【アシックスの安全靴をすべて紹介!】ウィンジョブシリーズを超おすすめします!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、アシックスの安全靴・プロスニーカーについて解説。

リョクシン
履いた製品は、すべて解説します。

「アシックスの安全靴の特徴が知りたい」

「結局のところ、アシックスの安全靴って何がすごいの?」

「アシックスのウィンジョブシリーズ何を選んだら良いかわからない」

リョクシン
そんな方におすすめします。

疲れにくいだけじゃなく、安全性も高いので超おすすめします!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

アシックスの安全靴「ウィンジョブ」とは?何が他メーカーと違うのか?

アシックスは、日本を代表するスポーツメーカーです。

靴はもちろんのこと、スポーツ用品やアパレル製品も多数ラインナップ。

そんなアシックスですが、安全靴とプロスニーカーも販売しています。

アシックスは、安全靴とプロスニーカーをウィンジョブというブランドで展開。

2013年頃から一気に広がり、今ではホームセンターの店頭はアシックスだらけです。

また工事現場でも一番多く見られますね。

リョクシン
他メーカーとなにが違うのか見ていきましょう。

下記が他メーカーとの大きな違いです。

他メーカーとの違い

  • 靴の設計が良い
  • GEL素材が入ってる製品が多い
  • 全方向に滑りにくい靴底
  • すり減りにくい靴底

詳しく見ていきましょう。

 

靴の設計が良い

靴の良し悪しは、設計の時点で決まります。

各メーカー設計が異なるのですが、この設計の考え方を設計思想と言います。

アシックスは設計思想がしっかりしているので、何もかも快適!

リョクシン

他のメーカーよりも別格ですよ。

設計思想がしっかりしていると、フィッティング性が高くなり、動作性もアップ!

足のトラブルも減りますし、安全性、作業効率もよくなりますので、本当にウィンジョブという感じでしょう!

メーカーによっては、靴メーカーであるにも関わらず、大した設計思想もない会社もありました。

リョクシン

本当に良いメーカーです!

↑目次へ戻る↑

GEL素材が入ってる製品がほとんど!

靴のクッション素材はEVAなどスポンジのような素材で、クッション性が長続きしません。

アシックスの製品は、カカト下のクッションにGEL素材が入っている製品が多いです。

しかし、アシックスはGEL素材を搭載することで、クッション性を長続きさせるようにしていました。

リョクシン
クッション素材は、異素材を複数つかう多層構造であると衝撃を吸収しやすいのです。

実際に、同価格帯の他メーカーと比較して、夕方以降の疲れが違うという意見が多数ありました。

それは先ほどの靴の設計思想とGEL素材が大きく関係しています。

正直なところ、同価格帯であれば、アシックス一択でしょう。

↑目次へ戻る↑

全方向に滑りにくい靴底

アシックスの安全靴は、疲れにくいだけじゃありません。

滑りにくさが抜群!

アシックスに乗り換えたばかりの方は、あまりに滑りにくいので、逆に危ないこともあるそうw

リョクシン
滑ることに慣れてしまっているのですね。

滑りにくい製品は他にもたくさんあります。

しかし、アシックスの滑りにくさは、全方向に有効なところが凄い!

今までの滑りにくさは、タテ方向にのみ効く製品がほとんどでした。

リョクシン
タテヨコ斜めの全方向に滑りにくい製品は、他にはありません。

↑目次へ戻る↑

すり減りにくい靴底

アシックスの安全靴の良いところは、靴底がすり減りにくいところ。

耐久性が高いのです。

価格が高いので、ちょっと気が引けますが、耐久性が高ければ、ランニングコストでメリットがありますね。

リョクシン
滑りにくい靴底は、地面との摩擦が多いので、すぐにすり減ってしまうことがほとんど。

滑りにくくてすり減りにくいのは、本当に凄いことなのです!

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブシリーズの選び方と商品紹介をします。

ここからは、アシックスのウィンジョブシリーズの選び方についてご紹介!

選び方としましては、先芯の安全性とサイズ調整の留め具になります。

先芯の安全性は、各製品すべて書きましたので、ここでは留め具別に選んで見てください。

リョクシン
下記が、アシックスの安全靴・プロスニーカーのラインナップです。

アシックスのおすすめの安全靴・プロスニーカー

  • ウィンジョブ®︎CP209【ダイヤル式】
  • ウィンジョブ®︎CP204【スリッポン】
  • ウィンジョブ®︎CP601G-TX【ハイカット】
  • ウィンジョブ®︎CP700【本革・靴ヒモ】
  • ウィンジョブ®︎CP305AC【通気・マジックテープ】

詳しく見ていきましょう。

 

ウィンジョブ®︎CP209【ダイヤル式】

ウィンジョブ®︎CP209は、ダイヤル式でサイズ調整をする製品。

ダイヤル式は、脱ぎ履きしやすいのに、足にもフィットする最新のサイズ調整の留め具。

靴ヒモのように、解けて踏んでしまい転倒する可能性が低いのです。

リョクシン
先芯の強度は、JSAAのA種でプロスニーカー!

ダイヤル式

ダイヤル式は、押して回すだけで、足にフィット。

緩めるときは、引くだけです。

リョクシン
簡単ですね!

ウィンジョブ®︎CP209を履いて感じたメリットとデメリットは、下記になります。

メリット
  1. ダイヤル式
  2. つま先補強がある
  3. 先芯がJASSのA種クリア
  4. フィッティング性が高い
  5. トーアップで動きやすい
  6. 反射材で視認性アップ
  7. 独自配合のクッション素材
  8. 独自FuzeGELで履き心地が長続き
  9. すごい滑りにくい
  10. 靴底がすり減りにくい
デメリット

価格が高い

メリットの方が圧倒的に多いですね。

アシックスの安全靴やプロスニーカーは、紹介するべきポイントがありすぎて、本当に大変。

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

 

より詳しく上記の記事でウィンジョブ®︎CP209をレビューしています。

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎CP204【スリッポン】

ウィンジョブ®︎CP204は、アシックスの安全靴やプロスニーカーの中でもスリッポン式の製品。

サイズ調整の留め具がないので、脱ぎ履きしやすいのが特徴です。

内装や引越し関係の職場で活躍するでしょう。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP204の先芯の安全性は、JSAAのA種でプロスニーカー。

モノソック構造

ウィンジョブ®︎CP204は、通常のスリッポンではありません。

足を入れる部分を「履き口」と呼ぶのですが、この履き口にモノソックという構造を採用。

そのため、脱ぎ履きしやすいものの足にフィットしやすいのです!

画像のような完全なスリッポンですと、足にフィットしにくい。

足にフィットしないと靴内で足が遊んでしまい、足の変形や転倒、蒸れ、疲れの原因になります。

安全靴やプロスニーカーには、向いていませんね。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP204を履いて感じたメリットとデメリットは下記になります。
メリット
  1. スリッポン形状
  2. モノソックでフィット性アップ
  3. フィッティング性が高い
  4. 先芯がサビない
  5. つま先補強がある
  6. 反射材で視認性アップ
  7. トーアップで動きやすい
  8. αGELで疲れにくい
  9. フレックスグルーヴで動きやすい
  10. 滑りにくい
  11. 靴底がすり減りにくい
デメリット
  1. 高価
  2. 脱ぎ履きが楽ではない

モノソックは、フィッティング性が高いため、もの凄い脱ぎ履きが楽かと言われると微妙。

慣れたら、問題ないでしょうが、なかなか大変だとは思いました。

もっと詳しく解説

 

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎CP601G-TX【ハイカット】

ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、ウィンジョブのラインナップの中でもハイカットで防水の製品。

防水の安全靴って、蒸れやすいデメリットがありました。

しかし、ウィンジョブ®︎CP601G-TXはゴアテックスのため、多少の蒸れに関しては軽減され快適!

マジックテープ3本

マジックテープが3本ありました。

これにより、足にしっかりフィットし固定できます。

脱ぎ履きがめんどくさい部分がありますが、ハイカット履く人は、そこまで脱ぎ履きありませんね。

ゴアテックス

しっかり確認できました。

ゴアテックスは、微細な通気孔により水滴などは通さないものの、靴内部の空気は通気させることが可能です。

全面ゴアテックス

しっかり全面ゴアテックスになっています。

ハイカットで防水と聞くだけで蒸れると感じましたが、これなら安心。

ちょっと高い登山靴や軽登山用のスニーカーもこんな構造ですね。

リョクシン
ウィンジョブCP601G-TXを履いて感じたメリットとデメリットは下記になります。
メリット
  1. ハイカット形状
  2. 3本マジックテープでフィット性OK
  3. フィッティング性が高い
  4. 先芯がサビない
  5. つま先補強がある
  6. 反射材で視認性アップ
  7. ゴアテックスで蒸れにくい
  8. トーアップで動きやすい
  9. GELで疲れにくい
  10. フレックスグルーヴで動きやすい
  11. 滑りにくい
  12. 靴底がすり減りにくい
デメリット

価格が高い

メリットだらけですね。

価格は確かに高いのですが。ゴアテックスで防水・ハイカットであれば、当然でしょうね。

雨など濡れる可能性のある方や汗をかく現場、解体や足場上の作業が多い方におすすめ!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP601をレビュー】防水ゴアテックスでハイカットの安全靴【アシックスが開発】

 

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎CP700【本革・靴ヒモ】

ウィンジョブ®︎CP700は、アシックスのプロスニーカーの中でも珍しく、本革の製品。

また靴ヒモでサイズ調整ができます。

靴ヒモは「ほどける」可能性がありますが、実は最も足にフィットする留め具。

リョクシン
先芯は、JSAAのA種でプロスニーカーです。

本革で靴ヒモで圧倒的にフィット

本革の最大のメリットは、足に馴染むこと。

小さな火花に強いメリットもありますが、やはり履き心地でしょう。

靴ヒモも平べったい「平紐」なので、ほどけにくいメリットがありました。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP700のメリットとデメリットは下記になります。
メリット
  1. 本革
  2. 靴ヒモが平紐
  3. フィッティング性が高い
  4. 先芯がサビない
  5. つま先補強がある
  6. トーアップで動きやすい
  7. FuzeGELで疲れにくい
  8. 滑りにくい
  9. 靴底がすり減りにくい
デメリット

お手入れしないと消耗が早い

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP700をレビュー】アシックスが開発した本革の安全スニーカー

 

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎CP305AC【通気・マジックテープ】

ウィンジョブ®︎CP305ACは、アシックスの製品の中でもマジックテープの製品。

ただマジックテープなだけではなく、クッション部分から通気できる高機能な製品でした。

通気性の高い製品は、石ころや土ほこりが靴の中に入ってくることがありますが、対策されています。

リョクシン
先芯の安全性は、JSAAのA種のプロスニーカー

通気性が高い

前述の通り、ウィンジョブ®︎CP305ACはクッション部分から通気します。

その通気口には、ガードがついているため、異物が入ってくることはありません。

また、足の甲が当たる部分がメッシュ素材になっていました。

リョクシン
ベロというのですが、ベロがメッシュ素材は、また蒸れにくさを感じます。

全面マジックテープ

全面マジックテープでサイズ調整がしやすいのが特徴。

甲が高い方も低い方も問題なしでしょう。

マジックテープも3本あってフィッティング性が高い!

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP305ACを履いて感じたメリットとデメリットは下記になります。
メリット
  1. マジックテープが3本
  2. フィッティング性が高い
  3. ベロが蒸れにくい
  4. 先芯がサビない
  5. つま先補強がある
  6. 靴ズレしにくい
  7. 反射材がある
  8. トーアップで動きやすい
  9. FuzeGELで疲れにくい
  10. 通気口がある
  11. 滑りにくい
  12. 靴底がすり減りにくい
デメリット

アッパーからは通気はできない

3本のマジックテープがめんどい

アッパーには、メッシュのような通気口がありません。

しかし通気性は問題ないどころか、高いので、ぜひ試して見てください。

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP305ACをレビュー】通気性が抜群のアシックスの安全靴!

↑目次へ戻る↑

アシックスの安全靴「ウィンジョブシリーズ」の紹介をまとめます。

当記事では、アシックスの安全靴「ウィンジョブシリーズ」について解説しました。

アシックスは、日本発の世界的スポーツメーカーです。

スポーツシューズの技術が活きた履き心地の良い製品ばかり。

リョクシン
履き心地だけではなく、滑りにくさや先芯など安全性にも優れていました。

そもそもの靴のレベルが高いので、本当におすすめです。

靴を作る際に必要な設計が優れているメーカーは数少ないのですが、その数少ない中でも最も優れたメーカー。

製品だけは間違えありません。

リョクシン
それでは、簡単に記事をまとめます。

アシックスの安全靴・プロスニーカーが優れているポイントは下記になります。

他メーカーとの違い

  • 靴の設計が良い
  • GEL素材が入ってる製品が多い
  • 全方向に滑りにくい靴底
  • すり減りにくい靴底

ご紹介しました安全靴とプロスニーカーは下記になります。

アシックスのおすすめの安全靴・プロスニーカー

  • ウィンジョブ®︎CP209【ダイヤル式】
  • ウィンジョブ®︎CP204【スリッポン】
  • ウィンジョブ®︎CP601G-TX【ハイカット】
  • ウィンジョブ®︎CP700【本革・靴ヒモ】
  • ウィンジョブ®︎CP305AC【通気・マジックテープ】

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっと安全靴とプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて、安全靴類を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

他のアシックスの安全靴とプロスニーカーは下記の記事で解説!

もっと詳しく解説
【アシックスの安全靴をすべて紹介!】ウィンジョブシリーズを超おすすめします!

女性の方は下記の記事もおすすめです!

「女性用の安全靴やプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて女性用の安全靴類を解説しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

その他、下記の記事も読まれています。

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!【安全靴に最適なインソールをご紹介!】クッション素材とのバランスが大事!【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

コメントを残す