【ウィンジョブCP303のレビュー・口コミ】アシックスが開発したコックシューズ【販売店とサイズ感も紹介!】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP303」について解説しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、滑りにくさと疲れにくさに優れるコックシューズです。

「疲れにくいコックシューズがほしい」

「ヨコ滑りに対応したコックシューズを探している」

「安全タイプで履きやすいコックシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめする製品です。

アシックスのウィンジョブcp303を履く

実際に履いてみて「疲れにくい、ヨコ方向も滑りにくい、安全靴のように芯が入っているとは思えない」と大満足でした。

価格がすこし高いのですが、耐久性がとても高くランニングコストに優れますのでオススメ!

サイズ感

コンバースやナイキなどの普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーが27.5cmですが、ウィンジョブ®︎CP303も27.5cmでした。

アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP303」の販売店や口コミ、サイズ感を紹介!

アシックスがコックシューズを開発していたのご存知ですか?

ウィンジョブCP303はアシックスが開発したコックシューズ

評価項目詳細
価格¥9,612~
サイズ23.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
コックシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

今までのコックシューズとは違うデザインと機能性で、さすがアシックスの一言でした。

アシックスは、日本発で世界でもトップクラスのスポーツメーカーです。

リョクシン
オリンピックや各競技の世界大会で見ないことがありません。

口コミ

ウィンジョブCP303のSNSでの口コミ

ウィンジョブCP303のSNSでの口コミ

Twitterでの評判もよいですね!

前述のとおり見た目が今までのコックシューズと全く違いカッコイイ。

リョクシン
疲れ滑りでお困りの方におすすめします!

ウィンジョブCP303のココがすごい!

ウィンジョブCP303の特長

ウィンジョブCP303のココがすごい
モノソックストレッチ素材が足にフィット
マジックテープマジックテープでサイズを調整
滑りにくいタテヨコ斜めの全方向に滑りにくい
すり減りにくい1年以上履いたが全然すり減らなかった

ウィンジョブCP303は、価格が高いだけではありません。

上記のように機能性が高く1度履いたら他は履けません。

注意

モノソックによりフィッティング性がとても高いのが特長。

今までのゆるゆるのコックシューズとは、履き心地が違います。

履き慣れるまで時間がかかりますが、慣れたら他のコックシューズは履けません。

また靴底がタテヨコ斜めの全方向に滑りにくいのはアシックスだけです。

リョクシン
コックシューズユーザーの長年の悩みが解決されました!

販売店

ウィンジョブCP303の購入は通販サイト

現場あまり店舗では販売されていないとのこと。

現場ではamazonや楽天、Yahooなど通販サイトをおすすめします。

リョクシン
amazonでは在庫状況によっては値下げしているケースもあるので、ぜひチェックしてみてください!

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP303のサイズ感は普段履きと同じでOK

ウィンジョブCP303のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどアパレル品です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して、27.5cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の所持している靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履き(ユニクロの靴下を着用)

  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス『996』 ⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックス』⇒ 27.5cm
  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • コンバース『オールスター』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm(ノーマル)

革靴(薄手のビジネスソックスを着用)

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ(ユニクロの靴下を着用)

  • JCMコックシューズ ⇒ 27.0cm
  • ウィンジョブCP303 ⇒ 27.5cm
  • シェフメイトα-100 ⇒ 27.0cm
  • ハイグリップH-700N ⇒ 26.5cm
  • ハイグリップH-100C ⇒ 27.0cm
  • クッキングメイト003 ⇒ 27.5cm
  • クッキングメイト100 ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

※ユニクロの靴下は定番モデルで厚みは普通。

サイズ感は靴のジャンルやメーカー、靴下によっても変わります。

ご自身の足のサイズは決めつけず、上記を参考にしてみてください!

↑目次へ戻る↑

アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP303」を詳しくレビュー。

ここからは、アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP303」を詳しくレビューします。

ウィンジョブCP303を詳しくレビュー

実際に履いてみて感じたメリットデメリットは下記のとおり!

メリット
  1. 動きやすい構造
  2. クッション性が高い
  3. アーチサポート形状
  4. 横方向も滑りにくい
  5. 靴底がすり減りにくい
  6. 足にしっかりフィットする
  7. α-GELで長時間の疲れにくい
  8. 見た目がコックシューズぽくない
  9. 軽くて強度の高い先芯が入っている
  10. 溝が深くないのでゴミが詰まりにくい
  11. コックシューズ市場でトップの滑りにくさ
  12. マジックテープでフィッティング性アップ
デメリット
  1. 蒸れる
  2. 履きはじめ慣れが必要

メリットとデメリットを詳しく解説するためにパーツ別に見ていきましょう。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツを図解しました。

靴のパーツはアッパーとクッション、靴底の3つに分けられる

上から順番にアッパーからみていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーは通気性とフィッティング性がわかる

まずアッパーから見ていきます。

アッパーは、足を包みこむパーツ。

リョクシン
通気性や足へのフィッティング性耐久性やけど対策が求められます。

今までにないデザイン

ウィンジョブCP303は今までのコックシューズにはないデザイン

ウィンジョブCP303は、一般のコックシューズとは異なるデザインと機能でした。

まず、一見コックシューズっぽくないのが良いですね。

足にフィットするモノソック構造

ウィンジョブCP-303はモノソックで足にフィットする

履き口には、モノソックというストレッチ素材がありました。

モノソックにより足にしっかりフィットします。

注意
ただし、履き始めは硬いので慣れないかもしれません。
リョクシン
足にフィットすることで靴ズレを防止する効果がありました。

マジックテープで更にフィッティング性アップ

マジックテープで更にフィッティング性アップ

コックシューズではめずらしくマジックテープがありました。

マジックテープはフィッティング性がアップします。

ウィンジョブCP303のマジックテープは汚れにくい

しかし、マジックテープって衛生面で気になりますよね?

ウィンジョブCP303のマジックテープはズレないように貼りましょう

貼る側の方より貼られる側の方が小さいので、汚れにくいのでようです!

リョクシン
マジックテープにズレると汚れてしまうので気をつけましょう。

つま先に安全靴のような芯が入っている

ウィンジョブCP303には先芯(JSAAのA種)が入っている

つま先に安全靴のように先芯が入っていました。

足元を保護するためです。

先芯の強度について補足

JSAAという作業靴の安全性を保障する団体があります。

その基準で最高の安全基準をA種をクリア。

リョクシン
安全靴のような重さはなく、芯も樹脂素材なのでサビません。

アッパーまとめ

  • メリット:足にしっかりフィットする
  • メリット:見た目がコックシューズぽくない
  • メリット:軽くて強度の高い先芯が入っている
  • メリット:マジックテープでフィッティング性アップ
  • デメリット:蒸れる
  • デメリット:モノソックが履きはじめ慣れが必要

どのコックシューズでも同じですが、蒸れやすいとは感じました。

先芯は入っていることを忘れさせるくらいに軽く感じます。

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションは履き心地がわかる

続いてクッションについて解説します。

クッションは足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

リョクシン
履き心地クッション性に大きく関係します。
疲れにくい

ウィンジョブCP303は疲れにくい

ウィンジョブCP303のクッションは、疲れにくいです。

クッションの素材は、EVAというスポンジ素材。

情報

EVAは素材の配合によって機能が大きく変わります。

安価品や高級スニーカーでもEVAは使用されていますが、違いは配合によるもの。

靴メーカーはEVAの配合は、履き心地の評価に直結するので、研究しています。

とくにスポーツシューズは選手のパフォーマンスに大きく影響するもの。

リョクシン

ですので、アシックスの商品のEVAは間違えありません。

くじきにくい形状

アシックスのウィンジョブCP303は、くじきにくい形状

一般的に、クッション素材に厚みのある厚底の靴は、足をくじく可能性があります。

しかし、ウィンジョブCP303はくじきにくい形状でした。

メモ

ウィンジョブCP303は、クッション素材が靴底にいくに連れて広がった形状。

この形状はくじきにくくする効果がありました。

リョクシン
ヨコ移動の多いホテルのキッチンなどにはもってこい!

SRBインソール入り

ウィンジョブCP303はSRBインソール入り

アシックスのスポーツシューズに採用されているSRBインソールが入っていました。

SRBがなんの略だったかを展示会でアシックスの営業の方に5回くらい聞いたのですが、また忘れましたねw

リョクシン
このインソールが立ち居や歩行時の足のポジションを正しくサポートしてくれます。

動きやすい

ウィンジョブCP303は動きやすい

クッション素材にフレックスグルーヴという切れ目が入っています。

つま先側が重要で、しゃがんだ時や歩くときに活躍。

リョクシン
これがないと、新品のときに足がアッパーに当たって痛いですね。

α-GELで疲れにくい

アシックスのα-GELは疲れにくい

カカトの下あたりにα-GELというシリコン状のクッション素材が入っていました。

シリコンのため、クッション素材が潰れにくく、クッション性が長続きします。

補足

クッション素材は複数の素材を使用することで衝撃が吸収されます。

ウィンジョブCP303はEVAとシリコンによる衝撃吸収で履き心地がよい!

リョクシン
実際のユーザーさんからも夕方以降の疲れが他のコックシューズとは全然違うとのことでした。

クッションまとめ

  • メリット:クッション性が高い
  • メリット:動きやすい構造
  • メリット:アーチサポート形状
  • メリット:α-GELで長時間の疲れにくい

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底は、滑りにくさがわかる

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに大きく関係します。

滑りにくさナンバー1

ウィンジョブ®︎CP303は縦横斜めの全方向に滑りにくい

ウィンジョブCP303の滑りにくさはコックシューズ市場でトップでした。

今まで数十足のコックシューズを履いてきましたが、圧倒的です。

リョクシン
滑りでお困りの方に超絶おすすめ!

横方向にも滑りにくい

ウィンジョブCP303は唯一、横方向にも滑りにくい靴底

今までのコックシューズはヨコ方向でも滑りにくい製品がありませんでした。

ウィンジョブCP303は、ヨコ方向で滑りにくいです。

リョクシン
これはコックシューズの長年の問題でした。
補足

今まで「全方向に滑りにくい」と表記してきたコックシューズは多数あります。

しかし、どれもユーザーさんが納得するレベルではありませんでした。

リョクシン
ウィンジョブCP303の横滑りは文句なし!

すり減りにくい

ウィンジョブCP303の靴底はすり減りにくい

ウィンジョブCP303の靴底はすり減りにくい!

1年近く、屋外で使用しましたがカカトのすり減りもこの程度でした。

リョクシン
床の質感と使用頻度にもよりますが、すり減りにくいのは確かです。
補足

さらに、溝が深くないので、ゴミが詰まりにくいのもよいところ。

靴底まとめ

  • メリット:横方向も滑りにくい
  • メリット:靴底がすり減りにくい
  • メリット:溝が深くないのでゴミが詰まりにくい
  • メリット:コックシューズ市場でトップの滑りにくさ

スポーツメーカーのアシックスさんがここまで滑りにくい靴底を開発できると思っていませんでした。

労災対策に最適でしょう。

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブCP303のレビュー・口コミをまとめます。

当記事ではアシックスのウィンジョブCP303について解説しました。

スポーツシューズの技術も感じることができたコックシューズです。

リョクシン
圧倒的な疲れにくさを感じることができました。

料理人さんの場合、営業後に新メニューを考案や試作するとお聞きします。

仕事終わりに疲れをいかに残さないかも重要ですね。

リョクシン
ぜひ、ウィンジョブCP303を履いていただき仕事のご負担を減らして快適にお仕事しましょう。

それでは、簡単に記事をまとめます。

ウィンジョブCP303のメリットは12個ありました。

メリット
  1. 動きやすい構造
  2. クッション性が高い
  3. アーチサポート形状
  4. 横方向も滑りにくい
  5. 靴底がすり減りにくい
  6. 足にしっかりフィットする
  7. α-GELで長時間の疲れにくい
  8. 見た目がコックシューズぽくない
  9. 軽くて強度の高い先芯が入っている
  10. 溝が深くないのでゴミが詰まりにくい
  11. コックシューズ市場でトップの滑りにくさ
  12. マジックテープでフィッティング性アップ

デメリットは下記になります。

デメリット
  1. 蒸れる
  2. 履きはじめ慣れが必要
シンコーちゃん
最後まで読んでいただきありがとうございました。 下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です