【スリッポンの安全靴のおすすめ製品を紹介!】メーカーやタイプ別に解説します【紐なし】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、スリッポンの安全靴のおすすめ製品をご紹介!

リョクシン
メーカーや機能、タイプ別に解説しました。

家にある大量の靴

ちなみに、リョクシンの家は常に靴だらけ笑

そんな靴オタクがスリッポンの安全靴を徹底解説しました。

リョクシン
それでは、「【スリッポンの安全靴のおすすめ製品を紹介!】メーカーやタイプ別に解説します。」を見ていきましょう!
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

安全靴のスリッポンのおすすめ製品をタイプ別にご紹介!

まずは、スリッポンの安全靴のメリットとデメリットについて簡単にみていきましょう。

メリット
  1. 脱ぎ履きしやすい
  2. 留め具がないので安全
  3. 留め具が破損する可能性がない
デメリット
  1. フィッティング性が低い

スリッポンの最大のメリットは、脱ぎ履きしやすいこと。

また、靴ヒモは「ほどける」可能性があり危険です。

リョクシン
靴ヒモとマジックテープでは機械に巻きこまれる可能性がありました。

ダイヤル式は破損する可能性があります。

スリッポンでは上記の心配が一切ありません。

リョクシン
ただしデメリットとして、フィッティング性が低いことが挙げられます。

しかし1部の製品では、フィッティング性を高める工夫がありました。

それぞれ解説していますので、ぜひ確認してみてください!

リョクシン
スリッポンの安全靴は、脱ぎ履きの多いお仕事の方におすすめします。

次に、安全靴とプロスニーカーの違いについて簡単にみていきましょう。

安全靴とプロスニーカー

実は、現場で使用されている靴のほとんどが、安全靴ではありません。

プロスニーカーと言われる靴です。

安全靴とプロスニーカー違い
  • 安全靴・・・JIS規格T8101クリアした靴
  • プロスニーカー・・・JSAA規格クリアした靴

安全靴とプロスニーカーはクリアした基準が異なります

試験内容は、ほとんど同じで素材の使用制限がプロスニーカーの方が少ない。

リョクシン
スニーカーと同じような素材でもOKです。

そのため、プロスニーカーの方が動きやすく作業性が高いので疲れにくい

また作業内容によっては動きやすい方が安全でしょう。

リョクシン
安全靴は、火花や機械油が舞うような現場など一般的ではない現場向けと言えます。

以上より、一般的な現場ではプロスニーカーの”スリッポンがおすすめ!

おすすめ品は、プロスニーカーと安全靴を分けて解説しました。

リョクシン
【JIS】とあるのが、安全靴です。

レディース滑りにくい部門アシックス部門と同じ製品

タップしていただければ、該当する場所までジャンプします。

リョクシン
それでは、詳しくみていきましょう。

↑目次へ戻る↑

防水部門

評価項目詳細
価格¥9,612~
サイズ23.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
コックシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

防水部門は、アシックスのウィンジョブ®︎CP303です。

完全な防水ではないものの、飲食店の厨房で使用することを前提に開発されたプロスニーカー(A種)

リョクシン
滑りにくい特徴があります。

マジックテープがありますが、調節不要です。

実のところ、スリッポンで防水の安全靴やプロスニーカーがありませんでした笑

モノソック形状

モノソックとは、足をいれる部分(履き口)にあるストレッチ素材のこと。

モノソックは、スリッポンでありながら足にしっかりフィットします。

リョクシン
ゴルフウェアから生まれたモノソックですが、プロスニーカーとしても利便性が高い!

履きはじめは硬いので慣れないかもしれません。

しかし、継続して使用することで問題なく履けました。

クッション形状が台形

ウィンジョブ®︎CP303は、クッション形状が台形でした。

クッションが台形ですと、「足をくじく」可能性が低い!

リョクシン
くじくと労災にも繋がるので大事なポイントです。

ちなみに、ウィンジョブ®︎CP303に限らず、すべてのウィンジョブが同じ仕様!

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP303のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

もしくは、0.5cm小さめです。

リョクシン
足が細い方は、0.5cm小さめで、幅広の方は普段履きスニーカーと同じサイズがおすすめ!

ちなみに、普段履きスニーカーとは、ナイキやプーマなどのスポーツメーカー品です。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

ウィンジョブ®︎CP303は、他のウィンジョブシリーズと比較して、サイズ感が小さめです。

下記にて、もっと詳しく解説しました。

気になった方はぜひ、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【アシックスのウィンジョブCP-303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ

【アシックスのウィンジョブCP303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ

↑目次へ戻る↑

蒸れにくい部門

評価項目詳細
価格¥4,400〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星2つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、汗をかきやすい環境

蒸れにくい部門は、丸五のマンダムライト767です。

丸五は、足袋をはじめ作業用シューズのリーディングカンパニー。

リョクシン
コンセプトのしっかりした製品が多いメーカーです。

カラーバリエーション

マンダムライト767のカラーバリエーションは、3色です。

グレーと蛍光グリーンの色は、視認性も高いですね。

リョクシン
他のブラック系は、引越しなどでお客様に靴をみられる現場で汚れが目立ちにくいのでオススメ!

メッシュ素材を多用

マンダムライト767は、メッシュ素材を多用していました。

通気性を高くするには、メッシュがあることが大事です。

リョクシン
歩き方のメカニズム上、つま先側から通気する必要があり、つま先にしっかりメッシュ素材がありました。

耐久性が求められるサイド部分には、メッシュが破れないように補強がありました。

補強に穴があり通気もできるようになっています。

リョクシン
メッシュ素材を多用する靴は、耐久性に難があるので、助かる仕様ですね。

サイズ感

マンダムライト767のサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

↑目次へ戻る↑

ミズノ部門

評価項目詳細
価格¥8,140〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感3E
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

ミズノのスリッポン部門は、オールマイティES31Lです。

ミズノに完全なスリッポン形状の製品はありませんでした。

リョクシン
オールマイティES31Lは、ゴム紐で紐を結ぶ必要がないので、ほとんどスリッポンみたいなモノ。

むしろ、ゴム紐のためフィッティング性が高く感じました。

カラーバリエーション

オールマイティES31Lは、全部で5色

私が購入したプロスニーカーは、ブルー系ですが、その他は黒基調のダーク系でした。

リョクシン
ダーク系とはいえ、素材がニットなので、粉塵や土ほこりが舞う現場では、汚れやすいので注意しましょう!

ゴム紐

前述のとおりオールマイティES31Lはゴム紐のタイプ。

画像のとおり、結べないのでスリッポンのように履きます。

リョクシン
ほどける事がなく、フィッティング性を高めることができました。

サイズ感

オールマイティES31Lのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.5cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

下記にて、もっと詳しく解説しました。

気になった方はぜひ、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【オールマイティES31Lをレビュー】ニットとゴム紐で快適なミズノのプロスニーカー!

【オールマイティES31Lをレビュー】ニットとゴム紐で快適なミズノのプロスニーカー!

↑目次へ戻る↑

アシックス部門

評価項目詳細
価格¥9,570〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

アシックスのスリッポン部門でおすすめなのは、ウィンジョブ®︎CP204です。

スリッポンではあるものの、モノソック構造でフィッティング性を感じました。

リョクシン
タテヨコ斜めの全方向に滑りにくく安全性も高いです。

カラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP204のカラーバリエーションは、3色です。

1番下にあるバーガンディ色は、女性も履きやすいカラーリングでした。

リョクシン
サイズ展開も22.5cmからラインナップあります。

トーアップ

ウィンジョブ®︎CP204は、つま先がつり上がった形状をしていました。

この形状をトーアップと言います。

他のウィンジョブシリーズと比較しても、トーアップが高めの設定です。

トーアップがあることで、つまずき防止や歩きやすさに優れました。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP204のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどスポーツメーカーです。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.5cmでした。

ウィンジョブ®︎CP204は、他のウィンジョブシリーズと比較して小さめのサイズ感です。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

下記にて、もっと詳しく解説しました。

気になった方はぜひ、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP204をレビュー】アシックスのスリッポン式の安全靴!

【ウィンジョブCP204をレビュー】アシックスのスリッポン式の安全靴!

↑目次へ戻る↑

シモン部門【JIS】

評価項目詳細
価格¥11,220〜(通販による)
サイズ23.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
JIS:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、溶接

シモンのスリッポンでおすすめな安全靴は、7517です。

JIS規格をクリアした安全靴。

リョクシン
JIS規格をクリアした安全靴を指定された現場にのみおすすめします。

甲が低め

スリッポンのため、フィッティング性は低くなりがち。

しかし、シモン7517は甲が低いローアーチ形状でした。

リョクシン
そのため、スリッポンではあるものの足にフィットしやすく感じました。

クッション性抜群

シモン7517のクッション素材はウレタン素材です。

ウレタンは、素材の配合によって大きく機能が変わる素材。

リョクシン
シモン7517は、衝撃吸収できる配合で、さらに2層式なので疲れにくく感じます。

また、ウレタンはクッション効果が長続きする素材

連日使用する安全靴にとって嬉しい素材ですね!

サイズ感

シモン7517のサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全部門【JIS】

評価項目詳細
価格¥17,160〜(通販による)
サイズ23.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、溶接

ミドリ安全のスリッポンでおすすめな安全靴は、プレミアムコンフォートPRM200

ミドリ安全は、ワークシューズのトップメーカーで多数の安全靴ブランドを持ちます。

リョクシン
そのトップメーカーのブランドの中でもプレミアムコンフォートは1番おすすめ!

PRM200は、プレミアムコンフォートの中もスリッポンの製品です。

設計が良い

プレミアムコンフォートPRM200は、一見ノーマルのスリッポンです。

しかし、靴自体の型が良いのでしっかりフィットしました。

リョクシン
失礼ですが、ワークシューズのメーカーの製品でここまでフィッティング性が高いとは想定外。

本当に素晴らしいと感じました。

値段なだけの価値があると思います。

サイズ感

プレミアムコンフォートPRM200のサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

↑目次へ戻る↑

安全スニーカー部門

評価項目詳細
価格¥3,500〜(通販による)
サイズ24.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
カラー展開2色
安全性★★☆☆☆(星2つ)
JSAAとJIS未適合
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境安全性の指定がない現場・工程

スリッポンの安全スニーカーは、タルテックス6918069181がおすすめ!

安全スニーカーとは、JISやJSAAをクリアしていない靴です。

リョクシン
クリアしていないものの、つま先に芯が入っている成員。

カラーバリエーション

タルテックス69181は、ゴム紐タイプです。

ゴム紐は紐を結ぶ必要がないので「ほどける」心配がありません。

タルテックス69180は、完全なスリッポンタイプ。

脱ぎ履きしやすい仕様です。

リョクシン
レッド系はファッション的ですが、作業着と合わないケースがあるので、注意しましょう。

安全靴に限らず、靴あるあるですが、衣類とは異なり単品で評価しがちです。

デザインで気に入っても、作業着と合わせると微妙なんてこともあるので注意しましょう。

サイズ感

タルテックスシリーズのサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmに対して、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

↑目次へ戻る↑

安全靴のスリッポンのおすすめ製品のレビューまとめ

当記事では、スリッポンの安全靴について解説しました。

スリッポンは、脱ぎ履きがラクラクで安全性も高いです。

リョクシン
ただし、フィッティング性が低いのがデメリット。

フィッティング性を高めた製品もありましたが、靴ヒモやマジックテープ、ダイヤル式には劣りました

脱ぎ履きの多い現場で働いている方におすすめします!

リョクシン
それでは、簡単に記事をまとめます。

ご紹介したスリッポンの安全靴類は下記のとおり。

タップで該当場所まで戻れます。

【JIS】と記載のあるモノだけ安全靴

リョクシン
その他、安全スニーカーを除くとすべてプロスニーカーです。

ぜひ、参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

リョクシン
下記の関連記事もよろしくお願いします。

「インソールではなく安全靴について知りたい」

そんな方に向けて安全靴について解説しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

「レディース向けの製品がほしい」

そんな方に向けてワーク女子向けのプロスニーカーを解説しています。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

下記の記事も安全靴について解説しているのでおすすめ!

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!【安全靴に最適なインソールをご紹介!】クッション素材とのバランスが大事!【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

よろしくお願いします!

コメントを残す