立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

靴が好きで家の中は、靴だらけな靴オタク。

部屋にある大量の靴

そんな靴オタクが、立ち仕事で疲れないスリッポンをご紹介しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、クッション素材が大事です。

普段でも履けるファッション的なスリッポンや、作業用のワークシューズまで紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてください!

リョクシン
それでは、「立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】」をみていきます。
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

立ち仕事で疲れないスリッポンの選び方とは?

立ち仕事で疲れないスリッポンの選び方をみていきましょう。

早くおすすめ製品を見たい方はこちらをクリックしてください!

立ち仕事で疲れないスリッポンの選び方は下記のとおり。

おすすめ製品の選び方

  • 通気性が高い
  • 靴底が滑りにくい
  • クッションが多層構造
  • 有名メーカー品は注意が必要

すべてに共通するポイントは素材が大事だということ。

ぜひ、参考にしてみてください!

通気性が高い

靴の表面の素材をアッパーと言います。

このアッパーに通気性がないと疲れやすい。

リョクシン
通気性が低いと靴の中の温度が高くなりやすく、蒸れてしまいます。

足が蒸れると疲れを感じるので、通気性の高い素材を意識して選んでみてください!

通気性が高いアッパー素材は下記のとおり。

通気性が高い素材

  • 本革
  • メッシュ
  • ゴアテックス

上記がおすすめです!

1番通気性が高いのは、メッシュですが耐久性に難がありました。

リョクシン
メリットとデメリットを加味して選んでみてください!

↑目次へ戻る↑

靴底が滑りにくい

靴底が滑りにくいのも、疲れないスリッポン選びで重要なポイントです。

滑りやすいと足で踏ん張ってしまい疲れやすい!

リョクシン
靴底にゴム素材を使用している靴を選びましょう。

種類にもよりますが、ヴィブラムソールをおすすめします!

ヴィブラムソール以外であれば、ゴム素材で溝が多い靴底のスリッポンが良いでしょう。

リョクシン
ゴム素材が溝が多い靴底は、地面や床と摩擦を起こしやすいので滑りやすいのです!

↑目次へ戻る↑

クッションが多層構造

クッション素材が多層構造であることも大事です。

多層構造とは、複数の種類の素材を使用したクッション構造のこと。

リョクシン
有名なのは、ナイキのエアマックスでしょう。

ナイキのエアマックスは多層構造であることが可視化できているで分かりやすい。

通常は、可視化できてきないので分かりにくい。

リョクシン
おすすめ製品を参考にしていただければと思います。

クッションが多層構造であると衝撃を吸収しやすくなります。

足やカラダへ衝撃が減るのは、負荷が減ることと同じ!

リョクシン
よって疲れにくく感じるのです!

↑目次へ戻る↑

有名メーカー品は注意が必要

有名メーカーのスリッポンに注意しましょう。

疲れやすい可能性があります。

リョクシン
ファッションアイテムのスリッポンは、過去の名品と言って機能的に優れません。

ちょっと外出するくらいでしたら、全く問題ありません。

過去の名品は、「昔は高機能品であったが、今現在では、むしろ機能性で劣る」と言った感じの靴なのです。

リョクシン
例えば、コンバースのオールスターは、ゴムを加硫したことが1番のメイン機能でした。

ゴムを加硫した靴は、今では当たり前です。

しかし、当時のゴム靴は夏は伸びてしまい、冬は硬くなるのが常識で、加硫ゴムを使用した靴は画期的。

リョクシン
だからヒットしたのでしょうが、今となっては当たり前な訳ですね!

ファッションアイテムのスニーカーに過去の名品は多くあります。

有名メーカーのスリッポンの大半が過去の名品かその模倣モデル。

リョクシン
できれば、ネームバリューではなく、素材で選んでmてください!

↑目次へ戻る↑

立ち仕事でも疲れないおすすめスリッポンを紹介します!

ここからは立ち仕事で疲れないおすすめスリッポンを解説します。

靴の仕事歴10年で靴オタクが厳選しました。

おすすめ製品は下記のとおりです。

↑タップで該当する商品までジャンプします!

リョクシン
詳しくみていきましょう!

↑目次へ戻る↑

普段履き部門|ジャングルモック2.0

評価項目詳細
価格¥15,180〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感細身・2E
カラー展開6色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
お出かけ◎

ジャングルモック2.0は、メレルが開発したスリッポンです。

メレルは、1981年創業の世界的アウトドアシューズのメーカー。

リョクシン
大ヒット製品が多数あります。

大ヒット作のアップデート版

休日やゴルフ帰り、日常使いなどリラックスシューズとして大ヒットしたジャングルモックをアップデートしたのがジャングルモック2.0です。

前作の「重い」「滑る」などのデメリットを改善していました。

リョクシン
足に凄いフィットしますので、疲れにくい。

フィッティング性が高い

フィッティング性が高いスリッポンの最高峰でしょう。

前述のとおり、フィッティング性が高いのは疲れない靴の大条件です。

リョクシン
フィッティング性は、スリッポンであるからこそ大事!

軽いしクッション性が長続き

クッション素材は、メレル独自配合の軽くて反発力のある「AIR CUSHION」です。

クッション性が長続きしました。

リョクシン
アップデート前は、クッション性が高いものの重たい問題がありました。

滑りにくいビブラムソール

靴底も滑りにくいビブラムソールです。

ビブラムソールの中でもゴム製なので、すり減りにくさもOK!

リョクシン
滑りにくいと、余計に踏ん張る力が不要なので疲れにくいです。

片手で履ける

フィッティング性が高い靴は快適ですが、脱ぎ履きがめんどくさい傾向がありました。

しかし、ジャングルモック2.0は手を使わなくても脱ぎ履きが可能!

リョクシン
画像の伸びたカカトが靴ベラのような役割を果たします。

サイズ感

ジャングルモック2.0のサイズ感は、前述のとおり2Eで細身です。

筆者はナイキやプーマなど普段履きスニーカーでも2Eのため、そのまま同じサイズで問題ありません。

リョクシン
普段から4Eなど幅広いスニーカーを履いている方は、1.0cmほど大きめが良いでしょう。

最低でも0.5cmは大きめをおすすめします。

とにかくフィッティング性抜群なので、大きめのサイズを好む傾向にある男性は、慣れないでしょう。

リョクシン
足が痛くないのであれば、履き続けるべきです。

本来はしっかりフィットするのが適切なサイズ。

足にしっかりフィットすれば、蒸れにくいし臭いにくいです!

リョクシン
ジャングルモック2.0は、本当に超絶おすすめ!
もっと詳しく解説
【ジャングルモック2.0をレビュー】メレルの代表作がアップデート!

ジャングルモック2.0のレビュー記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

ファッション部門|Vansスリッポンプロ

Vansスリッポンプロは、疲れにくく、ファッション性の高いスリッポンです。

ノーマルのVansのスリッポンは、正直なところ疲れにくくはありません。

リョクシン
しかし、Vansスリッポンプロは、クッション性の高いインソールが別で入っていました。

クッション性だけではなく、耐久性も加味したアップデートモデル

立ち仕事でも疲れないスリッポンは、クッション性を求めるあまりファッション性が低くなります。

リョクシン
かっこいい綺麗なデザインは細身にする必要があるのですが、細身だとどうしてもクッション性が低下しがち。

Vansスリッポンプロは、シルエットはそのままにインソールを採用しました。

そのためファッション性はそのままで疲れにくい

リョクシン
サイズ感が、小さくなるので、1.0cmほど大きめを選びましょう。

↑目次へ戻る↑

レインシューズ部門|シェフメイトプレミアムα-100P

評価項目詳細
価格¥3,000
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ハイグリップ比較:0.5cm大きめ
シェフメイト比較:同じサイズ
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
靴底のみ耐久性ひくい
おすすめの使用環境外食店◎
食品工場×
給食×
ラーメン×
普段履きとして履けるファッション性あり

スリッポンでレインシューズとして使えるスリッポンは、シェフメイトプレミアムα-100Pです。

シェフメイトプレミアムα-100Pは、ワークマンやamazonで人気のコックシューズである『シェフメイトα-100』のアパレル版。

リョクシン
ちなみに、コックシューズとは食品工場や飲食店で履かれている滑りにくい靴のことです。

液体で滑りにくい

靴底が水や油を「かき出す」ので滑りにくい。

つまり水や油など液体がが床に付着していても、その液体をかき出すことで滑りにくくなるということ。

リョクシン
コックシューズであれば、当たり前の機能ですね。

インソール素材が良い

シェフメイトプレミアムα-100Pのインソールは、ウレタン素材です。

ウレタンは、配合にもよりますが、クッション効果が長続きしやすい。

リョクシン
シェフメイトプレミアムα-100Pを長時間履いていますが、クッション効果が長続きしました。

靴本体との素材の相性がよい

靴本体のクッション素材は、EVAです。

インソールは、ウレタン素材なので靴本体と別の素材を使用していました。

リョクシン
靴本体のクッションとインソール素材が異素材であることで、衝撃吸収がしやすいので、疲れにくい!

サイズ感など詳しくは下記の記事にて解説しました。

もっと詳しく解説
シェフメイトプレミアムP-100の全体像【シェフメイトプレミアムα-100Pをレビュー】コックシューズ兼おしゃれスニーカー!!

シェフメイトプレミアムα-100Pのレビュー記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

ビジネスシューズ部門|ランウォーク

アシックス ランウォーク

ビジネスシューズのスリッポンで立ち仕事でも疲れにくいスリッポンは、ランウォークWR420PG-TXです。

ランウォークWR420PG-TXは、アシックスが開発したビジネスシューズ。

リョクシン
スポーツシューズとまではいかないもの、履き心地の良いビジネスシューズです。

α-GEL入り

アシックス α-GEL

カカトの下にα-GELというゲル状のクッション素材が入っています。

ゲル素材は、クッション効果が長続きする素材。

リョクシン
実際に、アシックスのα-GEL入りの靴を履いている方に聞いて見ると夕方以降の疲れの度合いが全く違うと言います。

多層構造

ゲル素材があることで、クッション構造が多層になっています。

異素材による多層構造は、同一素材のクッションよりも、衝撃を吸収しやすい!

リョクシン
エアマックスやニューバランスの高価品を見ると明らかですね。

↑目次へ戻る↑

立ち仕事で疲れないおすすめスリッポンのワークシューズを紹介

ここからは、立ち仕事でも疲れない作業用のスリッポンをご紹介します。

作業用スリッポンとは、安全靴やコックシューズ、ナースシューズといった仕事専用シューズのこと。

リョクシン
靴の脱ぎ履きが多い現場でおすすめです!

それぞれ詳しくみていきましょう。

↑目次へ戻る↑

土木・建築部門|ウィンジョブ®︎CP204

評価項目詳細
価格¥9,570〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

土木建築でおすすめのスリッポンは、ウィンジョブ®︎CP204です。

ウィンジョブ®︎CP204は、アシックスの開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
プロスニーカーは、安全靴のようにつま先に先芯が入った作業用の靴です。

今では、安全靴よりも主流となりました。

モノソック

スリッポンのデメリットであるフィッティング性をカバーするモノソック構造です。

モノソック形状とは、履き口にストレッチ素材を設けることで、足にしっかりフィット。

リョクシン
履き始めは慣れないかもしれませんが、慣れてくると効果を感じると思います。

フィッティング性が高くないと疲れやすいし安全性も低くなるので注意しましょう!

滑りにくい

ウィンジョブ®️CP204は、滑りにくい靴底です。

しかもタテヨコ斜めの全方向に滑りにくい!

リョクシン
全方向に滑りにくい靴底は、ワークシューズ市場で長らく求められてきましたが、どのメーカーも開発できませんでした。

しかし、アシックスが開発しましたので、滑りで気になっていた方はぜひ試してみてください!

α-GEL

アシックス α-GEL

ウィンジョブ®︎CP204は、α-GELというゲル状のクッション素材がありました。

ゲル素材は一般的なクッション素材とは異なりクッション効果が長続きします。

リョクシン
GELとEVA素材でクッション効果が長続きしました。

ウィンジョブ®︎CP204のサイズ感や重量は、下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP204をレビュー】アシックスのスリッポン式の安全靴!

ウィンジョブ®︎CP204のレビュー記事はこちら!

その他、ウィンジョブ®︎CP204以外の安全靴・プロスニーカーは下記からどうぞ!

もっと詳しく解説
【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

安全靴やプロスニーカーを徹底解説した記事がこちら!

↑目次へ戻る↑

病院・介護部門|メディカルエレパスCSS-700Si

メディカルエレパスCSS-700Siはミドリ安全が開発したナースシューズ

評価項目詳細
価格¥5,214〜(通販による)
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境病院・介護施設

病院や介護施設向けにおすすめのスリッポンは、メディカルエレパスCSS-700Siです。

ミドリ安全が開発したナースシューズ。

リョクシン
カラダの電気を逃すので、患者さんと静電気がバチっとなりにくい特徴があります。

高反発で疲れにくい

メディカルエレパスCSS-700Siのクッション

クッション素材は、EVAなのですが高反発でクッション効果が長続きしました。

高反発であることで、動きやすいのもメリットです。

リョクシン
跳ねるように動けるので、スプリングジョイというネームがあるくらい!

足音がしにくい

メディカルエレパスCSS-700Siの靴底は足音が少ない

ナースシューズで大事な足音の消音性もあります。

ミドリサイエンスソールは、衝撃を吸収しやすい形状の靴底。

リョクシン
角がなく、丸みを帯びていました!

メディカルエレパスCSS-700Siのサイズ感や重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
メディカルエレパスCSS-700Siはミドリ安全が開発したナースシューズ【メディカルエレパスCSS-700Siをレビュー】ミドリ安全の静電スリッポンのナースシューズ

メディカルエレパスCSS-700Siのレビュー記事はこちら!

他のナースシューズも下記の記事にて詳しく解説しました。

もっと詳しく解説

【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ナースシューズを徹底的に解説した記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

食品工場・飲食店部門|クッキングメイト100

評価項目詳細
価格¥6,500~3,900
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感0.5cm大きめ推奨(コックシューズ比較)
足の細い筆者で0.5cm大きめ
幅広の方は、さらに大きめ推奨
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)※粉モノは厳しい
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

食品工場や飲食店でおすすめのスリッポンは、 クッキングメイト100です。

クッキングメイト100は、アキレスが開発したコックシューズ。

リョクシン
疲れにくいのはもちろんのこと、滑りにくいです。

インソール素材がよい!

インソールの素材が、ウレタン素材でした。

ウレタン素材の配合が最高によくてクッション性抜群です!

リョクシン
コックシューズ市場では間違えなくナンバー1のインソールでしょう。

クッション構造が多層構造

クッキングメイト100の本体のクッション素材は、EVAです。

インソールがウレタン素材なので、多層構造になっていました。

リョクシン
多層構造は、一般的な1枚の構造と異なり、疲れにくい!

滑りにくい

クッキングメイト100の靴底

クッキングメイト100の靴底は、滑りにくいです。

コックシューズ市場でもトップクラス!

リョクシン
ぜひ、試してほしい1足です!

クッキングメイト100のサイズ感など詳細は下記の記事で解説しました!

もっと詳しく解説
【クッキングメイト100をレビュー】コスパ最強!滑りにくさと履き心地で最高ランク

クッキングメイト100のレビュー記事はこちら!

また、その他のコックシューズも徹底解説しています。

もっと詳しく解説

【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説します!

コックシューズを徹底的に解説した記事はこちら!

↑目次へ戻る↑

立ち仕事で疲れないおすすめスリッポンのレビューをまとめます!

当記事では、立ち仕事で疲れないおすすめスリッポンについて解説しました。

疲れないスリッポンの選び方は、素材が決め手です。

リョクシン
アッパーやクッション、靴底それぞれ確認しましょう!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

おすすめの立ち仕事で疲れないスリッポンは下記のとおり。

作業用のワークシューズで疲れないスリッポンは下記でした。

タップで該当箇所まで戻れます。

ぜひ、参考にしてみてください!

リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございます。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「立ち仕事で疲れないスリッポン以外を知りたい」

そんな方に向けて立ち仕事で疲れない靴について解説しました。

リョクシン
下記の記事から確認をお願いします。
もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

立ち仕事で疲れない靴について解説した記事はこちら!

その他、下記の記事も人気です。

もっと詳しく解説
【レディースの立ち仕事でも疲れない靴をレビュー】スニーカーから作業用の靴までジャンル別に紹介!立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説!立ち仕事でも疲れにくい ローファー紹介!!【靴オタクがおすすめする】立ち仕事でも疲れないローファーを徹底解説!立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】立ち仕事で疲れない安全靴はアシックスで決まり!ミズノや他メーカー製品ではない理由も解説!立ち仕事で疲れないインソールはある!ただし、靴の選び方次第です。着圧ソックス立ち仕事で疲れない靴下は、着圧ソックスがおすすめ!【だるい足を改善】【必見】立ち仕事による足の疲れは、対策グッズで楽々解消!

コメントを残す