【コナグリップCG-700をレビュー】実績のある粉対策のコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • コナグリップCG-700について知りたい方
  • 粉で滑って困る方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
今回は、コナグリップCG-700について解説します。

シンコーちゃん

結論から申し上げますと、粉で滑りにくいコックシューズ。

水や油での滑りには対応していません。

「粉で滑りにくいコックシューズを探している」

「市販のコックシューズではどうも滑る」

「粉対策のコックシューズ購入したけど、すぐに靴底がすり減る」

「実績のある粉対策のコックシューズについてしりたい」

そんな方におすすめなコックシューズです。

リョクシン

実際に履いてみて「粉で滑りにくい、すり減りにくい、細かいディテールが綺麗」という感想を持ちました。

パン屋さんや和菓子店さん、製麺所さんなど粉で滑って困るという方におすすめします。

 

コナグリップCG-700とは?サイズ感と取扱い店を紹介

コナグリップCG-700とは、ミドリ安全の開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でトップメーカー。

コックシューズのラインナップがたくさんあります。

評価項目詳細
価格¥5,940~
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履きとの比較:1.0cm小さめを選ぶ
コックシューズとの比較:0.5cm小さめを選ぶ
カラー展開
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境粉で滑る場所

ミドリ安全は、コックシューズをハイグリップシリーズとして発売しています。

コナグリップCG-700は、ハイグリップシリーズの中でも特殊な環境に向けた製品。

通常のコックシューズは、水や油など液体での滑りにくさに強いのに対して、粉グリップは、粉など細かい固体に対して滑りにくさを発揮します。

リョクシン

大手の製菓工場で働いている友人がいますが、こちらのコナグリップCG-700を使用しているとのこと。

粉対応はまだまだ市場に少ない製品で、現場は満足しているかと言えば、そうでもなさそうです。

しかし、市販のコックシューズよりは粉対策になっていますのでおすすめ!

販売は、amazonと楽天の通販のみですね。

 

コナグリップCG-700のサイズ感について

コナグリップCG-700のサイズ感について見ていきましょう。

私が履いて感じたサイズ感です。

サイズ感

普段履きスニーカーと比較 : 1.0cm小さめ推奨

他コックシューズと比較 : 0.5cm小さめ推奨

ハイグリップと比較 : 同じサイズ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアシックスなどのABCマートに売っているようなスニーカー。

他コックシューズとは、シェフメイトやハイパーVなどの人気コックシューズです。

ハイグリップは、ミドリ安全のコックシューズ。

リョクシン

ミドリ安全だけサイズがすこし大きな設定になっていました。
コナグリップCG-700は、ミドリ安全の製品なので、ハイグリップと同じサイズです。

シンコーちゃん

私のコナグリップCG-700のサイズは、26.5cmでした。

念のため筆者の所持している靴のサイズをご案内します。

サイズ選びの参考にしてみてください。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

コックシューズ

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全(ハイグリップ)⇒ 26.5cm
  • シェフメイト・ハイパーVなど他⇒ 27.0cm
ジャンルやメーカーが違うだけでこんなにもサイズが違うんだね。

シンコーちゃん

↑目次へ戻る↑

コナグリップCG-700をレビュー!メリットとデメリットを解説

それではコナグリップCG-700についてレビューしていきましょう。

まずコナグリップCG-700を履いて感じたメリットデメリットを紹介します。

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. クッション性が長続きする
  3. 汚れにくいクッション
  4. 粉でも滑りにくい靴底
  5. 粉対策の中では靴底が長持ち
デメリット
  1. クッション素材が固め
  2. 「粉+液体」では滑る
うーん。

メリットとデメリットの一覧だけだと分かりにくいね。

シンコーちゃん

リョクシン

ということで上記メリットとデメリットに触れながら、詳しくレビューしていきます。

詳しくレビューするために、パーツ別にわけて解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることができます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについて理解できました。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは、コナグリップCG−700をパーツ別に見ていきましょう。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずはアッパーから見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツです。

通気性フィッティング性耐久性やけど対策が求められるパーツ。

コナグリップCG−700のアッパー素材は、ディテールが綺麗だと感じました。

ミドリ安全は、コナグリップCG-700に限らず、ディテールが綺麗で完成度が高いです。

甲ゴムがキレイ

アッパーの足の甲にあたる部分をめくると、甲ゴムという部位がでてきます。

コックシューズは、靴ヒモやマジックテープなどサイズ調整のある靴ではありません。

そのため、この甲ゴムがフィッティングに重要。

他メーカー品ですが、画像のように糸がほつれてしまう事があります。

リョクシン

ミドリ安全の製品は、この甲ゴムの質や伸縮性で問題ありません。

月型芯がしっかりしている

アッパーのカカト部分に月型芯という部位が入っています。

中に入っているので、外からでは見えないのですが、ミドリ安全のコックシューズは、月型芯の素材がしっかりしていました。

月型芯がしっかりしていると、足がしっかり固定されて疲れにくいですね。

アッパーまとめ

  • メリット①:細かいディテールが綺麗

ミドリ安全はトップメーカーですので、製品に対して、それだけユーザーからの声が多いのでしょう。

そのため、安価品も同じようにディテールが綺麗でした。

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて解説していきます。

クッションは足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性に関係するパーツになります。

コナグリップCG-700のクッション素材は、EVAという軽い素材を使用。

配合にもよりますが、軽量でクッション性のある素材です。

粉グリップCG-700は、硬めの履き心地ですが、クッション性が長続きしました。

クッション素材は、汚れにくさも感じるツヤツヤした印象。

EVAは、ザラザラした感じのモノが多く、それだと汚れやすいですね。

ミドリ安全のハイグリップシリーズは、基本的に汚れにくいと思います。

クッションまとめ

  • メリット②:クッション性が長続きする
  • デメリット①:クッション素材が硬い

EVAで柔らかいクッションの製品は、新品のときはクッション性が高いのですが、しばらく履くと潰れてクッション性が低下する(ヘタる)モノもありました。

コナグリップCG-700はEVAの中では、しばらくヘタりにくいと感じます。

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係するパーツでコックシューズにとって重要です。

コナグリップCG-700の最大の魅力は、靴底です。

通常のコックシューズは水や油など液体に対して滑りにくさを発揮します。

しかし、粉など固体には対応していません。

コナグリップCG-700は、粉を弾き飛ばす方法で粉での滑りにくさを発揮。

粉対策の製品は、他にもありますが、この方法はありません。

また、他の製品は滑りにくいものの、靴底がすり減りやすいデメリットがありました。

コナグリップCG−700は、他の製品と比べてもすり減りにくさを感じました。

大手の食品工場の友人に聞いても、いろいろ試したけど、コナグリップCG-700になったという声もあります。

それには供給面も関係してくるようで、やはり大手のミドリ安全だからできる事なのでしょう。

靴底まとめ

  • メリット④:粉でも滑りにくい靴底
  • メリット⑤:粉対策の中では靴底が長持ち
  • デメリット②:「粉+液体」では滑る

たしかに、粉対策の靴をラインナップするのは限られたメーカーしかできませんね。

またラインナップしても粉対策は、需要も少なそうですし、在庫管理が難しそうです。

そういった面でミドリ安全が強いのでしょう。

↑目次へ戻る↑

コナグリップCG-700のレビューをまとめます。

当記事ではコナグリップCG-700について解説しました。

コナグリップCG−700は、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

粉で滑りにくい珍しいコックシューズでした。

細かいディテールが綺麗で、見た目も悪くありません。

パン屋さんやお菓子関係、製麺所さんなど粉を使用するお店の方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

コナグリップCG-700を履いて感じたメリットは5つ

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. クッション性が長続きする
  3. 汚れにくいクッション
  4. 粉でも滑りにくい靴底
  5. 粉対策の中では靴底が長持ち

デメリットは2つです。

デメリット
  1. クッション素材が硬い
  2. 「粉+液体」では滑る
サイズ感

普段履きスニーカーと比較 : 1.0cm小さめ推奨

他コックシューズと比較 : 0.5cm小さめ推奨

ハイグリップと比較 : 同じサイズ推奨

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

「他のミドリ安全のハイグリップについて知りたい」

そんな方に向けて、すべてのハイグリップを解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のハイグリップを徹底解説!】コックシューズ市場でナンバー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です