【ミドリ安全MWJ710をレビュー】女性向けにサイズ設定とデザインしたプロスニーカー!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミドリ安全MWJ710をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、女性向けのプロスニーカーです。

「通気性の高い安全靴を探している」

「疲れにくいプロスニーカーがほしい」

「女性向けのデザインの安全靴ってある?」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてもらって「甲が高い人に良い、作業靴に見えない、通気性が高い」という感想でした。

女性におすすめします!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

MWJ710とは?サイズ感や重量をご案内!

MWJ710とは、ミドリ安全が開発した女性向けのプロスニーカー。

サイズとデザインが女性向けです。

評価項目詳細
価格¥8,800〜(通販による)
サイズ21.0~28.0cm
サイズ感2E
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

プロスニーカーとは、安全靴から派生した作業用の靴。

JIS規格を合格した安全靴ではないものの、安全靴同様に試験した靴になります。

リョクシン
JSAAという規格のA種をクリアしているプロスニーカー。

プロスニーカーの方がよりスニーカー的な素材も使用ができるため、安全靴より履かれています

A種をクリアしていると、一般的な現場では使用可能なので、持っていて損がありません。

リョクシン
MWJ710は、安全靴と違い通気性やデザイン性に優れます。

ミドリ安全は、ワークシューズでトップのメーカー。

BtoBでの販売がメインなので、あまりホームセンターやワークマンでは見かけません。

リョクシン
大手建設会社や物流会社、法人の制服としても採用されているので、仕様には間違えありません。

重量とサイズ感

ここからは重量サイズ感をご紹介。

まずは、重量です。

重量

MWJ710は、23.0cmで281gです。

かなり軽いですね。

アッパーに通気性の高い素材を使用しているのですが、その素材がかなり軽め。

リョクシン
しかし、靴選びで重要なのは、重量ではなくフィッティング性です。

いくら軽くても足にフィットしないと下記のような問題がおきます。

注意
  • 靴ズレ
  • 踏ん張った結果、足が蒸れる。
  • 足が靴の中で遊んでしまい余計に踏ん張り疲れる。
  • 動きにくいので、知らない間に歩行に余計な力を使う。

靴は重量ではなくフィッティング性で選びましょう。

MWJ710は、甲が高い方に向いていると思います。

サイズ感

MWJ710のサイズ感は、大きめ

プーマなどの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが23.5cmに対して22.5cmでした。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • プーマ ⇒ 23.5cm
  • ニューバランス ⇒ 23.5cm

安全靴・プロスニーカー

  • オールマイティFS32L ⇒ 23.5cm
  • ウィンジョブCP207 ⇒ 23.5cm
  • ミドリ安全MJW110A ⇒ 22.5cm
  • ミドリ安全MJW710 ⇒ 22.5cm

※足の幅はすこし広めです。

メーカーは靴のジャンルによってサイズ感は変わります。

自分のサイズを決めつけないようにしましょう!

リョクシン
ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全MWJ710を詳しくレビュー

ここからはミドリ安全のMW710を詳しくレビュー

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 滑りにくい
  3. 通気性が高い
  4. つま先補強あり
  5. インソール入り
  6. 靴ヒモでサイズ調整
  7. ヒールスタビライザー
デメリット
  1. 靴下が汚れやすい
  2. 甲が低い人には向かない

メリットとデメリットをパーツ別に詳しくみていきましょう。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

ミドリ安全MWJ710は、通気性に優れるアッパーでした。

フィッティング性は、足の甲が高い方に向いていると思っています。

ニットアッパー

アッパーは、流行のニット素材で通気性に優れます。

むくんでも足にフィットするようですが、すこし硬めなので、その効果は感じられませんでした。

リョクシン
ニットの目は粗く、通気性がありました。

ライトにかざすとハッキリわかりますね。

ここまで通気口が大きいとかなり蒸れにくいでしょう。

ただし、かなり通気口がかなり広いので、靴下が白系統だと汚れやすい

粉がでる環境も同じです。

ダーク系統の靴下にするか、汚れるのは覚悟するしかありません。

リョクシン
また、雨など水分は、すぐに貫通します。

高圧洗浄機など使う現場の警備さんでも気をつけましょう。

つま先補強あり

つま先に補強がありました。

これによりつま先から破れることを防止します。

リョクシン
安全靴やプロスニーカーってつま先から破れてくるので、嬉しい仕様ですね。

靴ヒモでサイズ調整

MWJ710は、靴ヒモでサイズ調整します。

靴ヒモは、「ほどける」可能性があるので、環境によっては危険ですが、1番サイズの微調整が可能。

リョクシン
マジックテープやダイヤル式に比べたら、調整できます。

カカト幅

カカト幅がすこし太めです。

足の肉付きが多い方に最適な形状だと感じました。

リョクシン
また、しっかりホールドしないので、脱ぎ履きがしやすく感じます。

アッパーまとめ

  • メリット:軽い
  • メリット:通気性が高い
  • メリット:つま先補強あり
  • メリット:靴ヒモでサイズ調整
  • デメリット:靴下が汚れやすい

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、ッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

厚底

ミドリ安全MWJ710は、クッション素材に厚みのある厚底です。

厚底は、素材にもよりますが、衝撃吸収に優れるので、疲れにくい。

リョクシン
ミドリ安全のクッション素材なので、素材は問題ありません。

「くじき」にくい

厚底の靴のデメリットは、足がくじきやすいということ。

しかし、MJW710のクッションは、靴底方面へいくに連れて、クッションが広がっています。

リョクシン
この構造により、画像のような「くじく」ことを防止する効果がありました。

インソール入り

ミドリ安全MWJ710には、取り外しのできるインソールが入っていました。

インソール自体は、正直なところ大したモノではありません。

リョクシン
しかし、取り外せることで、市販のインソールと取り替えができるので、おすすめします!

ヒールスタビライザー

ピンクの部分の樹脂素材をヒールスタビライザーと呼びます。

クッション素材に樹脂を挟むことで衝撃吸収ができますし、歩行が安定するはず。

リョクシン
ニューバランスのランニングシューズなどに見られる構造ですね。

なぜか、ミドリ安全の公式サイトでは、機能として紹介されていなかったので、「するはず」としました。

クッションまとめ

  • メリット:インソール入り
  • メリット:ヒールスタビライザー

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

滑りにくい靴底

ミドリ安全MWJ710は、滑りにくい形状の素材を全面に使っていました。

油や水など液体で滑りにくい!

靴底にある溝(みぞ)が、液体を「かき出す」ので滑りにくい。

床や地面との接地面積が増えました。

カカト側には、溝がありません。

車の運転や着地の安定があります。

リョクシン
カカトに溝があると、車の床材に引っ掛かり運転がしにくい。

また、歩いている際にも、溝の点で着地してしまうので安定感がありません。

面で着地できるようになっていました。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全MWJ710のレビューをまとめます

当記事では、ミドリ安全のMWJ710をレビューしました。

女性向けに横幅をせまくしたデザイン性のあるプロスニーカーです。

リョクシン
通気性があるので、蒸れにくい。

レディースのプロスニーカーの中でも高い通気性がありました。

蒸れが気になる方におすすめします。

リョクシン
それでは簡単に記事をまとめます。

ミドリ安全MWJ710のメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. 滑りにくい
  3. 通気性が高い
  4. つま先補強あり
  5. インソール入り
  6. 靴ヒモでサイズ調整
  7. ヒールスタビライザー

デメリットは2つです。

デメリット
  1. 靴下が汚れやすい
  2. 甲が低い人には向かない
リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のレディースのプロスニーカーを見たい」

そんな方に向けてレディース向けの製品を厳選しました。

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

「JISやJSAA適合の安全靴・プロスニーカーを見たい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す