【810sキッチェをレビュー】ムーンスターのおしゃれコックシューズ【サイズ感までご紹介】

810s(エイトテンス)のキッチェはおしゃれなコックシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回はムーンスターの靴ブランド810sのキッチェをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、コックシューズをモチーフにしたおしゃれスニーカーです。

「フロア向けにおしゃれなコックシューズがほしい」

「マタニティシューズにおしゃれな滑りにくい靴を探している」

「スタンスミスに飽きたし被るので似たデザインでおしゃれな靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

810s(エイトテンス)のキッチェをレビュー

実際に履いてみて「コーデに困らない、おしゃれ、滑りにくい」と大満足です。

コックシューズというよりは普段履きにおすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

810s(エイトテンス)のキッチェのレビュー・口コミ【サイズ感と重量まで】

810s(エイトテンス)とは、日本を代表する靴メーカー『ムーンスター』発足の靴ブランド。

810s(エイトテンス)とは

評価項目詳細
価格¥5,500 〜
サイズ22.5 〜 28.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
通気性★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
旅行◎
フロア◯
キッチン×

ムーンスターはコンバースの日本企画や上履きで有名な靴メーカーです。

機能性に優れながらも価格は抑えられた製品が多くコスパ抜群な製品を多数ラインナップ。

リョクシン
日本国内に自社工場もあります。

810sのコンセプト

810s(エイトテンス)のコンセプト

810s(エイトテンス)のコンセプトは、「日々に“ちょうどいい”フィットウェア」

ネーミングは満腹でもなく空腹でもない腹八分目を表す「8/10」から考案されたそうです。

リョクシン
確かに腹八分目は“ちょうどいい”と聞きますね!

キッチェとは

キッチェとは

810s(エイトテンス)はムーンスターのプロユース(作業靴など)向けの製品を普段履きに落とし込んだブランドです。

キッチェは810sの中でもコックシューズをモチーフに開発されました。

リョクシン
そのため、抗菌使用ですし靴底は水や油でも滑りにくい特徴がございます。

ムーンスターのコックシューズの実力

キッチンスター01

私は5年ほどコックシューズのメーカーで全国営業してきましたが、大手のチェーン店には採用されていない印象。

しかし、福岡の白衣問屋や中小規模の飲食店には採用されていました。

リョクシン
機能的には申し分なく、とくにキッチンスターはインソールが他にはない工夫がされており、靴底も滑りにくい特徴があります。

サイズ感・重量・カラー

810s(エイトテンス)のキッチェの重量は27.5cmで355g

ここからはキッチェの重量・サイズ感・カラーバリエーションを見ていきましょう。

まずは重量ですが、27.5cmで355gありました。

リョクシン
気にならない程度ですが、近年の軽いスニーカーに比較すれば重たい部類かもしれません。

重量よりフィッティング性

足と靴の相性を表すフィッティング性について解説

靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性です。

メモ

いくら軽くてもフィッティング性が悪ければ重たくも感じますし、何より疲れます。

フィッティング性は靴を開発する際の靴の型が重要。

ムーンスターさんの靴の型は問題ない製品が大半です。

リョクシン
詳しくはメリットで解説しますが、キッチェは足にフィットするので、重くは感じませんでした。

カラーバリエーション

810s(エイトテンス)のキッチェのカラーバリエーション

カラーバリエーションは3色。

個人的にはオールブラックとホワイトがおすすめです。

リョクシン
オフィスカジュアルであれば、問題なく履けるデザイン性でしょう!

メリット・デメリット

810s(エイトテンス)のキッチェのメリットとデメリットを解説

ここからは810sキッチェのメリットとデメリットを解説します。

メリットとデメリットの一覧は下記のとおり。

メリット
  1. 滑りにくい
  2. すり減りにくい
  3. ファッション性が高い
  4. 甲ゴムでフィッティング性アップ
デメリット

甲ゴムが露出していてキッチンでは使用不可

それぞれ詳しく見ていきましょう。

滑りにくい

810s(エイトテンス)のキッチェの靴底はすべてゴム素材

黒くてわかりにくいのですが、靴底にはゴム素材を使用しています。

ゴム素材は地面との摩擦を起こしやすく滑りにくい素材。

リョクシン
靴底の形状も溝(みぞ)が多く、溝が水や油をかき出すので滑りにくくなります。

すり減りにくい

810s(エイトテンス)のキッチェはすり減りにくい

キッチェの靴底はすり減りにくいゴム素材。

近年、クッション素材と同じ素材を靴底に採用するスニーカーが多いのですが、摩耗が激しく耐久性に優れません。

リョクシン
キッチェは前述のとおり、ゴム素材なので問題なし!

ファッション性が高い

810s(エイトテンス)のキッチェはファッション性が高い

810sキッチェはファッション性が高いです。

世界で1番履かれているアディダスのスタンスミスのようなデザイン。

リョクシン
コーデにも困らず、スタンスミスで被る心配もございません。

810s(エイトテンス)のキッチェは雨に強い

またスタンスミスと異なり、本革ではないため雨天の耐久性にも優れます。

防水ではないものの、コックシューズをモチーフにしているため、問題ありません。

810s(エイトテンス)のキッチェがおしゃれな理由

また810sキッチェがおしゃれな理由ですが、靴底が薄いことも挙げられます。

靴底が薄いとスタイルよく見えやすく野暮ったさがなくなることも要因の1つ。

リョクシン
高級紳士靴やスタンスミスがカッコイイ訳ですね!

810s(エイトテンス)のキッチェにはムーンスターのロゴ

全然どうでも良いかもしれませんが、ムーンスターのロゴが記載されていました。

僕みたいなムーンスターさんのファンであれば嬉しいですね!

甲ゴムでフィッティング性アップ

810s(エイトテンス)のキッチェ

一般的なスリッポンやコックシューズの甲ゴムと異なり、外側に甲ゴムがありました。

上記が一般的な甲ゴムです。

画像のように開かないと見えないのが本来の甲ゴムですね!

810s(エイトテンス)のキッチェの甲ゴムは硬め

キッチェの甲ゴムは硬めでした。

硬めですと足にフィットする力が強いため、疲れにくく靴ズレなどトラブルを起こしにくいのでおすすめです。

リョクシン
ゴムも長いので、甲を全体的にフィッティングしやすくなりました。

甲ゴムが露出していてキッチンでは使用不可

キッチェのデメリットは甲ゴムがオープンになっていること

810sのキッチェのデメリットも見ていきましょう。

普段履きとしてのデメリットはないのですが、コックシューズとしては甲ゴムがオープンになっているため、衛生面においてキッチンでは使用できないことでしょう。

リョクシン
甲ゴムからカビが発生する可能性がございますので、注意が必要です。

810s(エイトテンス)のキッチェのレビュー・口コミ(サイズ感と重量)をまとめます

当記事では810s(エイトテンス)のキッチェをレビューしました。

キッチェはムーンスターが開発したコックシューズをモチーフにしたスニーカーです。

リョクシン
滑りにくくカッコイイので普段履きとしては超おすすめ!
注意

コックシューズとして使用するのであれば、キッチンで使用すると甲ゴムはカビやすいので注意しましょう。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ムーンスターの810s(エイトテンス)のキッチェのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 滑りにくい
  2. すり減りにくい
  3. ファッション性が高い
  4. 甲ゴムでフィッティング性アップ

デメリットは1つありました。

デメリット

甲ゴムが露出していてキッチンでは使用不可

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もおすすめです。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です