【アディダスのカントリー黒をレビュー】ビジネスコーデにも最適!

【アディダスのカントリー黒をレビュー】ビジネスコーデにも最適!

どーも、靴の仕事歴12年の松下智博です。

今回は、アディダス(adidas)さんのカントリー黒ビジネスシューズとしてレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、アディダスのスニーカーの中では満員電車に強いビジネススニーカーです。

「運転しやすいビジネススニーカーが欲しい」

「普段も使えるビジネススニーカーを探している」

「電車や展示会で疲れにくいビジネススニーカーが欲しい」

リョクシン
そんな方におすすめの商品です。

実際に履いてみて「立ちっぱなしで安定する、ペダル操作しやすい、細身でビジネススニーカー向け」という感想でした。

スタンスミスよりおすすめです!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

アディダスのカントリー黒とは?ビジネスに最適?口コミ紹介

アディダスのカントリーとは、野山や舗装されていない道(オフロード)を走る用で開発されたランニングシューズ。

アディダスのカントリー黒をビジネスシューズとしてレビュー

評価項目詳細
価格¥8,791〜
サイズ22.5〜28.5cm
サイズ感革靴比較:1.0cm大きめ
普段履き比較:同じサイズ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

オフロードを走る競技のクロスカントリー用ですね!

クロスカントリー向けの靴のため、カントリーという品名なのでしょう。

リョクシン
クッションや靴底の素材感がまさにクロスカントリー用といった感じでそれがまたビジネスシーンに良いと思いました。

ヒットの理由

カントリーはアディダスの人気を支えるスニーカーの1つです。

人気になったポイントは、映画ビバリーヒルズ・コップでエディマーフィが履いたことがきっかけ!

リョクシン
これをきっかけにスタンスミスやスーパースターに並ぶ人気スニーカーとなりました。

口コミ

私はアディダスの中ではスタンスミス黒もビジネスシューズとして履きました。

この方と同じく使ってみてビジネスシューズとしては、カントリーの方があっていると感じます。

リョクシン
軽くて立ちっぱなしでも疲れにくいですね!

スーパースターも良いのですね!

しかし、ビジネスシューズとしてはつま先がレザーではないスーパースターは向かないかなと。

カントリーを履いて思ったのは、満員電車でも疲れにくいということ。

クッション性と安定感が高くどっしり立てるので、負荷が分散される感覚がありました。

リョクシン
その感覚が疲れにくいように感じましたし、立ちっぱなしの仕事にも向いてるのかなと!

記事後半でも触れますが、デメリットは靴紐だと私も思いました。

まーほどける、ほどける笑

リョクシン
いずれにせよビジネスで使用するのであれば、靴紐はロー引きに変更するべきなので、紐は付属のものではなく、別売りのロー引き紐をおすすめします。

↑目次へ戻る↑

サイズ感

アディダスのカントリー黒のサイズ感は普段履きスニーカーと同じ

アディダスのカントリーのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、コンバースやエアマックスなどのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmを選びました。

↑目次へ戻る↑

アディダスのカントリー黒をレビュー!メリットデメリット紹介!

ここからはアディダスのカントリー黒をビジネスシューズとしてレビューしていきます。

アディダスのカントリー黒をビジネスシューズとしてレビュー

アディダスのカントリー黒のビジネスシューズとしての評価は下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 滑りにくい
  3. 細身でロングノーズ
  4. 厚底(2層式)で疲れにくい
  5. ヒールカットで運転しやすい
  6. クッション形状が台形で安定する
デメリット

付属の靴紐が信じられない位ほどける

詳しくみていきましょう。

メリット①:軽い

アディダスのカントリーは27.5cmで320g

アディダスのカントリーは27.5cmで320gでした。

アディダスのカントリーは厚底で滑りにくい靴底素材など素材を多く使用しているので、重くなりがち。

リョクシン
それでも320gはとても優秀ですね!

↑目次へ戻る↑

メリット②:滑りにくい

アディダスのカントリーは滑りにくい

アディダスのカントリーの靴底は、すべてゴム素材でした。

そもそも野原や悪路を走るクロスカントリーシューズなので、その耐久性と滑りにくさのためのゴム素材でしょう。

リョクシン
しっかりグリップできるので、歩きやすいですー

↑目次へ戻る↑

メリット③:細身でロングノーズ

アディダスのカントリーはロングノーズでビジネス向き

アディダスのカントリーは、足の甲の頂点からつま先の先端までの長さが長いロングノーズ型

多くのビジネスシューズはロングノーズ型なので、同じ特徴がありました!

リョクシン
スニーカーですが、ロングノーズ型なのでビジネスシューズに近く綺麗めな印象を与えますね。

↑目次へ戻る↑

メリット④:厚底(2層式)で疲れにくい

アディダスのカントリーは2層式クッション

アディダスのカントリー黒では、わかりにくいので別のカラーで紹介しますが、カントリーはクッションが2層式です。

上記は、カントリーの代表カラーで分かりやすいのですが、クッションがグリーンのところと白いところがありました。

リョクシン
グリーンと白の部分で、クッション素材の配合が違うので、2層式のクッションで衝撃を吸収しやすく疲れにくいです!

↑目次へ戻る↑

メリット⑤:ヒールカットで運転しやすい

カントリー黒はヒールカットで運転しやすい

カントリーはおそらくクロスカントリーの競技中に走りやすいようにカカトが削れた状態がデフォルト(ヒールカット)です。

革靴なら靴底を足すくらいな状態で削れていますねー

リョクシン
着地が「点」で接地せず、「面」で接地するので、走りが安定するのでしょう。
補足

営業車を運転する際に、操作しやすい形状です。

ドライビングシューズも同じ形状をしていました。

↑目次へ戻る↑

メリット⑥:クッション形状が台形で安定する

アディダスのカントリーは、安定するので満員電車でも疲れにくい

アディダスのカントリーは、クッション形状が靴底にいくに連れて広くなっていました。

足をくじきにくく、満員電車のような立ちっぱなしでも疲れにくいです!

リョクシン
よく歩く営業の方や展示会でも最適でしょう。

↑目次へ戻る↑

デメリット①:付属の靴紐が信じられない位ほどける

まぁー出るわ出るわ、靴紐の酷評w

アディダスのカントリー黒をビジネスシューズとして履いたデメリットは、靴紐です!

リョクシン
冗談とか、過度な表現とかではなく、リアルに20歩くらい歩くと靴紐がほどけましたw

同封されている丸紐にするのも良いのですが、まだスニーカー感が抜けません。

私は、靴紐をロー引きの紐にすることをおすすめします。

スタンスミスの紐をロー引きに変更するとビジネスシューズになる

こちらはスタンスミスですが、左がロー引きの紐です。

ビジネスシューズのように見えますね!

アディダスのカントリー黒をビジネスで履くのまとめ

当記事ではアディダスのカントリー黒をビジネスシューズとしてレビューしました。

結論は、アディダスのスニーカーの中ではビジネスシューズとして1番おすすめ

リョクシン
疲れにくく、立ちっぱなしでも問題ありません。
補足

運転もしやすいですし、外出する営業の方には最適なビジネススニーカーでしょう。

それでは記事を簡単にまとめます。

アディダスさんのカントリー黒のメリットは下記でした。

メリット
  1. 軽い
  2. 滑りにくい
  3. 細身でロングノーズ
  4. 厚底(2層式)で疲れにくい
  5. ヒールカットで運転しやすい
  6. クッション形状が台形で安定する

デメリットは下記です!

デメリット

付属の靴紐が信じられない位ほどける

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします!

もっと詳しく解説
【エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー】靴紐とデュブレが鍵!【エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー】靴紐とデュブレが鍵! アディダスのスタンスミスは過去の名品【スタンスミス黒をビジネスシューズとしてレビュー】メンズとレディースのスーツに最適!【サイズ感も紹介!】 アシックスのLYTECOURT【アシックスのLYTECOURTをレビュー】人工皮革で耐水性のあるスニーカー

コメントを残す