【マンダムセーフティー737をレビュー】通気性と履き心地に優れるコスパ抜群な安全靴【丸五】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、マンダムセーフティー737をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、コスパ抜群なプロスニーカーです。

「安いけど高機能な安全靴がほしい」

「通気性の高い安全靴を探している」

「履き心地のよくてコスパ抜群な安全靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて、「通気性がある、すこし疲れにくい、異物が入りにくい」という感想を持ちました。

機能性と価格のバランスを重視したい方におすすめ!

 

マンダムセーフティ737とは?サイズ感をご案内

マンダムセーフティ737とは、株式会社丸五が開発したプロスニーカーです。

プロスニーカーとは、JIS規格をクリアをした安全靴とは違うものの、JSAAという安全性テストをクリアした製品。

JSAAという安全性基準をクリアした製品をプロスニーカーと呼びます。

評価項目詳細
価格¥3,870〜(通販による)
サイズ24.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境細かい動きの多い現場

安全靴は、「本革を使用する」などと言った通常の作業では、必要のない条件もありました。

そのため、安全靴は通気性や快適性、軽量性に劣ります。

しかし、プロスニーカーは本革というよりは、一般のスニーカーのようなメッシュなどを使用。

リョクシン
安全性が高くて、スニーカーのように履ける製品が多いです。

マンダムセーフティー737は、そのプロスニーカーになります。

安全性はJSAAのA種を獲得していました。

丸五は、足袋のメーカーだけあって、足にフィットして疲れにくい製品ばかり。

リョクシン
価格も安いですし、おすすめです。

サイズ感

サイズ感は、普段履きスニーカーと比較してすこし大きめ

普段履きスニーカーとは、ニューバランスやプーマなどのスポーツメーカー品です。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでちょうどでした。

リョクシン
サイズ選びの参考までに、筆者の所持している靴のサイズをご案内します。
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

リーガル ⇒ 26.5cm
テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴

ウィンジョブ ⇒ 27.0cm
軽技KA211 ⇒ 27.0cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

丸五のマンダムセーフティ737を詳しくレビュー

ここからは、丸五のマンダムセーフティー737を詳しくレビューします。

実際に履いてみて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 異物が入りにくい
  2. 通気性もある
  3. マジックテープでフィッティング
  4. JSAAのA種
  5. カカトをホールド
  6. 反射材付き
  7. クッションから通気する
  8. インソール入り
  9. 滑りにくい靴底
  10. 耐油の靴底
  11. 巻き上げソール
デメリット

連日の使用で履き心地は長続きはしない

メリットとデメリットを靴のパーツ毎にみていきましょう。

靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

異物が入りにくい

異物が入りにくいアッパーでした。

通気口のたくさんあるメッシュ素材を使用していません。

土ほこりや粉塵が靴の中に入る心配の少ない製品。

すこし通気口はある

裏から見たら分かります。

しっかり通気口がありますね。

表から見るとこんな感じ。

通気口と言っても穴は大きくありません。

また、細かい粒子も入りにくい工夫もされていました。

JSAAのA種

つま先の安全性は、JSAAのA種です。

A種でメーカー希望小売価格で¥4000を切っているのは凄い!

コスパ抜群です。

リョクシン
ほとんどの現場でJSAAのA種あれば良いでしょう。

カカトをしっかりホールド

カカトをしっかりホールドする構造でした。

カカトに当たる裏布には、いろんな足に合うようにクッション入りです。

マジックテープ1本

マジックテープ1本でフィッティングします。

脱ぎ履きがラクラク。

マジックテープ1本ですと、フィッティング性が低くなりがち。

リョクシン
ゴム紐がありますので、問題ありませんでした。

反射材付き

カカトの後ろに反射材がついていました。

これにより、夜間やトンネルなど暗闇作業で、光が当たることで視認性がアップ。

アッパーまとめ

  • メリット1:異物が入りにくい
  • メリット2:通気性もある
  • メリット3:マジックテープでフィッティング
  • メリット4:JSAAのA種
  • メリット5:カカトをホールド
  • メリット6:反射材付き

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

厚底で疲れにくい

マンダムセーフティ737は、厚底です。

厚底とは、クッションに厚みのある形状のこと。

素材にもよりますが、立ち仕事などでも疲れにくい形状です。

クッションから通気

クッションに通気口がありました。

クッションから空気を取り入れ、靴の中を通気します。

通気性のあるインソール

超メッシュのインソールでした。

その理由は、先ほどの通気するクッションにあります。

せっかく空気を送り込んでもインソールでブロックしては意味がありません。

リョクシン
よって、インソールの通気口が広くなっているのでしょう。

クッションまとめ

  • メリット7:クッションから通気する
  • メリット8:インソール入り
  • デメリット1:連日の使用で履き心地は長続きはしない

クッション素材がスポンジ素材のEVA一層だけなので、アシックスのようなクッション性が長く続くことがありません。

しかし、価格差を考えると当たり前ですね。

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ耐久性に関係します。

滑りにくい靴底の形状をしていました。

雨の日やすこしの油でも滑りにくいでしょう。

耐油性

靴底の素材は、油への耐久性がある耐油配合でした。

耐油は、滑りにくさを表すと思っている方多いのですが、実際には油への耐久性のこと。

耐油性なしで、油の上に乗ってしまうと靴底が伸びたり、硬くなったり、割れてしまうケースもありました。

巻き上げソール

靴底がカカト後ろまで来ていました。

白い部分で、巻き上げソールと言います!

車の運転や歩行時の着地を安定させます。

靴底まとめ

  • メリット9:滑りにくい靴底
  • メリット10:耐油の靴底
  • メリット11:巻き上げソール

↑目次へ戻る↑

丸五のマンダムセーフティー737の紹介をまとめます

当記事ではマンダムセーフティー737をレビューしました。

株式会社丸五が開発したプロスニーカー(JSAAのA種)。

丸五は、足袋もメインで製造していて、しっかりフィットする靴を設計します。

リョクシン
市場にないポイントでもモノ作りをしていますね。

アッパーから異物が入ってきにくいのに、通気性も良いという素晴らしい構造。

脱ぎ履きもしやすいのに、フィッティング性の高さも感じました。

価格は安いのですが、しっかり考えられた製品です。

リョクシン
コスパ重視の方におすすめ!

それでは簡単に記事をまとめます。

マンダムセーフティー737を履いて感じたメリットは下記。

メリット
  1. 異物が入りにくい
  2. 通気性もある
  3. マジックテープでフィッティング
  4. JSAAのA種
  5. カカトをホールド
  6. 反射材付き
  7. クッションから通気する
  8. インソール入り
  9. 滑りにくい靴底
  10. 耐油の靴底
  11. 巻き上げソール

デメリットは1つでした。

デメリット

連日の使用で履き心地は長続きはしない

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと安全靴・プロスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す