【エルフ(elf)の安全靴をレビュー】ピットシューズとして開発された安全スニーカー!

【エルフ(elf)の安全靴をレビュー】ピットシューズとして開発された安全スニーカー!

どーも、靴の仕事歴11年のリョクシンです。

今回は、エルフの安全靴をレビュー!

リョクシン
結論から申し上げますと、ピットシューズをモチーフにした安全スニーカーです。

「疲れにくい安全スニーカーがほしい」

「耐久性の高い安全スニーカーを探している」

「見た目のカッコイイ安全スニーカーを履きたい」

リョクシン
そんな方におすすめの製品です。

実際に履いてみて「厚底で疲れにくい、おしゃれ、歩きやすい」という感想でした。

JSAAやJISの安全性基準は、通過していないため、基準が定められていない現場でおすすめします!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

エルフの安全靴をレビュー!サイズ感や重量、ラインナップを紹介!

エルフの安全靴とは広島化成が企画販売する安全スニーカー。

エルフの安全靴とは広島化成が企画販売する安全スニーカー。

評価項目詳細
品番ELG02
価格¥5,980(定価)
サイズ24.0 ~ 28.0cm
足幅(ワイズ)3E相当
カラー展開3色
安全性JISのS種相当
★★☆☆☆(星2つ)
通気性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境JISやJSAAの基準が不要な作業工程

1995年からエルフはピットシューズをラインナップしています。

ピットシューズとは、F-1などモータースポーツにて整備する方が履く靴のこと。

リョクシン
重たいモノを運ぶため、つま先には、安全靴のような芯が入った物があります。
補足

オートバイの競技や一般の方のツーリングでも安全靴が履かれていることからもつま先保護は重要。

エルフはピットシューズとしてラインナップされているため、JISやJSAAの試験をクリアしていませんが、メーカーが行った同等のテストはクリアしています。

※JIS規格のS種

ラインナップ

エルフのELG01のカラーバリエーション

エルフの安全スニーカーは全部で2種類ありました。

まずミッドカットのELG-01。

リョクシン
ダイヤル式でミッドカットなので実用的で足首を守ってくれます!

エルフのELG02のカラーバリエーション

あと私が購入したローカット版のELG-02です。

どのデザインも作業靴のようには見えなくカッコイイですね!

↑目次へ戻る↑

サイズ感・重量

エルフの安全靴の重量は27.0cmで495g

ここからはエルフの安全スニーカーの重量とサイズ感をレビューします。

まずは重量ですが、27.0cmで495gでした。

リョクシン
安全スニーカーの中ではそこまで軽くないものの耐久性とクッション性が高い素材を使用しているので仕方のないところ。

サイズ感

エルフの安全靴のサイズ感

エルフの安全スニーカーのサイズ感は普段履きスニーカーと比較してすこし大きめ。

普段履きスニーカーとは、コンバースやナイキなどのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

↑目次へ戻る↑

エルフの安全スニーカーを詳しくレビュー

ここからはエルフの安全スニーカーを詳しくレビューしていきます。

エルフの安全靴を詳しくレビュー

エルフの安全スニーカーのメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 厚底
  2. 滑りにくい
  3. 着地が安定
  4. インソール入り
  5. つま先が破れにいくい
  6. トーアップで歩きやすい
  7. 3本マジックテープでフィッティング性高い
デメリット

JISやJSAAの試験をクリアしていない

詳しく見ていきましょう。

厚底

エルフの安全靴は厚底

エルフの安全スニーカーはELG01もELG02のどちらも厚底

エルフの安全靴はクッション性高い

クッションが厚めなので衝撃を吸収しやすいので疲れにくいです!

インソール入り

エルフの安全靴はインソール入り

厚底に加えてエルフの安全スニーカーはインソール入り

さらに衝撃を吸収できるので疲れにくいと言えます。

エルフの安全靴のインソールは疲れにくい

インソールの裏面を見るとクッション素材が複数使用されているのが分かります。

エルフの安全靴のインソール構造

クッション素材を複数使用することで加重が分散されやすく疲れにくい。

エルフの安全靴はカップインソール

エルフの安全靴のインソールはカップインソール形状です。

カカト下にあたる部分の靴と足との隙間を埋めることができるので、足にしっかりフィット。

リョクシン
フィッティング性が高いと靴の中でブレにくいので、余計な踏ん張りを抑えることができるので疲れにくくなります。

トーアップで歩きやすい

エルフの安全靴はトーアップで歩きやすい

エルフの安全靴はつま先が反り上がったトーアップ形状

トーアップはつまずき防止と歩きやすさ向上の効果が見込まれます。

リョクシン
また厚底の靴は歩きにくいデメリットがあるのですが、エルフの安全スニーカーはトーアップでデメリットを改善していました。

着地が安定

エルフの安全靴は着地が安定

エルフの安全スニーカーはつま先と同様にカカトも削れた形状。

この形状は着地や歩行が安定する効果があります。

リョクシン
段差がある場所でも活躍します。

滑りにくい

エルフの安全靴は滑りにくい

エルフの安全スニーカーは滑りにくい靴底。

エルフの安全スニーカーの滑りにくい靴底

とくにつま先の下あたりの靴底はゴム素材を使用しているため滑りにくい!

その他の部分はゴムとEVAのハイブリッド素材。

リョクシン
ハイブリッド素材はどちらかというと軽量性を重視しているので滑りにくくはありません。

つま先が破れにくい

エルフの安全靴はつま先が破れにくい

エルフの安全スニーカーはつま先素材が破れにくい。

つま先に補強のための樹脂素材を貼り合わせています。

エルフの安全靴は巻き上げソール

樹脂素材の次に靴底の素材があるので、さらに耐久性が高い!

リョクシン
つま先が破れてしまい買い替えることが少ないでしょう。

3本マジックテープ

エルフの安全靴はマジックテープでサイズ調整

エルフの安全スニーカーは3本マジックテープでサイズ調整します。

マジックテープ3本はフィッティング性がアップ。

リョクシン
ただし、脱ぎ履きはしにくいので注意が必要です。

マジックテープの面積が広い

マジックテープの面積が広いので足の甲が高い方や低い方でも合わせやすい。

休憩の際には緩め、作業の際にはフィッティング感を高めるなど容易にサイズ感を変えることができます。

リョクシン
そのシーン毎に分けて使用しましょう。

安全基準ない

エルフは安全基準をクリアしていない

最後にエルフの安全スニーカーのデメリットを見ていきましょう。

エルフの安全スニーカーのデメリットはJISやJSAAの安全基準のテストをクリアしてないこと。

リョクシン
メーカーの自社テストでは、JIS規格のS種はクリアしていますが、外部機関ではないのでS種相当となります。

安全性基準の指定がない現場や工程で使用しましょう!

↑目次へ戻る↑

エルフの安全スニーカーのレビューをまとめます。

当記事では、エルフの安全スニーカーをレビューしました。

エルフの安全スニーカーはJISやJSAAの認定がないもののつま先に先芯の入った安全スニーカー。

リョクシン
厚底で疲れにくく、見た目もカッコイイ商品です。
補足

安全性基準のない現場や工程、ツーリングなどの普段使いにおすすめ!

下記、簡単に記事をまとめます。

エルフの安全スニーカーのメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 厚底
  2. 滑りにくい
  3. 着地が安定
  4. インソール入り
  5. つま先が破れにいくい
  6. トーアップで歩きやすい
  7. 3本マジックテープでフィッティング性高い
デメリット

JISやJSAAの試験をクリアしていない

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「疲れにくい安全靴やプロスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けておすすめの安全靴やプロスニーカーを解説しました。

もっと詳しく解説
安全靴のおすすめ品を紹介します。立ち仕事でも疲れない!【安全靴で疲れない製品はコレだ!】立ち仕事でもクッション性抜群!【レディースもあり】

コメントを残す