【通勤快足のレビュー・口コミ・評判】アサヒシューズが開発した軽い高機能な革靴【取扱店舗も紹介!】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、革靴ブランドの通勤快足について解説。

リョクシン
結論から申し上げますと、ネーミングだけではなく履き心地の良い製品の多い革靴ブランドです。

「通勤で足が疲れる」

「おすすめの革靴ブランドが知りたい」

「疲れにくいビジネスシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

ゴアテックス採用していますが価格が高くないのでおすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

通勤快足とは?サイズ感とラインナップ、取扱店舗をご案内!

通勤快足とは、アサヒシューズが開発した革靴ブランドです。

通勤快足はアサヒシューズが開発した革靴ブランド

評価項目詳細
価格¥15,180〜28,600
※品番による
サイズ標準:24.5〜28.0cm
一部23.5cm〜あり
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
ラインナップ数19品番
通気性★★★★☆(星4つ)
※品番による
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
営業◎
立ち仕事◎

アサヒシューズは福岡県の久留米市に本社に持つ創業120年以上の靴メーカー

現在の足袋の原形となる、ゴムを足袋に貼り付ける貼付足袋を開発した会社です。

リョクシン
またアサヒシューズの前身の会社ではタイヤを製造していましたが、その後タイヤ事業のみ独立しました。
補足

独立したタイヤ事業の会社が有名なブリヂストンです。

通勤快足のSNSでの口コミと評判

通勤快足のSNSでの口コミ

そんな歴史と実績のあるアサヒシューズが開発した通勤快足は大人気

靴の履き心地は、クッション素材とフィッティング性で決まります。

リョクシン
アサヒシューズは素材を研究していたので、クッション素材には強いメーカー。
メモ

また足袋を製造していたのでフィッティング性にも熟知しています。

アサヒシューズさんは、素材とフィッティングのどちらも強い靴メーカー!

取扱店舗

通勤快足の取扱店舗

通勤快足の取扱店舗を見ていきましょう。

大手靴量販店は、数えきれないので、アサヒシューズの公式ページから見てみてください!

リョクシン
直営店を見ていきましょう。
直営店名住所
長町店宮城県仙台市太白区長町7-20-5
ララガーデン長町1階
八木橋百貨店4階埼玉県熊谷市仲町74
田園調布店東京都大田区田園調布二丁目62番4号
東急スクエアガーデンサイト2階
イトーヨーカドー
大井町店
東京都品川区大井1-3-6
銀座ファイブ店東京都中央区銀座5丁目1番
横浜六浦店神奈川県横浜市金沢区六浦南2-3-6
名鉄百貨店本店3F愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番1号
あべちか店大阪府大阪市天王寺区堀越町アベノ地下街7号
あべちか・カジュアルマート内
博多バスターミナル店福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1 地下1階
鳥栖
アウトレット店
佐賀県鳥栖市弥生が丘8-1
直営店以外の検索https://www.asahi-shoes.co.jp/shop/#search_step2

直営店以外は、公式サイトから都道府県を選択していただければ、お店がでてきます。

住所にはグーグルマップをリンクしたので、タップするとジャンプできるようにしました。

リョクシン
ぜひ、お近くに店舗がありましたら、行ってみてください!
注意
必ず電話で事前に在庫の有無を確認しましょう!

サイズ感

通勤快足のサイズ感は普段履きスニーカーより大きめ

ここからは通勤快足のサイズ感を見ていきましょう。

通勤快足のサイズ感は普段履きスニーカーと比較すると大きめ

リョクシン
普段履きスニーカーとは、ナイキやコンバースなどの一般アパレルのスニーカーです。
補足

普段履きスニーカーが27.5cmに対して26.5cmでした。

通勤快足はビジネスシューズなので薄手のビジネスソックスを履いています。

革靴のレビューで使用した靴下(ソックス)

ビジネスソックスはかなり薄手の製品が多い。

普段履きスニーカー着用のときはユニクロの定番の靴下です。

リョクシン
サイズ感の違いはソックスも関係しているでしょう。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー(ユニクロの靴下を着用)

  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス『996』 ⇒ 27.5cm
  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm(ノーマル)

革靴(薄手のビジネスソックスを着用)

  • ペダラ ⇒ 26.5cm
  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • ランウォーク ⇒ 26.5cm
  • バランスワークス ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

※ユニクロの靴下は定番モデルで厚みは普通。

ビジネスソックスでない場合には、下記になります。

普段履きと同じ靴下で革靴を履いた場合

革靴(ユニクロの靴下を着用)

  • ペダラ ⇒ 27.0cm
  • リーガル ⇒ 27.0cm
  • ランウォーク ⇒ 27.0cm
  • バランスワークス ⇒ 27.0cm
  • テクシーリュクス ⇒ 27.0cm

※ユニクロの靴下は普段履きスニーカー採寸時と同じ

ぜひ、参考にしてみてください!

リョクシン
次項から、通勤快足のラインナップをみていきましょう。

ラインナップ

通勤快足のラインナップ

ここからは、通勤快足のラインナップについて解説します。

主に3つに分かれます。

通勤快足の主なラインナップ

  • ビジネス(ブーツ含む)
  • 普段使い(ビジネスもOK)

それぞれの簡単なコンセプトは下記のとおり。

ラインナップ名詳細
ビジネス完全なビジネス向け
普段使いビジネスカジュアル
休日も履きやすいデザイン

普段使いは、レザーの質がゴツゴツしたブーツ風もあります。

その他はスムースレザーでツルツルした革でした。

リョクシン
共通するメイン機能をみていきましょう。
機能詳細
防水ゴアテックス採用。
水滴はシャットアウトし空気は通気できる素材。
撥水パラウォーターレザー採用。
特殊な樹脂加工により水が入ってきにくい。
セラミック靴底靴底にセラミック入り。
セラミックが床や地面と摩擦を起こす。
エアインソールポンプ入りのインソール。
歩くたびにつま先方向へ空気を循環。

ぜひ、参考にしてみてください!

それではビジネスから見ていきましょう。

ビジネス(ブーツ含む)

項目詳細
品番TK-3308TK-3309
画像通勤快足TK-3308通勤快足TK-3309
カラー2色(黒・茶)2色(黒・茶)
価格¥18,700〜¥18,700〜
特徴外羽根内羽根
機能平紐
撥水
防水
ゴアテックス
エアインソール
セラミック靴底
サイズ24.5〜28.0cm(3E)

ビジネスは主に靴紐タイプスリッポンローファーブーツタイプに分かれます。

上記は、靴紐タイプで1番おすすめ。

リョクシン
靴紐が1番足にフィットしますからね!

通勤快足TK-3308は平紐でほどけにくい

紐が平べったい平紐なのでほどけにくい!

足にしっかりフィットさせることができます。

リョクシン
ビジネスシューズで平紐は珍しいですね!
項目詳細
品番TK-3124TK-3126
画像通勤快足TK-3124通勤快足TK-3126
カラー1色1色
価格¥18,700〜¥18,700〜
特徴外羽根内羽根
機能撥水
防水
ゴアテックス
エアインソール
セラミック靴底
サイズ24.5〜28.0cm(3E)

スリッポンローファーは靴の脱ぎ履きが多い方におすすめ!

それ以外の方は、足にフィットしにくいので推奨しません。

リョクシン
学生さんや営業の方におすすめします!
項目詳細
品番TK-3318
画像通勤快足TK-3318
カラー1色(黒)
価格¥27,500〜
特徴ハイカット
機能撥水
防水
日本製
ゴアテックス
セラミック靴底
エアインソール
サイドファスナー
サイズ

最後にブーツタイプのTK-3318をご紹介します。

雨や雪のときに活躍するショートブーツ。

リョクシン
靴底もセラミックで滑りにくいので丁度よいですね!

通勤快足TK-3318はサイドジッパー

気になる脱ぎ履きのしやすさですが、サイドファスナーがあるので問題なし!

営業先でもスムーズに着脱することができます。

リョクシン
ハイカットやブーツの弱点がしっかりカバーされていました。

普段使い(ビジネスもOK)

項目詳細
品番TK-3247TK-3248
画像通勤快足TK-3247通勤快足TK-3248
カラー2色(黒・茶)2色(黒・茶)
価格¥18,700〜¥18,700〜
特徴外羽根内羽根
機能撥水
防水
日本製
ゴアテックス
セラミック靴底
エアインソール
サイドファスナー
サイズ24.0〜28.0cm
備考黒のみスムースレザーとシュリンクレザーあり

ビジネスも普段使いもできるビジネスカジュアル用もありました。

黒のみツルツルしたスムースレザーとブーツのようなゴツめシュリンクレザーのタイプがあります。

通勤快足TK-3247

スニーカーのような厚底のクッションです。

スニーカーと違うのは、クッションがウレタン素材なので、履き心地が長続きすること!

補足

一般的なスニーカーは、EVAというビート板に使用されるような素材を使用するため、加重がかかると潰れてしまいクッション性が低下することがあります。

リョクシン
通気快足TK-3247と3248はポリウレタンの厚底なので余計に疲れにくい!

↑目次へ戻る↑

アサヒシューズの通勤快足で1番おすすめのTK3308を徹底レビュー

ここからは通勤快足で1番おすすめするTK3308を詳しくレビュー。

通勤快足はアサヒシューズが開発した革靴ブランド

ちなみに、通勤快足TK-3308を1番おすすめする理由は、下記のとおり。

TK3308のおすすめ理由

  • 外羽根
  • モカシン
  • ゴアテックス
理由詳細
外羽根甲のサイズ調整がしやすい
モカシン指上あたりのフィッティング性
ゴアテックス通気性と防水性を兼ね備えている

それぞれ後述するのでこのまま読み進めてみてください!

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 本革
  3. 外羽根
  4. モカシン
  5. 滑りにくい
  6. ゴアテックス
  7. インソール入り
  8. 多層構造で疲れにくい
  9. インソールからも通気
  10. 最初から磨かれた加工
  11. カカトでしっかりホールド
  12. アッパーとクッションが剥がれない
デメリット
  1. 床を傷つける可能性
  • 筆者の足には合わなかった

メリット14個でデメリット1つ(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

平紐

通勤快足TK-3308は平紐でほどけにくい

通勤快足TK-3308は、平紐でした。

平紐は靴紐の中でもほどけにくいタイプ。

リョクシン
しっかりと足とフィットします。
補足

安全靴などワークシューズなど紐がほどけてはいけない靴でも平紐が主流。

理由はほどけにくいことですね!

本革で磨かれた加工

通勤快足TK-3308は磨かれた本革

通勤快足TK-3308は、本革で蒸れにくく、足に馴染みやすい。

さらに、革が磨かれた加工が最初からありました。

リョクシン
ピカピカですね!

モカシン

通勤快足TK-3308はモカシンで足にフィット

つま先に沿った形状で縫われている靴をモカシンと呼びます。

モカシンは、靴内部の空間をより楕円にするので、足にフィット。

モカはフィッティング性が高い

足にフィットさせる時点で靴内部は、楕円でないといけません。

モカシンは極端な楕円になりますので、足にフィットしやすいと思っています。

リョクシン
めっちゃ細かいポイントですが、ぜひ参考にしてみてください!

外羽根

通勤快足TK-3308は外羽根

通勤快足TK-3308は外羽根でした。

外羽根は、甲のサイズ調整がしやすいのでオススメ。

外羽根はサイズ調整がしやすい

外羽根は紐をはずすと、画像のように開くことができます。

それだけ甲のサイズ調整がしやすいということ。

内羽根とは・・・

内羽根は、紐を可動域が狭いのでサイズ調整しにくい

内羽根は画像のように開こうとしても開きません。

そのため、全く甲のサイズ調整が効かないデメリットがあります。

リョクシン
内羽根は、スリッポンやローファーと考えてもよい位に調整が効かない印象!
注意
ただし、デザインのない内羽根は式典などでは必須なので1足持っていて損はありません。

ゴアテックス

通勤快足TK-3308はゴアテックス

ゴアテックスは、画像のとおり防水なのに通気できる素材。

登山靴やマウンテンパーカーに使用されるくらいに本格的な素材です。

リョクシン
防水なのに蒸れにくいのは凄いですね!

カカトでしっかりホールド

通勤快足TK-3308はカカトでしっかりホールド

通勤快足TK-3308は、カカトでしっかりホールドできます。

カカト幅が絶妙であり、カカトを形成する素材もしっかりしていました。

通勤快足TK-3308は脱げにくい

カカトの形状がよいので足にストレスなく、留めてくれます。

そのため靴ズレしにくく歩きやすいと感じました!

リョクシン
よく歩く営業や就活生にオススメします。

アッパーまとめ

  • メリット:平紐
  • メリット:本革
  • メリット:外羽根
  • メリット:モカシン
  • メリット:ゴアテックス
  • メリット:最初から磨かれた加工
  • メリット:カカトでしっかりホールド

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

インソール入り

通勤快足TK-3308はインソール入り

通勤快足TK-3308はインソール入りでした。

このインソールただのインソールではありません。

通勤快足TK-3308のインソール裏面

裏面を見ると、なんか変な構造があることがわかります。

通勤快足のインソールはエアーポンプ形状

通勤快足TK-3308のインソールはエアーポンプ構造です。

クッションと通気性アップが可能。

リョクシン
歩くことに通気性がアップします。

通勤快足TK-3308のインソールで1番薄い部分は2.31mm

インソールの厚みで1番薄いのはつま先でした。

つま先の厚みは2.31mmです。

通勤快足TK-3308のインソールで1番厚い部分は10.40mm

1番厚みがあるのは、10.40mmです。

ポンプがある部分ですね!

リョクシン
市販のインソールと交換できるくらい厚みのあるインソール。
補足

最初から入ってるエアインソールはよいモノなので取り替えはオススメしません。

通勤快足TK-3308が疲れにくい理由

最後に通勤快足TK-3308が疲れにくい理由を解説します。

通勤快足TK-3308は、クッション構造が多層構造でした。

リョクシン
複数のクッション素材を使用することで、加重が分散されます。

クッションまとめ

  • メリット:インソール入り
  • メリット:多層構造で疲れにくい
  • メリット:インソールからも通気

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

セラミック入り靴底

通勤快足はセラミック粒子入りの靴底

通勤快足TK-3308は、セラミック入りの靴底でした。

通勤快足はセラミック粒子入りの靴底で雨と雪に強い

セラミック入りのため、雨や雪で滑りにくいです!

リョクシン
ゴアテックスで防水のため、滑りにくい機能と相性がよいですね!
補足

天候を気にせずに靴を選べるのが防水のビジネスシューズ最大のメリットでしょう!

セラミック粒子の靴底

あまりないと思いますが、フローリング的な床の建物で履くのはオススメしません。

通勤快足はセラミック粒子入りの靴底で雨と雪に強い

セラミックが床を傷つけてしまうためです!

注意
海外など屋内で靴を履くケースでは気をつけましょう!

アッパーとクッションが剥がれない

通勤快足TK-3308は靴底が一体成型で剥がれない

通勤快足TK-3308はアッパーとクッションが剥がれにくい。

ポリウレタンという樹脂素材で作られていました。

メモ

液体から一気に固体化させる製法が一体成型。

接着材に頼った製法ではなく、各パーツとの隙間がありません。

リョクシン
だから剥がれにくいんだね!

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい
  • メリット:アッパーとクッションが剥がれない

↑目次へ戻る↑

アサヒシューズの通勤快足のレビュー・口コミ・評判をまとめます!

当記事では、アサヒシューズの通勤快足をレビューしました。

通勤快足は、ゴアテックスでセラミック入りの靴底を使用したハイスペックな革靴です。

リョクシン
天候を気にせずに履ける革靴なので、持っていて損はないでしょう。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

通勤快足シリーズの中で1番おすすめは、TK-3308でした。

おすすめ理由は下記のとおり。

TK3308のおすすめ理由

  • 外羽根
  • モカシン
  • ゴアテックス
理由詳細
外羽根甲のサイズ調整がしやすい
モカシン指上あたりのフィッティング性
ゴアテックス通気性と防水性を兼ね備えている

TK-3308のメリットは14個ありました。

メリット
  1. 平紐
  2. 本革
  3. 外羽根
  4. モカシン
  5. 滑りにくい
  6. ゴアテックス
  7. インソール入り
  8. 多層構造で疲れにくい
  9. インソールからも通気
  10. 最初から磨かれた加工
  11. カカトでしっかりホールド
  12. アッパーとクッションが剥がれない

TK-3308のデメリットは1個です。

デメリット
  1. 床を傷つける可能性
  • 筆者の足には合わなかった

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと他のおすすめビジネスシューズも見てみたい」

そんな方におすすめの革靴ブランドと商品を解説しました。

もっと詳しく解説

【コスパ抜群!】ビジネスシューズにおすすめな革靴ブランドを解説!【スニーカー含む】

コメントを残す