【ファイングリップシューズCB400をレビュー】ワークマンで人気の厨房&マタニティーシューズ

こんな方に読んでほしい

  • ファイングリップCB400について知りたい方
  • 滑りにくいスニーカーがほしい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
今回は、ワークマンのファイングリップCB400について解説しました。

シンコーちゃん

結論から申し上げますと、滑りにくいスリッポンです。

コックシューズとしては、状況によっては微妙な気がしました。

「雨の日にスニーカーで出歩きたい」

「長靴は重くて履きたくない」

「滑りにくいスニーカーを探している」

「おしゃれなコックシューズがほしい」

そんな方におすすめするコックシューズです。

リョクシン

実際に履いてみて、「軽い、長靴より滑りにくい、凍結路面では滑る、コックシューズには見えない」という感想を持ちました。

安いですし雨の日用で1足は持っておきたいところですね。

 



↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

もっと詳しく解説
シェフメイトプレミアムP-100の全体像【シェフメイトプレミアムα-100Pをレビュー】コックシューズ兼おしゃれスニーカー!!

ワークマンのファイングリップCB400とは?サイズ感を解説。

ファイングリップCB400は、ワークマンが開発したスリッポンです。

キッチンの水や油でも滑りにくいコックシューズをモチーフに開発しました。

それが妊婦さんやレインシューズとして効果的と話題になり大人気に!

リョクシン

ワークマン人気のきっかけになった商品ですね。

評価項目詳細
価格¥1,900
サイズ22.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
コックシューズ比較:同じくらい推奨
カラー展開
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◎
食品工場×
給食×
ラーメン×→湯切りによる
※粉モノは滑る

たしかに、ワークマンのファイングリップシューズって今までに無いスニーカーでした。

まず、靴底の話ですが、市場にあるスニーカーはスポーツシューズにルーツを持ちます。

スポーツシューズの靴底の特徴は、「滑りたい時に滑り、止まりたい時に止まる」。

滑りにくさに特化しているわけではありません。

上手いこと、手が届かないところにワークマンが気がついたんだね。

シンコーちゃん

さらに、雨用のスニーカーで価格も¥1,900で安い

それが人気に拍車をかけたのでしょう。

アウトドアメーカーも雨対策の靴を発売していますが、かなり高いので需要が限られていました。

 

ファイングリップCB400のサイズ感を解説

ファイングリップCB400を履いて感じたサイズ感は、下記になります。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:0.5cm小さめ推奨

他コックシューズとの比較 : 同じサイズ推奨

ハイグリップとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアシックスなどのスポーツシューズです。

ファイングリップCB400は、コックシューズを参考にしている分、大きめのサイズ感。

参考までに筆者の靴のサイズ一覧をご案内します。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全(ハイグリップ)⇒ 26.5cm
  • シェフメイト・ハイパーVなど他⇒ 27.0cm

ファイングリップCB400は、27.0cmでした。

ただし、足の指で親指が1番長い方は、0.5cm大きめを選びましょう。

ファイングリップCB400は、中指が1番長い人向けの形状となっていました。




↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

↑目次へ戻る↑

ワークマンのファイングリップCB400をレビューします。パーツ別に解説。

ここからはワークマンのファイングリップCB400をレビューします。

リョクシン

ファイングリップCB400を履いて感じたメリットとデメリットが下記になります。
メリット
  1. 通気口がないので、すこしの雨ならOK
  2. サイドゴアでフィッティング
  3. 見た目がコックシューズぽくない
  4. インソールが意外とよい
  5. 滑りにくい靴底
デメリット
  1. 通気口がないので蒸れる
  2. クッション素材が白いので汚れやすい
  3. 凍結路面では滑る

メリットとデメリットの一覧ではわかりにくいので、画像をたくさん使ってパーツ別に解説します。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについては理解できました。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは次項からは、メリットとデメリットに触れながらパーツ別に、ファイングリップCB400を解説します。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずはアッパーについて見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性耐久性が求められるパーツです。

ファイングリップCB400は、コックシューズをモチーフにしているので、通気口がありません。

そのため、蒸れやすいものの多少の雨なら防げます。

サイドゴアでフィッティングアップ

雨対策のレインシューズの中には、まったくフィッティング性が向上する部位がありません。

お風呂掃除の靴みたいなレインシューズがあるのです。

ファイングリップシューズは、サイドゴアがありしっかりフィットしました。

カカト素材もフィットする

アッパーのカカト部分もしっかりフィットする素材を使用していました。

雨対策のスニーカーは、裏に布がないので、靴下とフィットしない製品があります。

カカトで足にフィットしないと脱げてしまったり疲れやすくなるので注意!

アッパーまとめ

  • メリット①:通気口がないので、すこしの雨ならOK
  • メリット②:サイドゴアでフィッティング
  • メリット③:見た目がコックシューズぽくない
  • デメリット①:通気口がないので蒸れる

¥1,900でアッパーがここまで機能性が高いのはあまりありません。




↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性に大きく関係します。


ファイングリップCB400のクッション素材は、EVAという素材。

軽くてクッション性のある素材で、多くのスニーカーでよく使われています。

クッション素材が白色なので、コックシューズぽくないですね。

それが見た目をよくしてる反面、コックシューズとしては汚れやすいので、キッチンには向かないかもしれません。

フロアであれば、そこまで汚れないので、問題ないかなと。

インソール入り

インソールもおしゃれでマリンボーダー柄でした。

裏面を見ると分かるのですが、通気口があり蒸れにくい。

歩くたびに多少ですが、通気してくれました。

¥1,900でこのインソールは素敵ですね。

クッションまとめ

  • デメリット②:クッション素材が白いので汚れやすい
  • メリット④:インソールが意外とよい




↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係するパーツです。

ファイングリップCB400は、コックシューズをモチーフにした製品。

飲食店のキッチンで使用しても滑りにくい靴底でした。

そのため、雨の日も滑りにくくて大活躍するわけですね。

しかし気をつけないといけないのが、凍結した路面は滑ります。

コックシューズの滑りに強いのが、あくまで液体に対する滑りにくさ。

凍結した路面と滑りにくさの出し方が変わってきます。

靴底まとめ

  • メリット⑤:滑りにくい靴底
  • デメリット③:凍結路面では滑る




↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:ファイングリップCB400のレビューをまとめます。

当記事では、ファイングリップCB400について解説しました。

ファイングリップCB400は、ワークマンが開発したスリッポンです。

コックシューズをモチーフにしているので、雨の日でも大活躍。

通気口がないことと水や油など液体に対する滑りにくい強い特徴がありました。

長靴は重たくて履けないという方におすすめ!

それでは、簡単に記事をまとめます。

ファイングリップCB400を履いて感じたメリットは、5つありました。

メリット
  1. 通気口がないので、すこしの雨ならOK
  2. サイドゴアでフィッティング
  3. 見た目がコックシューズぽくない
  4. インソールが意外とよい
  5. 滑りにくい靴底

デメリットは、3つになります。

デメリット
  1. 通気口がないので蒸れる
  2. クッション素材が白いので汚れやすい
  3. 凍結路面では滑る




↓履き心地を求める方は、下記もおすすめ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

「コックシューズ以外で疲れにくいスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けて、立ち仕事でも疲れにくい靴を解説しました。

もっと詳しく解説

よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です