【KEEN(キーン)のコックシューズをレビュー】サイズ感や重量など紹介!

【KEEN(キーン)のコックシューズをレビュー】サイズ感や重量など紹介!

どーも、靴の仕事歴12年の松下智博です。

今回は、KEEN(キーン)のコックシューズをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、足にフィットする疲れにくいコックシューズです。

「キッチン作業で足が疲れる」

「かっこいいコックシューズを履きたい」

「歩きやすいコックシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめのコックシューズです。

実際に履いてみて「足と靴が連動しやすい、本革で足に馴染む、つま先が割れにくい」と大満足です。

ぜひ試してみてください!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

KEEN(キーン)のコックシューズとは?サイズ感までレビュー

KEEN(キーン)にはキーンユーティリティという作業靴ラインが存在します。

キーンのコックシューズをレビュー

評価項目詳細
価格¥17,600(税込) 〜
サイズ25.0 〜 29.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm大きめ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
フロア◎
キッチン◎

キーンユーティリティの中でも食品現場向けに開発されたのが、PTC SLIP-ON2

PTC SLIP-ON2はキーンユーティリティの中でも食品現場向け

インソールのカカトにある1ポイントのデザインも食品現場向けだとわかりやすいデザインがあります。

海外ではクロックスのようなコックシューズが一般的ですが、KEENのコックシューズのPTC SLIP-ONは日本式でした。

リョクシン
スリッポンでしっかり水をブロックしてくれます。

口コミ

日本に参入したのは、最近なのか口コミはありませんでした!

並行輸入品として購入でいた時代を知っており、実は足を通したことがあります。

リョクシン
そのときは、価格が高いので本気でレビューする気がなく適当でしたが、今回改めて足を通して、とても良いと思いました!

ラインナップ

キーンの靴紐のコックシューズ

KEEN(キーン)のコックシューズのPTCシリーズには、靴紐タイプがありました。

靴紐は足にしっかりフィットしやすいものの、衛生面と安全面で劣ります。

リョクシン
そのためできれば、スリッポンタイプを選びましょう。

サイズ感・重量

ここからはKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2サイズ感や重量を見ていきましょう。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2の重量とサイズ感

まずは重量ですが、KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は26.5cmで412gでした。

数値だけ見るとコックシューズの中では、かなり重たい印象。

リョクシン
しかし、足にしっかりフィットするので、数値そのままの重量感はまったく感じませんでした。

サイズ感

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のサイズ感

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のサイズ感はすこし大きめ

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、26.5cmを選びました。

リョクシン
上記のサイズ選びでかなりピッタリで快適です。
他メーカーの比較
  • JCMコックシューズ(JCM):27.0cm
  • シェフメイトα-100(弘進ゴム):27.0cm
  • ハイグリップH-700N(ミドリ安全):26.5cm
  • クッキングメイト100(アキレス):27.0cm

上記は筆者のコックシューズのサイズです。

他メーカーからの切り替えの際のサイズ選びのご参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

KEEN(キーン)のコックシューズを詳しくレビュー

ここからはKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2を詳しくレビューしていきます。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2を詳しくレビュー

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2を3つのパーツに分けてレビューしました。

それぞれに求められる機能があり、メリットとデメリットを解説しています。

リョクシン
詳しくみていきましょう。

アッパー(蒸れにくさがわかる)

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のアッパーをレビュー

まずはKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のアッパーからみていきましょう。

コックシューズのアッパーは通気性防水性耐久性が求められます。

リョクシン
通気性も大事ですが、1番は熱湯がかからない防水性が大事なパーツ!
補足

キッチンに入ることがないフロアオンリーの方は通気性を重視しましょう。

本革

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は本革

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はコックシューズではめずらしく本革を使っていました。

本革といっても防水の加工があり、汚れも弾く仕様です。

リョクシン
すこし硬めですが、しばらく履くことでしっかり「なじむ」でしょう。

つま先が剥がれにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はつま先が剥がれにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はつま先の素材がしっかり守られていました

角にぶつけたり、棚をコックシューズのつま先で開けても、破れにくい仕様です。

リョクシン
つま先から水が入ってきにくい!

サイドゴアで履きやすい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のサイドゴアが開いた状態

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2には、サイドゴアがついていました。

サイドゴアは足を入れることで広がるため、脱ぎ履きがしやすく歩きやすさも感じます。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はサイドゴアつき

リョクシン
通常のときはゴムが露出していないので、水が入りにくいです。
注意

足の甲が高く履いたときにゴアが開いた状態になってしまう方は熱湯に注意しましょう。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のサイドゴアには熱湯がかかりにくい

上から見るとわかりますが、サイドゴア部分には熱湯や水がかかっても侵入しにくいようなカバーがしっかりありますね!

脱げにくいカカト設計

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はカカトから脱げにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は、カカトの先端がつま先方向へ斜めった仕様になっています。

このような仕様にすることで脱げにくくしっかり足にフィット

リョクシン
足にしっかりフィットすることで、踏ん張りが減り歩きやすいので、疲れにくくなります。

足と連動しやすい設計

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は足と連動する

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は足と連動しやすい設計でした。

連動しやすいと下記のメリットがあります。

メリット
  1. 歩きやすい
  2. 靴ズレしにくい
  3. アッパーに負荷がかかりにくく破れにくい

足と靴が連動しやすいアッパーのコックシューズは限られたメーカーしかありません。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はアッパーが硬いにもかかわらず、歩きやすいのは設計のおかげもありそう!

リョクシン
とにかく一度履いてみなとこの感覚はわからないと思います。

裏布がすくない

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は裏布が少ない

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は裏布が少ないです。

裏布がたくさん使われたコックシューズは、蒸れやすく水分を吸収してしまうため乾燥しにくくなってしまうことも・・・

リョクシン
そうなると蒸れやすいし、菌が繁殖するため臭いやすいですが、KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は問題ありませんでした!

↑目次へ戻る↑

クッション(疲れにくさがわかる)

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のクッションをレビュー

続いてKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のクッションについてみていきましょう。

クッション素材は、疲れにくさ耐久性がわかります。

リョクシン
パフォーマンスに影響するので大事なポイントですね!

へたりにくいクッション素材

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はハード目なクッション素材

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2はすこし硬めのEVA素材のクッションを採用。

硬めの素材にする理由として、ヘタりにくさがあるでしょう。

リョクシン
新品のときだけフカフカでしばらく立ち仕事するとクッション性がなくなるコックシューズはありますが、KEENは違いました!

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールは疲れにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールもヘタりにくく疲れにくい

素材はウレタン素材で、EVA素材と比較してもヘタリにくいと言われる素材です。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールの表地

インソールの表地は高級感がありますね!

足あたりがよく足が入りやすいので、履きやすい印象を受けます。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールの裏面

インソールの裏面です。

通気があり歩くたびに通気しやすい構造がありました。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールの通気口

通気口の他、溝も通気性のポイントでしょう。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のインソールは2層構造

インソールのつま先部分は2層構造でした。

踏ん張ったり、しゃがんだり、足を踏み出す際にしっかり足指で歩み出すことが可能です!

リョクシン
インソールはつま先以外も、ところどころに2層構造がみられました。

多層構造

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のクッション構造

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のクッションは、インソールと靴本体のクッション素材が異なります。

そのような靴を多層構造と呼び、素材の配合にもよりますが、足圧を分散しやすく疲れにくい

リョクシン
インソール自体も2層構造だったので、4構造なので疲れにくいといえるでしょう。

足をくじきにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は足をくじきにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2のクッションは、靴底方向へ「いくにつれ」広がった形状。

後ろから見ると台形の形状をしていますね!

リョクシン
台形にすることで、足をくじきにくく安全性がアップします。

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2の靴底をレビュー

次にKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2の靴底を見ていきましょう。

靴底は滑りにくさに大きく関係します。

リョクシン
安全面に影響するので、コックシューズの中では1番大事なポイントかもしれません。

滑りにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は滑りにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は細かい溝が多数あり、滑りにくい靴底といえます。

靴底はオレンジ色ではなく、ブラックでカッコイイよいのですが、ノンマーキングなので床も汚れにくい

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は滑りにくい

ひし形の細かい溝大きな溝があり、大きな溝の方は汚れが落としやすいですね!

細かい溝の方はそもそも溝が深くなくこちらも汚れは落としやすい。

リョクシン
どんなに滑りにくい靴底でも汚れが詰まると機能性を発揮できないので意味がありませんが、キーンのコックシューズは問題なしです。
その他の機能
  1. 耐油
  2. 通電しにくい

通電しにくい機能には驚きました!

確かに厨房器具は水まわりで有りながら、電源の近くにありますからね。

リョクシン
油への耐久性がある耐油の配合ゴムですし、長持ちしそうだと思いました。

巻き上げソール

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は巻き上げソール

さすが、アウトドアブランドだと思ったのは、靴底がクッション部分まで巻き上がった仕様。

この仕様を巻き上げソールといい、アウトドアやスポーツシューズによく見られる特徴です。

リョクシン
滑りにくい素材の面積が増えるので、安全性アップしました!

↑目次へ戻る↑

他社比較(他と何が違うか)

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2と他社比較

ここまでKEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2をパーツ別にレビューしてきました。

最後に、KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2が他社と比べてどんな違いがあったのかをまとめます。

メリット
  1. 本革
  2. かっこいい
  3. 通電しにくい
  4. つま先の耐久性
  5. 巻き上げソール
  6. 4層以上のクッション
デメリット

価格が高い

他のコックシューズと違いすぎて、全く比較にならないので、メリットが多く感じます!

ただし、値段が高いのがネックでしょうね!

リョクシン
アキレスのクッキングメイト100と比較して、費用対効果があるかと言われると、なんとも言えないかなと。

他のコックシューズと比較されたい方は下記の記事から確認してみてください!

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

↑目次へ戻る↑

KEEN(キーン)のコックシューズのレビューをまとめます。

当記事では、KEEN(キーン)のコックシューズ『PTC SLIP-ON2』をレビューしました。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2は、本革(防水・防汚)4層以上のクッション巻き上げソール足に沿った設計で疲れにくいコックシューズ。

リョクシン
価格が高いのがネックですが、それに見合った機能がありましたので、余裕のある方はぜひ一度試してみてください!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

KEEN(キーン)のPTC SLIP-ON2と他メーカーの比較は下記のとおり。

メリット
  1. 本革
  2. かっこいい
  3. 通電しにくい
  4. つま先の耐久性
  5. 巻き上げソール
  6. 4層以上のクッション
デメリット

価格が高い

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です