【ウーフォスのOOahhをレビュー】リカバリーサンダルで負担軽減!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ウーフォスのOOahhをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、膝や腰への負担を減らすサンダルです。

「疲れにくいサンダルがほしい」

「足腰の負担を軽減するサンダルについて知りたい」

「スタンディングデスクと相性のよいサンダルを探している」

リョクシン
そんな方におすすめする製品です。

実際に履いてみて「すごい疲れにくい、土踏まずがしっかりサポートされている、素材の配合がすばらしい」と大満足です。

立ち仕事やお祭り、海の家などの屋外の仕事でも活躍すること間違えなし。

リョクシン
ディズニー、USJ、旅行などレジャー観光でもおすすめします!

 

ウーフォス(OOFOS)のOOahhとは?サイズ感と重量をご案内!

OOahhはウーフォス(OOFOS)が開発した、リカバリーサンダルです。

ウーフォスはリカバリーサンダルのメーカー。

リカバリーサンダルとは、足腰などカラダへの負担を軽減するために開発されたサンダルのこと。

評価項目詳細
価格¥6,380〜(通販による)
サイズ23.0~30.0cm
サイズ感細身・小さめ
カラー展開3色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

スポーツ後やハイキングの後に履かれています。

衝撃吸収に優れてた素材を使用することで疲れにくいし、足腰の負担を軽減

主にEVAという素材ですが、その配合が素晴らしいと感じました。

リョクシン
衝撃吸収に特化することで、今まで市場になかった機能を実現。

確かに、ほとんどの靴メーカーが衝撃吸収を重視しながらも、推進力を同時に追い求めてきました。

ランニングシューズやウォーキングシューズなどが代表的ですね。

推進力を素材で追い求めると、反発力を考慮した素材の配合になります。

リョクシン
反発力があると、確かに動きやすいのですが、膝や腰へは負担となりました。

カーボンが入ったスポーツシューズでケガをしやすいのは、そういうことですね。

ウーフォスは、開発に靴メーカーのエンジニアだけじゃなく、スポーツ選手も入っています。

ユーザー視線の行き届いた製品と言えるでしょう。

 

サイズ感と重量

ここからは、サイズ感重量をご案内します。

どちらも、履き心地や疲労に関係する重要なこと。

重量からみていきましょう。

重量

ウーフォスのOOahhは、28.0cmで163gでした。

当たり前ですけど、軽いですね笑

軽いEVAのサンダルは、クッション性がヘタリやすいのですが、OOahhは問題ありません。

リョクシン
毎日会社で履いていますけど、全く問題なし!

サイズ感

ウーフォスOOahhのサイズ感は、小さめでした。

ナイキやアディダス、アシックスといった普段履きスニーカーとの比較です。

普段履きスニーカーが27.5cmに対してOOahhは、28.0cm

リョクシン
実は、2足目でして、以前は27.0cmを履いてました。

足が細いためか、27.0cmでも正直なところ問題ありません。

27.0cmですと超ジャストサイズでした。

しかし、サンダルで超ジャストじゃなくも良いですよね笑

リョクシン
そのため、28.0cmを選択!

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内します。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

ウーフォス⇒ 28.0cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ウーフォス(OOFOS)のOOahhを詳しくレビュー

ここからは、ウーフォスのOOahhを詳しくレビューします。

レビューするポイントは下記のとおり。

レビューするポイント

  • 通気性(蒸れにくさ)
  • クッション性(疲れにくさ)
  • 耐久性(長持ちするか)

詳しくみていきましょう。

 

通気性(蒸れにくさ)

ウーフォスのOOahhは、通気性は問題ありません

サンダルならなんでも通気性に優れる訳ではなく、素材やつま先の形状によります。

例えば、フィッティング性の低いサンダルであれば、余計に踏ん張りが発生し、汗をかきやすい。

リョクシン
サンダルは汗をかくと、吸収する素材がないので、臭いやすく感じることもあります。

通気性がよい

OOahhは、つま先や全体的にも、足が隠れないタイプ。

そのため、通気性は問題ありませんでした。

足の幅も足にフィットする様にすこし細身なので、フィッティング性が高さを感じます。

リョクシン
前述のとおり、フィッティング性が低いと蒸れますが、OOahhは問題なし。

ハイアーチ(甲高)でもOK

筆者はハイアーチ(甲高)ですが甲に当たっても痛くありません。

それだけ衝撃吸収に優れる素材を使っているのでしょう。

衝撃吸収の良さが意外にもフィッティング性という点で効果を感じました。

親指が長い日本人にも問題なし

つま先の形状が、親指が1番長い筆者でも問題なし

日本人の約6割強が親指が1番長いと言われます。

サンダルなので、気にする必要ないかもしれませんが念のためご案内!

アッパーまとめ

  • 甲高OK
  • つま先の通気性あり
  • フィッティング性高い
  • つま先の形状が日本人にも向いてる

↑目次へ戻る↑

クッション性(疲れにくさ)

続いてウーフォスOOahhのクッション性について見ていきましょう。

OOahhのクッション性は、衝撃吸収に優れました。

リカバリーシューズなので、素材自体が膝や足腰にやさしい配合です。

独自の配合

OOahhに使用されている素材は、ウーフォスオリジナル配合の特殊素材

EVAという素材ですが、EVAは配合によって機能が大きく変わります。

例えば、ドンキホーテなどに販売されている安い偽クロックスもEVA。

リョクシン
本家クロックスとは、全く持って似て非なる履き心地ですよね。

クロックスも発売してから長い年月たちましたが、どのメーカーも未だに追いつけません。

ウーフォスも同じで偽物が多数ありますが、本家が圧倒的に疲れにくい。

衝撃吸収に特化した配合のEVAは靴市場にはなかったので斬新です。

連日使用OK

EVAという素材は、連日の使用に弱い素材です。

発泡素材という区分なのですが、通常の発泡素材は連日使用することでヘタってしまう

安いソファーってすぐに新品の座り心地がなくなりませんか?

リョクシン
それと同じことです。

しかし、ウーフォス配合のEVAは問題ありません。

毎日、事務所やコワーキングスペースで履いていますが、履き心地に変化を感じにくい。

リョクシン
スタンディングデスクで立ちっぱなしで履いているんですけどね。

推進力は形状で対応

ウーフォスの素材は、衝撃吸収に特化した配合だとお話しました。

それでは推進力が低いと感じる方も多いかなと思います。

しかし、推進力はそもそもの靴の設計で対応していました。

カカト下の形状が、着地してスムーズに重心移動できる様な構造になっていました。

ヒールが浮いてる感じなのわかりますか?

画像がわかりにくくて申し訳ないです笑

トーアップ

つり上がったつま先の形状をトーアップと言います。

つまずき防止に加えて動きやすい効果も感じました。

サンダルは多少すって歩くので、段差でつまづき易いので、トーアップは助かりますね。

全体的にも、カカトからつま先方向へ動きやすい設計です。

素材の配合は、衝撃吸収に特化しているかもしれません。

リョクシン
しかし、設計で動きやすさを実現していました。

動きやすいと疲労対策にもなるので重要ですね。

クッションまとめ

  • 動きやすい
  • 素材の配合が衝撃吸収に特化

↑目次へ戻る↑

耐久性(長持ちするか)

最後に、耐久性について見ていきましょう。

耐久性は、靴底のすり減りが大きく関係するでしょう。

ウーフォスのOOahhは、耐久性では使用シーンによって変わります。

屋外に弱い?

屋外のザラザラしたコンクリートなどの上では、すり減りが早い

ビルケンシュトックの定番品の様に靴底を足すことができません。

よって使い切りになります。

リョクシン
正直、ビルケンもすり減った靴底を足す人あまりいませんけどね笑

すべて同じ素材

上の甲をカバーする部分から靴底まですべて同じ素材です。

ウーフォスのOOahhは、衝撃吸収のクッション性をメインに考えた素材の配合。

そのため、すり減りにくさは高いとは言えません。

リョクシン
また、変形の可能性があるので、車に置きっぱなしにすると収縮してしまうのでご注意ください。

高温に弱いということですね。

靴底まとめ

  • すり減りが早い
  • 高温で変形する可能性あり

↑目次へ戻る↑

ウーフォス(OOFOS)のOOahhのレビューをまとめます。

当記事では、ウーフォスのOOahhについて解説しました。

ウーフォスは膝や足腰の負担を軽減するリカバリーシューズを製造するメーカー。

ランニング後や競技後、ハイキング後など疲労した膝や足腰をサポートします。

リョクシン
OOahhは、ランニング後におすすめ!

また立ち仕事やスタンディングデスク対応としても活躍します。

スタンディングデスクも長時間行うと足腰によくありません。

リカバリーサンダルで負担を軽減しましょう。

リョクシン
疲労軽減したい方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ウーフォスのOOahhの評価は下記のとおり。

評価

  • 通気性:★★★★★
  • 疲れにくさ:★★★★★
  • 耐久性:★★☆☆☆

ウーフォスOOahhの通気性に 関係するポイント下記。

アッパーまとめ

  • 甲高OK
  • つま先の通気性あり
  • フィッティング性高い
  • つま先の形状が日本人にも向いてる

クッション性は、とても優れていました。

クッションまとめ

  • 動きやすい
  • 素材の配合が衝撃吸収に特化

耐久性は、ご使用環境によります。

靴底まとめ

  • すり減りが早い
  • 高温で変形する可能性あり

最後までお読み頂きありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと疲れにくい靴について知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 【レディースの立ち仕事でも疲れない靴をレビュー】スニーカーから作業用の靴までジャンル別に紹介! 立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説! 立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】 立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

「いやいや仕事用の専門シューズを探したい」

そんな方に向けて、専門シューズを探せる記事を作成しました。

職業によっては安全と作業性から専門シューズをおすすめします。

↓どちらの記事でも大丈夫です。

もっと詳しく解説
土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅! 【ワークシューズのおすすめ品を徹底解説】 職種別にメンズ・レディース製品をご紹介!

あらゆる職場に向けて解説しました。

ご自身の職場にあった靴を探してみてください。

リョクシン
専門シューズが分かっている方は、下記から確認してみてください。
食品関係の職場に向けて解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説! 【飲食店の方必見!】厨房靴のサンダル『サボ』の選び方! 【食品関係者必見】白長靴の選び方とおすすめの耐油長靴を解説!
医療・介護の職場に向けて解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!
建築の現場に向けて解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】 【屋根でも滑らない靴とは?】屋根の作業・工事用のおすすめシューズ紹介!

よろしくお願いします。

コメントを残す