【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、メッシュの安全靴について解説しました。

部屋にある大量の靴

ちなみに、筆者の家の中は、画像のとおり靴だらけ!

たくさんの安全靴を履いてきました。

リョクシン
そんな筆者がメッシュの安全靴を解説します。

アシックスやミズノなどメーカー別とハイカットなどの形状別に解説しました。

ぜひ、見てみてください!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

メッシュの安全靴とは?メリットとデメリット、おすすめ製品を解説!

いきなり本題ですが、実はメッシュの安全靴は存在しません

理由の1つに安全靴と認定されるに必要な基準にJIS規格T8101というモノがあります。

JIS規格T8101により安全靴にはメッシュではなく本革を使用することが定められていました。

リョクシン
そのため、JIS規格をクリアした安全靴はないのです。

ただし、メッシュのプロスニーカーはありました

プロスニーカーとは、安全靴と同じような試験をして安全性をクリアした靴のこと。

リョクシン
本革である必要がなく、スニーカーのようなテイストの靴に先芯が入っているイメージです。
安全靴とプロスニーカーの違い

安全靴・・・JIS規格T8101をクリアした靴のこと

プロスニーカー・・・JSAA規格をクリアした靴のこと

そして、現在ではプロスニーカーが主流となっています。

プロスニーカーの方が作業性が高く安全性が高いし、蒸れにくいので疲れにくい!

リョクシン
筆者も一般的な現場では、安全靴よりもプロスニーカーをおすすめします!

メッシュのメリット・デメリット

ここからはメッシュのメリットとデメリットを見ていきましょう。

下記のとおりです。

メリット
  1. 軽量になる
  2. 通気性が高い
  3. 通気性が高いから疲れにくい
  4. 通気性が高いから臭いにくい
デメリット
  1. 汚れやすい
  2. 耐久性が低い
  3. 靴の中に異物が入りやすい

通気性の高いメリットは測り知れませんが、デメリットも痛手ですね。

とくに耐久性が低いのが厳しいところ。

リョクシン
せっかくアシックスやミズノ、ミドリ安全などメーカー品を購入しても耐久性が低いのは残念ですね。

その代わりに快適性は高いので、メリットとデメリット踏まえて選んで見てください!

ゴアテックスや靴底から通気するタイプもありますが、メッシュにはかないません

リョクシン
本気で通気性を求めるなら、メッシュで決まりです!

それではメッシュのプロスニーカーを見ていきましょう。

おすすめ製品は下記のとおりです。

↑該当箇所までタップするとジャンプできます。

「すべて見てみたい」という方は、このまま読み進めてください!

詳しくみていきましょう。

↑目次へ戻る↑

薄底

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ21.5~30.0cm(2E)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境細かい動きの多い方
脱げたら困る方
足が細身の方

メッシュで薄底なプロスニーカーでおすすめなのが、ウィンジョブ®︎CP210です。

ウィンジョブ®︎CP210は、クッション素材の厚みが薄めの薄底

リョクシン
しっかり、地面と捉えることで安全性がアップします。

薄底なのに疲れにくい

ウィンジョブ®︎CP210は薄底ですが疲れにくい

ランニングシューズに使用されるFlyteFoamとFuzeGelというクッション素材を採用しています。

リョクシン
薄底で疲れにくいのは、ワークシューズにはない画期的な靴ですね。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは上記のとおり。

ランニングシューズのようなカラーリングでかっこいいです。

リョクシン
レッド系は、ファッション的だと感じました。

細身でしっかりフィット

ウィンジョブ®︎210は、シリーズの中でも珍しい2Eで細身です。

アシックスの製品は、そもそもフィッティング性が高いのですが、さらに高まった印象。

リョクシン
靴ヒモですし、靴ヒモもロングタイプなので、幅が多少広めの人にもサイズ調整ができました。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP210のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、アディダスなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して27.5cmを選びました。

サイズ選びのご参考まで筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

ウィンジョブ®︎CP210は、他のウィンジョブシリーズと比較して小さめです。

ぜひ、参考にしてみてください。

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP210をレビュー】ホールド力と動きやすさに特化したアシックスの安全靴

【ウィンジョブCP210をレビュー】ホールド力と動きやすさに特化したアシックスの安全靴

↑目次へ戻る↑

靴ヒモ

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な作業現場

メッシュを使用した靴ヒモのプロスニーカーでおすすめなのは、ウィンジョブ®︎CP103です。

ウィンジョブ®︎CP103は、アシックスが開発したプロスニーカー。

リョクシン
その中でもかなり初期の頃から発売されているロングセラー品です。

耐久性を損なわないメッシュ配置

前述のとおり、一般的にメッシュ素材は通気性が高いのですが、耐久性に劣ります

その理由は、靴が足と連動して屈曲する部分にメッシュを使用しているため。

リョクシン
破れやすくなります。

しかし、ウィンジョブ®︎CP103は、画像のとおりストレスのかかる部分にはメッシュがありません

そのため、耐久性を保持しながらメッシュで通気することができます。

リョクシン
しっかり計算されていますね。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、全部で3色

泥や土砂がある現場では、ブラックがおすすめ!

リョクシン
どれも間違えありませんね。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP103のサイズ感は、すこし大きめ。

プーマ(ワークを除く)などの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考まで筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

ぜひ、参考にしてみてください。

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP103をレビュー】ロングセラーなアシックスの安全靴(プロスニーカー)

【ウィンジョブCP103をレビュー】ロングセラーなアシックスの安全靴(プロスニーカー)

↑目次へ戻る↑

ダイヤル式

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

メッシュを使用してダイヤルのプロスニーカーでおすすめなのは、ウィンジョブ®︎CP209Boaです。

ウィンジョブ®︎CP209Boaは、ダイヤルにカバーのついた製品。

リョクシン
ダイヤル式のデメリットである破損を防止します。

破損しても無償で修繕キッドはもらえます。

ただし、修繕されるまで履けないので注意しましょう。

脱ぎ履きラクラク

Boa®︎のダイヤル式使い方

ダイヤル式は、脱ぎ履きしやすいのに、フィッティング性が高いのが最大のメリット

靴ヒモとスリッポンのメリットを両取りといった感じです。

リョクシン
「ダイヤル式+アシックスの設計」であることがフィッティング性を高いポイントでしょう。

「だた、ダイヤルにすればフィッティング性が高い」という訳ではありません。

カラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP209Boaのカラーバリエーションは4色

オールグレーが珍しいと思いました。

リョクシン
ビルメンテナンスでは、「汚れが目立ちすぎないが、汚れているのがわかる」のが大事なので、グレーが評価されているのでしょう。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP209のサイズ感は、少し大きめ。

アシックス(ワーク除く)などの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、こちらは27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • ナイキ:27.5cm
  • アディダス:27.5cm
  • コンバース:27.5cm
  • アシックス(ワーク除く):27.5cm

革靴

  • ランウォーク:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • テクシー:26.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

↑目次へ戻る↑

マジックテープ

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開6色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

マジックテープでメッシュのプロスニーカーでおすすめなのは、ウィンジョブ®︎CP202です。

ウィンジョブCP®︎202は、アシックスが開発したプロスニーカー。

リョクシン
メッシュ素材が多用されていました。

通気性に振り切ったプロスニーカー

ウィンジョブ®︎CP202は、マジックテープ以外すべてメッシュ素材です。

かなり通気性を意識したプロスニーカー。

リョクシン
夏場など汗をかきやすい環境でおすすめ!

また屋内で濡れる可能性がない職場の方には超おすすめします。

蒸れにくくて快適でしょう。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、全部で4色です。

屋内で使用する方は、黒がおすすめ!

リョクシン
解体の方は、オレンジでしょうか?

白い粉が目立ちにくいと思います。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP202のサイズ感は、すこし大きめ。

プーマ(ワークを除く)などの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • ナイキ:27.5cm
  • アディダス:27.5cm
  • コンバース:27.5cm
  • アシックス(ワーク除く):27.5cm

革靴

  • ランウォーク:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • テクシー:26.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP202をレビュー】アッパーの通気性の高いアシックスの安全靴

【ウィンジョブCP202をレビュー】アッパーの通気性の高いアシックスの安全靴

↑目次へ戻る↑

レディース向け

評価項目詳細
価格¥8,800〜(通販による)
サイズ21.0~28.0cm
サイズ感2E
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

メッシュでレディースのプロスニーカーでおすすめなのは、MWJ710です。

ワークシューズメーカーでトップメーカーのミドリ安全が開発しました。

リョクシン
ミドリ安全のワーク女子向け製品です。

広いメッシュ

MWJ710のメッシュは、かなり1つ1つの通気口が広いメッシュでした。

それも多く使用されているので、通気性はかなり高いでしょう!

カラーバリエーション

全部で2色です。

ブルー系は、ワーク女子に最適なデザイン。

リョクシン
ワーク女子向けとはいえ、サイズ展開は男性サイズまでありました。

作業着によっては、男性も問題ないでしょう。

ニューバランスみたいなデザインでした。

サイズ感

MWJ710のサイズ感は、大きめ

プーマなどの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが23.5cmに対して22.5cmでした。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のさサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • プーマ ⇒ 23.5cm
  • ニューバランス ⇒ 23.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • オールマイティFS32L ⇒ 23.5cm
  • ウィンジョブCP207 ⇒ 23.5cm
  • ミドリ安全MJW110A ⇒ 22.5cm
  • ミドリ安全MJW710 ⇒ 22.5cm

※足の幅はすこし広めです。

ちなみに、ワーク女子向けの製品は他にも多数ありました。

下記の記事から確認してみてください!

【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ミドリ安全MWJ710をレビュー】女性向けにサイズ設定とデザインしたプロスニーカー!

【ミドリ安全MWJ710をレビュー】女性向けにサイズ設定とデザインしたプロスニーカー!

↑目次へ戻る↑

安全スニーカー

評価項目詳細
価格¥2,500台〜(通販による)
サイズ22.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開8色
安全性★☆☆☆☆(星1つ)
JIS規格L種相当
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境靴の安全性の指定がない現場のみ

メッシュの安全スニーカーでおすすめなのは、タルテックス51649です。

安全スニーカーとは、JISやJSAAをクリアしていないが、つま先に先芯が入っている靴のこと。

リョクシン
安全性の試験はクリアしていない訳ですね。

設計がよい

意外と言うと怒られますが、靴の設計がよかったです。

安価品で、しかもユニフォームメーカーが開発したとは思えません。

リョクシン
設計がよいと足にフィットして疲れにくい。

ただし、JISもJSAAもクリアしていない安全スニーカーです。

安全性の指定がある現場では使用許可がおりません。

リョクシン
とはいえ、塗装など汚れやすい現場で、アシックスなどの高いプロスニーカーや安全靴を履くわけにはいきませんから、塗装の工程で現場監督などの許可をもらって使用するのをおすすめします。

ほとんど塗装の段階では、安全性の基準は解除されるでしょう。

カラーバリエーション

ユニフォームメーカーのアイトスがデザインしただけあって、ファッション的です。

安価品とは思えないデザインでしょう。

リョクシン
安全性の指定がなく、安全な現場であればおすすめの製品です。

サイズ感

タルテックス51649のサイズ感は、すこし大きめ。

プーマ(ワークを除く)などの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考まで筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • スウェード:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm
  • エアマックス:27.5cm
  • スーパースター:27.5cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

ぜひ、参考にしてみてください。

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【タルテックス51649をレビュー】コスパ抜群すぎる安全スニーカー

【タルテックス51649をレビュー】コスパ抜群すぎる安全スニーカー

↑目次へ戻る↑

【ハイカット】靴ヒモ

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な作業現場

靴ヒモでハイカットのメッシュを使用したプロスニーカーでおすすめな製品は、ウィンジョブ®︎CP104です。

ウィンジョブ®︎CP104は、アシックスが開発したプロスニーカー。

リョクシン
ラインナップの中でも、ハイカットで通気性の良い製品です。

メッシュ素材

アッパーにメッシュ素材を多用していました。

蒸れにくいので疲れいくい!

靴ヒモをいれる穴をハトメと呼びます。

ハトメをメッシュ素材にダイレクトに付けずに、補強材にハトメを設置していました。

リョクシン
これにより破れにくく、耐久性が改善されます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、全部で2色ですが、ブラックが無難ですね。

ブラックとゴールドはファッション的にも良い!

リョクシン
カラビナ的な身に着ける道具ともカラーリングでバッチリです。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP209のサイズ感は、少し大きめ。

アシックス(ワーク除く)などの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、こちらは27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • ナイキ:27.5cm
  • アディダス:27.5cm
  • コンバース:27.5cm
  • アシックス(ワーク除く):27.5cm

革靴

  • ランウォーク:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • テクシー:26.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP104をレビュー】通気性の高いハイカットのアシックスの安全靴

【ウィンジョブCP104をレビュー】通気性の高いハイカットのアシックスの安全靴

↑目次へ戻る↑

【ハイカット】マジックテープ

評価項目詳細
価格¥11,880〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開6色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

マジックテープでメッシュを使ったハイカットのプロスニーカーでおすすめなのが、ウィンジョブ®︎CP203です。

ウィンジョブ®︎CP203は、アシックスが開発したプロスニーカー。

リョクシン
ウィンジョブシリーズの中でも、通気性の高い製品です。

メッシュ素材を多用

ウィンジョブ®︎CP203は、マジックテープ以外のパーツはほとんどメッシュ

かなり通気性に特化した製品です。

リョクシン
ハイカットは蒸れやすいので、助かるラインナップですね。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、全部で5色

どれも良い感じなデザインです。

リョクシン
メッシュは汚れやすいので、ブラック系をおすすめしますが、粉が飛ぶ系の現場でしたら、淡いカラーリングがおすすめ!

淡い方が白っぽい汚れが目立ちにくいです!

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP203のサイズ感は、すこし大きめ。

プーマ(ワークを除く)などの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • ナイキ:27.5cm
  • アディダス:27.5cm
  • コンバース:27.5cm
  • アシックス(ワーク除く):27.5cm

革靴

  • ランウォーク:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • テクシー:26.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

↑目次へ戻る↑

【ハイカット】レディース向け

評価項目詳細
価格¥11,880〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開6色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

レディースのハイカットでメッシュを使用したおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP203です。

タップして飛ばした方以外は、先ほどご紹介した製品と同じ!

リョクシン
ワーク女子に最適なピンクのデザインです。

履き口の素材が分厚い

画像はオレンジですが、同じウィンジョブ®︎CP203です。

履き口の素材が分厚いので、しゃがみ動作のときに足が痛くなりません

リョクシン
長時間のしゃがみ動作でも跡にならないので、女性に最適でしょう。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP203のサイズ感は、少し大きめ

プーマ(ワーク除く)などの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが23.5cmに対して23.0cmでした。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • プーマ ⇒ 23.5cm
  • ニューバランス ⇒ 23.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • オールマイティFS32L ⇒ 23.5cm
  • ウィンジョブCP207 ⇒ 23.5cm
  • ミドリ安全MJW110A ⇒ 22.5cm
  • ミドリ安全MJW710 ⇒ 22.5cm

※足の幅はすこし広めです。

こちらの製品が気になった方は、下記の記事で詳しく解説しました。

あわせて、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

↑目次へ戻る↑

メッシュの安全靴のおすすめ製品のまとめ

当記事では、メッシュの安全靴について解説しました。

メッシュの安全靴はJIS規格の基準の理由から存在しません。

リョクシン
安全靴ではなくプロスニーカーであれば多数ありました。

現在ではプロスニーカーの方が主流です。

安全靴よりも使用できる素材が多く、よりスニーカー的で疲れにくいし動きやすい。

リョクシン
ゴアテックスや靴底通気など通気性を高める機能は開発されていますが、メッシュには勝てません。

通気性の高い製品をお探しの方はぜひ、メッシュのプロスニーカーをおすすめします。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

リョクシン
メッシュでおすすめした製品は下記のとおり。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっと安全靴とプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて、安全靴類を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

他のアシックスの安全靴とプロスニーカーは下記の記事で解説!

もっと詳しく解説
【アシックスの安全靴をすべて紹介!】ウィンジョブシリーズを超おすすめします!

女性の方は下記の記事もおすすめです!

「女性用の安全靴やプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて女性用の安全靴類を解説しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

その他、下記の記事も読まれています。

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!【安全靴に最適なインソールをご紹介!】クッション素材とのバランスが大事!【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

コメントを残す