【ハイグリップH-715Nをレビュー】マジックテープ1枚の滑りにくいスニーカー

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ハイグリップH-715Nをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、脱ぎ履きが楽で滑りにくいスニーカーです。

「清掃で滑りにくい靴がほしい」

「脱ぎ履きが楽なスニーカーを探している」

「排水溝の上でも滑りにくい作業靴ってないの?」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

清掃やビルメンテナンスにおすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ハイグリップH-715Nとは?重量とサイズ感をご案内!

ハイグリップH-715Nとは、ミドリ安全が開発した滑りにくいスニーカーです。

ミドリ安全は、ワークシューズのトップメーカー。

靴だけじゃなく、仕事環境には欠かせない製品を開発している会社さんです。

評価項目詳細
価格¥3,240〜(通販による)
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
カラー展開2色
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
蒸れにくさ★★☆☆☆(星2つ)
防水性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境清掃・ビルメンテナンス

ミドリ安全は、滑りにくい靴をハイグリップというブランドで展開しています。

ハイグリップH-715Nは、その中でもマジックテープ1枚で脱ぎ履きラクラクな製品。

つま先方面に、通気口が少ないので、清掃関係におすすめしています。

リョクシン
実際に、新幹線の清掃やビルメンテナンス業者さんが履いているのをよく目にしますね。

マジックテープの表面も、ポリウレタンなので、汚れた水などを吸収しません。

消毒シートで拭くことで、衛生面にもすぐれます。

脱ぐ時に、あまりベタベタ触らなくて良いのでが清掃向けだと思いました。

重量

ハイグリップH-715Nの重量は、26.5cmで303gでした。

軽いですね。

滑りにくい靴は、靴底に重量のあるゴム素材を多く使用します。

リョクシン
そのため、通常は重くなりがち

しかし、ハイグリップH-715Nは軽いので驚きました。

女性も問題なく履けると思います。

サイズ感

ハイグリップH-715Nのサイズ感は、大きめ

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して、26.5cmでした。
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴

  • ウィンジョブ ⇒ 27.0cm
  • 軽技KA211 ⇒ 27.0cm

清掃・ビルメン向けの靴

  • ハイグリップULH-716 ⇒ 26.5cm
  • ハイグリップH-715N   ⇒ 26.5cm or 27.0cmも可
  • ハイグリップH-715N   ⇒ 26.5cm
  • ハイグリップH-710N   ⇒ 26.5cm
  • ハイグリップH-711N   ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

靴下による部分もありますがこんな感じでした。

普段履きスニーカーと比較して最低でも0.5cmは小さめを選ぶことをおすすめします。

ミドリ安全のハイグリップ H-715Nを詳しくレビュー

ここからは、ハイグリップH-715Nを詳しくレビューします。

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽量
  2. 通気口が少ない
  3. マジックテープ1枚
  4. 折り返し部分に補強がある
  5. トーアップ
  6. インソール入り
  7. クッション性が長続き
  8. 滑りにくい靴底
  9. 排水溝でも滑りにくい
  10. 全方向にすこしずつ滑りにくい
デメリット

すこし蒸れやすい

メリットとデメリットをパーツ別にみていきます。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから解説します。

詳しくみていきましょう!

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

マジックテープ1枚

マジックテープ1枚でサイズ調整します。

1枚と言っても画像のとおり、割と広め。

通常、マジックテープ1枚ですとフィッティング性が低くなりますが、ここまで広いとデメリットを改善していると感じました。

リョクシン
脱ぎ履きもラクラクです。

折り返しに補強がある

マジックテープの折り返し部分がしっかり補強されていました。

補強部分から破れてしまうことを防ぐ仕様です。

安いスニーカーはこの辺りが雑ですぐに破損してしまいました。

リョクシン
ハイグリップH-715は、安いのに補強されています。

通気口が少ない

つま先部分に通気口が少ないです。

そのため、ちょっと濡れただけでは、靴の中まで水の侵入がしにくい。

清掃やビルメンテナンスに最適ですね。

リョクシン
通気口も全くない訳じゃないので、多少は通気性あります!

アッパーまとめ

  • メリット:軽量
  • メリット:通気口が少ない
  • メリット:マジックテープ1枚
  • メリット:折り返し部分に補強がある
  • デメリット:すこし蒸れやすい

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲労履き心地に関係します。

動きやすく疲れにくい

ハイグリップH-715Nのクッション素材の厚みは、厚くもなく薄くもない印象

厚みがあると厚底といって、衝撃吸収にすぐれます。

薄いと薄底といい、動きやすくなるのですが、ハイグリップH-715Nはその中間くらい。

リョクシン
立ち作業もあれば、細かい動きの多い方にもおすすめします。

クッション性が長続き

クッション素材は、履き心地が持続するように感じました。

クッション素材はEVAという配合によって機能が大きく変わる種類の素材です。

ミドリ安全によって考えられた、履き心地が長続きする配合でした。

リョクシン
しかも、汚れが落ちやすいような表面加工もあります!

インソール入り

ハイグリップH-715Nは、2019年よりインソール仕様に変更しました。

安い作業靴って紙みたいなインソールが入っていることもあります。

しかし、ハイグリップH-715Nは違いました。

しっかり厚みのある素材です。

クッションの裏側は通気口もあり蒸れを防止。

安い製品とは、思えませんね。

クッションまとめ

  • メリット:インソール入り
  • メリット:クッション性が長続き

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに関係します。

靴底

ハイグリップH-715Nの靴底は、水や油など液体で滑りにくい

靴底の溝(みぞ)が、水や油をかき出すので、床との摩擦が増えて滑りにくくなります。

この靴底のすごいところは、全方向にすこしずつ滑りんくいこと。

リョクシン
通常の靴底はタテ方向だけですね。

清掃やビルメンテナンスは、ヨコや斜めでも滑りにくい必要があります。

また、「すこし滑りにくい」の「すこし」も重要。

液体で滑りにくい靴底は、床との摩擦を起こします。

しかし、オフィスなどカーペット的な床と摩擦は、床へのダメージがありました。

さらに、靴底の溝がカーペットに、ひっかかり転倒する可能性もあります。

リョクシン
カーペットと液体では、滑りにくさを出すメカニズムが異なる訳ですね。

ハイグリップH-715Nの靴底は、「すこし」滑りにくいのでちょうど良いです。

カーペット上でも走らなければ、滑る可能性は低いでしょう。

排水溝でも滑りにくい

排水溝の形状などにもよりますが、排水溝でも滑りにくいです。

もの凄い滑りにくい訳ではありません。

しかし、滑りにくい靴の中でも、排水溝に対応した製品は数少ないです。

リョクシン
清掃やビルメンテナンスでも排水溝の上は歩くと思いますので、おすすめ!

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい靴底
  • メリット:排水溝でも滑りにくい
  • メリット:全方向にすこしずつ滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のハイグリップH-715Nのレビューをまとめます。

当記事ではミドリ安全のハイグリップH-715Nをレビューしました。

ミドリ安全は、ワークシューズのトップメーカー。

滑りにくい靴をハイグリップというブランドで展開しています。

リョクシン
ハイグリップH-715Nは、清掃やビルメンテナンス向けスニーカー。

脱ぎ履きしやすいマジックテープと滑りにくい靴底で快適です。

クッション部分は汚れが落ちやすい加工もありました。

履き心地も持続するので、長期間のご使用にも向いています。

リョクシン
すべての清掃・ビルメンテナンスの方におすすめでしょう!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ハイグリップH-715Nのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽量
  2. 通気口が少ない
  3. マジックテープ1枚
  4. 折り返し部分に補強がある
  5. トーアップ
  6. インソール入り
  7. クッション性が長続き
  8. 滑りにくい靴底
  9. 排水溝でも滑りにくい
  10. 全方向にすこしずつ滑りにくい

デメリットは1つです。

デメリット

すこし蒸れやすい

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと清掃関係のワークシューズを知りたい」

そんな方に向けて清掃向けの靴を解説しました。

もっと詳しく解説
【清掃員さんにおすすめな靴を紹介!】滑りにくいし濡れにくいシューズ【ビルメンテナンスもOK】

「他の作業靴から最適な靴を探したい」

そんな方に向けて様々な市場のワークシューズを解説しました。

リョクシン
清掃の靴は、専用シューズがないので、他市場の靴も参考になると思います。
もっと詳しく解説
【ワークシューズのおすすめ品を徹底解説】 職種別にメンズ・レディース製品をご紹介! 土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅!

↑どちらでも内容は同じなので、大丈夫です。

「ワークシューズではなく、疲れにくい靴を探したい」

そんな方に向けて疲れにくい靴を解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 【レディースの立ち仕事でも疲れない靴をレビュー】スニーカーから作業用の靴までジャンル別に紹介! 立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説! 立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】 立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】 立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】

お時間ございましたらよろしくお願いします。

コメントを残す