【シェフメイトα-100をレビュー】amazonとワークマンで大人気!

こんな方に読んでほしい

  • シェフメイトα-100について知りたい方
  • 人気なコックシューズがほしい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

今回は、シェフメイトα-100について解説します。

シェフメイトα-100は、ワークマンやamazonで人気なコックシューズ。

リョクシン

食品関係でお仕事のご経験が長い方は、1度は履いたことあるかもしれません。

「スタンダードなコックシューズがほしい」

「お手頃で疲れにくいコックシューズって何?」

「実店舗でも買いやすいコックシューズってある?」

「人気でロングセラーなコックシューズについて知りたい」

そんな方におすすめなコックシューズです。

リョクシン

実際に使用してみて、「お手頃な価格、カカトが足にフィットする、必要最低限の機能がしっかりある」という感想を持ちました。

これから飲食関係で働く方で、とにかくまず1足ほしい方におすすめ!

 

シェフメイトα-100とは?メリットとデメリットを解説します。

評価項目詳細
価格¥4,500~2,300
サイズ21.0~31.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒・ピンク・ミント・スカイ
滑りにくさ★★☆☆☆(星2つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◎ 食品工場◯ 給食◯ ラーメン△→湯切りによる

シェフメイトα-100とは、弘進ゴムが開発したコックシューズです。

弘進ゴムは、コックシューズ業界のリーディングカンパニー。

日本製のコックシューズをメインに販売しています。

リョクシン

今回ご紹介するシェフメイトα-100は、弘進ゴムではめずらしい海外製でした。

価格訴求品ということでしょう。

シェフメイトα-100は、amazonでもワークマンでも人気のコックシューズです。

実績はバッチリですね。

一時期は、amazonの「靴」というジャンルで一番人気でした。

アシックスやナイキのスニーカーを抑えてのことだから凄いね!

シンコーちゃん

そんなシェフメイトα-100を筆者が履いてみた感想をメリットデメリットで見ていきます。

メリット
  1. お手頃価格
  2. カカトが足にフィットする
  3. 安定したクッション構造
  4. 取り外しのできるインソール入り
  5. ある程度、滑りにくい靴底
デメリット
  1. 耐久性が高くはない
  2. 滑りにくさに特化していない

えーと・・・

メリットとデメリットの一覧だけだと、わかりにくいね。

シンコーちゃん

リョクシン

そりゃそうだよね。

ということで、次項ではパーツ別に分けて解説しました。

図解したので、わかりやすいと思います。

 

↑目次へ戻る↑

シェフメイトα-100をパーツ別にわかりやすく解説

ここからは、シェフメイトα-100パーツ別に解説していきます。

靴は、主に3つのパーツに分けることが可能。

下記3つのパーツになります。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

これだけでは分からない方もいると思いましたので図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これでわかったよ。

シンコーちゃん

それでは、各パーツ別に見ていきましょう。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まず、アッパーについて解説します。

アッパーは、足を覆う(おおう)パーツ。

フィッティング性通気性に大きく関係します。

正直なところ、大きく目立って凄い機能はありませんでした。

「可もなく不可もなく」といった感じ。

まず、甲ゴムですが普通な印象。

甲ゴムとは、画像のようにアッパーのベロ(指のあたり)の部分をめくるとあります。

リョクシン

靴ヒモやマジックテープがないコックシューズにとって、甲ゴムはフィッティング性の生命線。

シェフメイトα-100の甲ゴムは、伸縮性が多少あって、最低限のフィット感を得ることができました。

カカト部分ですが、かなり上側につり上がった形状。

これによりホールド感がアップします。

リョクシン

カカトのアッパー部分がここまでつり上がっているのは、シェフメイトα-100だけ。

カカト幅もちょうど良い感じです。

カカト幅が広いコックシューズがありますが、フィッティング性にかけますね。

アッパーまとめ

  • メリット①:お手頃価格
  • メリット②:カカト素材が足にフィットする

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

クッションとは、足の裏を支えるパーツ。

基本的には、地面には接地しません。

履き心地クッション性に大きく関係します。

シェフメイトα-100のクッションパーツは割と厚底です。

厚底は、クッション性はあるものの形状によっては、安定性に優れません。

厚底は足を「くじく」可能性があるのです。

くじくとは、こんな感じです。

(※画像は例です。ホカオネオネの厚底スニーカーですが、この製品は問題ありません)

くじかない厚底は、クッション素材が後ろから見たときに、台形な形状。

クッション構造が地面にいくに連れて、広くなっているでしょう。(台形)

くじきにくいコックシューズ選びは、後ろからクッション形状を見てみるとわかます。

さらに、シェフメイトα-100には取り外しの可能なインソールが入っていました。

インソールが取り外せることで、市販の別のインソールと取り替えることが可能。

足にトラブルを抱える方は、ご自身にあったインソールと交換しましょう。

リョクシン

インソールが取り外せない靴にインソールを入れたい場合には、1サイズ大きめを選びます。

インソールの裏面は、こんな感じ。

素材感は、至ってノーマルでした。

特別にクッション性に優れる訳ではありませんが、カカトの後ろには衝撃吸収材がついています。

クッションまとめ

  • メリット①:安定したクッション構造
  • メリット②:取り外しのできるインソール入り

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底になります。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係します。

シェフメイトα-100の靴底を見ていきましょう。

シェフメイトα-100は、もの凄い滑りにくさに特化した靴底ではありません。

ですが、滑る訳でもなく、必要最低限の滑りにくさでした。

リョクシン

実は、滑りにく過ぎてもダメなことってあるんですよね。

「滑るには、滑るけど、そこまでではない」

みたいな環境で滑りにくさに特化したコックシューズを履くと、逆に危険なこともあるのです。

リョクシン

「つんのめる」という現象なのですが、滑りにく過ぎた結果、逆につまづいて転倒してしまうこと。

なんでも高機能であれば良い訳じゃないだね。

シンコーちゃん

靴底まとめ

  • メリット⑤:ある程度、滑りにくい靴底
  • デメリット②:滑りにくさに特化していない

最後に、どうでも良い情報ですが・・・・

シェフメイトα-100の箱がコックシューズ市場、最高ランクでしたw

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:シェフメイトα-100は、お手頃価格で最低限の機能がある!

当記事では、弘進ゴムのシェフメイトα-100について解説しました。

弘進ゴムはコックシューズ市場のリーディングカンパニー。

過去にはグッドデザイン賞を受賞しています。

シェフメイトα-100は、弘進ゴムのコックシューズの中でも安価品の部類でした。

しかし、必要最低限の機能には優れています。

リョクシン

amazonやワークマンで人気なので実績がありますね。

基本スペックがあるので、まず初めの1足目におすすめ!

シンコーちゃん

それでは、下記簡単に記事をまとめます。

シェフメイトα-100のメリットは、5つありました。

メリット
  1. お手頃価格
  2. カカトが足にフィットする
  3. 安定したクッション構造
  4. 取り外しのできるインソール入り
  5. ある程度、滑りにくい靴底

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 耐久性が高くはない
  2. 滑りにくさに特化していない
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

最後に、同等品をご案内します。

同等品のご案内

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です