【イグニオのダイヤル式の安全靴をレビュー】口コミやサイズ感を紹介!【ワークマンとの比較あり】

【イグニオのダイヤル式の安全靴をレビュー】口コミやサイズ感を紹介!【ワークマンとの比較あり】

どーも、靴の仕事歴11年のリョクシンです。

今回は、イグニオのダイヤル式プロスニーカーをレビュー!

リョクシン
結論から申し上げますと、コスパ抜群の疲れにくいプロスニーカー。

「ダイヤル式のプロスニーカーがほしい」

「滑りにくくて耐久性のあるプロスニーカーを探している」

「アシックスのウィンジョブでは価格が高くて手が出ない」

リョクシン
そんな方におすすめのプロスニーカーです。

価格はそこまで高くないのですが、滑りにくさと疲れにくさは間違えありません。

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

イグニオのダイヤル式の安全靴をレビュー!口コミやサイズ感、ワークマンと比較します!

イグニオはスポーツメーカーであり大手販売店『アルペン』のプライベートブランド。

イグニオのダイヤル式安全靴をレビュー

評価項目詳細
品番IGS1037TGF
価格¥6,578(定価)
サイズ22.5~29.0cm
足幅(ワイズ)3.5E
カラー展開3色
安全性JSAAのA種
★★★★☆(星4つ)
通気性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

イグニオはアルペンが「真の心地よさ」を求めて開発したブランド。

プロスニーカーなどの作業靴だけでなく、スポーツ用品やアウトドア製品もラインナップしています。

リョクシン
靴だけじゃなく、コート競技の設備やテントなどあらゆる製品ジャンルで商品を構成し、コンセプトのとおり使いやすい製品が多い!

口コミ

イグニオを知っている方にとってはスポーツやアウトドア用品のイメージがあるので、驚くみたいですね!

アルペンは関連企業にダイヤル式TGFのOEMメーカーの株式会社ジャパーナがあるので、ダイヤル式を推していましね。

リョクシン
作業靴だけではなく、ゴルフシューズでもダイヤル式が多く評価されており、アルペンは今後もダイヤル式を強化していくでしょう。

ワークマンは手袋や安い合羽など消耗品では良いのですが、作業靴では圧倒的にイグニオでしょう。

ワークマンとイグニオは比較対象になりがちですが、価格が高い分イグニオの方が機能性が高い!

リョクシン
そのため疲れにくさや耐久性を求めたい方にはイグニオをおすすめします。

カラーバリエーション

イグニオのIGS1037TGFのカラーバリエーション

イグニオのプロスニーカーの中で1番おすすめはIGS1037TGFです。

IGS1037TGFのカラーバリエーションは3色。

リョクシン
どれもスポーツテイストなデザインでかっこいいですね!

重量感

イグニオのIGS1037TGFの重量は27.0cmで436g

イグニオのIGS1037TGFの重量感は27.0cmで436gです。

プロスニーカーの中では重たくもなく軽くもない部類。

リョクシン
イグニオはさずがアルペンの製品だけあって足にフィットし、重量以上に軽く感じます。

サイズ感

イグニオのプロスニーカーのサイズ感

イグニオのIGS1037TGFのサイズ感はすこし大きめか普段履きスニーカーと同じでOK。

私はフィッティング性が高くないと疲れやすいと考えているため、0.5cm小さめを選びましたが問題なしです。

リョクシン
コンバースなどの普段履きが27.5cmのところ、27.0cmを選択。

↑目次へ戻る↑

メリット

イグニオの安全靴のメリット

ここからはイグニオのIGS1037TGFのメリットを見ていきましょう。

メリットは下記のとおり。

メリット
  1. ダイヤル式
  2. 滑りにくい
  3. インソール入り
  4. クッション性が高い
  5. 汚れが靴に入りにくい
  6. つま先素材が破れにくい
  7. JSAAのA種のプロスニーカー

それぞれ見ていきましょう。

ダイヤル式

イグニオのIGS1037TGFはダイヤル式

イグニオIGS1037TGFはダイヤル式のプロスニーカー。

ダイヤルはTGFというアルペンのグループ内の株式会社ジャパーナが展開するダイヤルです。

イグニオのダイヤル式TGFの使用方法

TGFのダイヤルは3秒で簡単にフィットしたり緩めたりできます。

画像のとおりですが、時計回りに回すことで、フィットさせることが可能。

リョクシン
ダイヤルを引くことで、フィット感を緩めることができます。

TGFのダイヤルは押してから回す

フィットさせるときはまずは、ダイヤルを押してください。

フィット感を緩めるときにダイヤルを引くとお話しました。

リョクシン
しかし、引いた状態で回してもダイヤルが回るだけで、足にフィットしません。

TGFダイヤルの締め方

ダイヤルを押したら、時計周りに回しましょう。

細かく動く作業があるときは、きつめに締めることで作業性がアップしますし、お昼休憩などのときは緩めて履くことで、疲労感を減らすことが可能!

リョクシン
靴紐だとこの調整が大変ですが、ダイヤル式なら簡単です。

イグニオのIGS1037TGFはカカトでフィット

フィッティングにはカカト幅が大事です。

イグニオIGS1037TGFのカカト幅は細身でしっかりホールドしました。

リョクシン
カカト幅とダイヤルでしっかりフィットするので、作業性も高いと言えます。

滑りにくい

イグニオの安全靴は滑りにくい

イグニオIGS1037TGFは滑りにくいのが特徴。

すべて滑りにくいゴム素材を使用した靴底でした。

イグニオの安全靴の靴底

靴底には溝がたくさんあります。

この溝が機械油や水滴などを「かき出す」ので地面との設置面積が増えるので、滑りにくい!

リョクシン
小石などが詰まると機能しないので、定期的にメンテナンスしましょう。

イグニオの安全靴は着地が安定する

カカト側の靴底も滑りにくい構造。

カカト側の1番先まで滑りにくいので、着地が安定します。

リョクシン
段差や足場作業などあらゆ現場で活躍するでしょう。

インソール入り

イグニオのIGS1037TGFはインソール入り

イグニオIGS1037TGFはインソール入り。

軽くてクッション性のあるEVA素材です。

リョクシン
またカカト側がコップのようにフチが曲がっており、足にフィットしやすい構造。

イグニオのプロスニーカーのインソール裏面

インソールには通気口があり、本当に多少ですが、通気性アップが見込まれます。

インソールの素材がしっかりしているので、疲れにくいと感じました。

クッション性が高い

イグニオの安全靴はクッション性が高い

イグニオIGS1037TGFはクッション素材が厚めの設計。

そのため衝撃をしっかり吸収できるため疲れにくい。

リョクシン
インソールと厚めのクッションのW効果で疲れにくいです。

JSAAのA種

イグニオのIGS1037TGFはJSAAのA種

イグニオIGS1037TGFの先芯強度はJSAAのA種です。

JSAAをクリアした靴をプロテクティブスニーカー(プロスニーカー)と呼称が可能。

リョクシン
JSAA規格の中でもA種あるとほとんどの現場で使用することができます。

つま先素材が破れにくい

イグニオIGS1037TGFはつま先が破れにくい

イグニオIGS1037TGFのつま先には凸凹(デコボコ)した素材が貼り合わせていました。

デコボコしていると衝撃を逃しやすいため、つま先が衝突しても破れにくい!

イグニオIGS1037TGFはつま先素材が破れにくい

さらに、靴底のゴム素材がデコボコのつま先素材の前にもありました。

これもつま先の素材を破れにくくするポイント。

リョクシン
つま先が破れると雨が入ってきやすかったり、耐久性が落ちるので、つま先素材が破れにくいのは大事です。

砂が靴に入りにくい

イグニオのIGS1037TGFは砂が入りにくい

砂が靴に入りにくいメリットもあります。

掘削や解体など作業をしていると、土ほこりや砂などが舞うこともあるでしょう。

リョクシン
靴の中に砂など粒子が入ると痛いし気になるので、靴の中に入りにくいのは、とても助かります。

↑目次へ戻る↑

デメリット

イグニオのIGS1037TGFは通気性が低い

最後にイグニオIGS1037TGFのデメリットを見ていきましょう。

イグニオIGS1037TGFのデメリットは下記のとおり。

デメリット

通気性が低い

前述のとおり、作業中に石ころや砂が入ってきにくいメリットがある反面、通気口がないため通気性が低いデメリットがありました。

とくにつま先に通気口がないのはデメリットであり、歩行のメカニズム上でも靴内部を通気することができません。

リョクシン
そのため、ダイヤル式で通気性をお求めの方は下記の記事から別の製品を検討してみてください。

【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

↑目次へ戻る↑

イグニオのダイヤル式の安全靴の口コミやサイズ感のレビューをまとめます。

当記事ではイグニオIGS1037TGFをレビューしました。

イグニオIGS1037TGFはアルペンが開発したプライベートブランドで高機能でありながら、低価格のプロスニーカーです。

リョクシン
安かろう悪かろうなプロスニーカーを購入したくない方におすすめなちょうど良い価格帯の製品。

アシックスのウィンジョブに手が出ない方におすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「疲れにくい安全靴やプロスニーカーがほしい」

そんな方に向けて疲れない安全靴やプロスニーカーを厳選して紹介した記事があります。

もっと詳しく解説
安全靴のおすすめ品を紹介します。立ち仕事でも疲れない!【安全靴で疲れない製品はコレだ!】立ち仕事でもクッション性抜群!【レディースもあり】

その他、下記の記事も人気です。

もっと詳しく解説
【安全靴の販売店をご紹介!】ホームセンターやワークマンなど店舗がおすすめ! 【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します! 【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します! 【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介! 【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

コメントを残す