【オールマイティES31Lをレビュー】ニットとゴム紐で快適なミズノのプロスニーカー!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミズノのオールマイティES-31Lをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、ニットとゴム紐で快適なプロスニーカーです。

「通気性の高い安全靴がほしい」

「脱ぎ履きしやすいプロスニーカーを探している」

「足の幅が広くてアシックスの安全靴と合わない」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「疲れにくい、脱ぎ履きしやすく快適、滑りにくい」という感想でした。

アシックス製品が足に合わない方におすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

オールマイティES31Lとは?サイズ感や重量をレビュー

オールマイティES31Lは、ミズノが開発したプロスニーカー(A種)。

評価項目詳細
価格¥8,140〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感3E
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

ミズノは日本を代表するスポーツメーカーです。

建築や病院で使用する作業靴も多数ラインナップ

リョクシン
建築関係では、プロスニーカーが一般的です。

ミズノはプロスニーカーを『オールマイティ』というブランドでラインナップ。

プロスニーカーとは、安全靴のように安全性の基準を満たした靴のこと。

安全靴とプロスニーカー

安全靴・・・JIS規格T8101クリア

プロスニーカー・・・JSAA規格クリア

JISもJSAAも試験は、ほとんど同じ。

素材の使用制限がJSAAの方が少ないことと、最大の安全基準がJIS規格の方が高いです。

リョクシン
安全靴の基準は、本革などかなり高い基準のため、スニーカーテイストなプロスニーカーが主流。

オールマイティES31Lは、JSAAのA種でした。

A種がJSAAで最も安全な基準ですが、一般的な作業現場では、問題なく使用許可がおります。

リョクシン
火花がたくさん出るような現場では、プロスニーカーではなく、本革の安全靴を使用しましょう。

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別カラーを見ていきましょう。

まずは、重量からです。

重量

オールマイティES31Lの重量は、27.5cmで373gでした。

安全靴の市場では、軽い方ですね。

リョクシン
靴は、軽ければ良い訳ではありません。

重要なのは、フィッティング性です。

足にしっかりフィットしないと、下記のような問題がおきます。

デメリット
  • 靴ズレ
  • 滑りやすい
  • つま先が保護されない
  • 靴内で足が遊んでしまい踏ん張ってしまう

特に踏ん張ってしまうと余計に力を使うので疲れます。

自分の足に合う安全靴やプロスニーカーを探しましょう。

サイズ感

オールマイティES31Lのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して、27.5cmでした。

アシックスと同じ3Eですが、幅が広い印象を受けました。

サイズ選びのご参考までに、筆者の所持している靴をご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴・プロスニーカー・安全スニーカー

  • タルテックス ⇒ 27.0cm
  • ウィンジョブ ⇒ 27.0cm
  • オールマイティー ⇒ 27.5cm
  • ハイパーV#2000 ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

上記のようにジャンルやメーカーによってサイズ感は異なります。

ぜひ、参考にしてみてください。

別カラー

オールマイティES31Lは、別のカラーがありました。

どれもスポーツメーカーらしいデザインですね。

リョクシン
気になった方はぜひ!

↑目次へ戻る↑

ミズノのオールマイティES31Lを詳しくレビュー

ここからはミズノのオールマイティES31Lを詳しくレビュー

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性高い
  3. ニットで快適
  4. 反射材がある
  5. つま先補強あり
  6. ハトメ補強あり
  7. 脱げにくい構造
  8. ベロに厚みがある
  9. カカト裏布が破れにくい
  10. ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  11. インソール入り
  12. クッション性高い素材
  13. 滑りにくい
  14. 靴底に交換目安がある
デメリット
  1. ニットなので粉が付着しやすい
  • 筆者の足には合わなかった

メリット14個でデメリット1つ(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

通気性と安全性に優れる

オールマイティES-31Lは、通気性と安全性に優れました。

フィッティング性は、足の細い筆者には合わなかったです。

リョクシン
まずは、通気性から見ていきましょう。

ニット素材

オールマイティES-31Lのアッパーは、ニット素材がメインでした。

ニット素材は高い通気性があり柔軟性もあります。

リョクシン
スニーカーでは主流の素材ですね。

通気性が高いのですが、粉的な汚れは詰まりやすいんで注意しましょう。

JSAAのA種

つま先の先芯の強度は、JSAAのA種をクリア。

普通作業用として問題ありません。

リョクシン
先芯の表面には、補強用の素材が貼り合わされていました。

靴底のゴムも地味に活躍

靴底のゴム素材がつま先側までありました。

これにより先ほどのブルーの補強素材の衝突も避けてくれます

リョクシン
安全靴やプロスニーカーは、つま先の破れが交換のポイントになることもあるので、助かるでしょう。

反射材あり

安全性は、先芯だけではありません。

オールマイティES31Lは、反射材がありました。

リョクシン
夜間やトンネルなどの暗闇作業で光が当たると反射して視認性を高まります。

フィッティング性

オールマイティES31Lのフィッティング性は足の幅が広めに感じました。

そのため足の細い筆者には合いません。

リョクシン
サイズ調整は、ゴム紐で行います。

ゴム紐

ゴム紐は画像のとおり結ばなくてもOKな靴ヒモです。

引っ張るだけで、サイズ調整ができました。

リョクシン
靴の脱ぎ履きがラクラクです。

ハトメ補強

靴ヒモを入れる穴をハトメと言います。

ハトメが弱いと破れてしまうことがありました。

リョクシン
オールマイティES31Lは、ハトメがしっかり補強がされていますので安心です。

メッシュなど耐久性の低いアッパーにダイレクトに入れるようなハトメは破れやすいので気をつけましょう。

ベロ素材が厚い

オールマイティES31Lは、ベロ素材が厚めで足にフィットしやすい。

足の甲に当たる部分をベロシュータンと呼びます。

リョクシン
脱ぎ履きしやすい靴は、フィッティング性が低くなりがちなので、ベロが厚い製品を選ぶべき!

オールマイティES31Lは、問題ありませんでした。

カカトが細い

オールマイティES31Lは、カカトが細めでした。

これはフィッティング性を高める上では、大事なポイントです。

リョクシン
カカトを形成する月型芯という素材があるのですが、素材感も良いので、カカトがしっかりホールドされました。

カカト裏の素材

カカト裏の素材が、破れにくい素材感でした。

ザラ付きがなく、摩擦を起こしにくいです。

リョクシン
脱ぎ履きが多いと、破れやすい部分。

スムーズに足を入れることができました。

脱げにくい構造

カカトの頂点が少しつま先方面へ、曲がっているのわかりますか?

わかりにくいと思いますが、この曲線があると、脱げにくくなります。

リョクシン
ゴム紐で脱ぎ履きラクラクな分、履いた時にフィットする工夫がありました。

アッパーまとめ

  • メリット:軽い
  • メリット:通気性高い
  • メリット:ニットで快適
  • メリット:反射材がある
  • メリット:つま先補強あり
  • メリット:ハトメ補強あり
  • メリット:脱げにくい構造
  • メリット:ベロに厚みがある
  • メリット:カカト裏布が破れにくい
  • メリット:ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  • デメリット:ニットなので粉が付着しやすい
  • デメリット:筆者の足には合わなかった

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

クッションが厚め

オールマイティES31Lのクッション素材には、厚みがありました。

クッション素材に厚みのある靴を厚底といいます。

リョクシン
衝撃吸収に優れるので疲れにくい!

素材の配合がよい

オールマイティES31Lのクッション素材は、EVAでした。

EVAは、素材の配合によって機能が大きく変わります。

リョクシン
ミズノのスポーツシューズで培われた技術が活かされた素材配合で疲れにくい。

インソール入り

オールマイティES31Lには、インソールが入っていました。

クッション性に優れる素材で疲れにくい。

1番薄い部分で4.89mmです。

1番厚い土踏まず部分で5.94mmでした。

市販のインソール並に厚いことがわかります。

リョクシン
製品によっては、紙みたいに薄いインソールもありました。

オールマイティES31Lは問題ありません。

クッションまとめ

  • メリット:インソール入り
  • メリット:クッション性高い素材

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

全面ゴム素材

オールマイティES31Lの靴底は、全面ゴム素材でした。

滑りにくくするには、素材の種類と形状が大事です。

リョクシン
ゴム素材は、地面や床と摩擦を起こしやすく、滑りにくい!

形状も滑りにくい

オールマイティES31Lの靴底は、溝が多くありました。

水や油を「かき出す」ことができるので、溝が多いのは滑りにくい証拠です。

リョクシン
溝の配置が短調なので、土が詰まっても取れやすい!

交換目安あり

靴底に「ここまですり減ったら交換してください」というマークがありました。

派手に靴底がすり減っているのに、買い替えない作業者もいるので、指導できます。

リョクシン
しかし、個人的には交換目安で買い替えを判断するのは危険だと思いました。

というのも、買い替え目安の設定が低いからです。

「そこまですり減る前に滑るのでは?」と思ってしまいました。

リョクシン
いずれにせよ、買い替え目安は参考程度にしましょう。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい
  • メリット:靴底に交換目安がある

↑目次へ戻る↑

ミズノ『オールマイティES31L』のレビューのまとめ

当記事では、ミズノのオールマイティES31Lをレビューしました。

ニット生地で蒸れにくく快適です。

リョクシン
ゴム紐で脱ぎ履きもラクラクでした。

ゴム紐なので、結ぶ必要もなく、ほどけないので安心です。

ミズノのスポーツシューズで培われたクッション素材の配合も抜群でした。

リョクシン
3Eですが、足の幅が広い方におすすめします!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

オールマイティES31Lのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性高い
  3. ニットで快適
  4. 反射材がある
  5. つま先補強あり
  6. ハトメ補強あり
  7. 脱げにくい構造
  8. ベロに厚みがある
  9. カカト裏布が破れにくい
  10. ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  11. インソール入り
  12. クッション性高い素材
  13. 滑りにくい
  14. 靴底に交換目安がある

デメリットは1つです。

デメリット
  1. ニットなので粉が付着しやすい
  • 筆者の足には合わなかった
リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっと安全靴とプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて、安全靴類を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

女性の方は下記の記事もおすすめです!

「女性用の安全靴やプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて女性用の安全靴類を解説しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

その他、下記の記事も読まれています。

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!【安全靴に最適なインソールをご紹介!】クッション素材とのバランスが大事!【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!【安全靴の販売店をご紹介!】ホームセンターやワークマンなど店舗がおすすめ!ラバーテックRTU210は靴紐でフィッティング性が高い【靴紐の安全靴を集めました!】紐の結び方や通し方、長さを解説します!

コメントを残す