【ハイグリップNHS-700Nをレビュー】全方向に滑りにくいコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • ハイグリップNHS-700Nについて知りたい方
  • 滑りにくいコックシューズを探している方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
今回は、ハイグリップNHS-700Nについて解説します。

料理人シンコーちゃん

結論から申し上げますと、全方向に滑りにくいコックシューズでした。

「靴底が黒いコックシューズがほしい方」

「5色展開のあるコックシューズを探している方」

「全方向に滑りにくいコックシューズがほしい方」

「排水溝で滑りにくいコックシューズを探している方」

そんな方におすすめする製品です。

実際に履いてみて「細かいディテールが綺麗、履き心地がすこし硬めだがクッション性長持ち、滑りにくい」という感想を持ちました。

排水溝や全方向で滑りにくいコックシューズを探している方におすすめ!

 

ハイグリップNHS−700Nとは?サイズ感や取扱い店を紹介

ハイグリップNHS-700Nとは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でナンバー1メーカー。

コックシューズをハイグリップシリーズとして多数ラインナップしています。

シンコーちゃん
ラインナップが多くて覚えられません。

評価項目詳細
価格¥7,040~3,600
サイズ21.0~31.0cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
コックシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開6色(白・黒・グレー・ピンク・ブルー・グリーン)
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
粉モノでは滑る

ハイグリップNHS-700Nは、ミドリ安全のコックシューズの中でもハイスペックの部類です。

滑りにくさは2番目でした。

1番はハイグリップNHF-700という製品なのですが、そちらは全方向と排水溝には未対応なようです。

リョクシン
つまり場合によっては、1番滑りにくいと言っても良いでしょう。

色展開もコックシューズ市場で最大の6色展開です。

グレーとは何に使用するのか気になりました。

筆者の推測では、工場や給食の事業所で外で履くときに使用するのではないかと。

リョクシン
HACCP対応で、色分けをするときに、外で履くコックシューズを黒色を履くと汚れが目立ちにくいので、グレーを使用すると予測しています。

しかし、あくまで筆者の予測なので、実際に使用している方、ぜひ教えてくださいw

購入してみようかな・・・

 

ハイグリップNHS-700Nのサイズ感

ハイグリップNHS-700Nのサイズ感についてみていきましょう。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:1.0cm小さめ推奨

他コックシューズとの比較 : 0.5cm小さめ推奨

ハイグリップとの比較 : 同じサイズ推奨

普段履きのスニーカーとは、ナイキやアシックスなどスポーツメーカーですね。

他のコックシューズは、ハイパーVやワークマン、シェフメイトなど。

ハイグリップはミドリ安全のコックシューズで、ミドリ安全は、サイズが大きいので別枠にしています。

リョクシン
ハイグリップの中でもサイズ感が違う製品がありますが、NHS-700Nは他のハイグリップの中でも通常です。

今、ハイグリップH-100CとH-800から買い替えようとしている方は、0.5cm大きめを推奨します。

筆者は、ハイグリップNHS-700Nは、26.5cmを選びました。

筆者の靴のサイズは、普段履きは27.5cmで、他のコックシューズは27.0cmです。

シンコーちゃん
ジャンルやメーカーでここまでサイズが異なるんだね。

 

↑目次へ戻る↑

ハイグリップNHS-700Nをレビュー。メリットとデメリット解説

ここからは、ハイグリップNHS-700Nをレビューします。

実際に履いて感じたメリットデメリットは、下記でした。

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. 6色展開でHACCP対応
  3. クッション性が長続き
  4. クッションが汚れにくい
  5. 排水溝に対応した靴底
  6. 全方向滑りにくい
  7. 黒のNHS-700Nは、靴底の色が黒
デメリット
  1. 履き心地が全体的にはじめ硬く感じた
  2. 汚れがつまりやすい

圧倒的にメリットの方が多いコックシューズでした。

しかし、メリットとデメリットの一覧だけでは、わかりにくいと思います。

そのため、ハイグリップNHS-700Nをパーツ別に解説しました。

リョクシン
靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。
靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

シンコーちゃん
なるほど!

これで靴のパーツについては理解できました。

それでは、先ほどのメリットとデメリットに触れながらパーツ別にレビューしていきます。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まず、アッパーについて簡単に説明します。

アッパーは足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性耐久性やけど対策が求められます。

ハイグリップNHS-700Nのアッパーは、通常のポリウレタン素材です。

特に、目立った機能は感じられませんでした。

リョクシン

しかし、細かいディテールが綺麗でしたので紹介したいと思います。

甲ゴム

アッパーの足の甲に当たる部分を画像のようにめくると、甲ゴムという部位ができてます。

コックシューズは、靴ヒモやマジックテープがないため、サイズ調整において、甲ゴムが重要。

ミドリ安全の製品は、安価品からハイスペック品まで全て、甲ゴムの素材感がよいです。

リョクシン
ゴムの質はもちろんのこと、ゴムの加工が綺麗でした。

画像は、他メーカーの製品ですが、縫製の糸が、「ほつれて」いますね。

ミドリ安全のコックシューズは、20足以上見ていきましたが、1足も「ほつれて」いるのを見たことがありません。

糸ほつれは、カビや異物混入の可能性があり気をつけるべきポイントです。

月型芯

画像では見えないのですが、アッパーの内部にカカトの形状を作り出す「月型芯」という部位があります。

この月型芯の素材の質も良いモノを使用しているのではないかと。

実際に触ってみるとわかりますが、しっかりしています。

アッパーまとめ

  • メリット①:細かいディテールが綺麗
  • メリット②:6色展開でHACCP対応
シンコーちゃん
細かいディテールが綺麗なのは、やはり大手である証拠でしょう。

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地クッション性に大きく関係します。

クッション性が長続き

ハイグリップNHS-700Nは、EVAという素材を使用していました。

EVAは、プールで使うビート板に使われる素材で軽くて履き心地にすぐれる素材です。

素材を構成する配合によって、大きく機能性が変わる素材。

リョクシン
ハイグリップNHS-700Nは、すこしだけ硬めで、クッション性が長続きするような配合だと感じました。

汚れにくい

クッション部分がツヤツヤしていました。よって汚れがつきにくいでしょう。

EVA素材を使用しているコックシューズの多くは、ツヤツヤしていません。

ザラつきのある感触で、汚れがつきやすい製品もありました。

インソール付

以前は入ってなかった気がしたのですが、インソールが入っていました。

とくに優れたクッション性は感じませんが、インソールが取り外せるようになったので、市販のお気に入りのインソールと交換できます。

クッションまとめ

  • メリット③:クッション性が長続き
  • メリット④:クッションが汚れにくい
  • デメリット①:履き心地がすこし硬め

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係します。

ハイグリップ・ザ・サードというミドリ安全の中でも2番目に滑りにくい靴底。

今、1番滑りにくいのは、ハイグリップ・ザ・フォースを搭載したハイグリップNHF-700です。

しかし、前述のとおり排水溝や全方向の滑りに強い訳ではありません。

リョクシン
状況によっては、ハイグリップNHS-700Nが1番滑りにくいということ。

溝がとても深く、滑りにくいのが特徴。

溝が深いので、汚れがつまりやすいデメリットもありますが、滑りにくさは持続しやすいです。

靴底の色がブラック

黒色のハイグリップNHS-700Nの靴底は、ブラックです。

靴底がブラックですと、マーキングと行って床を汚してしまう可能性があるのですが、そういった話を知り合いからも聞きません。

むしろ、お客様の目に触れるお店の知り合いによると、靴底がオレンジや白、グレーはダサいし汚れが目立つので嫌だという意見がありました。

リョクシン
おそらく、靴底が黒いのはそういった声があったからでは無いかと推測しています。
靴底まとめ

  • メリット⑤:排水溝に対応した靴底
  • メリット⑥:全方向滑りにくい
  • メリット⑦:黒のNHS-700Nは、靴底の色が黒
  • デメリット②:汚れがつまりやすい

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:ハイグリップNHS-700Nは全方向滑りにくいコックシューズ

当記事では、ハイグリップNHS-700Nについて解説しました。

ハイグリップNHS-700Nは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でトップメーカー。

多数のコックシューズをラインナップする中で、2番目に滑りにくい製品でした。

排水溝や全方向の滑りにも対応していることからもハイスペック品であることがわかります。

転倒事故や滑りでお困りの飲食店の方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ハイグリップNHS-700Nを履いて感じたメリットは、7つありました。

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. 6色展開でHACCP対応
  3. クッション性が長続き
  4. クッションが汚れにくい
  5. 排水溝に対応した靴底
  6. 全方向滑りにくい
  7. 黒のNHS-700Nは、靴底の色が黒

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 履き心地が全体的にはじめ硬く感じた
  2. 汚れがつまりやすい
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

コメントを残す