【ミドリ安全のハイグリップH-700Nのレビュー】取扱店とサイズ感、口コミを紹介します。

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ハイグリップH-700Nについて解説しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、コスパ抜群のコックシューズです。

「排水溝で滑りにくいコックシューズがほしい」

「コックシューズ市場で一番売れているコックシューズがほしい」

「大手外食チェーン店で採用されている実績のあるコックシューズを履きたい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

ハイグリップH-700Nを履いてレビューします

実際に履いてみて「排水溝でも滑りにくい、コスパ抜群、見た目が安い製品とは思えない」と効果を実感しました。

飲食店で働くことが決まった方で、どのコックシューズを購入したら良いか分からない方におすすめします!

サイズ感

ハイグリップH-700Nは普段履きスニーカーと比較して大きめ。

普段履きスニーカーとは、ニューバランスやプーマのこと。

普段履きスニーカーが27.5cmに対して26.5cmでした。

他のコックシューズを見たい方はこちら

ハイグリップH-700Nとは?サイズ感や口コミをご紹介!

ハイグリップH-700Nは、ミドリ安全の開発したコックシューズです。

ハイグリップH-700Nはミドリ安全が開発したコックシューズ

評価項目詳細
価格¥6,619~1,514
サイズ 21.0~31.0cm
サイズ感大きめ。1サイズ小さめ推奨。
カラー展開白・黒
ピンク
ブルー
グリーン
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる

ミドリ安全は、コックシューズで市場シェアナンバー1

ホームセンターなどのお店で販売することが少ないイメージです。

メモ

ミドリ安全さんは、販売店ではなくユーザーへ直接販売するメーカー。

リョクシン
ホームセンターやワークマンなど店頭にはあまり並びません。

インスタでも紹介しました!

ハイグリップH-700Nをインスタグラムでもご紹介!

ハイグリップH-700Nは、ミドリ安全のラインナップの中でも1番売れているコックシューズ。

その理由は、食品工場やチェーン店で制服として採用されているからでしょう。

リョクシン
店頭販売よりもBtoBの方が需要が多いのがワークシューズの特徴です。

サイズ感

ハイグリップH-700Nのサイズ感は大きめ

ハイグリップH-700Nのサイズ感は大きめ。

アディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーのサイズが27.5cmのところ、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • コンバース ⇒ 27.5cm
  • オールバーズ ⇒ 27.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm
  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ

  • JCM ⇒ 27.0cm
  • ハイパーV ⇒ 27.0cm
  • シェフメイト ⇒ 27.0cm
  • ハイグリップ ⇒ 26.5cm
  • クッキングメイト ⇒ 27.5cm

靴のジャンルやメーカーによってサイズ感は変わります。

ぜひ、上記を参考にして選んでみてください!

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-700Nのレビューをパーツ別に解説。

ここからはハイグリップH-700Nを詳しくレビューします。

ハイグリップH-700Nを詳しくレビュー

そんなハイグリップH-700Nを履いて感じたメリットデメリットは、下記になります。

メリット
  1. コスパ抜群
  2. 月型芯の硬度がよい
  3. 排水溝でも滑りにくい
  4. キレイなアッパー素材
  5. 甲ゴムの質が良くキレイ
  6. EVAの中でもつぶれにくいクッション
デメリット
  1. 履き心地がすこし硬い
  2. 滑りにくさに特化していない

メリットとデメリットを詳しく解説します。

各パーツ毎にレビューしました。

メモ
靴は3つのパーツに分けることが可能。
リョクシン
下記になります。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツの内訳を図解しました。

靴はアッパーとクッション、靴底の3つのパーツがある

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーは通気性とフィッティング性がわかる

アッパーは、足を覆うパーツです。

通気性や足へのフィッティング性に大きく関係。

リョクシン
コックシューズの場合には、消毒液や洗剤への耐久性、やけど対策が求められます。

マットな質感

ハイグリップH-700Nのアッパーはマットな質感でカッコイイ

ハイグリップH-700Nのアッパーについて見ていきましょう。

ハイグリップH-700Nのアッパーは他のコックシューズと違い、ツヤ感がありません。

補足

マッドな質感でツヤツヤしていないのがミドリ安全のコックシューズの特徴です。

リョクシン
確かに飲食店のユニフォームには、マッドな方が合いますね!

ハイグリップH-700Nは細かい仕様が綺麗

完成度は高く感じます。

ミドリ安全の製品は、基本的にディテールが丁寧。

リョクシン
法人で採用されている理由はココですね!

甲ゴム

ハイグリップH-700Nは甲ゴムが綺麗

足の甲の部分のアッパーをめくると甲ゴムというパーツが出てきます。

靴ヒモやマジックテープがないコックシューズでは足へのフィッティング性を高めるのに重要。

リョクシン
この甲ゴムが本当に質がよいし綺麗です。

甲ゴムはほつれやすい

上記の画像は、他社製品になります。

糸が「ほつれている」のわかりますか?

メモ

ミドリ安全のコックシューズは問題なし!

リョクシン
甲ゴムの糸のほつれは、カビや異物混入にも関係するので避けたいところです。

月型芯

ハイグリップH-700Nの月型芯は素材が良い

ミドリ安全のアッパーのディテールの高さですごいのは、月型芯の素材感です。

月型芯は、カカトのフィット感や安定性に関係。

補足

アッパーの中に入っているため画像ではわかりません。

リョクシン
カカト部分を押すと硬いのが、月型芯です。

丁寧に作られている

ハイグリップH-700Nは丁寧に製造されている

アッパーはこうして上から見ても本当にディテールが綺麗。

ベトナムやミャンマーで生産しているようです。

リョクシン
自社工場なのか委託工場なのか不明ですが、しっかり品質管理が徹底していることは明らかでしょう。

アッパーまとめ

  • メリット:キレイなアッパー素材
  • メリット:甲ゴムの質が良くキレイ
  • メリット:月型芯の硬度がよい

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションは履き心地がわかる

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツです。

基本的には、地面に接地しません。

メモ

地面に接地するパーツは靴底!

リョクシン
履き心地クッション性に大きく関係します。

クッションはEVA素材

ハイグリップH-700Nのクッション素材はEVA

ハイグリップH-700Nのクッションについて見ていきます。

ハイグリップH-700Nのクッション素材は、EVAという素材。

補足

EVAはプールで使用されるビート板に使用されています。

軽量でクッション性のある素材。

リョクシン
コックシューズに限らず、スニーカーでは超一般的に使われています。

クッション効果が長続き

ハイグリップH-700Nはクッション効果が長続き

EVAの特徴は、素材の配合によって機能が大きく変わること。

ハイグリップH-700Nはクッション効果を長続きさせる硬めな印象でした。

リョクシン
もしかしたら、この硬さがストレスな方もいるかもしれません。

インソール入り

ハイグリップH-700Nはインソール入り

ハイグリップH-700Nはインソール入り。

クッション素材自体は硬めでしたが、インソールは違いました。

リョクシン
インソールは柔らかいEVAでした。
補足

硬さの違う素材をクッションに用いることで履き心地がアップする効果があります。

ハイグリップH-700Nのインソールは通気口がある

インソールの裏面はこんな感じ。

通気口があり靴内部の換気をうながします。

リョクシン
多少ですが、通気性アップ!

クッションの側面が汚れにくい

ハイグリップH-700Nのクッションの側面が汚れにくい

ハイグリップH-700NのEVAクッションは、汚れの取れやすい。

一般的なEVA素材のクッションの表面には、微細な穴があります。

補足

ハイグリップH-700Nは、微細な穴がなく、ツルツルで汚れにくい。

リョクシン
そのため汚れても、汚れが落としやすいです!

汚れやすいクッションのコックシューズ

これは他社の別の製品なのですが、クッションに溝がありました。

ただでさえ、EVAは汚れやすいのにも関わらず、さらに溝があると汚れやすくなります。

メモ

ハイグリップH-700Nは、溝もなければ、微細な穴もありません。

リョクシン
汚れが取れやすい加工になっていました。

クッションまとめ

  • メリット:EVAの中でもつぶれにくいクッション
  • メリット:汚れが取れやすいクッション
  • デメリット:履き心地がすこし硬い

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底は、滑りにくさがわかる

最後に靴底について解説します。

靴底は地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに大きく関係します。

多機能な靴底

ハイグリップH-700Nは多機能な靴底

ハイグリップH-700Nの靴底を見ていきましょう。

滑りにくさはもの凄い高いわけではありません。

リョクシン
しかし、いろんな機能が詰まった靴底ではありました。

排水溝の上で活躍

ハイグリップH-700Nは排水溝の上でも滑りにくい

ハイグリップH-700Nの靴底は、排水溝の上でも活躍

一般的なコックシューズよりも、排水溝で靴底が、「かけにくい」という機能がありました。

注意

排水溝の形状の相性が悪いと、滑ったり靴底が欠けることもあるので注意が必要。

リョクシン
排水溝にも種類はありますからね!

スリップサイン

ハイグリップH-700Nの靴底はスリップサイン入り

またハイグリップH-700Nには、スリップサインがあります。

スリップサインとは、「ここまで靴底がすり減ったら買い換えてください」っという交換目安。

リョクシン
車のタイヤにもありますね。

あくまで目安・・・

スリップサインはあくまで目安

しかし、私の個人の意見として、スリップサインには反対ですね。

スリップサインの買い替え目安の設定が、「え、ここまですり減っても大丈夫?」という感想を持ちました。

注意
スリップサインを参考に買い換えることはおすすめしません。
リョクシン
スリップサインではない部分での転倒事故の対策をしましょう。

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-700Nの口コミ・レビューをまとめます!

当記事では、ミドリ安全のハイグリップH-700Nについて解説しました。

ミドリ安全は、コックシューズ市場ナンバー1メーカー。

リョクシン
ミドリ安全には、コックシューズのラインナップが多数あります。
メモ

ミドリ安全の中でも一番売れている製品がハイグリップH-700N(筆者の目視)。

しかし、それだけ外食チェーン店で履かれている実績のある製品であることは確実。

リョクシン
どのコックシューズを買って良いかわからない方におすすめします。

それでは簡単に記事をまとめます。

ハイグリップH-700Nのメリットは、7つありました。

メリット
  1. コスパ抜群
  2. キレイなアッパー素材
  3. 甲ゴムの質が良くキレイ
  4. 月型芯の硬度がよい
  5. EVAの中でもつぶれにくいクッション
  6. 汚れが取れやすいクッション
  7. 排水溝でも滑りにくい

デメリットは2つです。

デメリット
  1. 履き心地がすこし硬い
  2. 滑りにくさに特化していない

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です