【ハイグリップNHF-001 をレビュー】紐タイプの超滑りにくいコックシューズ!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ハイグリップNHF-001をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、履き心地がよくて滑りにくいスニーカーです。

「飲食店のフロアで働いている」

「滑りにくいスニーカーがほしい」

「疲れにくいスニーカーを探している」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「滑りにくい、軽い、価格の割りに疲れにくい」という感想でした。

飲食店のフロアや軽い雨の日にもおすすめ!

ハイグリップNHF-001とは?サイズ感や重量をご案内

ハイグリップNHF-001は、ミドリ安全が開発した滑りにくいスニーカーです。

評価項目詳細
価格¥4,400〜(通販サイトによる)
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ハイグリップ比較:0.5cm大きめ
シェフメイト比較:同じサイズ
カラー展開
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境外食店◎
食品工場△
ラーメン×

ミドリ安全は、ワークシューズのトップメーカー。

飲食店で履かれているコックシューズで市場シェアトップです。

リョクシン
あらゆるシーンに向けてラインナップ。

ハイグリップNHF-001は、そのラインナップの中でもトップクラスに滑りにくい

滑りにくいのは、もちろんのことクッション性にも優れていました。

リョクシン
また紐タイプなのでサイズ調整もしやすいです。

紐タイプなので、飲食店のキッチンよりはフロア向け

また普段履きとしても使用可能です。

リョクシン
軽い雨でしたら問題ありませんね。

重量とサイズ感

ここからはハイグリップNHF-001の重量サイズ感をレビュー。

まずは、重量からみていきましょう。

重量

ハイグリップNHF-001の重量は、26.5cmで275gでした。

とても軽いですね。

リョクシン
しかし、靴の良し悪しは重量ではありません。

足とのフィッティング性が大事です。

足と靴がしっかりフィットしないと靴の中で足が遊んでしまい、踏ん張ってしまうので蒸れたり疲れたりと問題が多い。

リョクシン
割と、重量で選んでいる方も多いのでお気をつけください!

サイズ感

ハイグリップNHF-001のサイズ感は、少し大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが、27.5cmに対して27.0cmでした。

ミドリ安全のコックシューズの中では、すこし小さめのサイズ感ですね。

とはいえ、多少は大きいので0.5cm小さめがおすすめ!

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • オールバーズ ⇒ 27.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm
  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ

  • シェフメイト ⇒ 27.0cm
  • ハイグリップ ⇒ 26.5cm
  • クッキングメイト ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のハイグリップNHF-001を詳しくレビュー

ここからは、ミドリ安全のハイグリップNHF-001を詳しくレビューします。

実際に履いてみて感じたメリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 靴ヒモ
  3. 平紐で脱げにくい
  4. 履き心地がよい
  5. インソール入り
  6. 厚底のクッション
  7. 反発力のあるクッション
  8. 超滑りにくい
デメリット

紐がカビる可能性

メリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

上記の3つのパーツを図解しました。

3つの靴のパーツの図解

上から順番にアッパーからみていきましょう。

 

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーを図解

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

ハイグリップNHF-001は、コックシューズなので通気性は低いです。

フィッティング性は靴ヒモなので、サイズ調整しやすい構造。

リョクシン
通常のスリッポンのコックシューズよりは、フィッティング性がありました。

通気口がない

当たり前ですが、飲食店で履く靴なので通気口はありません

通気性はないものの、耐水性はあるので、水を通しにくい。

リョクシン
雨の日に履くようの滑りにくいスニーカーとしても使用が可能です。

ただし、土踏まず側に通気口が2つありました。

本当にすこしですが、通気性がアップします。

靴ヒモでフィッティング

ハイグリップNHF-001は、靴ヒモでフィッティングするので、サイズ調整がしやすい

しかも、ほどけにくく、緩みにくい平紐です。

リョクシン
飲食店のキッチンで使用するケースでは、紐のお手入れだけしっかりしましょう。

ハトメ補強がある

靴ヒモを入れる穴をハトメといいます。

製品によっては、ハトメが破れてしまうケースもありました。

リョクシン
ハイグリップNHF-001は、ハトメを補強するプラスチック樹脂の素材が使用されています。

脱げにくい構造

カカト形状が脱げにくい構造です。

またカカトを形成する月型芯もしっかりしていました。

リョクシン
画像では見えないのですが、月型芯という芯によってカカトは形成されています。

カカトの裏側もしっかりした素材を使用しています。

すり減って破れてしまう方にはよいと思いました。

アッパーまとめ

  • メリット:軽い
  • メリット:靴ヒモ
  • メリット:平紐で脱げにくい
  • デメリット:紐がカビる可能性

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションを図解

続いて、クッションについてみていきましょう。

クッションは足の裏から体重を支えるパーツ。

疲労や履き心地に関係します。

超厚底

ハイグリップNHF-001は、超厚底

クッション素材に厚みがある靴を厚底といいます。

リョクシン
厚底は、衝撃吸収がしやすいので疲れにくい!

反発力がある

クッション素材には、EVAという素材を使用していました。

EVA素材は、配合によって機能が大きく変わります。

リョクシン
ハイグリップNHF-001のEVAが高反発の配合で動きやすいと感じました。

高反発で背中を押される感覚ですかね。

厚底のデメリットとして、「動きにくい」というモノがありました。

リョクシン
そのデメリットも配合で改善している感じです。

インソール入り

ハイグリップNHF-001は、インソールが入っていました。

取り外せるので、市販のインソールと交換できます。

割と厚みがあってよい感じです。

安いコックシューズですと割と紙みたいなインソールが入っているケースもありました。

リョクシン
ここまで厚みのあるインソールであれば疲れにくいです。

クッションまとめ

  • メリット:履き心地がよい
  • メリット:インソール入り
  • メリット:厚底のクッション
  • メリット:反発力のあるクッション
  • デメリット:紐がカビる可能性

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさが分かる)

靴のパーツの靴底を図解

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

滑りにくい靴底

ハイグリップNHF-001は、超滑りにくい靴底です。

水や油など液体では最強でしょう。

リョクシン
ワークシューズのトップメーカーのミドリ安全の中でも1番滑りにくい靴底です。

滑りにくさを測る数値があるのですが、その数値で市場トップです。

環境により滑る場合もあると思いますが、試験数値ではナンバー1とのこと。

リョクシン
雨の日の地下鉄の通路やコンビニでも滑りにくいです。

靴底まとめ

  • メリット:超滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のハイグリップNHF-001のまとめ

当記事では、ミドリ安全のハイグリップNHF-001をレビューしました。

ハイグリップNHF-001は、靴ヒモ仕様のコックシューズです。

リョクシン
滑りにくいのは、もちろんのことサイズ調整しやくす感じました。

超厚底で疲れにくいのも魅力の1つ。

飲食店のフロアや軽い雨の日のご使用をおすすめします!

リョクシン
それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ハイグリップNHF-100のメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 靴ヒモ
  3. 平紐で脱げにくい
  4. 履き心地がよい
  5. インソール入り
  6. 厚底のクッション
  7. 反発力のあるクッション
  8. 超滑りにくい

デメリットは1つです。

デメリット

紐がカビる可能性

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

⇒【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

気になった方はぜひ、参考にしてみてください!

「他の紐タイプのコックシューズを見てみたい」

そんな方に向けて紐付きのコックシューズをすべて解説しました。

もっと詳しく解説
サイズ合わない人は「紐付きコックシューズ」がおすすめ!

よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です