【サンダンスのコックシューズをレビュー】サボになる2way仕様!サイズ感も紹介

【サンダンスのコックシューズをレビュー】サボになる2way仕様!サイズ感も紹介

どーも、靴の仕事歴12年のリョクシン(松下智博)です。

今回は、サンダンスのコックシューズをレビュー

リョクシン
結論からもう仕上げますと2way仕様のコックシューズです。

「脱ぎ履きが多いお店で働いている」

「サボとコックシューズどちらも使う」

「すこしおしゃれなコックシューズが欲しい」

リョクシン
そんな方におすすめのコックシューズです。

実際に履いてみて「すこしおしゃれ、滑りにくい、しっかり2way」という感想でした。

お座敷HACCP対応など脱ぎ履きの多い方におすすめです!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

サンダンスのコックシューズをレビュー!サイズ感や色展開を紹介!

安全靴や長靴のメーカーのサンダンスさんがコックシューズを開発しました。

サンダンスのコックシューズ

評価項目詳細
価格¥3,190(税込) 〜
サイズ23.0 〜 28.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm大きめ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
フロア◎
キッチン◎

サンダンスさんは1974年に創業した大阪の靴メーカーです。

創業当時は問屋さんでメーカーになったのは、1994年とのこと。

リョクシン
商品展開的には、作業靴メーカーさんの中ではすこしおしゃれなアイテムを開発しています。

公式SNS

 

おしゃれですね!

雨の日の普段履きでも良いかもしれません。

リョクシン
おしゃれなお店のフロアでも履けるでしょう!

サイズ感・重量・カラーバリエーション

ここからはサンダンスのサイズ感と重量、カラーバリエーションを見ていきましょう。

サンダンスのコックシューズは27.0cmで293g

まずは重量です。

サンダンスのコックシューズは27.0cmは293gでした。

リョクシン
コックシューズの中では普通くらいですね!

サイズ感

サンダンスのコックシューズのサイズ感

サンダンスのコックシューズのサイズ感はすこし小さめ

コックシューズとの比較では小さいのですが、ナイキやアディダスなどの普段履きと比較すると同じサイズでした。

リョクシン
下記からサイズ選びの参考にしてみてください。
他メーカーの比較
  • サンダンスのコックシューズ:28.0cm
  • JCMコックシューズ(JCM):27.0cm
  • シェフメイトα-100(弘進ゴム):27.0cm
  • ハイグリップH-700N(ミドリ安全):26.5cm
  • クッキングメイト100(アキレス):27.0cm

ナイキやアディダスなどの普段履きは27.5cmが多いです。

サンダンスのコックシューズは27.5cmがないので28.0cmを選択

リョクシン
27.5cmがあれば、本来は27.5cmとなります!

カラーバリエーション

サンダンスのコックシューズの白色

サンダンスのコックシューズのカラーバリエーションは2色

ブラックホワイトです。

リョクシン
キッチンの方は汚れが目立つホワイトでも良いでしょう!

↑目次へ戻る↑

サンダンスのコックシューズを詳しくレビュー

ここからはサンダンスのコックシューズを詳しくレビューします。

サンダンスのコックシューズを詳しくレビュー

靴は3つのパーツに分けることができます。

サンダンスのコックシューズを3つのパーツ別にレビューしてきましょう。

サンダンスのコックシューズをパーツ別にレビュー

アッパー・クッション・靴底の順番に見ていいきます。

↑目次へ戻る↑

アッパー(蒸れにくさがわかる)

サンダンスのコックシューズのアッパーをレビュー

アッパーとは、足を覆うパーツで通気性やフィッティング性、安全性に関係します。

2way

サンダンスのコックシューズはサボとの2way

サンダンスのコックシューズはカカトを踏むことができます。

カカトが踏める理由は、2wayでサボシューズとしても履けるため!

リョクシン
脱ぎ履きの多い現場で活躍します。
補足

白色であれば、食品工場や給食事業所のようなHACCP対応で脱ぎ履きする現場にも最適!

ただし、高熱殺菌やオゾン殺菌には対応していませんのでご注意ください。

つま先は濡れにくい

サンダンスのコックシューズはつま先がしっかり覆われている

カカト側は柔らかいストレッチ素材のため、水が入る可能性がございます。

しかし、つま先は通常のコックシューズと同じで、しっかり覆われているため足元が濡れにくい!

リョクシン
大事なポイントは抑えてますね!

甲ゴムの強度OK

サンダンスのコックシューズの甲ゴムはしっかりしている

コックシューズのフィッティングにおいて1番大事な甲ゴムですが、しっかり強度がありました。

サンダンスのコックシューズは甲ゴムが糸ほつれ有り

強いていうと甲ゴムがすこしだけ「ほつれ」ていたので、そこくらいでしょうか?

ま、超大手食品工場でしたらアウトでしょうが、そこまで気にするレベルでもないですね!

リョクシン
このあたりは、ミドリ安全さんがしっかりしています。

↑目次へ戻る↑

クッション(疲れにくさがわかる)

サンダンスのコックシューズのクッション

続いてサンダンスのコックシューズのクッションを見ていきましょう。

クッションは疲れ耐久性に関係します。

リョクシン
サンダンスのコックシューズは厚底のクッションで疲れにくいと思いました。

厚底

サンダンスのコックシューズは厚底

サンダンスのコックシューズは厚底で疲れにくいと感じました!

ただ厚底ではなく、クッション形状が地面に行くにつれて広がっています。

リョクシン
足を「くじき」にくく安全性も考えた厚底でしょう。

カカトの着地が安定

サンダンスはカカトでの着地が安定

サンダンスのコックシューズはカカトがカットされて着地が安定する形状。

上記のようにすることで、「面(めん)」で接地できるので、安全です。

リョクシン
階段でも安心でしょう。

トーアップ

サンダンスのコックシューズはトーアップ形状

サンダンスのコックシューズのクッションはトーアップ形状

トーアップとは、つま先がつりあがった形状で、歩きやすさやつまずき防止効果があります。

サンダンスのコックシューズは歩きやすい

サンダンスのコックシューズは、クッション部分に切り込みがありました。

この切り込みによって靴本体が足と連動しやすく、歩きやすくなります。

リョクシン
また靴本体にストレスがかからないので、接着の剥がれも多少、発生しにくくなるでしょう。

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

サンダンスのコックシューズの靴底をレビュー

最後にサンダンスのコックシューズの靴底をレビューしましょう。

靴底は滑りにくさに関係します。

リョクシン
安全性に大きく影響する大事なパーツ!

滑りにくい靴底

サンダンスのコックシューズは滑りにくい

サンダンスのコックシューズの靴底は滑りにくいと感じました!

サンダンスのコックシューズの靴底

素材はゴムでしっかり床と摩擦できる素材です。

そのため滑りにくく安全性が高いでしょう。

リョクシン
また溝(みぞ)が細かくあり、水や油をかき分けて、しっかりグリップします。

↑目次へ戻る↑

他社比較(他と何が違うか)

サンダンスのコックシューズの他社比較

ここまでサンダンスのコックシューズをパーツ別にレビューしてきました。

最終、他のメーカーと比較して、どうなのかを正直にレビューします。

リョクシン
筆者の勝手な見解ですね!

2wayが良い方のみ

サンダンスのコックシューズはサボとの2way

2wayをお求めの方にはおすすめです。

しかし、コックシューズの中で秀でておすすめかと言われますと、個人的には違うかなと!

リョクシン
これまで1番良いと思ったコックシューズはアキレスのクッキングメイト100なので、迷う方はそちらを購入してみてください。

すべてのコックシューズを比較したまとめ記事は下記になります。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

↑目次へ戻る↑

サンダンスのコックシューズのレビューをまとめます!

当記事では、サンダンスのコックシューズをレビューしました。

サンダンスのコックシューズは2wayでカッコよく、滑りにくいコックシューズ。

リョクシン
疲れにくいですし、2wayをお求めの方には強くおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとおすすめのコックシューズを知りたい」

そんな方に向けて下記の記事でおすすめコックシューズを紹介しました。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です