【ミドリ安全のMWJ110Aをレビュー】デザインがよいワーク女子向けのプロスニーカー

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミドリ安全のMWJ110Aをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、ワーク女子向けのプロスニーカーです。

「滑りにくいプロスニーカーを探している」

「デザインの良いプロスニーカーを履きたい」

「甲が高いのでアシックスやミズノが合わない」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてもらって「デザインがよい、甲が高め、アッパーの耐久性が高そう」という感想でした。

デザイン性良い女性向けプロスニーカーを探している方におすすめ!

ミドリ安全MWJ110Aとは?サイズ感や重量をご案内!

MWJ110Aとは、ミドリ安全が開発した女性向けのプロスニーカー(A種)。

プロスニーカーは安全靴から派生したワークシューズで、安全靴より主流になっている靴です。

評価項目詳細
価格¥8,800〜(通販による)
サイズ21.0~28.0cm
サイズ感2E
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫
掘削・解体

安全靴はJIS規格をクリアした靴で、プロスニーカーはJSAAという規格をクリアした靴。

JIS規格には本革使用など、一般の現場には不要なくらいの基準がありました。

リョクシン
よってスニーカーに近い素材が許されるJSAA規格のプロスニーカーが選ばれています。

ミドリ安全はワークシューズ業界のトップメーカー

安全靴やプロスニーカーを多数ラインナップしています。

リョクシン
MWJ110Aは、その中でもワーク女子向けの製品。

横幅サイズやデザインが女性向けだと感じました。

市場にある女性向けのプロスニーカーは、言い方が悪いのですが、「男性向けに作った型で小さいサイズを展開して、カラーをパステル調にしただけな製品」が多い。

リョクシン
MJW110Aは、「しっかり女性向けに合わせて適当にデザインした感」が無いのでレビューしました。

重量とサイズ感

ここからは重量サイズ感について解説します。

まずは重量からです。

重量

ミドリ安全MWJ110Aの重量は、23.5cmで330gです。

女性向けプロスニーカーの中では軽くない部類。

リョクシン
理由としまして、下記のような素材を使用していることが考えられます。

すこし重い理由

  • 滑りにくい靴底
  • 耐久性の高い素材
  • 靴内へ異物の侵入を防ぐ素材

どれも安全性や機能に関係することなので大事なポイント

仕方のないことですね。

リョクシン
また靴の良し悪しは、重量では決まりません。

1番大事なのは、フィッティング性です。

足にフィットしない靴は、下記のような問題が起きるので注意が必要。

注意
  • 靴ズレ
  • 踏ん張った結果、足が蒸れる。
  • 足が靴の中で遊んでしまい余計に踏ん張り疲れる。
  • 動きにくいので、知らない間に歩行に余計な力を使う。

フィッティング性の高い靴をおすすめします!

サイズ感

ミドリ安全MWJ110Aのサイズ感は、大きめでした。

ニューバランスなどの普段履きスニーカーとの比較です。

普段履きスニーカーが23.5cmのところ、22.5cmでちょうどでした。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に今回履いていただいた、女性の建築士の鍋野さんの所持している靴のサイズもご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • プーマ ⇒ 23.5cm
  • ニューバランス ⇒ 23.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • オールマイティFS32L ⇒ 23.5cm
  • ウィンジョブCP207 ⇒ 23.5cm
  • ミドリ安全MJW110A ⇒ 22.5cm
  • ミドリ安全MJW710 ⇒ 22.5cm

※足の幅はすこし広めです。

メーカーやジャンルによってサイズ感は変わります。

参考までご案内でした。

↑目次へ戻る↑

ワーク女子向けミドリ安全MWJ110Aを詳しくレビュー

ここからはミドリ安全のMWJ110Aを詳しくレビューします。

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 甲が高い
  3. ベロの厚み
  4. つま先補強あり
  5. デザインがよい
  6. 耐久性が高い素材
  7. 靴ヒモでサイズ調整
  8. 厚底
  9. インソール入り
  10. トーアップ形状
  11. 滑りにくい靴底
デメリット
  • 甲が低い人には向かない
  • 靴ヒモが「ほどける」可能性がゼロではない

メリットとデメリットを詳しくみるために、パーツ別に解説します。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

ミドリ安全MWJ110Aは、甲が高めの方にフィットしやすいと感じました。

通気性はあまりありませんが、代わりに靴の中に異物が入りにくい。

リョクシン
また、アッパーに使用される素材が耐久性の高い素材だと感じました。

異物が入りにくい

ミドリ安全MWJ110Aは、靴の中に異物が入りにくいアッパー

通気性が高い素材を使用すると、異物が入りやすいのですが、そのような素材が少ない印象。

リョクシン
つま先部分にすこしメッシュがありますが、それ以外は特にありません。

牛革ベロア素材

靴ヒモ周りや先芯の周りの素材が牛革のベロア素材でした。

ベロアはツルツルしていないので衝撃に強く破れにくい。

リョクシン
通常のツルツルしたポリウレタンや革より耐久性が良いですね。

通常の安全靴やプロスニーカーは、つま先素材が破れやすい。

MWJ110Aは、ザラザラしたベロア素材にすることで、衝撃を逃しやすくする効果がありました。

リョクシン
そもそも牛革ベロアのため、耐久性もあります。

何よりベロア素材がデザイン的にも良いですね。

実は、筆者が選んだ女性向けプロスニーカーの中から、女性で一級建築士の鍋野さんにデザインだけの印象で1番を選んでもらいました。

リョクシン
その結果、ミドリ安全のMWJ110Aが1番良いとのこと。

前述のとおり、女性向けのレディースのプロスニーカーってパステル系のデザインが多い。

筆者の勝手な憶測ですが、「女子ってこんな感じ好きでしょ?」感があって好きになれない製品が多くありました。

リョクシン
ミドリ安全MWJ110Aは、パステル系デザインではなくオシャレだと感じます。

靴ヒモでサイズ調整

ミドリ安全MWJ110Aは、靴ヒモでサイズ調整します。

靴ヒモの中でも平べったくて「ほどけにくい」平紐を使用していました。

リョクシン
サイズ微調整がしやすいので、「むくみ」など女性特有の悩みにも対応が可能です。

ベロに厚みがある

足の甲に当たる部分をベロと呼びます。

このベロに厚みがあるので、足あたりが良い。

リョクシン
「しゃがんだ」際に足が痛くなりにくいです。

カカトでホールド

カカト素材でホールドされるような設計でした。

すこしカカト幅が広い方におすすめします。

リョクシン
また、カカト幅が広いことで、脱ぎ履きがしやすい、メリットもありました。

脱げにくい

脱ごうと思って力をいれると脱ぎやすいのです。

しかし、普通に歩いたり作業している時には、脱げにくくするような設計でした。

リョクシン
引っ掛かりがあるイメージですね。

反射材あり

夜間やトンネルなどの暗闇作業でも視認性が上がる反射材がありました。

光が当たることで、反射します。

リョクシン
視認性は安全性アップするので大事!

アッパーまとめ

  • メリット:平紐
  • メリット:甲が高い
  • メリット:ベロの厚み
  • メリット:つま先補強あり
  • メリット:デザインがよい
  • メリット:耐久性が高い素材
  • メリット:靴ヒモでサイズ調整
  • デメリット:甲が低い人には向かない
  • デメリット:靴ヒモが「ほどける」可能性がゼロではない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労や履き心地に関係します。

厚底

クッション素材に厚みがありました。

厚みのあるクッションを厚底といいます。

リョクシン
厚底は素材にもよりますが、衝撃吸収に優れた構造。

素材は、ワークシューズのトップメーカーのミドリ安全さんなので問題なし!

後ろから見ても厚底なのがわかります。

厚底は、足を「くじく」可能性がある構造でもありました。

リョクシン
しかし、ミドリ安全MWJ110Aはクッション素材が靴底に行くに連れて、広くなっています。

この構造によって、画像のような「くじく」ことを防止します。

歩行を安定させる素材

ピンク色の部分ですが、衝撃吸収の他、歩行を安定させる効果があるはず。

「あるはず」というのもミドリ安全も公式で説明されていないので、念のため、消極的にしておきます。

リョクシン
ニューバランスなどに見られるヒールスタビライザーですね。

インソール入り

インソールが入っていました。

すごいクッション性に優れた素材ではないものの取り外せるのは嬉しいですね。

リョクシン
市販のインソールと取り替えても、サイズ感が変わりにくい!

インソールが取れないと「かさ増し」になってしまうのです。

トーアップ

つま先がつり上がっていました。

この形状をトーアップと言います。

リョクシン
動作性アップとつまずき防止に効果あり。

厚底なので、動きにくいデメリットがありましたが、トーアップで打ち消している印象です。

クッションまとめ

  • メリット:厚底
  • メリット:インソール入り
  • メリット:トーアップ形状

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさが分かる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

滑りにくい靴底

ミドリ安全MWJ110Aは、滑りにくい靴底です。

ミドリ安全の中でも滑りにくさのレベルで行くと上位モデルな靴底。

リョクシン
滑りにくさは、素材と形状で決まります。

滑りにくくする素材は、ゴム素材ですね。

溝(みぞ)がたくさんある靴底は滑りにくい傾向がありました。

リョクシン
溝に水や油などの液体を逃すので滑りにくい!

最初に着地するカカト部分は、溝がありませんでした。

着地する際に、溝だけですと点で接地してしまい、転倒する可能性があるからでは無いかと。

また、土が詰まるのを防止できますし、運転もしやすい

リョクシン
いずれにせよ、滑りにくいことには間違えありません。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい靴底

 

↑目次へ戻る↑

ワーク女子向けミドリ安全MWJ110Aのレビューまとめ

当記事では、ミドリ安全のワーク女子向けのプロスニーカーMWJ110Aをレビューしました。

MWJ110Aは、デザイン性がよく耐久性の高い特徴があります。

リョクシン
デザインもありきたりなパステル調ではなく、ベロア素材もおしゃれです。

複数の女性向けレディースのプロスニーカーを集めて、女性で一級建築士の鍋野さんに選んでもらいましたが、1番デザイン性が良いとのこと。

クッション性も高く脱ぎ履きがしやすい。

リョクシン
甲が高めでカカトが広い方に合いやすいと思いました。

それでは下記より記事をまとめます。

ミドリ安全MWJ110Aのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 平紐
  2. 甲が高い
  3. ベロの厚み
  4. つま先補強あり
  5. デザインがよい
  6. 耐久性が高い素材
  7. 靴ヒモでサイズ調整
  8. 厚底
  9. インソール入り
  10. トーアップ形状
  11. 滑りにくい靴底

デメリットは2つありました。

デメリット
  1. 甲が低い人には向かない
  2. 靴ヒモが「ほどける」可能性がゼロではない
リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のレディースのプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けてレディース向けの製品を厳選しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

「JISやJSAA適合の安全靴・プロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す