【クッキングメイト100をレビュー】アキレスのワークマンには売ってないコスパ最強のコックシューズ!

クッキングメイト100のサイズ感

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです!

今回は、クッキングメイト100について解説します。

リョクシン
結論から申し上げますと、滑りにくさと履き心地に優れるコックシューズ

「コスパ抜群なコックシューズがほしい」

「滑りにくいコックシューズってある?」

「疲れにくいコックシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめなコックシューズです。

クッキングメイト100は高機能

実際に履いてみて「疲れにくい、クッション性が長続きする、滑りにくさ最強、汚れが取れやすい」と大満足でした。

メーカー定番のコックシューズにすべてに足を通してきましたが、自信を持っておすすめできる製品です。

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

クッキングメイト100とは?ワークマンには売っていない!サイズ感をご紹介!

クッキングメイト100は、アキレスが開発したコックシューズです。

クッキングメイト100はアキレスが開発したコックシューズ

評価項目詳細
価格¥6,500~3,900
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感0.5cm大きめ推奨
(コックシューズ比較)
足の細い筆者で0.5cm大きめ
幅広の方は、さらに大きめ推奨。
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

アキレスは、日本を代表する靴メーカーです。

キッズスニーカー『瞬足』や履き心地のよい『ソルボ』で有名!

リョクシン
どの製品も品質が抜群によいイメージです。
注意

クッキングメイト100はワークマンの店舗では売っていません。

ワークマンで売っているのはシェフメイトα-100という安価品。

クッキングメイト100はハイスペック品のため性能が違います

インスタでもご紹介!クッキングメイト100をインスタで紹介しました

アキレスは、コックシューズを「クッキングメイトシリーズ」として多数ラインナップ。

クッキングメイト100は、シリーズの中でも最もハイスペック製品です。

リョクシン
滑りにくさやクッション性に優れたコックシューズでした。

サイズ感

アキレスのクッキングメイト100のサイズ感は普段履きスニーカーと同じサイズでOK

アキレスのクッキングメイト100のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK!

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスのようなスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して、27.5cmでした。

サイズ選びのご参考に筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • オールバーズ ⇒ 27.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm
  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ

  • シェフメイト ⇒ 27.0cm
  • ハイグリップ ⇒ 26.5cm
  • クッキングメイト ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

靴のサイズは、ジャンルやメーカーによって異なります。

足のサイズは決めつけずに、ぜひ参考にしてみてください!

口コミ

それぞれSNSの反応です!

足が甲高幅広めな方は、普段のコックシューズよりも、0.5〜1.0cm大きめがおすすめ!

リョクシン
もし、不安な方はTwitterのDMか記事にコメントください!

アキレスのクッキングメイト100を詳しくレビューします。

ここからは、クッキングメイト100を詳しくレビューします。

クッキングメイト100をレビュー。

実際にクッキングメイト100を履いて感じたメリットとデメリットが下記になります。

メリット
  1. コスパ抜群過ぎ
  2. 汚れにくいアッパー
  3. 履き心地抜群のラスト形状
  4. インソールが市場ナンバー1
  5. 超滑りにくい
  6. ゴミが詰まっても取れやすい
デメリット
  1. 細かく動く人にはクッション性が良すぎる
うーん。メリットとデメリットの一覧だけだと分かりにくいね。

シンコーちゃん

リョクシン

ということで次項からクッキングメイト100を画像を多めにメリットとデメリットについて解説していきます。

わかりやすい様に、パーツ別に分けて解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツにわかれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

クッキングメイト100のパーツ名

これで靴のパーツについては理解できたよ。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは次項からパーツ別に解説していきます。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性がわかる)

クッキングメイト100のアッパー

アッパーは、足を覆うパーツです。

通気性や足へのフィッティング性耐久性が求められるパーツ。

リョクシン
コックシューズの場合には、やけど対策が求められるでしょう。

クッキングメイト100は汚れにくいアッパー

クッキングメイト100のアッパーを見ていきましょう。

クッキングメイト100のアッパーは汚れにくさとフィッティング性に優れていました。

防汚アッパー

クッキングメイト100はアッパーが汚れにくい防汚加工

まず汚れにくさですが、防汚アッパーを使用しています。

コックシューズ市場で唯一、表立って「防汚」という機能をうたっていました。

リョクシン
アキレスさんにお問い合わせしましたが、マジックペンで書いてすぐに拭けば着色が取れるくらいに汚れがとれるそうです。

甲ゴム

クッキング メイト100の甲ゴムは素材が良い

アッパーの足の甲にあたる部分をめくると甲ゴムという部位が見えてきます。

コックシューズは、靴ヒモやマジックテープがないため、フィッティング性は甲ゴムの質も重要。

リョクシン
クッキングメイト100の甲ゴムはまったく問題ありませんでした。

裏布(ライニング)

クッキングメイト100は裏布の素材も良い

フィッティング性や履き心地には、アッパーの裏布も関係してきます。

画像は、カカト側のアッパーの裏布ですが本当によい素材でした。

リョクシン
サイズがあっていれば、カカトが動くことがありません。

カカト幅と月型芯

クッキンメイト100は踵幅と月型芯が良い

アッパーのフィッティング性を高めるには、カカト幅が重要。

またアッパーのカカトを形成する月型芯がキーを握ります。

クッキングメイト100は、どちらも素晴らしい!

リョクシン

アキレスさんの製品は、基本的に細かいこだわりがありますね。
リョクシンがこの細かいことを評価する製品は大体良い製品であることがほとんど。

シンコーちゃん

アッパーまとめ

  • メリット:汚れにくいアッパー

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

クッキングメイト100のクッション

続いてクッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重と荷重を支えるパーツ。

リョクシン
履き心地クッション性に大きく関係します。

薄底のクッション

靴のパーツのクッションを解説

クッキングメイト100のクッションは、薄底な設計。

ただし、のちに解説するインソールが厚手なので、合計すると厚底になります。

リョクシン

インソールとクッションパーツを計算して設計していることがわかりますね。

クッション素材はEVA

クッキングメイト100のクッション素材は軽量で疲れにくい

クッキングメイト100のクッション素材は、EVAでした。

EVAは、軽量でクッション性のある素材です。

EVAの使用例はプールで使用するビート板!

シンコーちゃん

インソール

クッキングメイト100のインソールは疲れにくい

前述のとおり、クッキングメイト100にはインソールが使用されています。

このインソールは、コックシューズ市場ナンバー1だと感じました。

リョクシン
素材はウレタンを使用しています。

クッキングメイト100のインソールは高反発なウレタン素材

ウレタンの中でも高反発でありながら、衝撃吸収する配合。

すこし重くなるのですが、その代わりにクッション性が長続きします。

リョクシン
なによりクッション素材とインソールの素材が別の素材を使用しているのが素晴らしい!

クッションが多層構造

クッキングメイト100のクッションは疲れにくい構造

クッションとインソールの素材が別ですと、衝撃吸収性に優れます。

ほとんどのコックシューズがインソールと本体のクッション素材が同じ素材。

リョクシン
EVAのみの製品がほとんどでした。

ラスト設計がよい

アキレスのクッキングメイト100は設計がよいので疲れにくい

クッキングメイト100と同じ素材を使用すれば、どのメーカーも同じ履き心地になるわけではありません。

アキレスのしっかりした設計をした上で、この素材を使用するから効果があります。

アキレスは靴の設計がよい

この靴の設計がよいことを靴業界では「ラスト(木型)がよい」と呼んでいます。

木型とは、画像のようなもので靴を作るときに使用。

アキレスは靴メーカーとして木型について研究してきましたのでその成果が表れていますね。

シンコーちゃん

クッションまとめ

  • メリット:履き心地抜群のラスト形状
  • メリット:インソールが市場ナンバー1

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

クッキングメイト100の靴底

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツで、滑りにくさに大きく関係するパーツ。

コックシューズには重要なパーツですね。

シンコーちゃん

靴底の素材はNBR

クッキングメイト100の靴底は耐油素材のNBR

クッキングメイト100の靴底は、耐油性のあるNBRというゴムでした。

滑りにくさを出すにはゴム素材がよいでしょう。

リョクシン
気になる滑りにくさですが、超滑りにくいです。

超滑りにくい!

クッキングメイト100は滑りにくい

たくさんのコックシューズを履いてきましたが、滑りにくさは5本の指に入ります。

さらに良いところは、靴底にゴミが詰まっても、掃除しやすい構造であるということ。

すべての溝(みぞ)が一直線上にありました。

竹串やブラシで掃除しても取れやすいですね。

シンコーちゃん

靴底まとめ

  • メリット:超滑りにくい
  • メリット:ゴミが詰まっても取れやすい

クッキングメイト100は、本当によい製品です。

デメリットは、実際のユーザーさんに聞いたのですが、インソールのクッションが良すぎて疲れたという意見がありました。

リョクシン
人気ラーメン店だったのですが、1名で運営されていて、細かく動き回っていたのです。

クッション性が良すぎてデメリットになるとは思いませんでした。

細かく動き回る方には、クッキングメイト003をおすすめします。

もっと詳しく解説
【クッキングメイト003をレビュー】アキレスの製品だから、安価でも歩きやすい厨房靴

↑目次へ戻る↑

アキレスのコックシューズ「クッキングメイト100」のレビュー・口コミのまとめ

当記事ではクッキングメイト100について解説しました。

クッキングメイト100は、日本を代表する靴メーカーのアキレスが開発したコックシューズ。

リョクシン
滑りにくさや履き心地が抜群なコックシューズです。

アキレスのコックシューズの中でもハイスペックな製品。

価格もそこまで高くはないので、コスパも抜群です。

リョクシン
筆者がマジでおすすめしたい1足。

食品関係で働いている方は、ぜひ一度試してみてください。

それでは、簡単に記事をまとめます。

リョクシン
クッキングメイト100を履いて感じたメリットは6つありました。
メリット
  1. コスパ抜群過ぎ
  2. 汚れにくいアッパー
  3. 履き心地抜群のラスト形状
  4. インソールが市場ナンバー1
  5. 超滑りにくい
  6. ゴミが詰まっても取れやすい

デメリットは1つになります。

デメリット
  1. 細かく動く人にはクッション性が良すぎる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

【コックシューズ50足履いてわかった】人気おすすめ品と普段使いOKなおしゃれ製品!

最後に、同等品をご案内します。

全くの同等品はありませんでした。

リョクシン
ハイスペック品類似品安価品になります。

同等品・類似品をご案内

⇒完全なハイスペック品です。

⇒耐久性はアップしますが、他の機能では劣ります。

⇒同じアキレス製品。安価品のためスペックはダウン。

↑クリックするとレビュー記事までジャンプします!

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です