【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、マジックテープの安全靴おすすめ製品を解説。

リョクシン
これまで30種類以上の安全靴を履いてきました。

部屋にある大量の靴

リョクシン
家にはメルカリで売るのが面倒で靴が溜まってくばかり笑

そんな靴オタクがマジックテープの安全靴を解説していきます。

マジックテープは、安全性や快適性、耐久性に優れるので1番おすすめ

リョクシン
ぜひ、参考にしてみてください!
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

マジックテープの安全靴を推奨する理由と「おすすめ商品」を解説します

まずは簡単にマジックテープのおすすめポイントを見ていきましょう。

マジックテープのおすすめする理由は下記のとおり。

マジックテープのメリット
  1. ほどけない
  2. 破損しにくい
  3. 脱ぎ履きがラクラク
  4. ズレがなかれば汚れにくい
靴紐のデメリット

ほどける可能性

ダイヤル式デメリット

壊れる可能性がある

マジックテープのデメリット

フィッティング性が低い

→ただし3本のマジックテープで解決

マジックテープが靴ヒモとダイヤルのデメリットをカバーしていることがわかります。

またそれに加えて、脱ぎ履きしやすいメリットがあるのがマジックテープ。

リョクシン
マジックテープのデメリットは、フィッティング性ですが、3本のマジックテープにすることで、改善されました。

靴ヒモと比べても、マジックテープがダントツでおすすめ

実際にダイヤルも増えてきましたが、やはりマジックテープが人気です。

リョクシン
ダイヤルは破損しても無償で修繕キッドが手に入りますが、そもそも治るまで履けません。

非常に不便なので、マジックテープをおすすめします。

そのマジックテープのおすすめ製品は下記のとおり!

【安全靴】とあるのがJIS規格をクリアした安全靴です。

その他は、JSAA規格をクリアしたプロスニーカー。

リョクシン
現在、プロスニーカーが主流です。

みなさんが履いているのもプロスニーカーでしょう。

安全靴は溶接などの火花が飛ぶ場所でおすすめします!

↑目次へ戻る↑

蒸れにくい部門

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ24.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、汗をかきやすい環境

ウィンジョブ®︎CP305ACとは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)です。

3本のマジックテープでフィッティング性が高くデメリットをカバーしていました。

リョクシン
クッションのサイド部分に通気口があるのが特徴です。

カラーバリエーション

解体などの白い粉が飛ぶ現場では、白系がおすすめ!

掘削など土ほこりが飛ぶ現場では、黒系が良いでしょう。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、メッシュなどの通気素材がないので、汚れにくくて耐久性も高い!

汚れが入ってこない

汚れが入ってこない様に、カバーがありました。

通気口がある靴を外で履くと汚れやすいデメリットがあります。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、しっかり対応していました。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP305ACのサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP305ACをレビュー】通気性が抜群のアシックスの安全靴!

【ウィンジョブCP305ACをレビュー】通気性が抜群のアシックスの安全靴!

↑目次へ戻る↑

レディース部門

評価項目詳細
価格¥8,140〜(通販による)
サイズ22.5~25.0cm
サイズ感3E
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

オールマイティFS32Lとは、ミズノが開発したプロスニーカー(A種)です。

レディース用に開発された製品。

リョクシン
ニット素材を使用していて蒸れにくい!

カラーバリエーション

カラーバリエーションは2色です。

どれも落ち着いたカラーで世代を問わず合わせやすい!

マジックテープ1本

マジックテープ1本とゴム紐でした。

紐は結んだりする必要がありません。

リョクシン
ほどける可能性がなく、安全性が高いです。

またマジックテープ1本だとフィッティング性が低くなりがち。

しかし、ゴム紐があるのでサイズ調整も柔軟です。

サイズ感

オールマイティFS32Lのサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

【ミズノのオールマイティFS32Lをレビュー】レディースのプロスニーカー(安全靴のような靴)

↑目次へ戻る↑

アシックス部門

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な作業現場

ウィンジョブ®︎CP102とは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)です。

超ロングセラー品で人気な製品。

リョクシン
マジックテープが3本あってしっかりフィッティングできます。

カラーバリエーション

全部で4色ありました。

どれも作業着に合わせやすいです。

耐久性を落とさないメッシュの配置

ウィンジョブ®︎CP102は、メッシュ素材を使用していました。

メッシュ素材は、通気性に優れるものの破れやすいデメリットがあります。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP102は、作業するときにメッシュにストレスがかかる部分には、メッシュ素材がありませんでした。

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP102のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP102をレビュー】安全性の高いマジックテープのプロスニーカー【アシックス】

【ウィンジョブCP102をレビュー】安全性の高いマジックテープのプロスニーカー【アシックス】

↑目次へ戻る↑

ミズノ部門

評価項目詳細
価格¥11,000〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、掘削、解体

オールマイティHW22Lとは、ミズノが開発したプロスニーカー(A種)です。

ミズノのクッション素材の特徴であるミズノウェーブを採用していました。

リョクシン
ウォーキングシューズやランニングシューズにも使用されています。

ちょっとずつ違いますが、機能性のポイントは変わりません。

カラーバリエーション

どれもカッコイイですね。

レッド系がカッコイイのですが、意外と作業着と合わないケースがあるので注意w

リョクシン
筆者の経験談ですねw

靴は単品で評価してしまうと、痛い目に合います。

作業着とのバランスを考えましょう。

ミズノウェーブ

ミズノウェーブとは、クッションに波状の構造がある製品のこと。

黒と白の素材の種類は同じなのですが、配合が異なります。

リョクシン
配合が異なる素材を噛み合わせると、衝撃吸収性が高まり疲れにくい!

さらにインソールも入っていたので、ミズノウェーブ+インソールの構造

かなり衝撃吸収聖を感じました。

リョクシン
疲れにくい!

サイズ感

オールマイティHW22Lのサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【オールマイティHW22Lをレビュー】ミズノのウェーブ機能で疲れにくいプロスニーカー!

【オールマイティHW22Lをレビュー】ミズノのウェーブ機能で疲れにくいプロスニーカー!

↑目次へ戻る↑

丸五部門

評価項目詳細
価格¥3,870〜(通販による)
サイズ24.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境細かい動きの多い現場

マンダムセーフティー737とは、丸五が開発したプロスニーカー(A種)です。

丸五は、足袋のリーディングカンパニーだけあって、靴の設計がよい!

リョクシン
低価格でありながら、しっかりした「ものづくり」です。

カラーバリエーション

黒と白ベースでした。

前述のとおり、解体では白ベース掘削では黒ベースがおすすめ!

リョクシン
全体的に汚れにくいのは、黒ベースですね!

マジックテープ1本

マジックテープは1本でした。

ただし、ゴム紐があるので、フィッティング性は高く感じます。

リョクシン
マジックテープ1本とゴム紐の仕様は今後増えるかもしれませんね。

「脱ぎ履きしやすくフィッティング性も高い」という理想を実現していました。

サイズ感

マンダムセーフティー737のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【マンダムセーフティー737をレビュー】通気性と履き心地に優れるコスパ抜群な安全靴【丸五】

【マンダムセーフティー737をレビュー】通気性と履き心地に優れるコスパ抜群な安全靴【丸五】

↑目次へ戻る↑

【安全靴】アシックス部門

評価項目詳細
価格¥16,500〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JIS:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境溶接・火花の飛ぶ環境

ウィンジョブFFR70sとは、アシックスが開発した安全靴(S種)です。

JIS規格をクリアした正真正銘の安全靴。

リョクシン
ただし、安全靴は多くの現場でハイスペックな製品となります。

JIS規格(H・S・L種)をクリアした安全靴が必要なのかをしっかり確認してからご購入ください。

筆者は安全靴が指定されていないのであれば、プロスニーカーをおすすめします!

カラーバリエーション

こちらも白と黒ベースですね。

白ベースにカラーのラインが入ったJIS規格をクリアした安全靴はめずらしい!

マジックテープ2本

マジックテープが2本でした。

2本のマジックテープは、3本に比較してフィッティング性に劣りますが、脱ぎ履きが楽。

リョクシン
またウィンジョブ®︎FFR70sのマジックテープは1本1ほんが太めです。

そのため、フィッティング性が高く感じました。

サイズ感

ウィンジョブ®︎FFR70sのサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

27.0cmでもほんの少し大きく感じます。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブFFR70Sをレビュー】アシックス の本革の安全靴!!

【ウィンジョブFFR70Sをレビュー】アシックス の本革の安全靴!!

↑目次へ戻る↑

ハイカットのマジックテープで安全靴のおすすめ製品をご紹介!

ここからはハイカットでマジックテープの安全靴とプロスニーカーをご紹介!

おすすめ製品は下記になります。

ハイカットでマジックテープですとフィッティング性で問題がある製品がありました。

これからご紹介する製品はすべて問題ありません。

リョクシン
詳しく見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

防水部門

評価項目詳細
価格¥21,670〜(通販による)
サイズ24.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境雨天・汗をかきやすい場所

ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)です。

マジックテープ3本でしっかりフィットしました。

リョクシン
ゴアテックスで防水でありながら、蒸れにくいのも特徴。

カラーバリエーション

全部で3色ありました。

蛍光色は、視認性が高まり安全性がアップ!

リョクシン
湿気の多いトンネル作業や雨天時の暗闇作業でもおすすめです。

ゴアテックス

ゴアテックスが靴の中に一周ありました。

ゴアテックスで靴内部の湿度を逃がせるものの、水分の侵入は防ぐことが可能!

リョクシン
防水の靴は、蒸れやすいので嬉しいですね!

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP601G-TXのサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP601をレビュー】防水ゴアテックスでハイカットの安全靴【アシックスが開発】

【ウィンジョブCP601をレビュー】防水ゴアテックスでハイカットの安全靴【アシックスが開発】

↑目次へ戻る↑

蒸れにくい部門

評価項目詳細
価格¥11,880〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

ハイカットでマジックテープの蒸れにくい製品でおすすめなのが『ウィンジョブ®︎CP203』です。

ウィンジョブ®︎CP203の表面素材のほとんどがメッシュ素材を採用!

リョクシン
蒸れにくく疲れにくい!

カラーバリエーション

全部で5色ありました。

どれもファッション的ですね。

リョクシン
ピンクの色合いも濃いめなので、女性だけじゃなく、作業着によっては男性も合うと思います。

通気性が高い

マジックテープとつま先、カカト部分を除き、すべてメッシュ素材です。

かなり通気性が高く感じました。

リョクシン
ただし、耐久性は多少劣るので、気になる方は、メッシュ素材を使用していないタイプを選びましょう!

サイズ感

ウィンジョブ®︎CP203のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

【ウィンジョブCP203をレビュー】アシックスの通気性の高いハイカット安全靴

↑目次へ戻る↑

アシックス部門

評価項目詳細
価格¥11,880〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

ウィンジョブ®︎CP302とは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)です。

通気口がないので、蒸れやすいものの耐久性に優れました

リョクシン
見た目もカッコイイです!

カラーバリエーション

全部で5色です。

1番上の白ベースが細かいポイントですが、つま先とクッションのアイボリー色がファッション的!

リョクシン
レトロスニーカーの復刻版でよくあるデザインです。

アイボリー色の部分は、昔のスニーカーのウレタンクッションが黄変していることを表現しています。

白系のウレタン素材は、空気に触れると徐々に黄色くなる(黄変)。

リョクシン
その黄変を表している訳ですね。

履き口にクッション材

履き口は足首をサポートできるように、クッション材が入っていました。

ハイカットの安全靴の多くが、クッション材が入っていないため、しゃがみ動作で足が痛くなりがち。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP302は、クッション材でしっかりサポートされて痛くありませんでした。

サイズ感

ウィンジョブ®︎302のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、27.0cmを選びました。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

サイズ感

普段履きスニーカー

  • エアマックス:27.5cm
  • エアフォース:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • オールバーズ:27.0cm

革靴

  • テクシー:26.5cm
  • リーガル:26.5cm
  • ランウォーク:26.5cm

安全靴

  • ミズノ:27.5cm
  • アシックス:27.0cm
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP302をレビュー】ハイカットで異物が靴の中に入らないアシックスの安全靴

【ウィンジョブCP302をレビュー】ハイカットで異物が靴の中に入らないアシックスの安全靴

↑目次へ戻る↑

マジックテープの安全靴のおすすめ製品の紹介をまとめます。

当記事ではマジックテープの安全靴について解説しました。

マジックテープは靴ヒモやダイヤル式と比較して最もおすすめする留め具です。

リョクシン
マジックテープは安全靴に限らず、作業用の靴の中で、1番選ばれていました。

マジックテープの唯一のデメリットであるフィッティングは、3本のマジックテープで改善できました。

脱ぎ履きが少ないのであれば、3本のマジックテープがおすすめです!

リョクシン
安全性と利便性、耐久性の観点からもマジックテープがおすすめ!/prpsay]

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ご紹介したマジックテープ品のジャンルは、下記のとおり!

↑タップで該当する場所まで飛びます!

ご紹介しました「ハイカットのマジックテープ製品」のジャンルは下記のとおり。

ハイカットのおすすめ製品

ハイカットのマジックテープですとフィッティング性が低くなりがちですが、ご紹介した製品はすべて問題ありません。

ぜひ、参考にしてみてください!

リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「JISとJSAA規格適合の製品を見たい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

女性の方は下記の記事もおすすめです!

「女性用の安全靴やプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて女性用の安全靴類を解説しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

下記の記事も読まれています。

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!【安全靴に最適なインソールをご紹介!】クッション素材とのバランスが大事!【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

コメントを残す