【アシックスのLYTECOURTをレビュー】人工皮革で耐水性のあるスニーカー

アシックスのLYTECOURT

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、アシックスのLYTECOURTをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、コスパ抜群なアシックスのスニーカーです。

「安いアシックスのスニーカーがほしい」

「人工皮革で耐水性のあるスニーカーを探している」

「休日もビジネスカジュアルでも履けるような靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「歩きやすい、疲れにくい、紐を変えればスーツもいける」という感想でした。

雨用やビジネス用で疲れにくい安いスニーカーがほしい方におすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

アシックスのLYTECOURTとは?重量やサイズ感をレビュー

LYTECOURTとは、アシックスが開発したスニーカーです。

アシックスのLYTECOURT

評価項目詳細
価格¥6,600〜
※品番・通販により変動
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
カラー展開7色
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩
通勤
立ち仕事

アシックス製品の中でもかなり価格の安いスニーカー。

本革を使用してないため、耐水性には優れます

リョクシン
ただし、本革のメリットである通気性や足に馴染む素材感はありません。

雨の日や仕事用

雨の日や仕事用に安い靴がほしい。

また、安いだけじゃなくてある程度の履き心地とファッション性を求めたい方にピッタリでしょう。

リョクシン
クッション素材の厚みが薄い薄底なので、きれい目なファッションにも合うので、コーディネートしやすい

紐を変えるとスーツにも合う

アシックスのLYTECOURTは紐を変えればスーツにも合う

別売のロー引きの紐に変えることで、ビジネスカジュアルにも合うスニーカーになります。

画像の紐の入れ方がまだカジュアルな印象の入れ方ですが、ビジネスシューズのような紐の通し方にすれば、また印象が変わりました。

リョクシン
人工皮革なので、耐水性があり、天候を気にすることなく、お出かけできるのが嬉しい。

アシックス版の安いスタンスミス

LYTECOURTは、アシックス版の安いスタンスミス

印象としては、アディダスのスタンスミスに似ていますね!

別のカラーバリエーションを見ていただくとわかります。

リョクシン
スタンスミスは、ファッション的に優れていて、世界で最も履かれているスニーカーといっても良いくらいに選ばれているスニーカー。

それだけコーディネートしやすいのでしょう!

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

アシックスのLYTECOURTの重量は、27.5cmで286g

LYTECOURTの重量は、27.5cmで286gでした。

かなり軽いですね!

リョクシン
ただし、靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まる

靴の良し悪しはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、メーカー靴の型(ラスト)次第なところもありました。

リョクシン
LYTECOURTは、安価品とはいえ、アシックス製品なので間違えありません。
注意
ただし、本革ではないので、革特有のフィッティング性はありません。

サイズ感

アシックスのLYTECOURTのサイズ感は、すこし小さめ

LYTECOURTのサイズ感は、すこし小さめ。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、28.0cmでした(※注意あり)。
注意
ただし、靴下がビジネスソックスのような薄手の場合には、異なります。

革靴のレビューで使用した靴下(ソックス)

ビジネスソックスやタイツなど薄手のモノを着用した場合には、普段履きの靴と同じサイズでOK。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履き(ユニクロ普通の靴下を着用)

  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アシックス『LYTECOURT』⇒ 28.0cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴(ビジネスソックス使用)

  • ペダラ ⇒ 26.5cm
  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • ランウォーク ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm
  • アシックス『LYTECOURT』⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

靴のジャンルや履く靴下によってサイズ感は大きく変わります

ぜひ、参考にしてみてください!

カラーバリエーション

LYTECOURTの別カラーバリエーション

LYTECOURTのカラーバリエーションは全部で7色。

スタンスミス風でおしゃれです!

↑目次へ戻る↑

アシックスのスニーカーLYTECOURTを詳しくレビュー

ここからはアシックスLYTECOURTを詳しくレビュー。

アシックスのLYTECOURTを詳しくレビュー

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 安い
  3. 人工皮革
  4. トーアップあり
  5. ベロは通気性あり
  6. コーディネートが楽
  7. 履き口パッドが充実
  8. カカトでしっかりホールド
  9. インソールあり(取り外し不可)
  10. 別売の靴紐でビジネスでも履ける
  11. 薄底のコートスニーカーで動きやすい
デメリット
  1. 完全な立ちっぱなしでは疲れる

メリット10個でデメリット1つです。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

人工皮革

人工皮革を使用しています。

一見、本革だと見間違えるほどですが、人工皮革!

リョクシン
耐水性があるので多少の雨であれば問題ありません。

平紐

アシックスのLYTECOURTの靴紐は平紐

LYTECOURTは、靴紐は平べったい平紐でした。

平紐は、ほどけにくくて緩みにくい紐です。

リョクシン
紐の質もほどけにくい質感なので安心。

ベロから通気できる

アシックスのLYTECOURTはベロから通気できる

足の甲に当たる部位をベロといいます。

LYTECOURTのベロは通気性のある素材。

リョクシン
人工皮革には、通気性が皆無ですが、ベロで通気していました。
注意
大雨の場合には、雨が入ってくるので注意しましょう!

履き口パッド

アシックスのLYTECOURTは履き口パッドが充実

足をいれる場所を履き口(はきぐち)といいます。

この履き口に靴ズレやフィッティング性を向上させるパッドがありました。

リョクシン
足にフィットすることで疲れにくい!

カカトでしっかりホールド

アシックスのLYTECOURTは踵でしっかりホールドできる

カカトでしっかりホールドできます。

ホールドされるからは、カカトの幅と形状が大事なのですが、LYTECOURTは問題なし。

アシックスのLYTECOURTは脱げにくい

脱げにくいように、靴底からカカトのトップまでにカーブ形状になっています。

カカトの幅や形状が悪いと足が靴の中でズレてしまうことも・・・

リョクシン
カカト裏にある布が破れてしまったり、脱げやすくなりますがLUTECOURTは対応していました。

靴紐で印象が変わる

アシックスのLYTECOURTは紐を変えればスーツにも合う

既存の紐は平紐ですが、ロー引きの丸紐にすることで印象がガラッと変わります。

ビジネスカジュアルやスーツにも合うでしょう。

紐の入れ方

きれいに見える紐の入れ方について解説します。

紐の交差するときに、小指側へ行くときの紐を上にしてみてください!

リョクシン
交差して上を通す方を統一することで、綺麗にみえます。

アッパーまとめ

  • メリット:平紐
  • メリット:安い
  • メリット:人工皮革
  • メリット:ベロは通気性あり
  • メリット:コーディネートが楽
  • メリット:履き口パッドが充実
  • メリット:カカトでしっかりホールド
  • メリット:別売の靴紐でビジネスでも履ける

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

薄底

アシックスのLYTECOURTはクッション素材に厚みのない薄底

LYUTECOURTのクッションは、厚みのない薄底

そのため動きやすくなります。

リョクシン
ただし、完全な立ちっぱなしでは疲れやすい。

取り外せないインソール入り

アシックスのLYTECOURTのインソールは取り外せない

薄底ですが、中にインソールが入っているので、一般的な薄底の靴よりは疲れにくい!

ただし、インソールは取り外しできませんでした。

リョクシン
そのため、別売のインソールは追加していれることになるので、厚みのあるインソールだとサイズ感が大きく変わります。

トーアップ

アシックスのLYTECOURTはトーアップ

LYTECOURTはトーアップというつま先がつり上がった形状。

トーアップはつまずき防止と動作性アップの効果があります。

コートスニーカー

LYTECOURTは、コートスニーカーというジャンルの靴。

コートスニーカーとは、テニスやバスケットなどコート上でプレーするスポーツで昔使われた靴のこと。

リョクシン
そもそも細かく、スポーツシューズにルーツがあるので、動きやすいものの、立ちっぱなしには弱い印象です。

営業や動きの多い仕事、散歩用におすすめ!

クッションまとめ

  • メリット:トーアップあり
  • メリット:インソールあり(取り外し不可)
  • メリット:薄底のコートスニーカーで動きやすい
  • デメリット:完全な立ちっぱなしでは疲れる

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

すり減りにくい素材

アシックスのLYTECOURTはすり減りにくい靴底

LYTECOURTは、ゴムを原料にした合成素材だと思います。

ハード目な素材感でした。

リョクシン
すり減りにくいのですが、滑りにくくはないと思います。

効果はなんとも言えませんが、足と連動しやすいような靴底形状でした。

ただし、クッション素材も足と連動するような形状ではないといけないのですが、それが見当たりません。

リョクシン
そのため、ここはメリットとはしませんでした。

靴底まとめ

  • 特になし

↑目次へ戻る↑

アシックスのスニーカーLYTECOURTの口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではアシックスのLYTECOURTをレビューしました。

アシックスのLYTECOURTは、アシックスの中でも安価なスニーカーです。

リョクシン
人工皮革ですが本革に見えるので、高級感がありました。

また、フィッティング性と履き心地はアシックスが開発しただけあって、良い感じです。

仕事用や休日用のどちらでも活躍する安いスニーカー。

リョクシン
すべての方におすすめします!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

アシックスのLYTECOURTのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 安い
  3. 人工皮革
  4. トーアップあり
  5. ベロは通気性あり
  6. コーディネートが楽
  7. 履き口パッドが充実
  8. カカトでしっかりホールド
  9. インソールあり(取り外し不可)
  10. 別売の靴紐でビジネスでも履ける
  11. 薄底のコートスニーカーで動きやすい

デメリットは1つありました。

デメリット
  1. 完全な立ちっぱなしでは疲れる

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと他のおすすめビジネスシューズも見てみたい」

そんな方におすすめの革靴ブランドと商品を解説しました。

もっと詳しく解説

【コスパ抜群!】ビジネスシューズにおすすめな革靴ブランドを解説!【スニーカー含む】

コメントを残す