【ハイグリップパンプスHRS-501をレビュー】通勤でも使えるパンプス式のコックシューズ

ハイグリップパンプスHRS-501はミドリ安全が開発したコックシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、ハイグリップパンプスHRS-501をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、フロア専用のパンプス型コックシューズです。

「女性向けのコックシューズを探している」

「大理石やタイルでも滑りにくい靴ってある?」

「フロアでも恥ずかしくないコックシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめのコックシューズです。

コックシューズではなく、雨の日の通勤用パンプスとしてもおすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ハイグリップパンプスHRS-501のレビュー・口コミ【サイズ感・重量を紹介】

ハイグリップパンプスHRS-501とは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ハイグリップパンプスHRS-501はミドリ安全が開発したコックシューズ

評価項目詳細
価格¥6,160 〜
サイズ21.5 〜 25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm大きめ
通気性★★★☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
フィッティング性★★★☆☆(星3つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
フロア◎
キッチン×

ミドリ安全はコックシューズのトップメーカーです。

ホームセンターやワークマンでは販売しておらず、大手の外食チェーン店や食品工場に直接営業されているメーカー。

リョクシン
カンブリア宮殿でも特集されておりました。

インスタ

 

ミドリ安全さんの公式アカウントのインスタグラムでも紹介されていました。

ウエッジヒールのため接地面積が広く疲れにくい特徴があります。

リョクシン
通勤の他、飲食店のフロアやホテルのフロントの方にもおすすめ!

サイズ感・重量

ハイグリップパンプスHRS-501のサイズ感は普段履きと同じでOK

ここからは重量とサイズ感について見ていきましょう。

まずは重量ですが、23.5cmで172gでした。

リョクシン
かなり軽いですね!

フィッティング性が大事

ハイグリップパンプスHRS-501のフィッティング性

ハイグリップHRS-501のフィッティング性は普段履きスニーカーと同じでOK!

普段プーマのスニーカーを履いている女性に履いてもらいましたが、ちょうど良いとのこと。

リョクシン
ミドリ安全さんは割と大きめな印象がありましたが、こちらは普段履きと同じサイズ感でも問題なさそうです。
注意

上記はユニクロの定番ソックスほどの厚みの靴下を着用してのサイズ感。

タイツなど着用しそのまま履かれる方は、0.5cm小さめをおすすめします。

↑目次へ戻る↑

メリット・デメリット

ハイグリップパンプスHRS-501のメリットとデメリット

ここからはハイグリップパンプスHRS-502のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 疲れにくいヒール
  2. 歩きやすいトーアップ
  3. カカトでしっかりホールド
  4. 大理石でも滑りにくい靴底
  5. 靴ズレしにくいライニング
デメリット

幅が選べない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

疲れにくいヒール

ハイグリップパンプスHRS-501は疲れにくいヒール形状

ハイグリップパンプスHRS-501は、疲れにくいヒール形状です。

一般的なパンプスとは異なり、中央部分が接地していました。

リョクシン
そのため接地面積が広く疲れにくい形状です。

ハイグリップパンプスHRS-501はクッション素材に厚みがある

後ろから見るとわかりますが、クッション素材に厚みがあります。

クッション素材に厚みがあると衝撃を吸収しやすいため疲れにくい!

リョクシン
一般的なパンプスのヒールはクッション素材ではないのですが、こちらはすべてEVAというクッション素材なので疲れにくいです。

ハイグリップパンプスHRS-501はインソール入り

さらにインソールも入ってるので疲れにくい!

厚めのあるヒールとインソールでクッション性抜群です。

歩きやすいトーアップ

ハイグリップパンプスHRS-501はトーアップで歩きやすい

ハイグリップパンプスHRS-501はトーアップで歩きやすい形状。

平置きした際に、つま先が接地していない形状をトーアップと言います。

リョクシン
トーアップは次の1歩が踏み出しやすく歩きやすいのが特徴なのでフロアで活躍すること間違えなし!

カカトでしっかりホールド

ハイグリップパンプスHRS-501はカカトでしっかりホールド

ハイグリップパンプスHRS-501はカカトでしっかりホールドできました。

カカトが細身であり、カカトを形成する月型芯の素材感も良いのでフィッティング性が高いです。

リョクシン
靴ズレの多いパンプスには助かる形状ですね!

大理石でも滑りにくい

ハイグリップパンプスHRS-501は滑りにくい

ハイグリップパンプスHRS-501は滑りにくい特徴があります。

ハイグリップパンプスHRS-501の靴底

その秘密は靴底の形状と素材でしっかり床を「とらえる」ことができるので滑りにくい。

リョクシン
ツルツルした床の上で歩くと「キュッキュッ」と音がするくらいに、しっかり床をとらえることが可能です。

ハイグリップパンプスHRS-501は交換目安付き

また靴底には「ここまですり減ったら交換してね」というスリップサインがありました。

ただし、滑りの原因は靴底だけではないので、あくまでスリップサインは参考程度にしましょう。

リョクシン
滑りを感じられましたら、買い替えることおすすめします。

靴ズレしにくい

ハイグリップパンプスHRS-501は靴ズレしにくい

ハイグリップパンプスHRS-501は裏布(ライニング)が、足との接点にまでしっかりサポートされていました。

つま先方面の靴ズレも抑えることが可能です。

幅が選べない

ハイグリップパンプスHRS-501のデメリットは幅が選べない

ハイグリップパンプスHRS-501のデメリットは幅が選ばないこと。

一般的な靴メーカーのど定番のパンプスは、足幅を選ぶことができます。

リョクシン
E〜5Eくらいまで選べる製品もありました。

ハイグリップパンプスHRS-501は合わない方もいる

幅が選べないため、サイズが合わない方にはストレスかもしれません。

しかし、前述のとおりカカトでしっかりホールドされるので、極端に細い方や広い方を除き問題ないでしょう。

↑目次へ戻る↑

ハイグリップパンプスHRS-501のレビュー・口コミをまとめます!

当記事ではミドリ安全のハイグリップパンプスHRS-501をレビューしました。

ハイグリップパンプスHRS-501はフロア向けのパンプス型コックシューズです。

リョクシン
コックシューズですが、フロアに出ても分かりにくくて良いですね!
補足

飲食店フロアの他、雨の日の通勤用、ホテルのフロントの方にもおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もおすすめです。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けて下記の記事にてコックシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です