【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、ダイヤル式の安全靴のおすすめ製品をご紹介!

リョクシン
結論から申し上げますと、ダイヤル式ならアシックスとディアドラで決まりです。

部屋にある大量の靴

ちなみに、筆者は靴オタクで家は靴だらけです笑

そんな靴メーカーで働いていた靴オタクがダイヤル式の安全靴を解説しました。

リョクシン
ということで、「【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!」を見ていきましょう。
この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ダイヤル式の安全靴とは?おすすめ製品をご紹介!

まずは簡単にダイヤル式のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 脱ぎ履きがラクラク
  2. 脱ぎ履きラクなのにフィッティング性高い
デメリット
  1. 破損の可能性あり

※無償で補修キット提供あり

ダイヤル式が実は大きなデメリットがない留め具です。

ただし、「破損してしまうと補修できるまで履けない」という大きなデメリットがありました。

リョクシン
履けないと新品を買うしかありません。

靴ヒモやマジックテープ、スリッポンにはないデメリットですね。

足場作業で破損してしまうと、危険でしょう。

リョクシン
安全性だけで言えば、マジックテープをおすすめします。

ただし、脱ぎ履きがしやすくフィッティング性も高いのは魅力。

ご自身の職場環境に合わせて選んで見てください。

リョクシン
マジックテープに関しては下記の記事で解説しましたた。

⇒【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!

ぜひ、参考にしてみてください。

安全靴とプロスニーカーの違い

実は、残念なことにダイヤル式の安全靴はありません

その代わりにプロスニーカーであればダイヤル式の製品はあります。

安全靴とプロスニーカーの違い

安全靴・・・JIS規格T8101をクリアした靴のこと

プロスニーカー・・・JSAA規格をクリアした靴のこと

近年、安全靴ではなくプロスニーカーがメインになりました。

安全靴は本革など一般の作業環境では、ハイスペックすぎる規定もあり、逆に作業性が悪いこともあるからです。

リョクシン
現在、建設現場でも安全靴よりも圧倒的にプロスニーカーがほとんど。

安全靴は溶接や機械油が舞う現場で使用されています。

それでは、おすすめのダイヤル式のプロスニーカーをみていきましょう!

それぞれ詳しくみていきます。

↑目次へ戻る↑

ディアドラ|フィンチFC-474

評価項目詳細
価格¥10,400 〜
(通販サイトによる)
サイズ24.5~29.0cm
安全性JSAAのA種
足幅(ワイズ)3E
カラー展開4色

ディアドラのダイヤル式でおすすめな製品は、フィンチFC-474です。

表面素材に通気口がないので、汚れにくく耐久性が高い!

リョクシン
土ほこりや粉塵が靴の中に入ってくる可能性が低いです。

疲れにくいインソール形状

ディアドラのフィンチFC-474は、足の裏にフィットして疲れにくい

足の裏の構造のアーチを支えます。

アーチとは?

アーチとは、足の筋肉と骨で形成された橋状の構造のこと。

アーチがあるから人間は直立二足歩行が可能です。

リョクシン
疲れてくると、このアーチが低下してくるのですが、フィンチFC−474のインソールの形状は、アーチが低下しないように、支える形。

アーチサポートが継続しやすい

インソールの裏面に、硬めな樹脂素材が貼り合わされていました。

この樹脂素材がインソールのアーチサポート形状を保ちます。

リョクシン
だから疲れにくい!

サイズ感

ディアドラのフィンチFC-474のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキなどにスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。
もっと詳しく解説
【ディアドラのフィンチFC-474】ダイヤル式で脱ぎ履きしやすく安定した履き心地の安全靴(プロスニーカー)

【ディアドラのフィンチFC-474】ダイヤル式で脱ぎ履きしやすく安定した履き心地の安全靴(プロスニーカー)

↑目次へ戻る↑

アシックス|ウィンジョブCP209BOA

評価項目詳細
価格¥12,980 〜
通販サイトによる
サイズ22.5~30.0cm
安全性JSAAのA種
足幅(ワイズ)3E
カラー展開5色

アシックスのダイヤル式のプロスニーカーでおすすめなのは、ウィンジョブ®︎CP209BOAです。

ウィンジョブ®︎CP209は、通気性の高いダイヤル式の製品。

リョクシン
蒸れにくいと疲れにくいのでおすすめです!

GEL素材入り

ウィンジョブ®︎CP209のカカトにはFuseGELが入っています。

アシックスが独自で開発したゲル状のクッション。

リョクシン
一般的な靴のクッションの発泡素材とは異なり、ゲル素材なので、衝撃吸収性が長続きするので、長時間履いても疲れにくい!

全方向に滑りにくい

ウィンジョブ®︎CP209に限らずですが、ウィンジョブシリーズは滑りにくい

滑りにくさを発揮するには、靴底の素材と形状が大事です。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP209は、素材と形状のどちらも滑りにくい!

そのため、ワークシューズ史上で初めてタテヨコ斜めの全方向で滑りにくい

しかも靴底の素材は、すり減りにくい靴底のため、安全性も長続きします。

リョクシン
また、滑りにくいと余計に踏ん張る必要がなくなり、疲労を軽減する効果もありました。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP209のサイズ感は、すこし大きめ。

アディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーは27.5cmですが、こちらは27.0cmでした。

ローカットのダイヤル式の中で1番おすすめします!

ウィンジョブCP209Boaのレビュー記事はこちら!

【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

↑目次へ戻る↑

アシックス|ウィンジョブCP307BOA

ウィンジョブCP307BOAはアシックスが開発

評価項目詳細
価格¥14,080 〜
(通販サイトによる)
サイズ22.5~30.0cm
安全性JSAAのA種
足幅(ワイズ)3E
カラー展開3色

ダイヤルでおすすめの安全靴はウィンジョブCP307BOAです。

ウィンジョブCP307BOAはダイヤルとマジックテープを併用したプロスニーカー。

リョクシン
ダイヤルの耐久性アップやサイズ感の調整をしやすくなります。

マジックテープとダイヤル式

ウィンジョブCP307BOAはダイヤルとマジックテープ仕様

マジックテープにてダイヤルのワイヤーを露出させないことで、ワイヤーの引っ掛かりを抑制

またマジックテープを緩めることで、サイズ感を調整することも可能です。

ウィンジョブCP307BOAはワイヤーが内側にある

ただし、ワイヤーは中央部分にはないもののサイド部分にはありました。

ですので狭い通路・作業現場では気を付けましょう。

リョクシン
横歩きしたときに引っかかる可能性がありますね!

疲れにくい

ウィンジョブCP307BOAはクッション性が高い

fuzeGELを採用しているため疲れにくいクッション構造です。

GELは一般的なクッション素材と異なり衝撃吸収が長続きする素材。

リョクシン
アシックスの安全靴やプロスニーカーが疲れにくいポイントでしょう。

ウィンジョブCP307BOAのサイズ感やその他の機能の詳細は、下記の記事にて詳しく解説しました。

気になった方はぜひ参考にしてみてください。

ウィンジョブCP307BOAのレビュー記事はこちら!

【ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー】ダイヤル式とマジック仕様のアシックスのプロスニーカー【ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー】ダイヤル式とマジック仕様のアシックスのプロスニーカー

↑目次へ戻る↑

アシックス|ウィンジョブCP304

評価項目詳細
価格¥15,180(定価)
サイズ22.5~30.0cm
安全性JSAAのA種
足幅(ワイズ)3E
カラー展開4色

ハイカットでダイヤル式プロスニーカーの中で最もおすすめするのが、ウィンジョブ®︎CP304です。

ウィンジョブ®︎CP304は、ダイヤル式のデメリットである破損を防止できました。

リョクシン
ダイヤルにカバーがついているので、壊れにくい

ダイヤルのカバー付き

ウィンジョブ®︎CP304にはダイヤルカバーがついていました。

このように下からめくると・・・・

ダイヤルが出てきます。

しっかりマジックテープで止められるので、作業中に取れることが心配がありません

通気口なし

ウィンジョブ®︎CP304は、通気口がありません。

そのため、解体や掘削でも異物が入ってくる心配がないでしょう。

リョクシン
ダイヤルにもカバーがあるので、気にせず作業できます。

カラーバリエーション

他のカラーバリエーションです。

どれもカッコイイですね。

リョクシン
レッド系が好きで、つい選んでしまうのですが、作業着と合わせにくい可能性があるのでご注意ください笑

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP304のサイズ感は、すこし大きめ。

ニューバランスなどの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

ダイヤルの唯一のデメリットをカバーしたウィンジョブ®︎CP304は、超おすすめです!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP304をレビュー】ダイヤルが破損しにくいハイカットのプロスニーカー【アシックス】

【ウィンジョブCP304をレビュー】ダイヤルが破損しにくいハイカットのプロスニーカー

↑目次へ戻る↑

ダイヤル式の安全靴のおすすめ製品の紹介をまとめます。

当記事では、ダイヤル式の安全靴とプロスニーカーについて解説しました。

JIS規格をクリアしたダイヤル式の安全靴は、市場にはありません。

リョクシン
JSAAをクリアしたプロスニーカーだけでした。

現在では、安全靴ではなくプロスニーカーが主流なのでご安心ください。

安全靴は火花や機械油が飛ぶ現場で使用するのですが、そんな現場で使用すれば、ダイヤルが溶けてしまうので、ダイヤル式の安全靴は意味ありませんね。

リョクシン
一般的な作業現場の方におすすめします。

それでは簡単に記事をまとめます。

ダイヤル式でおすすめのプロスニーカーは下記でした。

↑タップすると該当箇所まで戻ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとダイヤル以外の安全靴とプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて、安全靴類を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
安全靴のおすすめ品を紹介します。立ち仕事でも疲れない!【安全靴で疲れない製品はコレだ!】立ち仕事でもクッション性抜群!【レディースもあり】

他のアシックスの安全靴とプロスニーカーは下記の記事で解説!

もっと詳しく解説
【2021年】アシックスの安全靴『ウィンジョブ』のおすすめ品はコレだ!!【新作まで解説!】

女性の方は下記の記事もおすすめです!

「女性用の安全靴やプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて女性用の安全靴類を解説しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

よろしくお願いします。

コメントを残す