【レディウィンジョブCP207をレビュー】アシックスの女性向けプロスニーカー(安全靴の様な靴)

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、レディウィンジョブCP207をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、アシックスが開発したレディース限定のプロスニーカーです。

「女性向けの安全靴がほしい」

「滑りにくい安全靴を探している」

「女性でも履きやすい軽くて疲れにくい安全靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてもらい「疲れにくい、足にフィットする、軽い」と大満足でした。

女性で安全靴やプロスニーカーを履いている方におすすめ!

レディウィンジョブCP207とは?サイズ感と重量をご案内!

レディウィンジョブCP207とは、アシックスが開発したプロスニーカーです。

プロスニーカーとは、安全靴から派生されたつま先に先芯の入った靴。

評価項目詳細
価格¥9,460〜(通販による)
サイズ22.5~25.0cm
サイズ感2E
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

JIS規格T8101をクリアした靴を安全靴といい、JSAA規格をクリアした靴がプロスニーカー

本革などハイスペックすぎる安全靴は今ではあまり履かれていません。

リョクシン
現在の作業現場で見かけるほとんどの靴がプロスニーカーです。

ウィンジョブCP207は、JSAAの中でも最も安全性の高いA種をクリア。

火花が飛ぶような特殊な環境ではない限り、A種であれば問題なく履けます。

リョクシン
安全性の指定が現場毎にあるはずなので、必ず確認しましょう。

“本質的”に女性向けの安全靴・プロスニーカーって意外にないんですよね

ただただ、男性向けに作った靴の型のサイズを小さくして、デザインをパステル調にしている製品がほとんど笑

リョクシン
そりゃ女性納得しませんよね。

アシックスのレディウィンジョブCP207は、今までのウィンジョブシリーズとは、違う型だと感じました。

少し細身に修正しています。

リョクシン
アシックスさんは、その辺のワークメーカーと異なり女性も多いですし、しっかり女性目線があるかなと!

重量とサイズ感

ここからは、重量サイズ感を見ていきましょう。

まずは重量です。

アシックスのウィンジョブCP207は、23.5cmで324gでした。

実は、重量ではそんなに軽くありません。

リョクシン
足にしっかりフィットして、スムーズに足と靴が連動して動くので、軽く感じるのでしょう。

サイズ感

ウィンジョブCP207のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK

普段履きスニーカーとは、lニューバランスなどのスポーツメーカーです。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のさサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴・プロスニーカー・安全スニーカー

  • タルテックス ⇒ 27.0cm
  • ウィンジョブ ⇒ 27.0cm
  • オールマイティー ⇒ 27.5cm
  • ハイパーV#2000 ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

女性向けのサイズの公開までお待ちください。

↑目次へ戻る↑

アシックスのレディウィンジョブCP207を詳しくレビュー

ここからは、レディウィンジョブCP207を詳しくレビュー

メリットとデメリットは下記のとおりです。

メリット
  1. 平紐
  2. 反射材あり
  3. パンチング素材
  4. 月型芯の素材がよい
  5. 女性向けに型を修正
  6. つま先に補強があり
  7. 靴ヒモでサイズ調整
  8. カカトでしっかりホールド
  9. インソール入り
  10. インソール形状
  11. クッションが2層構造
  12. 全方向に滑りにくい靴底
  13. 溝が広い靴底で詰まりにくい
デメリット
  1. 靴ヒモが「ほどける」可能性がゼロ

メリットとデメリットをパーツ別に解説します。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

フィッティング性通気性に関係します。

靴ヒモでサイズ調整

ウィンジョブCP207は、靴ヒモでサイズ調整します。

ダイヤルやマジックテープなどサイズ調整の留め具は、他にもありますが、1番サイズ調整ができるのが靴ヒモ。

リョクシン
女性は、1日の中でサイズを微調整をする必要があり、そこをアシックスが考えてのことだと勝手に思っています笑

ハトメを補強

靴ヒモをいれる穴をハトメと呼びます。

ハトメがアッパー素材にダイレクトにある靴もありますが、ハトメから破れてしまう可能性がありました。

リョクシン
ハトメ周辺は補強のためポリウレタンの素材を充ています。

カカトでしっかりホールド

カカトでしっかりホールドできました。

実はフィッティング性で大事なのは、カカト幅です。

リョクシン
若い女性にも合うカカト幅だと感じました。

月型芯がよい

カカト形状を作り出す素材を月型芯いいます。

アッパーの中に入っているので、画像ではわかりません。

リョクシン
月型芯が良い素材なので、フィッティング性がより高く、快適に動けます。

脱げにくい構造

脱げにくい様に、カカト形状で工夫がされていました。

スポスポ脱げたりすることを防ぎます。

リョクシン
カカトの設計をしっかりしているのは、ちゃんとした靴メーカーの証拠!

パンチング

つま先部分のアッパーはパンチング仕様でした。

ポツポツ穴が空いている部分ですね。

リョクシン
メッシュ素材でも良いのですが、耐久性や異物の侵入を考えるとパンチングが最適!

比較的に、異物が入りにくいサイド部分はメッシュ素材でした。

足の動き方の都合上、つま先側にメッシュを使用すると通気性が高くなるものの、前述のとおり現場では不都合もあります。

リョクシン
さずがアシックス、この辺りもしっかり考えていました!

つま先補強あり

つま先が破れない様に補強がありました。

安全靴やプロスニーカーってどうしてもつま先から破れてきます。

リョクシン
買い替えの理由にもなっているので、つま先の補強大事!

巻き上がった靴底

つま先補強もよいのですが、巻き上がった靴底も耐久性を高めます。

ウィンジョブCP207は、女性用のためか余計にこの巻き上がった靴底が目立ちました。

リョクシン
アッパーよりも先に衝突してくれるので、さらにつま先が破れにくくなるでしょう。

反射材

夜間やトンネルなどの暗闇作業でも、視認性をアップする反射材がありました。

光が当たることで、反射します。

リョクシン
視認性は安全性にプラスなので重要ですね。

アッパーまとめ

  • メリット:平紐
  • メリット:反射材あり
  • メリット:パンチング素材
  • メリット:月型芯の素材がよい
  • メリット:女性向けに型を修正
  • メリット:つま先に補強があり
  • メリット:靴ヒモでサイズ調整
  • メリット:カカトでしっかりホールド
  • デメリット:靴ヒモが「ほどける」可能性あり

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労や履き心地に関係します。

厚底

ウィンジョブCP207のクッションには厚みがありました。

クッション素材に厚みのある靴を厚底と呼びます。

リョクシン
厚底は、素材の配合にもよりますが、衝撃吸収に優れるので、疲れにくい!

素材の配合は、アシックス製品なので問題ありません。

2層式のクッション

ウィンジョブCP207のクッション素材はEVAという素材です。

同じ素材でも、配合の違う素材を2種類使用していました。

リョクシン
グレーの部分と白い部分は、同じ素材ですが、硬度など異なります。

クッション素材に複数の素材を使用することで衝撃はより吸収されます

「立ちっぱなし」の様な現場でも活躍してくれるはず。

リョクシン
2層式のクッションも女性向けは、他社にはないので、ぜひ試しほしいですね!

インソール入り

ウィンジョブCP207は、インソールが入っています。

疲れにくいですし、洗えるので衛生的

リョクシン
洗えるの良いですね!

インソールの形状

インソールの形状が、足が本来持っている機能をサポートする効果のあるものでした。

足の裏にしっかりフィットします。

リョクシン
足の機能が落ちてくると、構造が変化してくるのですが、その変化が起きても、元の構造に戻す様な形状をしたインソールでした。

またそもそも、構造が変化しにくい形状のインソールです。

平置きするとわかりやすいです。

真ん中の部分が浮いているの分かりますか?

このアーチ状の曲線が足の土踏まずをサポート。

土踏まずは疲れてくると、すこし平べったく低下していきます。

リョクシン
平べったくなるのを防止するわけですね。

クッションまとめ

  • メリット:インソール入り
  • メリット:インソール形状
  • メリット:クッションが2層構造

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさが分かる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

全方向に滑りにくい靴底

アシックスのウィンジョブCP207は、全方向に滑りにくい靴底です。

アシックスのこの靴底が開発されるまで、滑りにくい靴底は、タテ方向がメイン。

リョクシン
ヨコ方向に滑りにくい靴底をユーザーはずっと望んでいたところ、アシックスが開発しました。

今までのアシックスの靴底と比較して、若干、溝(みぞ)が広がった気がします。

しかし、溝が広い方が、土や石ころが詰まっても取れやすいので、よいですね。

リョクシン
靴底素材はすり減りにくいので、長く履けますし、安全性も長続きします。

靴底まとめ

  • メリット:全方向に滑りにくい靴底
  • メリット:溝が広く靴底に詰まりにくい

↑目次へ戻る↑

アシックスのレディウィンジョブCP207のレビューまとめ

当記事では、アシックスのレディウィンジョブCP207をレビューしました。

レディウィンジョブCP207は、女性向けに開発されたプロスニーカーです。

リョクシン
サイズ設定やデザインが女性向けだと感じました。

むくみによるサイズの微調整にも対応できる靴ヒモ仕様です。

重量の数字は軽くはないものの履くと軽く感じるような設計。

リョクシン
疲れにくく、動きやすく安全なので、すべての女性の方におすすめします。

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

レディウィンジョブCP207のメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 反射材あり
  3. パンチング素材
  4. 月型芯の素材がよい
  5. 女性向けに型を修正
  6. つま先に補強があり
  7. 靴ヒモでサイズ調整
  8. カカトでしっかりホールド
  9. インソール入り
  10. インソール形状
  11. クッションが2層構造
  12. 全方向に滑りにくい靴底
  13. 溝が広く靴底に詰まりにくい

デメリットは1つです。

デメリット
  1. 靴ヒモが「ほどける」可能性がゼロではない
リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のレディースのプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けてレディース向けの製品を厳選しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

「JISやJSAA適合の安全靴・プロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す