【ハイグリップH−100Cをレビュー】安価品とは思えないコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • ハイグリップH−100Cについて知りたい方
  • 安価品の中でも機能性の高いコックシューズを探している方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、ハイグリップH-100Cについて解説します。

結論から申し上げますと、安価品の中でも機能性に優れるコックシューズ。

「実績のある安いコックシューズについて知りたい」

「滑りにくい安いコックシューズがほしい」

「靴底が剥がれにくいコックシューズを探している」

そんな方におすすめなコックシューズです。

リョクシン

実際に履いてみて「靴底が剥がない、滑りにくい、履き心地は硬め」という感想を持ちました。

コックシューズの購入を予定していて、特に決まっていない方におすすめ!

正直なところ、履き心地は硬めでした。

クッション性もあって、安い製品をお探しの方は、ハイグリップH−700Nもおすすめします。

ハイグリップH−100Cとは?メリットとデメリットを紹介

評価項目詳細
価格¥5,720~2,720
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普通
コックシューズ比較
他のハイグリップよりは小さめ
ハイグリップH−800とは同じ
カラー展開白・黒・ピンク・グリーン・ブルー
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境外食店◎
食品工場◯
給食◯
ラーメン△

ハイグリップH−100Cとは、ミドリ安全が開発したコックシューズ。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でトップシェアです。

コックシューズをハイグリップシリーズとして多数ラインナップ。

リョクシン

実は店舗ではあまり見かけないメーカーさんです。
ユーザーに直接販売したり通販がメインですね。

シンコーちゃん

ハイグリップH-100Cは、ハイグリップシリーズの中では安価品の部類でした。

しかし、製品を手に取って履いて見て感じたのは、ただの安価品ではないとうこと。

細かいディテールは綺麗ですし、滑りにくいですね。

あくまでミドリ安全のラインナップの中では安価品ということでしょう。

シンコーちゃん

そんなハイグリップH-100Cを履い感じたメリットデメリットは下記になります。

メリット
  1. 安価品とは思えない位、ディテールが綺麗
  2. 歩きやすいトーアップ形状
  3. 靴底が剥がれようがない
  4. 滑りにくい靴底
デメリット
  1. 履き心地が硬め
  2. ものすごい滑りにくいわけではない

うーん。

メリットとデメリットの一覧では、さっぱり分からないね。

シンコーちゃん

リョクシン

ということで画像たくさん使って、次項から詳しく解説していきます。

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH−100をレビューします。パーツ別に解説

ここからはハイグリップH−100Cについて詳しく解説します。

詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

靴は大きく分けて、3つのパーツに分けることができます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを、図解しました。

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについて理解できました。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは、ハイグリップH−100Cをメリットとデメリットに触れながら、パーツ別に解説していきましょう。

 

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まず、アッパーについて見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツです。

通気性や足へのフィッティング性耐久性が求められます。

ハイグリップH−100Cのアッパーについて見ていきましょう。

ハイグリップH−100Cのアッパーはポリウレタンです。

正直なところ、可もなく不可もなくといった感じ。

アッパーの前後で異素材を採用

ハイグリップH−100Cのアッパーは、つま先側とかかと側で素材を変えていました。

つま先側の方がツルツルしていました。

勝手な推測ですが、つま先側の方が汚れにくさや耐久性に優れるのではないかと。

甲ゴム

画像のようにアッパーをめくると甲ゴムという部位がでてきます。

コックシューズは靴ヒモやマジックテープといったサイズ調整の部位がありません。

そこで重要なのが甲ゴムです。

リョクシン

甲ゴムの伸縮性や質が重要。
ミドリ安全の製品は甲ゴムが綺麗です。

シンコーちゃん

ハイグリップH−100Cの甲ゴムは全く問題ありません。

安価品によっては、甲ゴムに糸のほつれがあることも・・・

甲ゴムの糸がほつれてしまうと、カビや異物混入の可能性がでてきます。

ミドリ安全は、このあたりの細かいディテールが綺麗。

ハイグリップH−100Cは安価品にも関わらずこの品質は驚きですね。

リョクシン

実は他にも細かいディテールが綺麗な部分があります。

長くなるのと読者の方は求めていないと思うので、省略しました。

アッパーまとめ

  • メリット①:安価品とは思えない位、ディテールが綺麗

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重と荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性に関係します。

靴にとって重要なパーツですね。

シンコーちゃん

ハイグリップH−100Cのクッションについて見ていきましょう。

ハイグリップH−100Cのクッションは合成ゴム素材でした。

ゴム素材はあまりクッション性に優れません。

インソール入り

しかし、クッション性のあるEVAのインソールが入っています。

実は以前のハイグリップH−100Cには入っていませんでした。

これはかなりデメリットが軽減されたのではないかと。

インソールの裏面には、通気口がありました。

歩くたびに多少は、通気する構造です。

トーアップの度合いつよい

ハイグリップH−100Cのクッション素材はゴム素材と紹介しました。

ゴム素材のクッションは、靴自体が曲がりにくいデメリットを抱えます。

画像のように歩くときに、靴は足に合わせて曲がります。

この曲がりがゴムだと、素材が硬いので曲がりにくい。

しかし、ハイグリップHー100Cはトーアップの度合いを高めて対応していました。

つま先が反り上がっているのわかりますか?

これがトーアップです。

実際に履いてみて分かったのですが、たしかにトーアップのおかげで歩きやすい。

さらに、つまずき対策でもあると感じました。

クッションまとめ

  • メリット②:歩きやすいトーアップ形状
  • デメリット①:履き心地が硬め

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツです。

滑りにくさに大きく関係するパーツ。

ハイグリップH−100Cの靴底について見ていきましょう。

ハイグリップH−100Cの靴底は、ゴム素材でした。

ゴム素材は滑りにくい素材です。

リョクシン

実際に滑りにくさを感じました。
でもミドリ安全さんの中では、滑りにくさに特化した製品ではないね。

シンコーちゃん

ミドリ安全のコックシューズの中では3番目に滑りにくい靴底でした。

安価品なので、ものすごい滑りにくいわけではありませんが最低限は滑りにくいです。

グレーチング 排水溝

滑りにくさには特化していませんが、排水溝には強いメリットがありました。

注意
排水溝の形状によっては、対応していない場合もあります。 

スリップサインあり

ハイグリップH−100Cの靴底には、スリップサインがありました。

スリップサインとは、「ここまで靴底がすり減ったら交換してね」というマークです。

注意
転倒事故は、靴底だけが原因ではありません。

スリップサインを転倒事故の対策にするのはやめましょう。

スリップサインは、あくまで目安。

滑りを感じたら、買い替えをお願い致します。

クッションと靴底が同じ素材

ハイグリップH−100Cは、クッションと靴底が同じゴム素材です。

同じ素材なので接着がより強固。

まったく靴底がはがれませんでした。

耐久性が高いこともメリットですね。 

シンコーちゃん

靴底まとめ

  • メリット③:靴底が剥がれようがない
  • メリット④:滑りにくい靴底
  • デメリット②:ものすごい滑りにくいわけではない

↑目次へ戻る↑

まとめ:ハイグリップH−100Cは実績のある安価品コックシューズ

当記事ではハイグリップH−100Cについて解説しました。

ハイグリップH−100Cは、ミドリ安全が開発したコックシューズ。

安価品なのに、滑りにくいのが特徴です。

耐久性も高い部分もありました。

とくに決まったコックシューズではなく、安い製品を探している方におすすめ!

それでは下記より、ハイグリップH−100Cについてまとめます。

ハイグリップH−100Cを履いて感じたメリットは、4つありました。

メリット
  1. 安価品とは思えない位、ディテールが綺麗
  2. 歩きやすいトーアップ形状
  3. 靴底が剥がれようがない
  4. 滑りにくい靴底

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 履き心地が硬め
  2. ものすごい滑りにくいわけではない
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

「他のミドリ安全のハイグリップについて知りたい」

そんな方に向けて、すべてのハイグリップを解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のハイグリップを徹底解説!】コックシューズ市場でナンバー1

最後に、同等品をご案内します。

同等品をご案内

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です