、26.5cmで715gでした。

軽くはありませんが重くもない程度。

リョクシン
ただし、靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、靴の型次第なところもありました。

リョクシン
ハイグリップHG2000Nは、悪くはない程度です。

長靴は重くなりがちですが、フィッティング性が高いことで、重量感を感じにくくなります。

よって長靴にとってフィッティング性は非常に大事なポイント!

サイズ感

ハイグリップHG2000Nのサイズ感は大きめ

ハイグリップHG-2000Nのサイズ感は、大きめ。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、26.5cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • オールバーズ ⇒ 27.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm
  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

長靴

  • 弘進ゴム ⇒ 27.0cm
  • ミドリ安全 ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

靴のジャンルやメーカーによってサイズ感は変わります。

同じメーカーの品番でも変わるくらいなので、ご自身のサイズを決めつけず、サイズ選びは毎回行いましょう。

別カラー

ハイグリップHG2000Nはカラーバリエーション豊富でHACCP対応

全部で5色ありました。

白・黒・ピンク・グリーン・ブルー。

リョクシン
2020年6月より食品事業社は、食品衛生の観点から汚染区域分けする必要あります。

HACCP(ハサップ)というのですが、法制化されていますので、該当する方は対応しましょう!

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のハイグリップHG2000Nを詳しくレビュー

ここからはミドリ安全ハイグリップHG-2000Nを詳しくレビュー。

ハイグリップHG2000Nを詳しくレビューします

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 日本製
  2. 滑りにくい
  3. 排水溝対応
  4. SIAAマーク
  5. 耐久性が高い
  6. 脚にフィットする
  7. 白衣との隙間が少ない
  8. 防寒ウェアを上から履ける
デメリット
  1. インソールなし

メリット8個でデメリット1つです。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

脚にフィットする

足へのフィッティング性は、そこまで高くありませんでした。

ハイグリップHG2000Nは脚へのフィッティング性が高い

しかし、脚へのフィッティング性は高い印象があります。

足首の場所がかなり「くびれて」ますね!

リョクシン
脚へのフィッティング性が高いことで、下記のメリットがありました。
メリット
  1. 歩きやすい
  2. 重く感じにくい
  3. お湯が隙間から入ってきにくい

実際に白衣を着て隙間を検証しています。

生地の厚さ別に見てきましょう。

薄手な白衣

薄手の白衣の厚み

薄手の白衣のパンツを履いて隙間を見ていきます。

生地厚は、2.39mmでした。

ハイグリップHG2000Nは、生地の薄い白衣のパンツでも隙間がない

全然隙間がありませんね。

脚にフィットしない長靴ですと前か後ろに隙間ができて、お湯が入ってくることがありました。

ハイグリップHG2000Nは、生地の薄い白衣のパンツでも隙間がないのが上から見てもわかる

上から見てもわかりますね。

厚手の白衣の厚み

厚手の白衣の厚み

続いて割と厚めの生地を使用した白衣のパンツです。

生地厚は4.63mm

リョクシン
カット野菜工場や冷蔵室など低温の環境で履かれるパンツですね。

こちらも隙間がありません。

私の脚も細くもない程度。

ハイグリップHG2000Nは、生地の厚い白衣のパンツでも隙間がない

上から見ても隙間がありません。

冷たい水が入ってくる可能性も少ないでしょう。

防寒パンツの厚み

最後に防寒パンツはどうか見ていきましょう。

厚みは13.11mmです。

リョクシン
かなり厚いので、長靴の中入れないことがあるパンツ。

ハイグリップHG2000Nは、防寒白衣のパンツでも隙間がない

ギリギリなんとか入りました。

履くときに、すこし苦労する程度。

ハイグリップHG2000Nは、防寒白衣のパンツでも隙間がないことが上から見てもわかる

上から見ても隙間がありません。

防寒パンツは、表面がビニール製で防水です。

リョクシン
中に入れなくても履ける仕様

ハイグリップHG2000Nは、防寒白衣のパンツを中に入れなくても歩きやすい

外に出しても、パンツが「たわむ」ことがありません。

長靴の形や素材が悪いとパンツが「つっぱる」感じで長靴の形に影響してしまいます。

ハイグリップHG2000Nは、防寒白衣のパンツを中に入れなくても歩きやすいのは、横から見ても分かる

横から見ても問題ないことがわかります。

歩きやすくストレスになりません。

リョクシン
こちらの方が汗をかきにくく、乾燥しやすく感じました。

ちなにも、防寒の長靴のケースですが、防寒の長靴を履くときは、外にパンツを出す履き方になるでしょう。

裏布が厚いからですね!

採寸

ハイグリップHG2000Nを採寸します。

ここからは、ハイグリップHG2000Nの採寸について解説します。

採寸したのは、下記のとおり。

採寸場所

  • 丈の長さ:カカトから履き口まで
  • 履き口:足をいれる場所の外周の長さ

それぞれ見ていきましょう。

ハイグリップHG2000Nの丈の長さは、31.0cmです。

ハイグリップHG2000Nの丈の長さは、31.0cmです。

足を濡れないように出来る範囲とお考えください!

ハイグリップHG2000Nの履き口周りは、41.cm

履き口周りは、41.0cmです。

これ以上、足の太い方は、入らないご注意ください。

リョクシン
履き口を斜めにカットして履き口を広げることも可能です!

通気性について

ハイグリップHG2000Nの裏布

長靴において、通気性はありません。

そもそも防水のための靴ですからね!

リョクシン
しかし、裏布の繊維を細く、薄くすることで、蒸れにくくなります。

結露や汗が吸収しにくいので、蒸れにくい!

また吸収してもすぐに乾きます。

抗菌剤の安全性を確認済み!

ハイグリップHG2000NはSIAAマーク付きで安全

裏布で1番重要なのは、SIAAマークの認証があるかどうか。

SIAAマークとは、安全な抗菌剤で処理を行っているかを検査し認定をされないと付与されません。

リョクシン
耐油長靴には、裏布に抗菌剤を使用しているものの、足や脚が「かぶれる」クラスの抗菌を行っている製品がありました。

SIAAマークは耐油長靴選びで1番重要な指標なので、意識して見てください!

ひっつき防止

ハイグリップHG2000Nは内側がひっつきにくい

ハイグリップHG2000Nは、内側がひっつきにくい仕様

主に、新品に多いのですが、長靴同士がひっつくことで転倒するケースがありました。

リョクシン
ひっつきにくい様に加工がされています。

ハイグリップHG2000Nのひっつき防止部分は汚れやすい

ただし、ひっつき防止の部分は汚れやすいです。

細かい粗面の様な加工になっているためでしょう。

リョクシン
これは仕方のないことですね。

そもそも、なんのために長靴を履いているのかを考えると見逃せるデメリット

滑りにくくて転倒しない靴であることが第一優先なはずです!

アッパーまとめ

  • メリット:日本製
  • メリット:SIAAマーク
  • メリット:脚にフィットする
  • メリット:白衣との隙間が少ない
  • メリット:防寒ウェアを上から履ける
  • デメリット:ひっつき防止の場所が汚れやすい

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

インソールなし

ハイグリップHG2000Nはインソールはなし

ハイグリップHG2000Nは、インソールがありません

そのため、履き心地に関しては、すこし劣ります。

リョクシン
しかし、安全性に関しては、インソールがない方が靴の中で滑る可能性が少ないにで、なんとも言えないところ。

もし、インソール入りがほしいのであれば、ハイグリップNHG-2000Nをおすすめします!

水が入ってこない

ハイグリップHG2000Nは剥がれない

耐油長靴の大半に言えることですが、水は入ってきません

白い部分とチョコ色の部分に隙間ができたら水が入ると思っている方が多くいます。

リョクシン
しかし、実際には隙間は開きようがない熱溶着による接着。

もし、開いたとしても水は入りません。

なぜなら、白い部分だけでも靴として履ける様な構造だからです。

リョクシン
白いめっちゃ薄底の長靴に、チョコの靴底を溶着しているイメージ。

ですので万が一、剥がれたとしても、水は入ってきません。

注意

もし、長靴を履いていて「水が入ってきた」と感じたらそれは結露か汗です。

メーカーにクレームをしても不良品ではないので、返却されてしまうので気をつけましょう。

信じられないくらいの量のため、汗だと思わない方が多いと思います。

クッションまとめ

  • メリット:耐久性が高い
  • デメリット:インソールなし

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

滑りにくい

ハイグリップHG2000Nは全方向に滑りにくい

ハイグリップHG2000Nは、滑りにくい靴底

タテヨコ斜めにすこしずつ滑りにくいです。

ハイグリップHG2000Nは排水溝でも滑りにくい

排水溝の上でも滑りにくいのもメリットです。

長靴を使用する現場では、排水溝ってあるはず。

リョクシン
排水溝への対応はマストでしょう。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい
  • メリット:排水溝対応

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のハイグリップHG2000Nの口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではミドリ安全のハイグリップHG2000Nをレビューしました。

ワークシューズのトップメーカーであるミドリ安全のスタンダードな長靴。

リョクシン
総合的に機能が高く、かつ価格が安いのでコスパ抜群です。

5色展開なので、HACCP対応しています。

食品現場だけではなく、清掃関係にもおすすめ

リョクシン
それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ハイグリップHG2000Nのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 日本製
  2. 滑りにくい
  3. 排水溝対応
  4. SIAAマーク
  5. 耐久性が高い
  6. 脚にフィットする
  7. 白衣との隙間が少ない
  8. 防寒ウェアを上から履ける

デメリットは1つありました。

デメリット
  1. インソールなし

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「長靴以外にコックシューズも知りたい」

そんな方に向けてコックシューズについて解説しました。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

ぜひ、参考にしてみてください!

下記の記事もおすすめです!

清掃員の方におすすめなシューズを紹介した記事!

滑らない靴だけを集めた記事

よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です