ABCマートにコックシューズは売っている?【お取扱い製品紹介】

ABCマートにコックシューズは売っている?【お取扱い製品紹介】

どーも、靴の仕事歴12年でシューフィッターの松下智博(@Kitchen_sneaker)です!

今回は、ABCマートコックシューズが販売されているかを見ていきましょう。

リョクシン
結論から申し上げますと、通販では確実に売っています!

しかもホーキンスブランドで展開がありました。

ぜひ、当記事を参考にしてみてください!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーでコックシューズを全国の食品工場や外食チェーン店へ営業してきました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線からコックシューズをレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ABCマートの通販に売っているコックシューズとは?

ABCマートで超意外なのですが、通販でコックシューズを売っていました!

ABCマートはホーキンスブランドでコックシューズを展開

しかも、ABCマートさんの主力ブランドのホーキンスで展開。

ロゴが良い感じですね!

リョクシン
筆者もABCマートさんでアルバイトしてましたが、確かに数ヶ月に一回くらい厨房シューズや安全靴の取り扱いって聞かれるんですよねー

取り扱い製品

  • ホーキンス「プロキッチン」(クロックス型)
  • ホーキンス「プロキッチン」完全オリジナル
  • クロックス「ビストロクロックス」

上記の3アイテムです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

ホーキンス「プロキッチン」(クロックス型)

ABCマートのホーキンスのコックシューズ

評価項目詳細
価格¥4,290(税込)〜
サイズ22.0〜28.0cm(0.5のハーフサイズなし)
+29.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめを選ぶ
通気性★☆☆☆☆(星1つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)

ホーキンスのクロックス型のコックシューズです。

とても軽くて履きやすい印象!

リョクシン
詳しい機能は下記のとおりです。

機能一覧

機能説明
ABCマートのホーキンスのクロックス型のコックシューズの重量は27.0cmで309g重量ホーキンスのプロキッチンのクロックス型ですが、27.0cmで309gでした。
軽くて履きやすいです。
ABCマートのホーキンスのクロックス型のコックシューズは滑りにくい

滑りにくい

ホーキンスのプロキッチンのクロックス型の靴底はゴム素材。
そのゴムの形状も溝があり滑りにくい特徴がしっかりありました。
ABCマートのホーキンスのクロックス型のコックシューズは耐油

耐油素材

靴底の素材は、油に対する耐久性を持った耐油素材。ゴムは単体では油への耐久性がありません。
ニトリルを含ませるなどすることで耐油性をもつことは可能。
耐油性がないと靴底が変形します。
また床を汚しにくいノンマーキングの靴底。
ABCマートのホーキンスのクロックス型のコックシューズはインソール取り外せる

インソール取り外せる

ホーキンスのコックシューズのプロキッチンは、インソールを取り外せます。インソールを取ると丸洗いが可能です。
インソールは抗菌防臭で衛生的!
ABCマートのホーキンスのクロックス型のコックシューズは着地が安定

着地が安定

ホーキンスのコックシューズは着地が安定する形状でした。

かなり高機能ですね!

何より履き心地がビストロクロックスと遜色ないようにも感じました。

リョクシン
靴本体の設計も良い感じです!

サイズ感

ホーキンスのクロックス型のコックシューズのサイズ感は、0.5cm小さめ

ホーキンスのクロックス型のプロキッチンのサイズ感は、すこし大きめ

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmを選びました。

↑目次へ戻る↑

ホーキンス「プロキッチン」完全オリジナル

ABCマートのホーキンスのコックシューズをレビュー

評価項目詳細
価格¥5,390(税込)〜
サイズ24.5〜29.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめを選ぶ
通気性★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)

ホーキンスから他社にはない感じのコックシューズも展開していました。

細身で割と見た目は良いと思います。

リョクシン
カカトを踏んで履くことができました!

機能一覧

機能説明
ABCマートのホーキンスのコックシューズの重量は27.0cmで213g

重量

ホーキンスのプロキッチンのクロックス型ですが、27.0cmで213gでした。
クロックス型よりも軽くて履きやすいです。
 

ABCマートのホーキンスのコックシューズのインソールは消臭抗菌

インソールは抗菌防臭

ホーキンスのプロキッチンは、インソールが取り外せます。
インソールは抗菌防臭で衛生的!
ABCマートのホーキンスのコックシューズはトーアップで歩きやすい

トーアップで歩きやすい

ホーキンスのプロキッチンは、つま先がつり上がっています。
この形状はトーアップといい歩行がスムーズになる他、つまずきを防止します。
ABCマートのホーキンスのコックシューズは4cm防水

厚底で4cm防水

ホーキンスのコックシューズのプロキッチンは、厚底のため、疲れにくく地面から4cmは防水機能を持っています。
ABCマートのホーキンスのコックシューズは靴底が剥がれない

靴底が剥がれない

ホーキンスのコックシューズはクッションと靴底が一体型のため、靴底が剥がれません。

先ほどのホーキンスのクロックス型の方が滑りにくいと思います。

ただし、靴底が剥がれたりする可能性はこちらのオリジナル型の方がありません。

リョクシン
脱ぎ履きが多い方はクロックス型でしょうね!

サイズ感

ABCマートのホーキンスのコックシューズのサイズ感は細身

ホーキンスのプロキッチンは、細身で足にフィットする設計でした。

そのため、普段履きスニーカーと同じサイズで大丈夫です。

リョクシン
ナイキやアディダスなどのスニーカーと同じサイズで問題ないでしょう!
補足

普段履きスニーカーが27.5cmのところ27.0cmでジャストフィットでした。

普段のルーズなフィットに慣れている方は、普段履きスニーカーと同じで良いと思います。

ただ本来は、ジャストフィットの方が良いですね!

↑目次へ戻る↑

クロックス「ビストロクロックス」

ビストロクロックス

評価項目詳細
価格¥6,050(税込)〜
サイズ22.0〜29.0cm(ハーフサイズなし)
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめを選ぶ
通気性★☆☆☆☆(星1つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)

サンダルの世界的メーカークロックスもコックシューズ(ビストロクロックス)を展開しています。

クロックスの履き心地はそのままに靴底に滑りにくい素材を使用していました。

リョクシン
ホーキンスと比べてバックバンドがあるので、キッチンの他、よく歩く方におすすめします。

サイズ感

ビストロクロックスのサイズ感は少し大きめ

ビストロクロックスのサイズ感はすこし大きめ

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較してます。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。

もっとビストロクロックスについて知りたい方は下記の記事から確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ビストロクロックスをレビュー】洗えて衛生的な飲食店向けのクロックス!

↑目次へ戻る↑

ABCマートの通販に売っているコックシューズの紹介まとめ

当記事では、ABCマートで販売しているコックシューズについて紹介しました。

ホーキンスから2品番とビストロクロックスの3品番を展開。

リョクシン
どれも履き心地は良いと思いましたので、ぜひ気になった商品を試してみてください。

それでは簡単に記事をまとめます。

ABCマートに販売しているコックシューズは下記のとおり。

取り扱い製品

  • ホーキンス「プロキッチン」(クロックス型)
  • ホーキンス「プロキッチン」完全オリジナル
  • クロックス「ビストロクロックス」

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「コックシューズについてもっと知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

お時間ございましたら見てみてください。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。