【清掃員さんにおすすめな靴を紹介!】滑りにくいし濡れにくいシューズを集めました!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、清掃作業・業者さん向けの靴をご紹介しました。

リョクシン
滑りにくく、濡れにくい製品です。

「滑りにくい靴がほしい」

「濡れにくい靴を探している」

「清掃作業のしやすい靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「滑りにくい、排水溝でも滑りにくい、靴下が汚れにくい」という感想を持ちました。

すべての清掃に関係する方におすすめします!

 

清掃向けの靴とは?特徴と選び方をご紹介!

清掃向けの靴は、専用シューズとして開発された製品はありません。

専用シューズとは、建築業界でいうところの安全靴やプロスニーカーですね。

清掃向けの靴で最も近いのは、ビルメンテナンスの靴ではないかと思っています。

リョクシン
しかし、ビルメンテナンスの靴は決まった概念がありません。

通販サイトを見るとただ安いだけの全く機能性のない靴が、ビルメンテナンス靴として紹介されていました。

そのため、適当に価格だけで選ぶと疲れるし滑るし、濡れるし、汚れると良いことがないでしょう。

そこで、ここからは清掃に向いた靴の簡単な選び方をご紹介します。

リョクシン
そしてその選び方に合った靴を次項で紹介しました。

ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

それでは清掃作業向けで滑りにくい靴の選び方をみていきましょう。

下記になります。

清掃向けの靴の選び方

  • 液体で滑りにくい
  • 排水溝でも滑りにくい
  • 靴下が汚れにくい構造をしている
  • 靴底が床を汚さない(ノンマーキング)
  • 脱ぎ履きがしやすい(業態や業種による)

詳しくみていきましょう。

 

液体で滑りにくい

清掃では洗剤や水を使用するので滑りやすい環境です。

そのため、靴底の形状と素材が滑りにくい靴である必要があります。

滑りにくい靴底の素材は、ゴム素材がおすすめ!

リョクシン
滑りにくい靴底の形状は、溝(みぞ)がある素材

液体で滑りにく過ぎな靴底でもダメ

液体で滑りにくい靴底って実は結構あります。

その中でも滑りにくさの度合いが強すぎる靴は避けましょう。

特にカーペットや絨毯(じゅうたん)など布製の床を使用した場所で働いている方は気を付ける必要があります。

リョクシン
床を傷つけてしまう可能性がありました。

また液体ですごい滑りにくい靴の多くは、カーペットに引っ掛かりやすく結果、滑ってしまうのです。

フローリングも痛めますので、すごい滑りにくい靴は使用を控えましょう。

すごい滑りにくい靴って床との摩擦を強めることに特化しています。

リョクシン
だから床を傷つけたり、引っかかる訳ですね。

↑目次へ戻る↑

排水溝でも滑りにくい

清掃をしていると排水溝の上でも作業することもあるでしょう。

排水溝の上は、とくに危険で本当に滑ります。

サービスエリアの大きめのトイレや大浴場にありますね。

リョクシン
飲食店のキッチンやバックヤードにもあるでしょう。

排水溝の厄介なところは、靴底のゴムが欠けてしまう可能性があること。

欠けてしまうと靴底が機能しないので、滑りやすいです。

また欠けた靴底は、排水溝のつまりの原因にもなるでしょう。

リョクシン
排水溝でも滑りにくい靴底はあるので、後ほどご紹介します。

↑目次へ戻る↑

靴下が汚れにくい構造をしている

清掃では水や洗剤を使うので、靴選びを間違えると汚れやすくなります。

ズボンや靴下ですね。

ズボンはクリーニングの業者に依頼するので問題ないのではないかと。

リョクシン
靴下は自分のモノを使用するケースがほとんど。

汚れにくい靴の特徴としては、切れ目がない製品です。

足の甲に切れ目があるのが通常ですが、異物が入りにくい様にあえて切れ目をなくした製品がありました。

ハイカットであれば汚れにくい訳ではないのが難しいところですね。

↑目次へ戻る↑

靴底が床を汚さない(ノンマーキング)

せっかく清掃しても靴底が床を汚してしまっては意味ありません。

靴底の素材によっては、床を汚してしまうことがありました。(マーキング)。

床を汚さない素材をノンマーキング底と呼んでいます。

リョクシン
汚し方は2通り。

マーキングする靴底

  • ①そもそもマーキングしてしまう靴底
  • ②耐久性のないモノに触れた後マーキング

①はアパレル品などの超安い靴に多いですね。

清掃関係では②が重要です。

靴底が油や薬品に触れることで、変形や溶けてしまうことで起きました。

リョクシン
ノンマーキング機能の靴を選びましょう。

↑目次へ戻る↑

脱ぎ履きがしやすい(業態や業種による)

清掃の業種や業態によりますが、靴の脱ぎ履きがしやすいことが求められるケースもあるでしょう。

ホテルや旅館、薬品工場ですね。

旅館は本当に脱ぎ履きが多いので、確実にこの機能はほしいところ。

リョクシン
脱ぎ履きしやすいと言っても、サンダルタイプは危険なのでおすすめしません。

大きめのマジックテープ1本だけの製品などがおすすめ!

サンダルまではいかないものの、簡単に脱ぎ履きができました。

サンダルタイプですと足音もしますし、ホテルや旅館には向きませんね。

↑目次へ戻る↑

清掃向けのおすすめの靴を紹介します。

ここからは、清掃向けのおすすめな靴を紹介します。

今までご紹介した特徴をもった製品。

すべての機能は無理なので、ご自身の職場にあった製品を選んでみてください。

清掃向けのおすすめ製品

  • ハイグリップH-715N
  • ハイグリップH-716N
  • ハイグリップH-710N
  • ハイグリップH-711N
  • ワークプラスBMG-10
  • ハイグリップULH-716
  • ハイパーV#2000【屋外用】
  • 屋根やくん03【屋根の清掃】
  • ハイグリップHG-2000N【長靴】

詳しくみていきましょう。

 

ハイグリップH-715N・H-716N

ハイグリップH-715NとH-716Nは、ミドリ安全が開発したスニーカー。

H-715N(黒)とH-716N(白)の違いは、色のみなので一緒にご紹介します。

清掃関係では、汚れが目立つように白色が多いですね。

すべての方向に少しずつ滑りにくい

ハイグリップH-715NとH-716Nの靴底は、タテヨコ斜めに少しずつ滑りにくいのが特徴。

すごい滑りにくい靴底では、カーペットや絨毯(じゅうたん)などを傷つけてしまいます。

滑りにくさを生み出すには、床との摩擦を強める必要があるため仕方のないこと。

リョクシン
ハイグリップH-715NとH-716Nは、すこしだけ滑りにくいので、ちょうど良いです。

コーティング床とカーペットなどの床のどちらも対応が可能。

排水溝もOK

この靴底のすごいところは、排水溝でも滑りにくいこと。

清掃では排水溝の上でも作業することが多いでしょう。

その問題を解決します。

リョクシン
ただし、排水溝も種類が多いので、全てに対応している訳ではありません。

マジックテープ1本のため、脱ぎ履きが簡単です。

また通気口も少ないため、水が入ってくる可能性が低い。

筆者の目視ですが、清掃の大手の会社でも制服として採用されているように見えました。

もっと詳しく解説
【マジックテープでサイズ調整可能】ハイグリップH-715【ミドリ安全】

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-710N・H-711N

ハイグリップH-710NとH-711Nは、先ほどのハイグリップH-715NとH-716Nの靴ヒモ版。

白色もありました。

ドローコード(H-711N)

ハイグリップH-711Nは、ドローコードでフィッティングするので、靴ヒモが「ほどける」心配がありません。

リョクシン
こちらも鉄道関係の清掃作業者の制服として採用されているのを見かけます。

多少の通気性がある(H-710N)

ハイグリップH-710Nの方だけ、少しだけ通気口がある素材を使用していました。

ある程度は、通気口がないと疲れますからね。

通気口から水が入るので不要な方は、通気のないハイグリップH-711Nがおすすめ!

靴底はH-715Nと同じ

靴底は、先ほどのマジックテープのH-715NとH-716Nと同じです。

全方向に少しずつ滑りにくく、排水溝でも滑りにくい。

カーペットやフローリング、大理石など色んな床のあるホテルなどで活躍するでしょう。

もっと詳しく解説
【ハイグリップH-710Nをレビュー】紐付きでサイズ調整可能なコックシューズ 【ハイグリップH-711Nをレビュー】紐付きコックシューズの中で一番おすすめ!

↑目次へ戻る↑

ワークプラスBMG-10

ワークプラスBMG-10もミドリ安全が開発したスニーカー。

主にビルメンテナンス用の靴です。

クッション性が高く、滑りにくいので、清掃で活躍すること間違えなし。

液体で滑りにくい

水などの液体で滑りにくい靴底です。

排水溝では滑りますが、床にマーキングしにくい機能がありました(ノンマーキング)。

異物が入ってきにくい

靴の中に異物が入ってくるのを防止します。

清掃関係であれば、靴下が汚れにくいのが嬉しいですね。

パンツは、クリーニング業者に洗ってもらえますが、靴下は別な清掃関係の会社さんも多いでしょう。

↑目次へ戻る↑

ハイグリップULH-716

ハイグリップULH-716もミドリ安全が開発したスニーカー。

マジックテープは2本のため、フィッティング性は高いものの、少し脱ぎ履きが面倒かもしれません。

しかし、この製品の良いところは軽くて滑りにくい素材を最低限に抑えたところ。

ゴム素材が最低限しかない

靴底の滑りにくい素材が最低限しかありません。

実際のところ、グリップする時に重要なのは、足の指周辺なんですよね。

ゴム素材が最低限なので床を傷つけにくいのが良いところ。

リョクシン
また、スニーカーのとって靴底の素材が1番重量感があるのですが、ハイグリップULH-716は、最低限しかないので、軽い!

通気性が高い

通気口があるので、ハイグリップULH-716は蒸れにくいです。

蒸れって疲労を感じやすいので可能であれば避けたいところ。

通気性が高いので、靴下が汚れてしまう可能性があるので、そこだけご注意ください。

↑目次へ戻る↑

ハイパーV#2000【屋外用】

ハイパーV#2000は、日進ゴムが開発した滑りにくいプロスニーカー(JSAAのB種)。

安全靴のように、つま先に硬い先芯が入っています。

最大の特徴は、すごい滑りにくい靴底!

油でも滑りにくい

サラダ油をすべり台に塗りたくっても滑りにくい靴底でした。

ただし、屋内ですとカーペットや絨毯、フローリングなどにダメージを与えてしまいます。

そのため、屋外の清掃では向いていると思いました。

リョクシン
実際にそう言った会社を見かけました。

新幹線の清掃している作業者の履いていましたね。

どこかで見たような外見

ヨーロッパのスニーカーで見かけたデザインかなと笑

横に並べると全く似て非なるものでしたが、あのスニーカーに似ていますね。

↑目次へ戻る↑

屋根やくん03【屋根の清掃】

屋根やくん03は、株式会社丸五が開発した屋根作業の専用シューズ。

屋根作業で必須な断熱性や高いフィッティング性が特徴です。

屋根作業の専用シューズの中でも雨粒や清掃のために、濡れた屋根での滑り対策に最も向いていると感じました。

巻き上げソール

靴底のゴムがクッション(サイド部分)まで巻き上がったように見えませんか?

このような形状を巻き上げソールと呼びます。

「まったいら」ではない屋根作業の中で、接地するのは靴底とは限りません。

リョクシン
あらゆる場所でグリップするようになっています。

液体で滑りにくい

屋根作業の靴底は2種類あると思っています。

屋根作業で専用シューズの靴底

  • 雨や清掃で濡れた屋根で滑りにくい
  • 土ほこりや粉塵など粉で滑りにくい

靴底に溝(みぞ)がたくさんありました。

液体での滑りにくさを発揮するには、溝の数が大事な指標でもあります。

屋根やくん03は、どちらかと言えば、液体で滑りにくい靴。

リョクシン
そのため屋根の清掃ではナンバー1ではないかと思っています。
もっと詳しく解説
【丸五の屋根やくん03をレビュー】巻き上げソールと断熱材で快適な屋根専用の靴

↑目次へ戻る↑

ハイグリップHG-2000N

ハイグリップHG-2000Nは、ミドリ安全が開発した長靴です。

滑りにくく、薬品に強い素材を使用。

靴底が剥がれない製法なので耐久性も高いのが特徴です。

スニーカーの靴底と同じ形状

前述したハイグリップと同じ靴底です。

水や油、薬品などの液体はもちろんのこと、排水溝でも滑りにくい!

ハイグリップHG-2000Nは、PVCという素材を使用しています。

リョクシン
薬品に対する耐久性の「耐薬性」に優れた素材。

清掃では、洗剤や消毒液など使用するため、とても向いていますね。

濃度の高い洗剤を使用する時は、特別な長靴が必要ですが、まずは通常のハイグリップHG-2000Nで良いと思います。

 靴底が剥がれにくい

ハイグリップHG-2000Nは、靴底と上の部分の色が違います。

白い部分と茶色の部分に分かれますが、この色の分かれ目では剥がれません。

長靴を作るときに、熱で溶着されるイメージです。

リョクシン
長靴を使用していて、靴底が剥がれた経験ありませんか?

その心配がない製品です。

もっと詳しく解説
【レビュー】ハイグリップHG-2000は滑りにくい耐油長靴

↑目次へ戻る↑

清掃向けのおすすめの靴の紹介をまとめます。

当記事では、清掃向けの靴のおすすめ製品を紹介。

清掃向けの専用シューズは、市場にはないものの、作業環境に合った製品を提案しました。

実際に大手さんや行政でも採用されている靴もあるので間違えはないでしょう。

リョクシン
清掃と言っても環境によって求められる機能が大きく変わるので、全商品の特徴を読んでいただき、ご判断いただければ思っています。

とくにホテルや旅館は、床の素材が場所場所で大きく変わるので、選び方が大事ですね。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

清掃向けの靴を選ぶ上で重要なポイントは下記のとおり。

清掃向けの靴の選び方

  • 液体で滑りにくい
  • 排水溝でも滑りにくい
  • 靴下が汚れにくい構造をしている
  • 靴底が床を汚さない(ノンマーキング)
  • 脱ぎ履きがしやすい(業態や業種による)

上記を踏まえて、提案させていただいた製品は下記になります。

清掃向けのおすすめ製品

  • ハイグリップH-715N
  • ハイグリップH-716N
  • ハイグリップH-710N
  • ハイグリップH-711N
  • ワークプラスBMG-10
  • ハイグリップULH-716
  • ハイパーV#2000【屋外用】
  • 屋根やくん03【屋根の清掃】
  • ハイグリップHG-2000N【長靴】

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他の作業靴についても知りたい」

↓どちらの記事でも大丈夫です。

もっと詳しく解説
土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅! 【ワークシューズのおすすめ品を徹底解説】 職種別にメンズ・レディース製品をご紹介!

あらゆる職場に向けて解説しました。

ご自身の職場にあった靴を探してみてください。

リョクシン
調べたい作業靴が決まっている方は、下記から確認してみてください。
食品関係の職場に向けて解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説! 【飲食店の方必見!】厨房靴のサンダル『サボ』の選び方! 【食品関係者必見】白長靴の選び方とおすすめの耐油長靴を解説!
医療・介護の職場に向けて解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!
建築の現場に向けて解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】 立ち仕事で疲れない安全靴はアシックスで決まり!ミズノや他メーカー製品ではない理由も解説! 【屋根でも滑らない靴とは?】屋根の作業・工事用のおすすめシューズ紹介!

よろしくお願いします。

コメントを残す