【レビュー】ハイグリップNHS-700は全方向滑りにくい。

こんな人に読んでほしい
  • ハイグリップNHS-700の購入を考えている方。
  • ヨコ滑りが気になる方。
  • 滑りにくいコックシューズがほしい方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、ハイグリップNHS-700を紹介します。

みなさんがお履きのコックシューズ、ヨコ方向に滑りませんか?

実は、「滑りにくいコックシューズ」として売り出している製品でもヨコ方向の滑りに弱い製品があるのです。

ハイグリップNHS-700は、ヨコやナナメなど全方向滑りにくいコックシューズになります。

「ヨコ滑りで困っている」

「作業環境で振り返ること多い」

「どうしてもヨコ移動がある」

そんな方にオススメします。

実際に使用してみて、「全方向滑りにくい、クッションが汚れにくい、カカトをしっかりホールドする」と効果を実感しました。

 

ハイグリップNHS-700とは?

ハイグリップNHS-700とは、ミドリ安全株式会社が製造・販売しているコックシューズです。

ミドリ安全㈱の中でも1位2位を争う滑りにくさを持ちます。

ミドリ安全の中では、3番目に誕生した滑りにくい靴底です。

そのため、ハイグリップNHS-700の靴底を「ハイグリップ・ザ・サード」と呼んでいます。

今のところ、ハイグリップ・ザ・サードが一番新しい靴底です。

しかし、先日ある展示会でミドリ安全㈱さんが新商品「ハイグリップ・ザ・フォース」をお披露目していました。

2018年12月頃の発売のようです。

もちろん、発売したらレビューしたいと思います。

 

実際に使用してみて、感じたメリット

ハイグリップNHS-700を使用してみて感じたメリットを紹介します。

メリット
  • ①全方向滑りにくい
  • ②カカトをしっかりホールド
  • ③汚れにくいクッション

詳しく見ていきましょう。

 

①全方向滑りにくい

タテ方向だけではなく、ヨコ方向も滑りにくいです。

前述のとおり、コックシューズの中には、ヨコ方向への滑りが弱いモノがあります。

ハイグリップNHS-700は全方向滑りにくい靴底です。

ヨコ方向に移動する生産ラインやキッチンの作業現場で働かれている方にオススメします。

 

②カカトをしっかりホールド

カカトの素材がしっかりしています。

カカトの表面素材ではありません。

カカトの中にある月型芯という素材でしっかりホールドします。

ホールドされることでフィッティング性がアップ。

歩きやすく、疲れにくくなります。

さらにフィッティング性がアップすることで滑りにくくもなるのです。

フィッティング性がアップすると靴の中で足がズレません。

すると体重圧が靴底に伝わり靴底の性能がより強く発揮!!

コックシューズは、靴ヒモやマジックテープがないため、フィッティング性を求めるのがむずかしくなります。

そのため、数少ないフィッティングポイントである月型芯はマニアックですが、非常に重要です。

 

③汚れにくいクッション

ハイグリップNHS-700はクッションの外面が汚れにくいです!

外面がツヤツヤしているがわかりますか?

他のコックシューズは、クッション部分がここまでツヤツヤしたモノはありませんね。

ブラックのコックシューズは、そこまで目立ちませんが、ホワイトのコックシューズは、汚れやすいです。

パン屋さんなどフロアとキッチンを行き来する環境で働いている方には汚れにくさは重要になります。

汚れた靴でレジ打ちはお店のイメージを悪くするでしょう!

クッション部分が汚れている方は、ぜひハイグリップNHS-700を試してみてください。

 

その他の機能

わたしが履いて感じたメリット以外の機能を紹介。

その他の機能
  • 交換目安のスリップサインがある。
  • グレーチング(排水溝)対策あり。

簡単にみていきましょう。

 

交換目安のスリップサインがある。

靴底に「ここまで靴底がすり減ったら買い替えてね」っていう交換目安をスリップサインと呼びます。

ミドリ安全㈱の特許です。

これは、コックシューズの使い過ぎによる転倒事故を防止するためにあります。

ただし、あくまで目安です。

スリップサインがすべてではありません。

滑りを感じたらすぐに買い替えましょう。

 

グレーチング(排水溝)対策あり。

グレーチング(排水溝)の上でも滑りにくいです。

ただし、グレーチングといってもたくさんの種類があります。

ミゾの大小や形状などなど。

ですので恐らく、すべてのグレーチングに対応しているわけではありません。

しかし、グレーチング対応でないと靴底がミゾに詰まったり、滑ったり転倒事故の可能性が高まります。

グレーチングの多い作業環境の方はまずはハイグリップNHS-700から試してみましょう!

 

デメリット

ここからは、使用して感じたデメリットを紹介。

デメリット

幅が広い

幅広いですね。

わたしが幅がせまいのもありますが(笑)

よって幅が狭い方は避けた方がよいかもしれません。

ただ、前述のとおりカカトの月型芯がしっかりしているので、カカトをしっかりホールドしています。

ですので、幅は広いのですがカカトのフィッティング性が上がることで脱げることはなさそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、ハイグリップNHS-700について説明しました。

ハイグリップNHS-700はタテ・ヨコ・ナナメの全方向滑りにくいコックシューズです。

下記、簡単にまとめます。

ハイグリップNHS-700を履いて感じたメリットです。

メリット
  • ①全方向滑りにくい
  • ②カカトをしっかりホールド
  • ③汚れにくいクッション

また、実感したメリット以外にも機能がありました。

その他の機能
  • 交換目安のスリップサインがある。
  • グレーチング(排水溝)対策あり。

デメリットは1つです。

デメリット

幅が広い

 

コメントを残す