【エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー】靴紐とデュブレが鍵!

【エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー】靴紐とデュブレが鍵!

どーも、靴の仕事歴12年のシューフィッターの松下智博です。

今回は、NIKEさんのエアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、靴紐とデュブレが鍵を握ります。

「革靴を履きたくない」

「かっこいいビジネスシューズを履きたい」

「エアフォース1の黒をスーツとコーデできる?」

リョクシン
そんな方におすすめな記事です。

エアフォース1黒のビジネス使用シーン

実際に履いてみて「ビジネスカジュアルにおすすめ、革靴よりは疲れにくい、安定している」という感想でした。

ぜひ、参考にしてみてください!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

エアフォース1黒とは?ビジネスシューズとして許される?

エアフォース1とは、世界的スポーツメーカーのナイキの大ヒット商品!

エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー

評価項目詳細
価格¥12,100〜
サイズ22.5〜32.0cm
サイズ感革靴比較:1.0cm大きめ
普段履き比較:同じサイズ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

エアフォース1は今ではおしゃれなファッションアイテムのスニーカーです。

しかし、人気になった最初の要因はバスケットボールシューズとしてでした!

リョクシン
昔からファッションアイテムとして履かれているスニーカーの大半は元スポーツシューズなのです。
補足

ナイキの代名詞のクッション構造「エア」を1番最初に取り入れたスニーカー。

そのエアは開発された1978年では唯一無二であり、衝撃吸収が必須なバスケットボールシューズとして高く評価されます。

エアフォース1は本革でサイドマッケイなので耐久性高い

リョクシン
その他、本革アッパーとゴムの靴底を縫製(サイドマッケイ)での接着により、キャンバス地でバルカナイズド製法が主流だったバスケットボールシューズよりも高い耐久性を持っていたのも人気の理由でしょう!

名前の由来

エアフォース1の名前の由来はアメリカ大統領が乗った飛行機のコールサインからきていると言われます。

エアフォース1とは、機体名ではなく大統領が搭乗した機体につくコールサインということを靴のエアフォース1から教わりました笑

リョクシン
たぶん、知らない方多いでしょうね!
補足

ちなみに、大統領が乗ったヘリコプターはマリーン1とのことです。

ナイキのビジネスシューズに関する口コミ

エアフォース1黒をビジネスシューズにする方いますよね!

私もいけると思ってこの記事をかいてますー

コールハーンとコラボしてたんですね!

すでに在庫ないのですが、やはりそれだけナイキのビジネスシューズを求めるお声はあるということ。

ナイキはあくまでスポーツメーカーであり、これから縮小されるビジネスシューズに注力はないでしょう!

その代わりにエアフォース1の黒を履くことをおすすめします。

実際にエアフォース1をビジネスシューズとして使用している方の口コミ!

スウォッシュマーク(チェックマークのロゴ)は無くせませんが、デュブレは取れるので外すことでかなりビジネスシューズに近づきます。

リョクシン
詳しくは、次項にてご紹介!

↑目次へ戻る↑

デュブレとは

エアフォース1のデュブレ

デュブレとは、「AF1」と記載のある金具のこと。

こちらを外すことで多少ビジネスシューズ感が出てきました!

リョクシン
最後に靴紐を変更することで完全にビジネス感を出すことができます。

靴紐をロー引きへ

エアフォース1の靴紐を変えてデュブレ取り外した後に比較

左側がデュブレを外して靴紐をロー引きへ変更したもの。

右側がノーマルのエアフォース1です。

リョクシン
先ほどのコールハーンとのコラボに近づきましたし、アウトソールもブラックなのでこちらの方がビジネス感は感じるでしょう。

↑目次へ戻る↑

サイズ感・重量

エアフォース1は28.0cmで487g

エアフォース1の重量は、28.0cmで487g。

スポーツシューズの中では割と重たいのですが、ゴム素材のソールとエア構造で履き心地と安定性が高いのが特徴です。

サイズ感

エアフォース1のサイズ感

エアフォース1のサイズ感は普段履きスニーカーと同じでOK!

普段履きスニーカーとは、コンバースやアディダスなどのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。
注意

普段履きスニーカーは、リーガルなどのビジネスシューズとは全くサイズ感が異なるのでご注意ください!

例(筆者の場合):リーガルは26.5cm、ナイキは27.5cm

革靴のレビューで使用した靴下(ソックス)

リーガルやマドラスなどのビジネスシューズは、生地が薄手のビジネスソックスを使用する方が多いです。

普段履きスニーカーとのサイズ感のズレは靴下の生地の厚さも関係しますのでご注意ください!

リョクシン
筆者の場合には、ビジネスシューズより普段履きスニーカーは1.0cm大きめです。

↑目次へ戻る↑

エアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビュー!靴紐を変える!

ここからはエアフォース1黒をビジネスシューズとして詳しくレビュー。

エアフォース1をビジネスシューズとして詳しくレビュー

エアフォース1のメリットとデメリットは下記のとおり!

メリット
  1. 本革
  2. 休日も履ける
  3. すこし蒸れにくい
  4. 厚底で疲れにくい
  5. 歩行と立ち姿勢が安定
  6. カカトでしっかりフィット
デメリット

すこし重たい

詳しく見ていきましょう。

メリット

エアフォース1黒をビジネスシューズとして履いたときのメリットを見ていきます。

本革

エアフォース1は本革

エアフォース1のアッパーは本革を使用しています。

本革はメッシュ素材ほどではありませんが、通気できる素材!

リョクシン
蒸れは疲れに関係するので仕事をする上でも大事なポイントですね。

休日も履ける

 

エアフォース1黒がビジネスシューズになると休日も履けるので、下駄箱のスペースを取りません。

普段履きとビジネスシューズの二刀流で使用できます。

すこし蒸れにくい

エアフォース1黒はすこし蒸れにくい

エアフォース1黒は、つま先に通気口があるため、蒸れにくいのが特徴。

歩行による足の動き方の都合上、つま先から通気できると蒸れにくいため、つま先の通気口は大事です!

厚底で疲れにくい

エアフォース1黒は厚底

エアフォース1は厚底で疲れにくい特徴があります。

ゴム素材のクッション&靴底のため、重量感はあるもののエア構造とゴムによる弾性で疲れにくい!

リョクシン
クッション形状も崩れにくく疲れにくいので長期間履く靴として優れていますー

歩行と立ち姿勢が安定

エアフォース1黒はゴム底

エアフォース1黒の靴底はゴム素材なので、歩行と立ち姿勢が安定します。

エアフォース1黒の靴底

近年、靴底にクッション素材を使用するスニーカーが増えていますが、軽量で履きやすいものの、立ち姿勢や歩行が安定するとは言えません!

エアフォース1黒の靴底は運動に最適

リョクシン
エアフォース1は元バスケットボールシューズだけあって、止まれるとき止まって滑りたいとき滑るような靴底形状ー
補足

あまり靴底が減らないのと縫製での接着により剥がれにくいので、ダンサーの方にも評価されています。

カカトでしっかりフィット

エアフォース1はカカトでしっかりフィット

エアフォース1黒は、しっかり足にフィットする設計です。

カカト幅が狭くて脱げにくい!

エアフォース1は脱げにくい

カカトを形成するパーツを月型芯といいます!

外からは見えるものではありませんが、触ると素材感がしっかりしていることがわかりました。

リョクシン
フィッティング性において非常に大事ですー

↑目次へ戻る↑

デメリット

すこし重たい

エアフォース1は28.0cmで487g

最後にエアフォース1のデメリットですが、前述の通り重量でしょう。

フィッティング性が高いとはいえ、やはり重量感はあります。

リョクシン
展示会などの立ちっぱなしのときはエアフォース1の方が良いこともありますが、下記のスニーカーは軽量でおすすめです。
もっと詳しく解説
アディダスのスタンスミスは過去の名品【スタンスミス黒をビジネスシューズとしてレビュー】メンズとレディースのスーツに最適!【サイズ感も紹介!】

↑目次へ戻る↑

靴紐の入れ方

エアフォース1黒のビジネスとしての紐の入れ方

ここではエアフォース1黒をビジネスシューズとして履く際の紐の入れ方をご紹介!

上記の画像の靴紐はロー引きの紐でエアフォース1には付属されているものではありません。

上記からご購入をお願いします!

エアフォース1の靴紐をとる

これよりエアフォース1黒をビジネスシューズとして履く際の靴紐の入れ方を2パターン紹介します。

当たり前ですが、上記のように最初から入っている靴紐を取り外しておいてください!

リョクシン
まずは普段着でも合わせやすい靴紐の入れ方をみていきましょうー

 

STEP.1
ロー引き紐を1番下の下段のハトメに入れる
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方1番下段のハトメにロー引きの靴紐を入れます。靴紐の両端を合わせられるくらいの場所まで調整します。
STEP.2
親指側のハトメに通す
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方親指側の1番下のハトメに上から紐を通します。
STEP.2
小指側のハトメに通すエアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方小指側1番下のハトメに上から紐を通します。この時に先ほどの親指側のハトメの紐より上を通してハトメに入れてください。
STEP.3
繰り返す
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方STEP.2を繰り返す。必ず小指側のハトメに入れる方が親指側のハトメに入れる紐の上を通るように入れる。
STEP.4
ベロの穴へとおす
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方シュータン(ベロ)の部分にある穴に親指側ハトメに入れる紐をとおす
STEP.5
小指側の方はベロの穴には入れない
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方小指側のハトメに入れる方はベロの穴には通さないでそのままハトメに紐を通します。
STEP.6
下から紐を通す
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方最後に上から2番めのハトメには下から紐を通す
STEP.7
完成
エアフォース1のビジネス風の靴紐の入れ方の完成これで完成!ノーマルの紐よりビジネス感がアップします。

 

比較

エアフォース1の靴紐を変えてデュブレ取り外した後に比較

左がロー引きの靴紐です。

右はノーマルの状態!

リョクシン
デュブレがなくビジネス感が一気にアップします。
補足

上記のロー引きの紐の入れ方は、スニーカー用の入れ方です。

普段履きでも使用する方は上記の入れ方がおすすめ!

リョクシン
最後にビジネスシューズの靴紐の入れ方をしたエアフォース1黒をみていきましょう!
STEP.1
紐をすべて外します
エアフォース1黒の紐をすべて外す紐をすべて取ります。
STEP.2
3ヶ所に紐を通す
親指側の上から2番目と1番下のハトメに紐を通す親指側の1番上のハトメと1番下のハトメ2ヶ所に紐を通します。ベロの下にも通してください!
STEP.3
反対側のハトメに下から入れる
親指側のハトメに入れた紐を小指側のハトメに下から入れる親指側のハトメに入れた紐を小指側のハトメの下から通す。
STEP.4
同じ列の反対側のハトメに紐を通す
同じ列の親指側のハトメに上から通す同じ列の反対側のハトメに今度は上から紐を通す
STEP.5
繰り返す
繰り返す上まで繰り返してください。ベロの部分には初め入れた紐のみ入れてください(画像では入れ忘れました笑)
STEP.6
完成
エアフォース1のビジネスシューズ紐の入れ方完成です。ちょっと120cmでは短めなので、150cmでも良いと思います。

比較

エアフォース1黒のビジネスとしての紐の入れ方

先ほどのと比較です。

右が今回よりビジネス風な紐の入れ方!

リョクシン
お好みの方でお願いします。

疲れにくいビジネスシューズは下記の記事でもご紹介しました。

もっと詳しく解説

【コスパ抜群!】ビジネスシューズにおすすめな革靴ブランドを解説!【スニーカー含む】

ぜひ、参考にしてみてください!

↑目次へ戻る↑

スーツで実際に合わせてみた

エアフォース1黒をスーツと合わせる

実際にスーツを着てエアフォース1黒を履いてみました!

意外にあってますね!

リョクシン
意外とか言ってはいけないのですが、正直なところ撮影するまで絶対にビジネス的にダメだろうと思っていました!笑

正面から撮ったエアフォース1黒とスーツと合わせた様子

革の光沢があるので、全然ビジネス感がありますね!

エアフォース1黒とスーツのズボンのアップ

アップで撮るとこんな感じ。

エアフォース1黒で歩いた後ろ姿

歩いたときに後ろからよく見るとエアフォース1だとわかります!

エアフォース1黒はスウォッシュが見えるとわかる

ナイキのロゴが見えても遠目だとわかりません!

エアフォース1黒のアップ画像

全然わるくないですね!

リョクシン
ぜひ試してみてくださいー

↑目次へ戻る↑

エアフォース1靴のビジネスシーンでの使用感レビューをまとめます。

当記事ではエアフォース1黒をビジネスシューズとしてレビューしました。

エアフォース1黒は紐をロー引きに変更することで、ビジネスシューズとして履けます。

リョクシン
普段のビジネスシューズでご不満の方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もぜひ参考にしてみてください!

「立ち仕事用の靴をもっと知りたい」

そんな方に向けて下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

コメントを残す