ミドリ安全「ハイグリップH-400N」は排水溝に強いコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • ハイグリップH-400Nについて知りたい方
  • 排水溝で滑りにくいコックシューズ探している方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、ハイグリップH-400Nについて解説しました。

結論から申し上げますと、軽くて排水溝で滑りにくいコックシューズです。

「軽いコックシューズがほしい」

「排水溝で滑って困っている」

「靴底の汚れがとれやすいコックシューズがほしい」

「靴底に汚れがつまりにくい製品を探している」

そんな方におすすめなコックシューズです。

リョクシン

実際に履いてみて「軽い、排水溝でも靴底が欠けにくい、滑りにくくなるまで時間かかる」という感想を持ちました。

軽いコックシューズを探している方で、排水溝での滑りにお困りの方におすすめ!

ハイグリップH-400Nは、コアな製品です。

特にこだわりやお困りなことがない方は、ハイグリップH-700Nがおすすめでしょう。

ハイグリップH-400Nとは?メリットとデメリットを紹介

評価項目詳細
価格¥5,940~3,900
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感0.5cm小さめ推奨
コックシューズとの比較
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
靴底のすり減りだけ悪い
おすすめの使用環境外食店◯
食品工場◎
給食◯
ラーメン?(環境次第)
※環境次第では大活躍

ハイグリップH-400Nとは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でトップシェア。

コックシューズのラインナップが多数あります。

リョクシン

サイズ展開も豊富ですし、おしゃれな製品から超コアな作業限定のコックシューズもありました。
サイズ展開も製品によっては、20.0cmからラインナップがありました。

シンコーちゃん

ハイグリップH-400Nですが、ミドリ安全のコックシューズの中でもコアな作業限定な製品。

冒頭でお話しましたとおり、軽量性と排水溝でお困りの方におすすめします。

そんなハイグリップH-400Nを履いて感じたメリットデメリットはこちら。

メリット
  1. 軽い
  2. 排水溝でも靴底が欠けにくい
  3. 靴底に汚れが詰まりにくい
  4. 靴底の汚れがとれやすい
デメリット
  1. 靴底がすり減らないと滑りにくくならない
  2. 靴底がすり減りやすい
うーん。

正直なところ、メリットとデメリットの一覧だけだと、わかりにくいね。

シンコーちゃん

リョクシン

そうだよね。

ということで次項から画像をたくさん使って、ハイグリップH-400Nについて解説していきます。

 

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-400Nをレビューします。パーツ別に解説。

ここからは、ハイグリップH-400Nをレビューしていきます。

わかりやすく詳しく見ていくため、パーツ別に見ていきましょう。

靴は大きく分けて、3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこにあたりのか図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについてはわかりました。

シンコーちゃん

リョクシン

それではハイグリップH-400Nのメリットとデメリットに触れながら、解説していきます。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まず、アッパーから見ていきます。

アッパーとは、足をつつみ込むパーツ。

通気性や足へのフィッティング性耐久性が求められます。

ハイグリップH-400Nのアッパーを見ていきましょう。

ハイグリップH-400Nのアッパーはポリウレタン素材です。

とくに特徴はなく、可もなく不可もなくといった印象。

アッパーの質感は、ツヤツヤしていません。

コックシューズの中には無駄にツヤツヤしている製品もあります。

ミドリ安全のハイグリップシリーズは、基本的に画像のようにマットな感じ。

裏布・ライニング

アッパーの裏面の裏布を見てみました。

裏布で重要なことは、無駄に布製の素材がないこと。

布製の素材は汗や結露を吸収して、さらに乾燥しにくくなるのです。

リョクシン

ミドリ安全の製品は、基本的に布は少ないです。

ですので、問題ありませんね。

甲ゴム

画像のようにアッパーをめくると甲ゴムという部位が見えます。

コックシューズは靴ヒモやマジックテープといった、サイズ調整の部位がありません。

そこで重要なのが、甲ゴムになります。

リョクシン

甲ゴムで求められるのは、伸縮性と「糸ほつれ」がないかどうか。

ハイグリップH-400Nの甲ゴムに関しては、すこし硬かったです。

しかし、ミドリ安全のコックシューズの甲ゴムは、糸ほつれが一切ありません。

(※画像は他社コックシューズ)

糸ほつれは、異物混入やカビの発生源になるので、注意が必要。

筆者もたくさんのハイグリップシリーズを購入していますが、1足も糸ほつれを見たことがないのです。

シンコーちゃん

アッパーまとめ

  • メリットとデメリットは特になし
  • 甲ゴムのディテールが綺麗

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて見ていきましょう。

クッションとは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性に大きく関係します。

履き心地に関係するとは、靴にとって重要ですね。

シンコーちゃん

ハイグリップH-400Nのクッションについて見ていきましょう。

ハイグリップH-400Nのクッション素材は、EVAという素材です。

軽量性に優れていて、ほとんどの靴に使用されている素材。

クッションは厚底

ハイグリップH-400Nを後ろから見てみました。

クッション素材そのものは厚底ですね。

ハイグリップH-400Nを履いてみました。

厚底の外観のとおり、クッション性はよいです。

他のコックシューズと比べると、ミドリ安全は0.5cm大きく作られていますね。

リョクシン

何より軽いですね。

業界最軽量に近いのではないかと!

クッションまとめ

  • メリット①:軽い

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について見ていきます。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係します。

ハイグリップH-400Nの靴底について見ていきましょう。

ハイグリップH-400Nの靴底の素材は、EVA素材

クッション素材と同じ素材でした。

リョクシン

靴底とクッションは、同じ1枚の素材です。
じゃー靴底が剥がれる心配がないんだ。

シンコーちゃん

EVA素材を靴底に使用することで、汚れが詰まりにくく、詰まってもすぐに取れます。

クッション素材に使用されるだけあって、柔らかいのがデメリット。

すり減りが早いわけだね。

シンコーちゃん

また、EVAを靴底に使用した場合には、すこしだけ削らないといけません。

表面がツルツルしているので、滑ってしまうのです。

ハイグリップH-400Nの靴底は、削れていませんでした。

リョクシン

 しばらく履いてから滑りにくくなるイメージです。

排水溝につよい

グレーチング 排水溝

ハイグリップH-400Nの靴底の最大のメリットは、排水溝の対策です。

靴底が欠けにくく、滑りやすい評価がありました。

食品工場や食品スーパー、飲食店のキッチンに最適ですね。

靴底まとめ

  • メリット②:排水溝でも靴底が欠けにくい
  • メリット③:靴底に汚れが詰まりにくい
  • メリット④:靴底の汚れがとれやすい
  • デメリット①靴底がすり減らないと滑りにくくならない
  • デメリット②:靴底がすり減りやすい

 

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-400Nのレビューをまとめます。

当記事ではハイグリップH-400Nについて解説しました。

ハイグリップH-400Nは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

軽量排水溝の対策ができるところがよいですね。

すり減りやすいデメリットがありますが、買い替え頻度が多い方が、衛生的でしょう。

今お使いのコックシューズの重量と排水溝でお悩みの方におすすめ!

それでは、下記より記事を簡単にまとめます。

ハイグリップH-400Nを履いて感じたメリットは、4つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. 排水溝でも靴底が欠けにくい
  3. 靴底に汚れが詰まりにくい
  4. 靴底の汚れがとれやすい

デメリットは2つです。

デメリット
  1. 靴底がすり減らないと滑りにくくならない
  2. 靴底がすり減りやすい
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

「他のミドリ安全のハイグリップについて知りたい」

そんな方に向けて、すべてのハイグリップを解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のハイグリップを徹底解説!】コックシューズ市場でナンバー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です