疲れないコックシューズはコレ!!靴オタクが厳選した2足をご紹介!

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

リョクシン

今回は、疲れにくいコックシューズについてみていきましょう。
Googleによると「コックシューズ 疲れない」というワードの検索数が多いようだね!

シンコーちゃん

しかし、実際に「コックシューズ 疲れない」と調べるとメーカーのサイト通販サイトばかりです。

これでは、本当に疲れにくいコックシューズは何なのかわかりません。

そこで靴オタクのリョクシンが、疲れにくいコックシューズを厳選しました。

リョクシン

結論から申し上げますと下記2商品です。

疲れにくいコックシューズ

  • アキレス『クッキングメイト100』
  • アシックス『ウィンジョブCP-303』

本記事では、上記2品番がなぜ疲れにくいのか紹介します。

なぜ疲れないコックシューズといえるのか?

前述のとおり、疲れにくいコックシューズは、下記になります。

疲れないコックシューズ

  • アキレス『クッキングメイト100』
  • アシックス『ウィンジョブCP-303』

なぜ上記の2商品が疲れないといえるのか?

その理由は、3つあります。

おすすめ製品の理由

  • アーチサポートがしっかりしている
  • クッションが潰れにくく長続きする
  • 滑りにくい

詳しくみていきましょう。

 

アーチサポートがしっかりしている

まず、アーチサポートがしっかりしてしています。

アーチサポートとは、画像の通り人間の足にあるアーチを補助する機能です。

アーチとは、ここでは簡単に「土踏まず」と覚えておいてください。

リョクシン
土踏まずって、地面に触れないじゃないですか?

だから「土踏まず」っていうのですが(笑)

なぜ触れないのかというと、この土踏まずがクッション構造なんです。

その構造のことを「橋」のような構造のため「アーチ」と呼んでいます。

リョクシン
人間はこの「橋」があるから長い時間、直立2足歩行ができるのです!!

 

※アーチは無限じゃない。体重でつぶれてしまう。

残念なのはアーチは無限ではありません。

立ち仕事では「あっという間」につぶれます。

「つぶれるとどうなるの?」って感じですよね。

リョクシン
つぶれると、足首やヒザ、腰、肩、首などに負担がきます。

その結果、体がゆがむ可能性があります。

アーチがつぶれた結果、疲労を感じます。

ですので、アーチがつぶれないような構造が求められます。

リョクシン
コックシューズにアーチサポートが必須なことがわかりますね!!

↑目次へ戻る↑

クッションが潰れにくく長続きする

クッションが潰れにくい理由

  • クッキングメイト100・・・インソールがウレタン
  • アシックスのウィンジョブCP-303・・・カカトにα-GELを使用

上記の2商品は、クッションがつぶれにくい素材です。

逆にいえば、つぶれやすいクッション素材もあります。

リョクシン
そしてほとんどのコックシューズの安価品がつぶれやすい素材です。

実は前述のアーチサポートは安価品にも搭載されています。

もう私がなにをいいたいのかわかったと思います。

つぶれやすい素材のアーチサポートでは意味がないのです!!

リョクシン
長時間立ち仕事をするのですから、つぶれにくい素材はマストですね!

↑目次へ戻る↑

滑りにくい

意外にも、疲れにくさを生み出すには、滑りにくいことが重要です。

滑りやすいコックシューズは疲れます。

リョクシン
その理由は、すこし滑るたびに無駄に「踏ん張る」からです。

いくら高いインソールを入れても意味がありませんね。

滑りにくさも「疲れにくさ」に関係します。

リョクシン
非常に重要なポイントです。

↑目次へ戻る↑

※滑るけど疲れないってことは絶対ない

エアーマックス

コックシューズに関係するブログ記事は読み漁りました。

「外で履くスニーカーを疲労軽減としてコックシューズの代わりに履く」

「ニューバランスの〇〇〇〇をコックシューズの代わりにすると疲れない」

リョクシン
といった記事をみかけました。

しかし、外で履くスニーカーを飲食店や食品工場で履くと、確実に滑ります。

「滑るけど疲れにくい」ということはあり得ませんので絶対にやめましょう。

理由は、前述のとおり滑ると踏ん張るからです。

リョクシン
踏ん張ると余計な力を使いますので疲れますね!

たしかに昔は、「疲れにくいコックシューズ」がなかったのかもしれません。

しかし、現在はスポーツメーカーのアシックスもコックシューズ業界に参入しました。

ぜひ、疲れでお困りの方は、コックシューズを履いてみてください。

↑目次へ戻る↑

疲れないコックシューズの紹介をまとめます!

本記事は、疲れないコックシューズについて説明しました。

紹介しました2商品は、私も実際に使用してみてメリットを感じましたね!!

アシックスもアキレスも日本を代表する靴メーカー。

リョクシン
ぜひ、一度試してみてください。

下記、記事を簡単にまとめます。

疲れにくいコックシューズは、2種類ありました。

疲れにくいコックシューズ

  • アキレス『クッキングメイト100』
  • アシックス『ウィンジョブCP-303』

上記の2商品が疲れにくい理由は、下記になります。

おすすめ製品の疲れにくい理由

  • アーチサポートがしっかりしている
  • クッションが潰れにくく長続きする
  • 滑りにくい
もっと詳しく解説
【アシックスのウィンジョブCP303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ
もっと詳しく解説
【クッキングメイト100をレビュー】コスパ最強!滑りにくさと履き心地で最高ランク
注意
クッキングメイト100購入時の注意

  • 類似品のクッキングメイト003に注意してください。
  • ※とくにamazonで購入のとき。
  • 「防汚」と表記されているか確認をお願いします。
  • クッキングメイト003は、類似品で防汚と表記がありません。
  • クッキングメイト100と003ではクッション性に天と地ほどの差があります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

ぜひ、読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です