【アシックスの革靴ブランドを比較レビュー】歩きやすいビジネスシューズならアシックスで決まり!

アシックスの革靴ブランド違いを紹介!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、アシックスの革靴ブランドの違いとおすすめ品をすべてご案内!

リョクシン
結論から申し上げますと、アシックスの革靴はどれも歩きやすいです!

アシックスの革靴ブランドのペダラとランウォーク、テクシーリュクス

スポーツシューズの技術が活かされたブランドでした。

どれもおすすめなのでぜひ、各ブランドの違いからご自身にあったアシックスの革靴を選んでみてください!

リョクシン
それでは、「【歩きやすいビジネスシューズはアシックスの革靴!】ペダラ・ランウォーク・テクシーリュクスの違い解説!」を始めていきます!
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

歩きやすいビジネスシューズはアシックスの革靴で決まり!

歩きやすいビジネスシューズなら間違えなくアシックスの革靴ブランドをおすすめします。

アシックスの社屋

アシックスは、日本発の世界的スポーツメーカーです。

スポーツの世界大会で見ないことがないほどの企業。

リョクシン
高品質な製品で日本のみならず世界的に評価の高いスポーツメーカーです。

SNSでの口コミ

アシックスの革靴のSNSの口コミ・評判

アシックスは革靴も多数ラインナップしています。

SNSを見てもその評判の良さがわかりますね!

リョクシン
アシックスは革靴ブランドを複数持ちますが、どれもスニーカーのような履き心地で疲れにくいのが特徴!

アシックスの革靴ブランド

  • ペダラ
  • ランウォーク
  • テクシーリュクス

アシックスの革靴ブランドは、3つありました。

正式には、テクシーリュクスのみアシックス商事というアシックスの関連会社が展開するブランドです。

リョクシン
それぞれ簡単に特徴を見ていきましょう!

↑目次へ戻る↑

ペダラ

ペダラの特徴を解説

ペダラはアシックスが開発した革靴ブランド。

ビジネスシーン向けというよりは、普段履きのコンフォートシューズをメインに展開しています。

リョクシン
ドレスシューズとは程遠く、コンフォートシューズをビジネス向けにした様な印象をうけるブランド。

コンセプトは競技場を離れたアスリート向け

ペダラのコンセプトは、ブレザーを着たアスリートに合うシューズ

「アスリートが競技場から離れブレザーを着るシーンで合うシューズを作ろう」

アシックスの創業者である鬼塚喜八郎さんが上記の様なコンセプトを考えペダラは立ち上がりました。

リョクシン
ビジネスシューズとして、もちろん使えますが、コンフォートにルーツがあるので、ドレスシューズかと言われると難しいところ。

本革がやわらかい

ペダラのアッパーは上質な本革でやわらかい

ペダラの最大の特徴は、使ってる革の質がやわらかいこと。

シワがよっている的なクレームを目にしますが、それは大きな間違えです。

リョクシン
やわらかい上質な革を使用している証拠なので、そのままにしてください!

レディースに強い

ペダラはレディースに強い

ペダラはレディースのラインナップが強い。

革がやわらかいため、足にトラブルを抱えやすい女性に向いているといえますね。

リョクシン
革が柔らかいだけで良い訳ではなく、足にフィットする形状であることが大事なのですが、アシックスはフィッティング性が高いメーカーなので問題なし!

ペダラについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

↑目次へ戻る↑

ランウォーク

ランウォークはアシックスが開発したブランド

ランウォークはアシックスが開発したビジネス向けの革靴ブランドです。

ドレスシューズと言える綺麗めな品番もありました。

リョクシン
アッパーも光沢感があり営業や式典などにフォーマルなスタイルにあった品番を多くラインナップしています。

走れるビジネスシューズ

アシックスのランウォークは走れるビジネスシューズ

ランウォークのコンセプトは、ブランド名そのままに「走れて歩きやすい革靴」です。

ランウォーク最大のメリットは、「見た目が完全にビジネスシューズなのに、スニーカーのような履き心地である」ということ。

リョクシン
結局スニーカーのような履き心地の革靴ってダサいのですが、ランウォークはそれがありません。

ランウォークについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

↑目次へ戻る↑

テクシーリュクス

テクシーリュクスはアシックスが開発したブランド

テクシーリュクスは、アシックスの関連会社であるアシックス商事が開発した革靴ブランド。

アシックス商事は、アシックスのテクノロジーやロゴは使えないものの、靴において重要な型などは参考にできているメーカーです。

リョクシン
アシックス製品では届かない低価格より少し上くらいのラインナップが多い。

走れる革靴

テクシーリュクスは走れるビジネスシューズ

テクシーリュクスは、スニーカーのような履き心地で走れるビジネスシューズです。

履き心地だけではなく、脱ぎ履きの利便性までスニーカー的な品番もありました。

リョクシン
サイドゴアといって伸縮性の高いゴムを使っているので、脱ぎ履きがしやすいです。

テクシーリュクスについてもっと知りたい方はこちらをクリック

↑目次へ戻る↑

アシックスの革靴ブランド「ペダラ・ランウォーク・テクシーリュクス」の違い

アシックスの革靴ブランドの違いについて見ていきましょう。

asics

3つ同時に比較できないので、それぞれ比較していきます。

アシックスの革靴ブランドの相違点

  • ペダラとランウォークの違い
  • テクシーリュクスとペダラの違い
  • ランウォークとテクシーリュクスの違い

ちなみに、サイズ感の違いはありませんでした。

筆者の各ブランドのサイズ感
  • ペダラ ⇒ 26.5cm
  • ランウォーク ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ペダラとランウォークの違い

ペダラとランウォークの違い

ペダラとランウォークの違いを見ていきます。

ブランド名ランウォークペダラ
メーカー名アシックスアシックス
素材本革(硬め)本革(柔らかめ)
ターゲット層20代後半〜40代〜
コンセプトビジネス特化
ドレスシューズ
日常使い
コンフォート

1番の違いは、コンセプト素材感

どちらも上質な革を使用しています。

リョクシン
しかし、ペダラは特別に質が高く感じるのと何より。柔らかい。

ペダラのアッパーは上質な本革でやわらかい

柔らかいので、足にトラブルを持つ方におすすめします。

そのためペダラは、足にトラブルを起こしやすい女性用のレディース展開が豊富でした。

リョクシン
ランウォークは逆に、ビジネスやドレスシーンでも使用しやすい展開です。

アシックスのランウォークは走れるビジネスシューズ

ペダラも走れるくらいに履きやすいのです。

しかし、ランウォークの方がより走りやすい印象。

アシックスのランウォークはトラスティックという歩行を安定させるパーツがある

靴底の中心部にトラスティックというプラスチックの補強材があり歩行が安定します。

さらに、カカト下にα-GELというGELのクッション素材がありました。

リョクシン
どちらも疲れにくいのですが、疲労軽減であれば、ランウォークをおすすめします!
ペダラおすすめする方足にトラブルのある方女性
ランウォークおすすめする方疲労軽減スニーカー風な履き心地がほしい

ペダラの記事はこちら!

ランウォークの記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

テクシーリュクスとペダラの違い

ペダラとテクシーリュクスの違い

ここからは、テクシーリュクスとペダラの違いについて見ていきましょう。

ブランド名テクシーリュクスペダラ
メーカー名アシックス商事アシックス
素材本革(硬め)本革(柔らかめ)
ターゲット層10代後半〜40代〜
コンセプト通学
ビジネス
ドレスシューズ
日常使い
コンフォート

テクシーリュクスとペダラの最大の違いは、製造メーカーと価格帯です。

テクシーリュクスの製造メーカーは、アシックスの関連会社であるアシックス商事

リョクシン
アシックス商事は、アシックスではないのですが、関連会社だけあって、靴の設計は間違えありません。

テクシーリュクスはアシックスが開発したブランド

テクシーリュクスは、アシックス本体が届かない価格帯に向けて商品を開発しています。

アシックス本体の2ブランドに比べると、お求めやすい価格帯

リョクシン
近年では、ゴアテックスや日本製などハイクラス向けにも展開していますが、ペダラまでの価格帯ではありません。

ペダラの特徴を解説

ペダラは上質な革を使用していますが、テクシーリュクスは少し質が落ちた革な印象。

テクシーリュクスは、お手入れに慣れていない若い世代におすすめします。

リョクシン
ペダラは、価格も高く革もデリケートな素材なので、お手入れに慣れた方におすすめ!
ペダラおすすめする方お手入れできる女性足にトラブルのある方
テクシーリュクスおすすめする方新卒や転職したて脱ぎ履きしやすさ履き心地が重視

デリケートとはいえ、普通にクリームを塗れば良いので、難しくはありません。

新卒など不慣れな仕事で疲れて、2〜3ヶ月に1度もお手入れのできない可能性のある方におすすめします。

ペダラのレビュー記事はこちら!

テクシーリュクスのレビュー記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

ランウォークとテクシーリュクスの違い

ランウォークとテクシーリュクスの違い

最後に、ランウォークとテクシーリュクスとの違いを見ていきます。

ブランド名テクシーリュクスランウォーク
メーカー名アシックス商事アシックス
素材本革(硬め)本革(硬め)
ターゲット層10代後半〜20代後半〜
コンセプト通学
ビジネス
ドレスシューズ
ビジネス特化
ドレスシューズ

テクシーリュクスとランウォークの大きな違いは、製造メーカーと価格帯です。

コンセプトは「スニーカーのように履ける」「走れる革靴」ということでは類似していました。

リョクシン
テクシーリュクスはお求めやすい価格帯であるものの、ハイスペックな品番もあります。
テクシーリュクスのハイスペック
  • 日本製
  • ゴアテックス

日本製で上質な本革を使用したモデルとゴアテックスという防水で蒸れにくい素材を使用したモデル

テクシーリュクスのすごいところは、このハイスペックでもランウォークの1番安いモデルより安いのです。

リョクシン
ただし、ドレスシューズとしての見た目のよさはランウォークには敵わない印象。

サイドゴア付きで脱ぎ履きしやすい

テクシーリュクスは「スニーカーに近い履き心地」です。

テクシーリュクスは、靴べらを使わなくても履きやすいようなサイドゴアがついた品番があり、かなり脱ぎ履きしやすい!

リョクシン
ランウォークは、「走れるドレスシューズ」色が強いと言えるでしょう。
ランウォークおすすめする方お手入れできる方式典OK価格が高くても疲労軽減
テクシーリュクスおすすめする方新卒や転職したて脱ぎ履きしやすさ履き心地が重視

ランウォークのレビュー記事はこちら!

テクシーリュクスのレビュー記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

歩きやすいアシックスの革靴ブランドのおすすめ品を紹介!

ここからはアシックスの革靴ブランドでおすすめの品番をご紹介!

アシックスの革靴のおすすめを紹介

ご紹介したペダラとランウォーク、テクシーリュクスから厳選しました。

下記がおすすめモデルです。

おすすめ品

  • ペダラWP327K
  • ランウォークWR25KL
  • テクシーリュクスTU-7788
  • テクシーリュクスTU-7769

数えきれない程あるアシックスの各革靴ブランドから選んだポイントは以下のとおり。

選んだポイント

  • 外羽根
  • 通気性
  • 防水性

それぞれ簡単に説明します。

外羽根

アシックスのランウォークWR25KLは、外羽根。

外羽根とは、紐を外すと画像のように広げることができる革靴のこと。

サイズ調整に優れるので、とくに甲の高さを調整しやすいと感じます。

リョクシン
フィッティング性を高めることができるので、疲れにくく蒸れにくいし、靴ズレしにくい!

通気性・防水性

アシックスのランウォークWR25KLはゴアテックス

通気性も重要なポイントです。

通気性は重要な理由

  • 臭いにくい
  • 蒸れにくい
  • 疲れにくい
  • 靴内の温度を下げる

通気性は靴を形成するそもそもの型(ラスト)と素材が大事です。

型はアシックスが開発している時点で問題ありませんが、素材はゴアテックスを使用したモデルがおすすめ!

リョクシン
ゴアテックスは、通気性が高いのですが、さらに防水機能があるハイスペックな素材です。

雨は靴選びが大変

天候を気にせず、靴を選べるのは1日のストレスが減るので防水性も意識して見てください!

ただし、防水だけの靴は蒸れやすいので、可能であればゴアテックスの製品を選びましょう。

リョクシン
本当に防水性と通気性を両立できているのは、ゴアテックスだけ!

ペダラWP327K

ペダラWP327K

評価項目詳細
商品名ペダラWP327K
価格¥26,400〜(通販による)
サイズ24.0〜28.0cm
サイズ感1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数数えきれない笑
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境散歩◎
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎
お出かけ◎

ペダラの中でも外羽根でゴアテックスを使用したおすすめモデルはWP327K

前述のとおり、柔らかい牛革で足にやさしい履き心地です。

リョクシン
足にトラブルのある方ややわらかい履き心地が好きな方におすすめ!

履き口パッド

ペダラは履き口のパッドがしっかりしている

足をいれる場所を履き口(はきぐち)といいます。

その履き口にパッドがありました。

リョクシン
靴ズレ防止や脱ぎ履きするとき、しゃがんだ時に、痛くなりにくい!

モカ

ペダラWP327Kはモカでフィッティング性高い

つま先に沿った形で糸が縫製されているのわかりますか?

この革靴のデザインをモカやUチップ、Vチップと言います。

モカはフィッティング性が高い

リョクシン
靴の形状が、丸みを帯びるというよりは、足を包むこむような横に長い楕円のような形状なので、フィッティング性が高い!

製品にもよる部分もありますが、気持ちモカの方がフィッティング性が高いと感じました。

ペダラのサイズ感や重量などは詳細はこちら!

↑目次へ戻る↑

ランウォークWR25KL

ランウォークWR25KL

評価項目詳細
価格¥29,700〜(通販による)
サイズ24.0~28.0cm
サイズ感細身
2Eの場合
カラー展開3色
通気性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
おすすめする方足が細い方
おすすめシーン通勤、営業、悪天候

ランウォークでおすすめの品番は、WR25KLです。

ランウォークの中でも外羽根でゴアテックス使用モデルの中で1番おすすめ!

リョクシン
WR25KLは、2Eで幅狭めですが、幅が広い方に向けて別製品も提案しているので、最後まで読んで見てください!

クッションが多層構造

アシックスのランウォークはα-GEL入り

ランウォークWR25KLのメリットはクッション構造が多層であること。

通常のクッション素材に加えて、GEL素材を内蔵しています。

多層構造とは、クッション素材に異素材を使った靴のこと。

クッション素材を1枚ではなく複雑にすることでより衝撃が吸収されて、疲れにくい

アシックスのGELによる多層構造

とくにアシックスのGEL素材は、クッション性が長続きします。

靴に使用される一般的なクッション材は、発泡素材といってビート板のように潰れてしまう素材が多い。

リョクシン
GELは液体というか発泡素材ではないので、長く履いてもクッション性が低下しにくいのです!

実際にアシックスのGEL入りの安全靴やコックシューズを使用しているユーザーより高い評価を受けています。

とくに、「アシックスのGEL入りの靴は、夕方以降の疲れが違う」という評価が多数。

リョクシン
これは完全にGEL素材に原因があると言えるでしょう。

ランウォークのサイズ感や重量など詳細はこちら!

↑目次へ戻る↑

テクシーリュクスTU-7788

テクシーリュクスTU-7788

項目詳細
品番TU-7788
サイズ24.5〜30.0cm
(27.5、28.5、29.5cmなし)
足幅3E
カラー展開1色(ブラック)
メーカー価格¥12,100
その他の機能防水
消臭剤のMOFFを採用

テクシーリュクスでおすすめは、TU-7788です。

ゴアテックスではないものの防水で外羽根でした。

リョクシン
またつま先に臭いにくい消臭素材のMOFFがあるのもおすすめポイントです。
注意

テクシーリュクスにもゴアテックス仕様モデルがあります。

しかし、ゴアテックスのテクシーリュクスを購入するのであれば、ペダラかランウォークがおすすめ!

テクシーリュクスのゴアテックス仕様との価格差は、1万円以内だからです。

テクシーリュクスはあくまで、ランウォークやペダラに手が届かない方向けだと思います。

テクシーリュクスのゴアテックスに手が届くのであれば、ペダラとランウォークも購入できるでしょう。

ちなみに、外羽根でゴアテックスのテクシーリュクスは、TU-8001です。

↑目次へ戻る↑

テクシーリュクスTU-7769

テクシーリュクスTU-7769はおすすめモデル

項目詳細
品番TU-7769
サイズ24.5〜30.0cm
(27.5、28.5、29.5cmなし)
足幅3E
カラー展開2色
(ブラック・ブラウン)
メーカー価格¥6,600
その他の機能特になし

テクシーリュクスTU-7769は、同ブランドで1番安いモデルです。

ゴアテックスや防水でないものの、外羽根でモカが特徴。

リョクシン
新卒で靴のお手入れが月1でもできない方におすすめします。

3足の履き替えが大事!

3足を履き替えると臭いと蒸れ対策になる

テクシーリュクスTU-7769は、通気性が高くありません。

そのため、蒸れやすい

リョクシン
また、消臭剤もないので臭いやすいデメリットもあrます。
改善策

改善策は3足を履き替えること

その改善策として3足を履き替えることをおすすめします。

臭いの原因は、靴内に残る汗や菌、湿気。

リョクシン
1度履いてから2日休みを与えることで、靴の中が乾燥するので菌の繁殖を抑えることができるので臭いにくいし蒸れにくい!

サイドゴアで脱ぎ履きしやすい

サイドゴア付きで脱ぎ履きしやすい

サイドゴアがあるので脱ぎ履きしやすい。

新人の営業では、取引先で靴を脱ぎ履きすることもあるでしょう。

リョクシン
緊張して脱ぎ履きに手間取りやすいと思いますので、サイドゴア付きで手間取らないTU-7769をおすすめします!

若い世代以外が履くとデザインがアンバランスなので、30代以上はペダラやランウォークを履きましょう!

テクシーリュクスの詳細はこちら!

↑目次へ戻る↑

結論:アシックスの革靴ブランドは歩きやすいビジネスシューズ!

当記事では、アシックスの革靴ブランドについて解説しました。

結論は、アシックスの革靴ブランドは歩きやすいビジネスシューズなのでおすすめ!

リョクシン
ペダラやランウォーク、テクシーリュクスのどれも問題ありません。

数ある中でもおすすめは下記の品番でした。

おすすめ品

  • ペダラWP327K
  • ランウォークWR25KL
  • テクシーリュクスTU-7788
  • テクシーリュクスTU-7769

選んだポイントは下記のとおりです。

選んだポイント

  • 外羽根
  • 通気性
  • 防水性

テクシーリュクスは価格重視のTU-7769を入れました。

新人営業や新卒の方は間違えなくテクシーリュクスでしょう。

リョクシン
お手入れなど最低でも2ヶ月に1度くらいできるようになったら、ペダラやランウォークも試して見てください!
もっと詳しく解説
ペダラの特徴を解説【ペダラのメンズ・レディース品を徹底解説】ソフト素材を使ったアシックスの革靴ブランド ランウォークはアシックスが開発したブランド【アシックスのランウォークをレビュー】買うなら店舗・アウトレット!ゴアテックスがおすすめ! テクシーリュクスはアシックスが開発したブランド【テクシーリュクスを徹底レビュー】おすすめモデルや買える店舗を解説!

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もお時間ございましら見てみてください!

「もっと仕事で履ける疲れにくい靴について知りたい」

そんな方に向けて疲れにくい靴を解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

その他、下記の記事もおすすめです!

もっと詳しく解説
蒸れない靴のアイキャッチ【蒸れない靴をすべて解説します!】メンズとレディースのおすすめ品をご紹介! 【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!

コメントを残す