【コスパ抜群!】ビジネスシューズにおすすめな革靴を解説!【スニーカー含む】

【コスパ抜群!】ビジネスシューズにおすすめな革靴ブランドを解説!【スニーカー含む】

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、ビジネスシューズに最適なおすすめの革靴をご紹介!

リョクシン
結論から申し上げますと、スニーカーのメーカーが発売している革靴がおすすめです!

「勤務中に疲れにくい革靴がほしい」

「通勤で天候を気にせずに履ける革靴ってある?」

「革靴ブランドが多すぎて何を買って良いかわからない」

リョクシン
そんな方におすすめな記事です。

ビジネスシューズとして実用性を1番に考えて選びました。

ぜひ、参考にしてみてください!

ビジネスシューズとしておすすめの革靴の選び方ご紹介!

おすすめ品のご紹介の前に、革靴ブランドのおすすめの選び方をご紹介!

革靴の選び方

おすすめの選び方は下記のとおり。

靴メーカーの営業として歩きまわる中で、実用性を1番に考えた選び方です。

ビジネスシューズの選び方

  • ソール交換は考えない
  • スニーカーメーカーの革靴を選ぶ
  • 防水を重視【ゴアテックスがベスト】
  • 大きめに履かない【靴ズレ・臭い対策】

それぞれ簡単にみていきましょう。

ソール交換は考えない

ソールは交換できなくて良い

革靴のおすすめの選び方の1つはソールを交換できない製品で良いということ。

革靴の作り方によっては、靴底がすり減ると交換したり追加できる製品があります。

リョクシン
一見、お得な気がしますが、靴底の追加・交換にも費用がかかり、そこまで安くもないので、おすすめしません。

革靴ブランドによっては、靴底の交換費用で買い替えることができる

革靴ブランドによっては、靴底を追加・交換する費用よりも新品を買い替える方が安いケースもあります。

筆者がおすすめする革靴は高くても¥30,000以下、最安で¥7,000未満の製品。

リョクシン
ソールの交換するより、臭いやカビ、クッション性の観点からも新品を購入することをおすすめします!

↑目次へ戻る↑

スニーカーメーカーの革靴を選ぶ

スニーカーのメーカーの革靴がおすすめ

スニーカーメーカーの開発した革靴がおすすめ。

革靴には、百貨店で販売されているような高級な革靴ブランドがあります。

リョクシン
筆者も所持していますが、ビジネスシューズとしてはおすすめしません。

スニーカーメーカーは走れるビジネスシューズ

営業や立ち仕事、式典、悪天候など、ビジネスシューズの使用シーンは様々。

高級な革靴ブランドは過去の名品が多く、製法も新しくないため疲れやすく、防水でない製品がほとんど。

リョクシン
スニーカーのメーカーの革靴の多くは、製法やクッション素材がスニーカーと同じ製品もあり歩きやすく、防水機能がある品番も豊富です。

アシックスの社屋

またスニーカーのメーカーの中でもスポーツメーカーがおすすめ!

スポーツメーカーは常に衝撃吸収とフィッティング性を研究しているためです。

リョクシン
例えば、ランニングシューズは靴内で足がブレたり、疲れやすいと選手のパフォーマンスに影響し契約に関係するため研究開発に余念がありません。

その技術が革靴にも応用されています。

↑目次へ戻る↑

防水を重視【ゴアテックスを選ぶ】

雨に対応する

ビジネスシューズは営業や通勤など、悪天候に備える必要があります。

そのため、防水性のある革靴を選びましょう。

リョクシン
防水性だけの革靴では、通気性が低く蒸れやすいので、ゴアテックス採用の革靴をおすすめします。

ゴアテックスの認定タグ

ゴアテックスとは、水分は通さないものの、通気はできる高機能な素材です。

登山靴やマウンテンパーカーなどにも採用。

リョクシン
ゴアテックス採用した革靴は高いイメージがありますが、近年では¥15,000未満の製品もでてきているので、おすすめです!

↑目次へ戻る↑

大きめに履かない【靴ズレ・臭い対策】

革靴は大きめに履かない

最後に、革靴は大きめに履かないのがポイント!

「足の指が曲がってしまう」のはダメですが、かなりピッタリ目に選んでください。

リョクシン
足と革靴がフィットしていないと、蒸れやすくなったり疲れたり、靴ズレの原因にもなるためです。

かなりパンパンなくらいピッタリ目を選ぶ

履いたときに、「足が靴にピッタリしてちょっと落ち着かない」くらいが良いでしょう。

「男性は大きめを選びがち」というデータは出ていて、お父さんの足が臭うのもそれが原因です笑

またビジネスシューズは最低でも3足を履き替えましょう。

最高は5足で月〜金曜日まで平日はすべて違う靴を履くこと。

リョクシン
次回履くまでに、汗や湿気が乾燥しているので、菌の繁殖を抑えるので、臭いにくくなります。

革靴内は次回履くまでに乾燥させる

また湿気が残っていないので、蒸れにくい!

以上が簡単ではありますが、革靴ブランドや製品の選び方です。

リョクシン
次項からオススメ品を見ていきましょう!

↑目次へ戻る↑

ビジネスシューズにおすすめな革靴を紹介します!

ここからはビジネスシューズにおすすめな革靴をご紹介!

ビジネスシューズにおすすめな革靴

おすすめの革靴ブランドとその中でも1番おすすめな品番をピックアップしました。

おすすめ品番の選び方は下記になります。

おすすめの選考ポイント!

  • 外羽根
  • モカ(あれば)
  • ゴアテックス(あれば)

それぞれ簡単に見ていきましょう。

外羽根

アシックスのランウォークWR25KLは、外羽根。

革靴には多数デザインがありますが、外羽根がビジネスシューズに最適です。

外羽根とは、画像のように紐を外すと開ける形状のデザイン。

リョクシン
フィッティング性をコントロールでき甲のサイズ調整に優れます。

モカ(あれば)

モカシンは、足に沿った形状

モカシンというつま先に沿ったように縫われているデザインの製品がおすすめ。

モカはフィッティング性が高い

モカシンは、足の形状の楕円形に1番近いフィッティングになります。

ちょっと細かいポイントなのでそこまで重視しなくてもOK。

リョクシン
外羽根でモカシンがあるブランドは、その品番をおすすめしました。

ゴアテックス(あれば)

ゴアテックスは防水で蒸れにくい

前述のとおり、防水なのに蒸れにくいゴアテックス採用した製品があれば、その品番をおすすめしています。

ゴアテックスがないブランドに関しては、防水機能の品番をおすすめしました。

リョクシン
以上の条件で選んだおすすめ革靴は下記になります。
おすすめ品価格足幅防水疲れにくさ
ペダラWP327Kペダラ
WP327K
¥26,400〜3E★★★
通勤快足TK3308通勤快足
TK3308
¥18,700〜3E★★☆
ランウォークWR25KLランウォーク
WR25KL
¥29,700〜2E
※他あり
★★★
アキレスソルボアキレスソルボ
SRM2830
¥26,400〜3E★★★
テクシーリュクスTU-8001テクシーリュクス
TU-8001
TU-7769
¥6,600〜
¥16,500〜
3E×
★☆☆
★★☆
バランスワークスSPH4610バランスワークス
SPH4610
¥10,780〜3E★★★
アサヒメディカルウォークメディカルウォーク
2944
¥27,500〜3E×★★★
ドクターアッシーDR-4600Dr.アッシー
DR-6200
¥10,890〜4E★☆☆
マドラスウォークMW8001マドラスウォーク
MW8001
¥17,600〜4E★☆☆
ハイドロテックHD-1311ハイドロテック
HD-1311
¥6,490〜3E×★☆☆
スタンスミススタンスミス
black/black
¥8,900〜2E×★☆☆
アシックスLYTECOURTアシックス
LYTECORT
¥6,900〜2E×★☆☆
備考
◎はゴアテックス使用
○はノーマルの防水のみ
「※他あり」とは3Eと4Eのラインナップがあります

タップすると該当箇所までジャンプします。

詳しく見ていきましょう。

ペダラ

ペダラはアシックスが開発した革靴ブランド

評価項目詳細
商品名ペダラWP327K
価格¥26,400〜(通販による)
サイズ24.0〜28.0cm
サイズ感1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数数えきれない笑
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境散歩◎
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎
お出かけ◎

ペダラは、アシックスが開発した革靴ブランドで、おすすめはWP327Kです。

「スポーツ選手が競技場から離れてブレザーを着るときに履く靴」がコンセプト。

リョクシン
そのため、普段履きのコンフォートがメインですが、ビジネス向けの製品もあります。

ペダラのアッパーは上質な本革でやわらかい

注意

革がシワがよっているクレームの口コミがあります。

それは上質で柔らかい革を使用している証拠であり不良ではありません。

足にトラブルを抱えている方におすすめです!

疲れないポイント

ペダラWP327Kは滑りにくい

クッション性が高い他、滑りにくいので疲れにくいと感じます。

現在、筆者のビジネスシューズのラインナップに入っているのですが、滑りにくい!

リョクシン
雨の日のコンビニや地下鉄の通路で活躍します。

蒸れないポイント

ゴアテックスのペダラは防水で通気性も良い

蒸れないポイントはゴアテックスを使用していること。

ゴアテックスは、水分は通さないものの通気のできる高機能な素材です。

リョクシン
天気を気にせず靴を選べるので、ビジネスシューズには欠かせない素材でしょう。

サイズ感やその他の機能は、下記のレビュー記事で解説しました。

気になったらぜひ、参考にしてみてください!

【ペダラのメンズ・レディース品を徹底解説】ソフト素材を使ったアシックスの革靴ブランド

↑目次へ戻る↑

通勤快速

通勤快足はアサヒシューズが開発した革靴ブランド

評価項目詳細
価格¥15,180〜28,600
※品番による
サイズ標準:24.5〜28.0cm
一部23.5cm〜あり
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数19品番
通気性★★★★☆(星4つ)
※品番による
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

通勤快足は、アサヒシューズが開発した革靴ブランドです。

アサヒシューズは福岡県久留米市に本社を置く靴メーカー。

リョクシン
タイヤで有名なブリヂストンの元になるタイヤ事業を行っていた会社で120年の歴史があります。
補足

現在の足袋のもとになるゴムを貼り付ける貼付足袋を1番最初に開発したメーカー。

ブランドの特徴

通勤快足TK-3308はゴアテックス

防水なのに蒸れにくい機能を持つゴアテックスを標準で搭載しています。

セラミック粒子の靴底

靴底には滑りにくい機能がどの品番にも必ずあります。

1番おすすめの通勤快足TK-3308は、セラミック粒子が靴底に組み込まれていて滑りにくい。

リョクシン
雨でも雪でも滑りにくいです!

通勤快足は日経トレンディにて総合部門でベストを受賞

日経トレンディ受賞

  • 防水性
  • 蒸れにくさ
  • 滑りにくさ
  • 剥がれにくさ
  • すり減りにくい
  • 屈曲性(足の動きに連動する)

全6項目で1位を獲得し総合で1位を獲得。

製法や使用している素材で間違えありません!

疲れないポイント

通勤快足TK-3308はポリウレタンのクッション

まずカカトにポリウレタンの樹脂のクッション素材を使用。

一般的な革靴は、カカトに革やEVAというビート板に使用される発泡素材を使います。

補足

発泡素材は体重などの加重により徐々にクッション効果が薄れるが、樹脂状のポリウレタンはクッション性が長続きする!

通勤快足のインソールはエアーポンプ形状

またエアーインソールが入っています。

エアーでも疲れにくい効果を感じました。

通勤快足TK-3308が疲れにくい理由

インソールとカカト下のヒールのクッションによって疲れにくい!

複数のクッション素材を使用した多層構造なので、通勤快足TK-3308は疲れにくいと言えます。

蒸れないポイント

通勤快足TK-3308はゴアテックス

通勤快足TK-3308の蒸れにくいポイントは、ゴアテックスです。

前述のとおりゴアテックスは、水滴は通さないものの空気は通せる高機能素材。

通勤快足TK3308はエアーインソール

さらに、エアーインソールで歩くたびにカカトから空気を送ります。

革靴に限らず靴は、つま先から蒸れるので、空気を安定的に送りこまれるので、蒸れにくいと感じました。

リョクシン
ここまでハイスペックで価格が2万円以下なのでコスパ抜群です!

通勤快足について別の記事でも詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください!

【通勤快足のレビュー・口コミ・評判】アサヒシューズが開発した軽い高機能な革靴

↑目次へ戻る↑

ランウォーク

ランウォークはアシックスが開発したビジネスシューズです。

評価項目詳細
価格¥29,700〜(通販による)
サイズ24.0~28.0cm
サイズ感細身
2E
カラー展開3色
通気性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
おすすめする方足が細い方
おすすめシーン通勤、営業、悪天候

ランウォークはアシックスが開発した革靴ブランドです。

先ほどのペダラと異なり完全にビジネス向けのラインナップでした。

リョクシン
スニーカーの履き心地がありながら、見た目が革靴であることが最大の特徴でしょう。

幅が選べる

足幅サイズが選べる

筆者が購入した『ランウォークWR25KL』は、2Eと細身というかノーマルな足幅です。

ランウォークはラインナップが多く、同じようなデザインでも足幅が選べるのが特徴。

リョクシン
後ほど、3Eや4Eの製品も紹介します。

疲れないポイント

アシックスのランウォークはα-GEL搭載

ランウォークはカカト下にブルーのクッション素材がありました。

また、このブルーの素材の下に、α-GELとゲル素材もあります。

アシックスのGELによる多層構造

GEL素材があることで、クッション構造が多層になります。

長距離を走るランニングシューズのような構造なので疲れにくい!

リョクシン
1番おすすめの理由はココです!

蒸れないポイント

アシックスのランウォークWR25KLはゴアテックス

ランウォークにはゴアテックスを使用している品番があります。

筆者の履いてるWR27Kは、ゴアテックスを採用。

リョクシン
慌ただしい朝に、靴選びの時間がないのは嬉しいところです。

サイズ感や他の機能など、詳細は下記のレビュー記事で解説しました。

気になった方はぜひ、参考にしてみてください!

【アシックスのランウォークをレビュー】買うなら店舗・アウトレット!ゴアテックスがおすすめ!

↑目次へ戻る↑

アキレスソルボ

アキレスソルボSRM2830は、履き心地のよい革靴

評価項目詳細
商品名アキレスソルボSRM2830
価格¥26,400〜(通販による)
サイズ24.5〜27.0cm
サイズ感1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数数えきれない笑
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

アキレスソルボは、アキレスが展開する靴ブランド。

アキレスは日本を代表する靴メーカーです。

リョクシン
アキレスソルボは、人工筋肉といわれるソルボセインという素材を使用していて疲れにくい!

疲れないポイント

アキレスソルボSRM2830はソルボインソール搭載

ソルボセインとは、足にかかる衝撃を分散することのできる素材。

一般的な靴のクッション素材と違って、樹脂素材なので素材がつぶれにくく、新品の時のクッション性が長続きします。

インソールだけでも多層構造

わかりにくいのですが、インソールが二層あるのわかりますか?

素材を2種類つかっているので、衝撃をより分散し吸収できる多層構造でした。

多層構造とは、複数の異素材を使用したクッションのこと。

疲れにくいスニーカーやスポーツシューズもほとんど多層構造です!

蒸れないポイント

アキレスソルボSRM2830はゴアテックスで防水で蒸れにくい

筆者が購入して使用しているSRM2830は、ゴアテックスを使っています。

ゴアテックスは、防水なのに通気性のあるハイスペックな素材。

リョクシン
SRM2830のおかげで、天気予報を見なくなりました。

アキレスソルボは、他にも多数ラインナップがあります。

別の記事で解説しましたので、参考にしてみてください!

【アキレスのソルボをレビュー】メンズ・レディースのおすすめ品を解説!

↑目次へ戻る↑

テクシーリュクス

テクシーリュクスはアシックスが開発したブランド

評価項目詳細
価格¥16,500〜6,600(品番による)
サイズ24.0~30.0cm
サイズ感2E〜4E
ラインナップ数63品番
軽量性★★★★★(星5つ)
歩きやすさ★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
おすすめする方学生
新社会人
全革靴ユーザー
おすすめシーン通勤
通学
営業
悪天候

テクシーリュクスは、アシックス商事が展開する革靴ブランド。

アシックス商事は、アシックスの関連会社なので、正式にはアシックスではありません。

リョクシン
アシックス本体より、お求めやすい価格ゾーンに向けて製品開発をしています。

1番おすすめは、テクシーリュクスTU-8001です。

疲れないポイント

所持しているテクシーリュクス

テクシーリュクスは20代のときに大変お世話になりました。

スニーカーのような履き心地はもちろんこと、脱ぎ履きの利便性までスニーカー風です。

サイドゴア付きで脱ぎ履きしやすい

脱ぎ履きしやすい秘密はサイドゴアです。

ゴム素材が甲の部分にあるので、スリッポンのように履ける品番がありました。

リョクシン
ただし、全品番にサイドゴアはないので注意が必要です。

蒸れないポイント

ゴアテックスの認定タグ

テクシーリュクスTU-8001は、ゴアテックスを使用しています。

ただし、サイドゴアはないのでご注意ください!

リョクシン
テクシーリュクスの品番の選び方は下記の記事で詳しく解説しましたのでぜひ!

【テクシーリュクスを徹底レビュー】おすすめモデルや買える店舗を解説!

次に安いテクシーリュクスについて見ていきましょう!

おすすめ品番はテクシーリュクスTU-7769です。

テクシーリュクスTU-7769はおすすめモデル

評価項目詳細
価格¥6,600〜(通販による)
サイズ24.5〜28.0cm
カラー展開ブラック
ブラウン

テクシーリュクスTU-7769は、アシックス商事が開発した革靴です。

アシックス商事は、アシックスの関連会社なのでスポーツメーカーのアシックスとは正式には別会社。

リョクシン
先ほどのハイドロテックよりもスニーカーのように履けます。

安い理由

注意

  1. 防水なし
  2. 消臭効果なし
  3. 靴底がすり減りにくくない

テクシーリュクスは高級ラインもあるので、すべて上記のような機能な訳ではありません。

あくまでもTU-7769のこと。

リョクシン
価格が安いので、どうしても理由はありますので、ご注意ください!

臭いに関しては、最低でも3足を履き替えて、1度履いたら2日間休ませるようにしてください!

次回履くまでに靴内が乾燥するので、菌が繁殖しにくく、臭いにくくなります。

安い中でもおすすめする理由

サイドゴア付きで脱ぎ履きしやすい

メリット
  1. 本革
  2. 外羽根
  3. モカシン
  4. サイドゴア

テクシーリュクスはすべて本革です。

多数あるラインナップの中でもTU-7769を選んだ理由は、外羽根でモカシンというデザインであること。

リョクシン
それに加えてサイドゴアが2箇所にあり、スリッポンのように履けるのも魅力です。

テクシーリュクスの他のラインナップなど別の記事で解説しました。

ぜひ、確認してみてください!

もっと詳しく解説

テクシーリュクスはアシックスが開発したブランド【テクシーリュクスを徹底レビュー】おすすめモデルや買える店舗を解説!

↑目次へ戻る↑

バランスワークス

ムーンスターのバランスワークス

評価項目詳細
価格¥7,900〜22,000
※品番による
サイズ標準:24.0〜28.0cm
品番により29.0・30.0cmあり
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数33品番
通気性★★★★☆(星4つ)
※品番による
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

バランスワークスはムーンスターが開発した革靴ブランドです。

上記の表のとおり、価格ゾーンが広く品番も多数ラインナップ

リョクシン
その中でもおすすめはバランスワークスSPH4610です。

ブランドの特徴

ムーンスターのバランスワークスは立ち居が安定する

ブランド名のとおり、バランスの取りやすい安定感のある履き心地です。

通勤や営業、展示会、就活など立ちっぱなしで大活躍すること間違えなし。

リョクシン
ブレないので踏ん張るなど余計な力を使わないので疲れにくいです。

ムーンスターのバランスワークスSPH4610は疲れにくい

履いてみてバランスワークスの驚異の安定感と履き心地に驚きます。

靴メーカーの営業としてあらゆる革靴を履いて歩いてきましたが、安定感のジャンルでは間違えなくナンバー1。

リョクシン
式典や満員電車など立ちっぱなしでも疲れにくいです。

疲れないポイント

ムーンスターのバランスワークスSPH4610のインソールは、中央にくぼみがある

まずSPH4610のインソールは素材と形状がよいと感じました。

足の裏の形状に沿っているので、足本来の力をサポートしてくれるので疲れにくい!

ムーンスターのバランスワークスは土踏まずをサポートするアーチサポート形状

指先の部分は、履くと土踏まずがくる場所。

指先の部分が「えぐれて」いて土踏まずを下から押し上げてくれます。

リョクシン
人間は、土踏まずを支えることで疲れにくく感じるので、非常に有効な形状だと感じました(アーチサポート)。

ムーンスターのバランスワークスは靴底にゴムを使用しているので滑りにくい

靴底は滑りにくいので、歩行が安定します。

また防水機能があるので、雨の日の滑る路面や床でも問題なく履けました。

蒸れないポイント

ムーンスターのバランスワークスは月型芯の素材がよい

防水のため、蒸れにくい機能は少ないです。

しかし、足にフィットする形状なので、靴の中で踏ん張る必要がないので蒸れにくい

リョクシン
もし、蒸れが気になる方は、別ブランドのゴアテックス採用モデルを選んでみてください!

下記の別記事でバランスワークスについて徹底解説しました。

気になった方はぜひ、参考にしてみてください!

【バランスワークスをレビュー】ムーンスターが開発した革靴の評価とは?

↑目次へ戻る↑

メディカルウォーク

メディカルウォークは、アサヒシューズが開発した膝にやさしい靴

評価項目詳細
価格¥27,500〜(通販による)
サイズメンズ:24.0〜28.0cm
レディース:22.0~25.0cm
サイズ感普段履きと同じでOK
ラインナップ数数えきれない笑
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
お出かけ◎

メディカルウォークはアサヒシューズが開発した靴ブランド。

筆者が選んだメディカルウォーク2944は、スニーカー風ですが、完全な革靴もあります。

リョクシン
休日も履けるビジネスシューズは1足欲しくこちらの2944にしました。

疲れないポイント

メディカルウォークの靴底

メディカルウォークの最大の特徴は、カカトのスクリューです。

このスクリューにより着地した時に、足の筋肉の動きをサポートしてくれます。

長時間歩く方におすすめ!

メディカルウォークは多層構造

さらに、2944は、クッションが多層構造になっています。

メディカルウォークの多層構造

メディカルウォークの多層構造は、足にかかる衝撃を分散させる効果がありました。

とくに、樹脂のプレートがよい働きをしてくれます。

メディカルウォーク1645と2944のインソールはアーチサポート

インソールも特殊な形状と素材で足の疲れをサポート。

土踏まずをはじめ、足の構造を安定させるアートサポートに優れました。

メディカルウォーク1645と2944はインソールだけでも多層構造

インソール裏面にあるクッション素材も間違えありません。

メディカルウォークは別の記事でも詳しく解説しました。

ぜひ、参考にしてみてください!

【メディカルウォークのレビュー・口コミ】膝にやさしいアサヒシューズの最高傑作!

↑目次へ戻る↑

Dr.アッシー【幅広限定】

ドクターアッシーは幅広で疲れにくい革靴

評価項目詳細
価格¥7,900〜9,900
※品番による
サイズ標準:24.5〜27.0cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数4ブランド
通気性★★★★☆(星4つ)
※品番による
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

ドクターアッシーは、幅広限定で展開している靴ブランドです。

世界長ユニオンという靴業界では有名なメーカーが開発。

リョクシン
筆者はイオン系列のジーフッドさんのグリーンボックス稲毛店でアルバイトしていましたが、ドクターアッシーは指名買いされるくらいに人気でした。

ブランドの特徴

ドクターアッシーのロゴ

ドクターアッシーは、幅広が特徴ですが、ただ幅広な訳ではありません。

4Eというかなり幅広なサイズ感にも関わらず見た目はそこまで幅広く見えません

補足

靴に限らずデザインは細い方がカッコよく見えるという法則があります。

ほとんどの4Eの靴は、「ぼてっ」として印象でビジネスシューズ感がないのが一般的。

ドクターアッシーのビジネスシューズは幅広であるものの、細くみせるデザインの工夫がありました。

ドクターアッシーDR-6200の羽根まわりのデザインが良い

縫製糸でデザイン性を高くしています。

細かいことですが、幅広のビジネスシューズの作業靴感を無くしていました

リョクシン
おすすめ品は、ドクターアッシーDR-4600です!

疲れないポイント

ドクターアッシーDR-4600は踵にはクッション性がある

ドクターアッシーは革靴の中でもカカトにクッション素材を多用してました。

スニーカーのような履き心地はここから来ているのでしょう。

リョクシン
一般的には、革を挟んだりしているのですが、ドクターアッシーはすべてEVAというクッション材です!

ドクターアッシーDR-4600は滑りにくい靴底

筆者のおすすめするドクターアッシーDR-4600は滑りにくいゴム素材を靴底に採用。

滑りにくいゴム素材を使用すると重たくなるのですが、靴底の全面には使用していないので、軽量化も成功しています。

ドクターアッシーDR-4600は26.0cmで360g

26.0cmで360gなので軽いですね。

蒸れないポイント

ドクターアッシーDR-4600は通気口ある

蒸れないポイントとして靴底から通気する機能がありました。

靴底から空気を入れたり逃したりできます。

リョクシン
本革で蒸れにくいものの、さらに靴底からも空気の出し入れができるので蒸れにくい!

ドクターアッシー防水

ドクターアッシーDR-4600は防水(4cm7時間)なのもおすすめポイント。

朝忙しいときに天候を気にせず靴を選べます。

ドクターアッシーについて別記事で詳しく解説しました。

気になった方はぜひ参考にしてみてください!

Dr.アッシー)をレビュー】超軽量で幅広のウォーキング&ビジネスシューズ

↑目次へ戻る↑

マドラスウォーク【幅広】

マドラスウォークはマドラス株式会社が開発した革靴ブランド

評価項目詳細
価格¥14,000〜32,000
※品番による
サイズ標準:24.5〜27.5cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数222品番
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

マドラスウォークはマドラス株式会社が開発した革靴ブランド。

ゴアテックスを採用しているにも関わらず2万円以下で購入できるコスパ抜群なブランドです。

リョクシン
1番おすすめはMW8001で、幅広でゴアテックスという珍しい規格でありながら、2万円以下というスペシャルプライス!

ブランドの特徴

マドラスウォークはゴアテックスを採用したブランド

マドラスウォークの特徴は、前述のとおりゴアテックスを使用していること。

防水性と通気性を兼ね備えた高機能な素材です。

リョクシン
マドラスウォークのすべての品番にゴアテックスを採用

マドラスウォークは軽いのも特長

マドラスウォークの2番目の特長は軽さです。

筆者のおすすめするMW8001は、26.0cmで330gしかありません。

リョクシン
よく歩きまわる営業や就活生いおすすめ!

疲れないポイント

マドラスウォークMW8001はインソール入り

マドラスウォークMW8001の疲れないポイントは、インソールです。

インソールが入っていました。

マドラスウォークMW8001のインソールはクッション性重視

裏面を見ると通気口がないのが分かります。

インソールの素材すべてがEVAというクッション素材でした。

リョクシン
穴が開いていないので、すべて衝撃吸収に特化しています。

マドラスウォークMW8001はトーアップ形状

またつま先がつり上がったトーアップ形状

トーアップは次の1歩が踏み出しやすいので、踏み出す力をセーブできます。

蒸れないポイント

ゴアテックスの認定タグ

マドラスウォークMW8001の蒸れにくいポイントはゴアテックスを使用していること。

MW8001に限らず、すべての品番に採用してるので、MW8001が気に入らない方も安心です!

マドラスウォークについて別の記事で詳しく解説しました。

サイズ感やデメリットも紹介しています。

【マドラスウォークを徹底レビュー】ゴアテックスを使用しても価格の安い革靴!

↑目次へ戻る↑

スタンスミス【スニーカー】

スタンスミスはアディダスが開発したスニーカー

評価項目詳細
価格¥9,900〜
サイズ22.5〜30.0cm
サイズ感革靴比較:1.0cm大きめ
普段履き比較:同じサイズ
ラインナップ数222品番
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

スタンスミスはアディダスが開発した元スポーツシューズで現ファッションアイテム。

スニーカー界では過去のスポーツシューズとしての名品がファッションアイテムとして評価されます。

リョクシン
最もコーディネートに幅の効かせるスニーカーがスタンスミス。
メモ

ストリートからきれい目なファッションまでOK。

リョクシン
特にオールブラックはビジネスシーンでも活躍します。

ブランドの特徴

スタンスミスの特徴

アディダスのスタンスミスは元テニスシューズだけあってフィッティング性が抜群。

発売当時では、下記の機能が画期的でした。

スタンスミスのメリット
  1. 本革を使用
  2. 糸で各パーツを縫い合わせる

それまでは下記のようなテニスシューズでした。

スタンスミス以前のテニスシューズ
  1. 布製
  2. 加硫式(例:コンバースのオールスター的な靴)

布は破れやすく足に馴染みにくいデメリットがあります。

加硫式はオールスターのような靴なのですが、靴底が剥がれてしまうなど問題がありました。

リョクシン
スタンスミスはすべて改善できたからヒットした訳ですね!
補足

このような経緯から有名プレーヤーのスタンスミス氏の足元を支えることになった靴。

疲れないポイント

スタンスミスは薄底

スタンスミスはスポーツシューズなので薄底です。

動きやすいので営業や通勤におすすめ!

スタンスミスはインソール入り

またインソールも入っていました。

以前は取り外せなかったと記憶しているのですが、現モデルは取れました。

リョクシン
クッション性が足りない人は、市販のインソールと交換することが可能!

蒸れないポイント

スタンスミスは本革で通気性がある

蒸れないポイントは本革を使用していること。

またつま先に糸で縫った場所が露出しているので、通気口があります。

スタンスミスの通気性

本革

⇒微細な通気口がある

サイドマッケイ

⇒つま先に縫製の通気口がある

リョクシン
つま先に通気できる場所があるのは、歩行のメカニズム的にも効率的に通気することができるので蒸れにくいと言えます。

スタンスミスをビジネスシューズとして別の記事でレビューしました。

気になった方は下記の記事から確認してみてください!

【スタンスミス黒をビジネスシューズとしてレビュー】メンズとレディースのスーツに最適!

↑目次へ戻る↑

ハイドロテック『HD1311』

ハイドロテックのウルトラライトHD1311をレビュー

評価項目詳細
価格¥6,490〜(通販による)
サイズ24.5〜28.0cm
カラー展開ブラック
ブラウン

ハイドロテックは靴の販売店のチヨダのオリジナルブランド。

シュープラザや東京靴流通センターなど全国に多店舗展開しています。

リョクシン
スニーカーのような履き心地の安い革靴

安い理由

注意

  1. 防水なし
  2. 消臭効果なし
  3. 抗菌はインソールのみ
  4. 靴底がすり減りにくくない

防水や消臭の素材は使用していませんでした。

そのため連日使用するのは控えて、複数足を履き替えて使いましょう。

安い中でもおすすめする理由

ハイドロテックウルトラライトHD1311の重量は295g

メリット
  1. 本革
  2. 超軽量

まず¥6,490で本革を使用しているのは凄い!

また26.0cmで260g以下という超軽量も魅力でしょう。

なせHD-1311なのか?

ハイドロテックウルトラライトHD1311を選んだ理由

HD-1311を選んだ理由

  • 外羽根
  • モカシン

なぜ、ラインナップの多いハイドロテックの中でもHD-1311がおすすめなのか?

ハイドロテックウルトラライトHD1311は外羽根

それは外羽根で足にフィットしやすく甲のサイズ調整がしやすいこと。

ハイドロテックウルトラライトHD1311はモカシン形状で足にフィット

リョクシン
さらに、モカシンで足の形状に沿いやすい靴内部の構造だからです。

ハイドロテックのサイズ感など詳細は下記の記事で解説しました。

気になった方はぜひ参考にしてみてください!

【ハイドロテックの革靴をレビュー】ウルトラライトやブルーコレクションなど種類豊富なビジネスシューズ

↑目次へ戻る↑

アシックス『LYTECOURT(スニーカー)』

アシックスのLYTECOURT

評価項目詳細
価格¥6,600〜
※品番・通販により変動
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
カラー展開7色
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩
通勤
立ち仕事

LYTECOURTは、アシックスが開発した安いスニーカーです。

アシックスの中でも珍しく安い価格設定に驚きました。

リョクシン
安かろう悪かろうではなく、履き心地もフィッティング性もよいスニーカーです。

カラーバリエーション

LYTECOURTの別カラーバリエーション

LYTECOURTの魅力はカラーバリエーションが多いこと。

アディダスのスタンスミス風でおしゃれです。

アシックスのLYTECOURTは紐を変えればスーツにも合う

別売ですが、紐をロー引きの紐に変えるとビジネス風になります。

リョクシン
ブラックは安くて歩きやすいビジネスシューズとしておすすめ!

安い理由

LYTECOURTは、本革ではなく人工皮革

通気性や足に馴染む感覚は、少ないものの耐水性は高くなります。

リョクシン
その他、安い理由は下記のとおり。
注意

  1. 人工皮革
  2. 防水なし
  3. 消臭効果なし

安い中でもおすすめする理由

メリット
  1. おしゃれ
  2. 歩きやすい
  3. 休日も履ける
  4. フィッティング性が高い

ビジネスシューズとしてだけじゃなく休日でも履けるのがメリットでしょう。

下駄箱の省スペース化にもなります。

LYTECOURTのサイズ感や重量など詳細は下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説

アシックスのLYTECOURT【アシックスのLYTECOURTをレビュー】人工皮革で耐水性のあるスニーカー

↑目次へ戻る↑

ビジネスシューズにおすすめ革靴ブランドの紹介をまとめます!

当記事ではビジネスシューズにおすすめの革靴とブランドを紹介しました。

スニーカーのメーカーの革靴をおすすめします。

リョクシン
歩きやすく、製法も最新で、クッション素材の配合をよく研究しています。

防水でゴアテックスであれば、天候を気にせず出かけることが可能。

忙しい朝でも靴を選ぶ時間を省くことができました。

リョクシン
どの製品も動きやすいのでおすすめします!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ビジネスシューズに最適なおすすめの革靴ブランドは下記のとおり。

おすすめ品価格足幅防水疲れにくさ
ペダラWP327Kペダラ
WP327K
¥26,400〜3E★★★
通勤快足TK3308通勤快足
TK3308
¥18,700〜3E★★☆
ランウォークWR25KLランウォーク
WR25KL
¥29,700〜2E
※他あり
★★★
アキレスソルボアキレスソルボ
SRM2830
¥26,400〜3E★★★
テクシーリュクスTU-8001テクシーリュクス
TU-8001
TU-7769
¥6,600〜
¥16,500〜
3E×
★☆☆
★★☆
バランスワークスSPH4610バランスワークス
SPH4610
¥10,780〜3E★★★
アサヒメディカルウォークメディカルウォーク
2944
¥27,500〜3E×★★★
ドクターアッシーDR-4600Dr.アッシー
DR-6200
¥10,890〜4E★☆☆
マドラスウォークMW8001マドラスウォーク
MW8001
¥17,600〜4E★☆☆
ハイドロテックHD-1311ハイドロテック
HD-1311
¥6,490〜3E×★☆☆
スタンスミススタンスミス
black/black
¥8,900〜2E×★☆☆
アシックスLYTECOURTアシックス
LYTECORT
¥6,900〜2E×★☆☆
備考
◎はゴアテックス使用
○はノーマルの防水のみ
「※他あり」とは3Eと4Eのラインナップがあります

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の記事もおすすめです。

「もっと革靴以外でも疲れにくい靴がみたい」

そんな方に向けて記事を疲れにくい靴を紹介しました。

もっと詳しく解説

立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

よろしくお願いします。

新着記事