【福山ゴムのクリンエース2をレビュー】白色のラインナップがあるサボ

こんな方に読んでほしい

  • クリンエース2について知りたい方
  • サボシューズについて知りたい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、クリンエース2について解説。

結論から申し上げますと、白色のラインナップがあるサボシューズです。

「軽いサボシューズがほしい」

「靴底で床を傷つけたくない」

「価格の安いサボシューズを探している」

「滑りには困っていないけどサボシューズを履かないといけない」

そんな方におすすめな製品です。

リョクシン

実際に履いてみて、「軽い、滑りにくさには特化していない、ゴミがたまりにくい」という感想を持ちました。

軽いサボシューズを探している方におすすめ!

注意

正直なところ、滑りにくさには優れませんので、滑りでお困りの方は別のサボシューズをおすすめします。 

 

福山ゴムのクリンエース2とは?メリットとデメリットを紹介

created by Rinker
FUKUYAMA RUBBER(フクヤマゴム)
評価項目詳細
価格¥2,786~
サイズ22.0~29.0cm
サイズ感普通(コックシューズ比較)
カラー展開白・黒
滑りにくさ★☆☆☆☆(星1つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
おすすめの使用環境外食店◯
食品工場×
給食×
ラーメン×

クリンエース2とは、福山ゴムというメーカーが製造したサボシューズです。

福山ゴムは、靴と工業用品を製造しているメーカー。

作業用の長靴や安全スニーカー、足袋をメインに製造しています。

リョクシン

福山ゴムは、食品衛生用のシューズをクリンエースシリーズとしてラインナップ!

クリンエース2はその中でもサボシューズというカカトの低い製品です。

小上がりのあるお店で脱ぎ履きがしやすいので活躍。

クリンエース2を履いて感じたメリットデメリットは下記になります。

メリット
  1. 軽い
  2. アッパーに汚れがたまらない
  3. 靴底の汚れが落としやすい
デメリット
  1. 滑りにくさに特化していない
  2. 靴底のすり減りが早い

メリットとデメリットの一覧だけだと、よくわからないね。

シンコーちゃん

リョクシン

次項から画像をたくさん使って解説したよ。

メリットとデメリットにも触れながら解説しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

↑目次へ戻る↑

福山ゴムのクリンエース2をレビューします。パーツ別に詳しく解説

ここからは、クリンエース2を詳しく解説していきます。

詳しく解説するために、パーツ毎に解説してみました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つが靴のどこに当たるかを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについて理解ができました! 

シンコーちゃん

リョクシン

それでは、先ほどのメリットとデメリットに触れながら、クリンエース2をパーツ別に解説していきましょう!

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を覆うパーツです。

通気性や足へのフィッティング性耐久性に関係するパーツ。

コックシューズの場合には、やけど対策も求められるでしょう。

クリンエース2のアッパーについて見ていきましょう。

クリンエース2のアッパー素材で目立った機能はありませんでした。

ただし、アッパーに切り返しがないので、ゴミがたまりにくいと感じます。

切り返しとは、この赤丸の部分です。

ここに粉物がたまってしまうことも・・・

リョクシン

あるお好み焼き屋さんでは、クリンエース2ではありませんが、切り返しがないことを理由にサボシューズを採用していましたね。

アッパーまとめ

  • メリット②:アッパーに汚れがたまらない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重をささえるパーツ。

履き心地クッション性に大きく関係します。

リョクシン

履き心地に関係するので、靴にとって重要なパーツですね。

クリンエース2のクッションは厚底です。

クッション素材は、EVAという発泡素材を使用していました。

EVAは軽量でクッション性に優れる素材です。

EVAは軽いので、脱ぎ履きの多いサボシューズとの相性がよいです。

重いクッション素材を使用してしまうと、脱ぎ履きで疲れてしまうでしょう。

クッションが厚めなので、カカトの高さがすこし高いですね。

気にならないと思いますが、人によっては不愉快で踏む方もいるのではないかと。

クッションまとめ

  • メリットもデメリットも特になし

 

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について解説していきます。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係します。

リョクシン

滑りにくさに関係するので滑りにくさに大きく関係します。

クリンエース2の靴底について見ていきましょう。

クリンエース2の靴底はEVA素材でした。

靴底にEVA素材を使用することで、靴底に詰まった汚れを取れやすくします。

ゴムと違って、「ひっつく」ことがありません。

EVAのデメリットとして、すり減りが早いことが挙げられます。

やはりクッション素材に使用されるだけあって、柔らかいわけですね。

実際に履いてみて思ったのが、滑りにくさには特化していないということ。

これもEVAのデメリットですね。

しかし、ゴム素材ではないので、足音がしにくいメリットもあります。

サボシューズは、カカトを床に打ちつけながら歩きます。

そのため、靴底の素材がEVAですと衝撃を吸収する事と柔らかい事の相乗効果がありました。

たまに居酒屋さんで、サボシューズのバタバタした足音うるさい店あるよね

シンコーちゃん

靴底のまとめ

  • メリット③:靴底の汚れが落としやすい
  • デメリット①:滑りにくさに特化していない
  • デメリット②:靴底のすり減りが早い

↑目次へ戻る↑

まとめ:福山ゴムのクリンエース2は、軽さと価格重視のサボシューズ

当記事では、クリンエース2について解説しました。

クリンエース2は、福山ゴムが開発したサボシューズです。

アッパーと靴底が掃除しやすい特徴がありました。

滑りにくさに特化はしていないので、滑りにくさが求められる環境ではおすすめしません。

靴底がEVA素材なので、足音がしにくいのが良いところですね。

それでは簡単に記事をまとめます。

クリンエース2を履いて感じたメリットは3つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. アッパーに汚れがたまらない
  3. 靴底の汚れが落としやすい

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 滑りにくさに特化していない
  2. 靴底のすり減りが早い
created by Rinker
FUKUYAMA RUBBER(フクヤマゴム)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です