【解説】『グリップキング-サボ』は超滑りにくいサボシューズ

グリップキングサボ

こんな方に読んでほしい
  • サボシューズを履いていて滑りで困っている。
  • グリップキングサボタイプが気になる方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、『グリップキングサボタイプ』を紹介。

結論から申し上げますと、滑りにくさナンバー1のサボシューズでしょう。

滑りは、そのお店や工場の床の状況による面もあります。

しかし、特殊な状況ではない限り滑りにくさでは一番よいかと。

「滑って転倒しそうになったことがある」

「とにかく、滑りにくいサボシューズがほしい」

「未然に転倒を防ぎたい」

そんな方におすすめします。

 

グリップキングのサボタイプとは?

グリップキングのサボタイプとは、ノサックスが製造するコックシューズ。

カカトが低いサボシューズで、脱ぎ履きが簡単にできます。

小上がりのあるお店やキッチンとフロアで靴を履き替えているお店に最適。

ノサックスとは安全靴などを製造している靴メーカーです。

ノサックスはコックシューズのブランドを『グリップキング』と命名。

サボシューズだけでなく、通常のスニーカータイプも人気です。

グリップキングは、滑りにくさに特化したブランド。

滑りにくいコックシューズ市場の中では安くて人気ですね。

 

ノサックス『グリップキングサボタイプ』のメリット

ここからは、グリップキングのサボタイプのメリットを紹介。

下記3つになります。

メリット
  1. 滑りにくい
  2. 脱ぎ履きしやすい
  3. 安い

詳しく見ていきましょう。

 

①滑りにくい

グリップキングのサボタイプは、本当に滑りにくいです。

最大のメリットはこの滑りにくさでしょう。

サボシューズの多くは、靴底にスポンジ素材や樹脂を使用しています。

しかし、グリップキングのサボタイプは、靴底にゴム素材を使用

さらに、そのゴム素材の形状が、滑りにくい形状なのです!

スポンジ素材や樹脂の靴底もメリットはあるのでしょう。

しかし、滑りにくさにコミットできていないのです。

グリップキングのサボタイプは、滑りにくさにコミット!

だから滑りにくいのです!

 

②脱ぎ履きしやすい

グリップキングサボタイプは、カカトの低いサボシューズです。

カカトが低いので脱ぎ履きがサンダルのように楽々できる!

小上がりのあるお店の方は、脱ぎ履きに時間や手間を取られる心配なし。

さらに、靴の脱ぎ履きに手を使うのは衛生的にもよくありません。

よって、脱ぎ履きの多きお店の方は、ぜひサボシューズの検討をお願いします。

グリップキングサボタイプがおすすめ。

 

③安い

グリップキングサボタイプのよいところは、滑りにくいのに価格が安いこと。

通常メーカーなら高機能品は価格を高くして販売します。

それこそ「滑りにくい」という機能は、販売価格を高めに設定可能でしょう。

だから、どのメーカーも滑りにくい機能の製品は価格が高いのです!

しかし、ノサックスのグリップキングは滑りにくいのに、どういうわけか安い(笑)

ということで、この機を逃すわけにはいきませんね(笑)

 

ノサックス『グリップキングサボタイプ』のデメリット

ここからは、グリップキングサボタイプのデメリットを紹介。

デメリット

足音がうるさい?

グリップキングサボタイプは、靴底がゴム素材だと説明しました。

靴底がゴム素材であることでのメリットもありますが、デメリットも・・・

それは、足音です。

サボシューズは、サンダルのようにすって歩行。

その結果、カカトの部分は強く床に着地しますね。

そのときに、靴底がゴム素材ですと音が大きくなる可能性が・・・

床の素材にもよりますが、お客様の気分を害さないか確認する必要はありそうです。

 

まとめ

当記事では、グリップキングサボタイプについて解説しました。

グリップキングサボタイプは、ノサックスが製造しているサボシューズ。

サボシューズの中でもトップクラスの滑りにくさです。

滑りでお困りの方におすすめする1足。

ぜひ、一度試してみてください。

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

グリップキングサボタイプは、3つのメリットがありました。

メリット
  1. 滑りにくい
  2. 脱ぎ履きしやすい
  3. 安い

デメリットは1つ。

デメリット

足音がうるさい?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記記事もよろしくお願い致します。

「もっと、サボシューズについて知りたい」

そんな方は、別記事にてサボシューズについて詳しくまとめました。

 

「もっとコックシューズを知りたい」

そんな方に向けて、コックシューズを徹底解説しました。

下記のリンクから確認お願いします。

 

「とにかく、疲れにくいコックシューズが知りたい」

そんな方に向けて、星数あるコックシューズの中から2足に厳選しました。

ぜひ、チェックしてみてください!

コメントを残す