【メレルのアイスプラスをレビュー】ジャングルモックはレディースもあり!

メレルのジャングルモックのアイスプラスを詳しくレビューします。

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ジャングルモックのアイスプラスをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、氷上でも滑りにくい製品です。

「冬場でも滑りにくい靴がほしい」

「アイスバーンでも滑りにくい靴ってある?」

「レディースで冬場に活躍する靴を知りたい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「疲れにくい、人気モデルの氷上滑り対策、脱ぎ履きしやすい」という感想でした。

雪だけではなく、アイスバーンで滑る方におすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

メレルのジャングルモックアイスプラスとは?重量やサイズ感をレビュー

ジャングルモックのアイスプラスとは、メレルが開発したスリッポンです。

メレルのジャングルモックのアイスプラスはメレルが開発したスリッポン

評価項目詳細
価格¥19,800
サイズ22.0〜25.0cm(レディース)
25.0~31.0cm(メンズ)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
カラー展開5色
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
靴底のみ耐久性ひくい
おすすめの使用環境軽登山・散歩・普段使い

メレルはアウトドア用品メーカー。

主に、アウトドアシューズをメインに開発しています。

リョクシン
ジャングルモックは、その中でもロングセラーのブランド。

人気ポイント

ジャングルモックは大人気製品でロングセラー

ジャングルモックは、その履き心地が大人気!

リラックスシューズとも呼ばれ休日に履く紳士の靴として認知されました。

リョクシン
その後、通勤やレジャー、普段履きに履かれるようになり大ヒットとなります。

ゴルフ場

主にゴルフの行き来に履かれる靴として紳士のステータス靴としても人気です。

大ヒット理由は、特定の使用用途を設けないことで、あらゆる世代や使用シーンで履かれたこと。

リョクシン
履いてみるとわかりますが、履き心地が最高です!

氷上でも滑りにくい

メレルのジャングルモックのアイスプラスは氷上でも滑りにくい!

アイスプラスは、ジャングルモックのラインナップの中でも氷上で滑りにくいタイプ。

冬場の溶けて硬く固まった雪やアイスバーンでしっかりグリップします。

リョクシン
青い点々がある部分の場所が、氷にヤスリをかける感じでグリップするイメージ!

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

メレルのジャングルモックのアイスプラスは27.5cmで381gです。

ジャングルモックのアイスプラスの重量は、27.5cmで381gでした。

軽くはありませんが疲れにくいと感じました!

リョクシン
その理由は、疲れにくさが靴の重量では決まらないことにあります。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まる

疲れにくさはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、靴の型次第なところもありました。

リョクシン
ャングルモックシリーズは、スリッポンとは思えないレベルでフィットします。

後ほど詳しく解説しますが、靴紐やマジックテープのないスリッポンでここまでフィットするのは、すごいですね!

サイズ感

ジャングルモックのアイスプラスのサイズ感は普段履きスニーカーと同じ

ジャングルモックのアイスプラスのサイズ感は、普段履きと同じサイズでOK。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

ジャングルモックは足幅が2Eでした。

すこし幅が狭いので、幅広や甲高の方は大きめをおすすめします。

カラーバリエーション

ジャングルモックのアイスプラスのカラーバリエーション

メンズには防水スムースレザーピッグスキンレザータイプがありました。

レディースはピッグスキンレザーだけです。

リョクシン
実際のところ、ピッグスキンレザーの方がジャングルモックとしては定番なので、そちらをおすすめします!

↑目次へ戻る↑

メレルのジャングルモックのアイスプラスを詳しくレビュー

ここからはメレルジャングルモックのアイスプラスを詳しくレビュー。

メレルのジャングルモックのアイスプラスを詳しくレビューします。

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 厚底
  2. 本革
  3. スリッポン
  4. トーアップ
  5. 着地が安定
  6. インソール入り
  7. 足あたりが良い
  8. ビブラムソール
  9. 足にフィットする
  10. クッション性抜群
  11. 氷上でも摩擦が起きる
デメリット
  1. アイスプラスが剥がれる可能性がある

メリット11個でデメリット1つ(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

概要

メレルのジャングルモックのアイスプラスはメレルが開発したスリッポン

ジャングルモックシリーズの大半はフィッティング性が高いです!

また、本革を使用したラインナップが多く通気性もありました。

リョクシン
メッシュを多用したランニングシューズと比較すると通気性では劣りますが、冬用革のスニーカーの中では蒸れにくい!

裏布には、フリースライニングという保温効果のある素材を使用しています。

フィッティング性は蒸れに関係

フィッティング性が高いと蒸れにくい

フィッティング性が高いと蒸れにくくなります。

靴の中で足が踏ん張らないので、余計に汗をかきにくいため。

リョクシン
ジャングルモックは、靴紐やマジックテープがないのに、フィッティング性が高いがゴイスーなポイントです!

サイドゴアが長い

メレルのジャングルモックのアイスプラスはサイドゴアが長いので足にフィットする

スリッポンなのにフィットしやすいポイントはサイドゴアが長いことが挙げられます。

普通のスリッポンでここまで長いのは見ませんね。

リョクシン
甲のサイズ調整がしやすいでしょう。

足あたりが良い

メレルのジャングルモックのアイスプラスはベロが厚いので、足あたりが良い

ジャングルモックは、足の甲に当たる部分のベロに厚みがあります。

これにより2Eで締めつけが多少強いのですが、足あたりは良いと感じました!

カカトでしっかりホールド

メレルのジャングルモックのアイスプラスは踵幅が狭いのでフィット。

カカトの幅は足にフィットさせる上で重要なポイントです。

ジャングルモックはカカト幅が狭いのでしっかり足にフィット。

リョクシン
カカトの形状を作り出している素材(月型芯)も良いので、あらゆる人のカカトのサイズに合わせることができるでしょう。

撥水タイプもある

メレルのジャングルモックのアイスプラスはMDRYセレクト

メンズのみですが、撥水と防水加工をしたラインナップもありました。

表面は水を弾く素材で、裏面は縫製のある場所を裏からテープで止めています。

リョクシン
水の侵入を防いでいました!

アッパーまとめ

  • メリット:本革
  • メリット:スリッポン
  • メリット:足あたりが良い
  • メリット:足にフィットする

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

厚底

メレルのジャングルモックのアイスプラスは厚底で疲れにくい

ジャングルモックのアイスプラスは厚底

クッション素材に厚みのある靴を厚底と言います。

リョクシン
衝撃吸収性に優れるので疲れにくい!

トーアップ

メレルのジャングルモックのアイスプラスはトーアップで歩きやすい

ジャングルモックは、つま先が接地せずに、上向いていました。

この形状をトーアップと言います。

リョクシン
つまずき防止や歩きやすくなる効果がある形状。

厚底には動きにくいというデメリットがありますが、カバーしていました。

着地が安定

メレルのジャングルモックのアイスプラスは着地が安定する

つま先と同様にカカトも接地していません

この形状のおかげで、着地が安定します。

リョクシン
点で着地せずに、面で着地することが可能!

メレルのジャングルモックのアイスプラスは巻き上げソール

さらに、靴底が巻き上がっていました

これにより靴底の機能が着地する瞬間も発揮されます。

リョクシン
アイスプラスのアークテックグリップもすこし見えますね!

インソール入り

メレルのジャングルモックのアイスプラスはインソール入り

ジャングルモックアイスプラスは、インソールが入っていました。

メレルのジャングルモックのアイスプラスのインソールには通気口がある

裏面をみると通気口があるのがわかります。

多少ですが、通気性がありますね。

メレルのジャングルモックのアイスプラスのインソールの厚みは、3.39mm

インソールの薄い部分の厚みは、3.39mmです。

メレルのジャングルモックのアイスプラスのインソールの厚みは、7.75mm

インソールの厚い部分の厚みは、7.75mmでした。

割と厚手のインソールなので、インソールを市販のものと取り替えるときは、サイズ感の変化に気をつけましょう。

クッションまとめ

  • メリット:トーアップ
  • メリット:着地が安定
  • メリット:インソール入り
  • メリット:クッション性抜群

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。
アークティックグリップ

メレルのジャングルモックのアイスプラスは氷上でも滑りにくい!

ジャングルモックのアイスプラスは、ビブラム社アークティックグリップを採用。

アークティックグリップは、氷上でも摩擦を起こせるので滑りにくい靴底です。

リョクシン
溝が少ないので、雪が挟まっても取れやすい!

全体的には、今までのジャングルモックと同じ靴底でした。

ところどころにある青い点々がある場所が氷上での滑りにくいポイントです。

リョクシン
ちなみに、白い部分は一定の低温になると色が変化する仕様とのこと。

青い点々がある場所は、触ってみるとゴムぽくない素材感でした。

身近なモノで例えると、ヤスリのようなイメージ。

もしかすると履き方を間違えると剥がれる可能性があると感じました。

地面をスレスレを蹴るようなことをすると、剥がれる可能性があるのかもしれません。

リョクシン
他の部分の素材感と比較しても、明らかに違うので、貼り合わせている可能性があります。
注意

貼り合わせであれば、剥がれる可能性がありますので、履き方には注意しましょう。

靴底まとめ

  • メリット:氷上でも摩擦が起きる
  • デメリット:アイスプラスが剥がれるかも

↑目次へ戻る↑

メレルの他のアイスプラスを紹介します!

ここからは、ジャングルモック以外でアイスプラスの製品を見ていきましょう。

メレルのアイスプラスシリーズ

商品名だけでは意味わからないと思います。

下記にて靴のジャンルをつけました。

補足
  1. COLDPACK ICE+ MOC WATERPROOF
    ⇒スリッポン
  2. COLDPACK ICE+ 6″ POLAR WATERPROOF
    ⇒ハイカット
  3. COLDPACK ICE+ 8″ ZIP POLAR WATERPROOF
    ⇒メンズブーツ
  4. SNOW BANK 2.0 ARCTIC GRIP WATERPROOF
    ⇒キッズ用ブーツ
  5. COLDPACK ICE+ STRETCH POLAR WATERPROOF
    ⇒レディースブーツ

それぞれ簡単に見ていきましょう!

COLDPACK ICE+ MOC WATERPROOF

コールドパックアイスプラス

コールドパックアイスプラスのモックは、ジャングルモックを多少角ばったデザインにした製品。

防水タイプなので、天候を気にせず使用することができます。

リョクシン
男女兼用なのも良いところ!

青い部分が氷上と摩擦する

ビブラムソールのアークティックグリップ

前述のとおりですが、青い部分の素材が氷上でも摩擦できます。

通常の靴底であれば、摩擦することができずにツルツル滑ってしまいますね。

フリースライニング

コールドパックアイスプラスはフリースライニングで保温性高い

コールドパックアイスプラスのモックは、フリースライニングといい、保温性の高い裏布を使用。

さらに、メレルが設計しているのでフィッティング性が抜群です。

リョクシン
足にフィットすると余計な蒸れが出にくいのでおすすめ!

↑目次へ戻る↑

COLDPACK ICE+ 6″ POLAR WATERPROOF

コールドパックアイスプラス6ポーラーウォータープポケット

コールドパックアイスプラス6ポーラーは、メレルが開発したスノーブーツ。

機能だけではなく、ファッション性にも優れたモデルです。

リョクシン
もちろん、防水タイプなので天候を気にせずに履くことが可能。

足入れが良い

コールドパックアイスプラス6ポーラーは足入れが良い

足をいれる場所を履き口と言います。

コールドパックアイスプラス6ポーラーは、履き口の素材が厚手でした。

リョクシン
スノーブーツは表面素材が硬く「しゃがむ」と足が痛くなることがありますが、その心配はないでしょう!

アークテックグリップ

コールドパックアイスプラス6ポーラーはアークテックグリップ

アイスプラスなので当然ですが、靴底はビブラムのアークテックグリップです。

アイズバーンなどの氷上でもグリップするような素材を使用していました!

リョクシン
通常のゴムの靴底では、氷上を歩くことで硬化してしまい滑るので、アークテックグリップをおすすめします!

↑目次へ戻る↑

COLDPACK ICE+ 8″ ZIP POLAR WATERPROOF

コールドパックアイスプラス8ジップポーラー

コールドパックアイスプラス8ジップポーラーは、メレルが開発したハイカットとブーツの間くらいの製品。

スニーカー風なブーツですね。

リョクシン
防水なので天候を気にせず履くことができます。

ジッパーで履きやすい

コールドパックアイスプラス8ジップポーラーはジッパー仕様で履きやすい

ハイカットやブーツは脱ぎ履きする環境によっては履きにくいですね。

コールドパックアイスプラス8ジップポーラーは、ジッパータイプなので脱ぎ履きやすい!

リョクシン
玄関でも脱ぎ履きを簡単にできます!

アークティックグリップ

コールドパックアイスプラス8ジップポーラーは氷上でも滑りにくい

アイスプラスなのでコールドパックアイスプラス8ジップポーラーもアークテックグリップです。

溝が広めに設定されているので、汚れや雪が落ちやすい

リョクシン
旅館やホテル、人の家に上がるときに靴底掃除が楽です。

こちらはメンズサイズのみの展開です。

↑目次へ戻る↑

SNOW BANK 2.0 ARCTIC GRIP WATERPROOF

メレルスノーバンク2.0

スノーバンク2.0は、メレルが開発したキッズ用のスノーブーツ。

キッズだからこそ、安全に歩けるようにスノーブーツをおすすめします。

リョクシン
1シーズンで買い替えでしょうが、その場合にはメルカリで販売しても良いでしょう!

履き口が太め

スノーブーツ2.0は、履き口が太めで足をサポート

スノーブーツなので当たり前ですが、履き口周りの素材が厚手

しゃがんだ時に、足が痛くなるので大事なポイントです。

クイックレース

メレルのスノーバンク2.0はサイズ調整が簡単

靴紐のようにフィットできて、結ぶ必要のない留め具をクイックレースと言います。

アタッチメントを引くだけでサイズ調整できました。

リョクシン
キッズの方でも、簡単にサイズ調整や脱ぎ履きができます。

アークティックグリップ

スノーバンク2.0アークティックグリップ

スノーバンク2.0もアークティックグリップです。

凍結した路面やアイスバーンなどの氷上でも滑りにくい

リョクシン
キッズ用の形状ですね!

↑目次へ戻る↑

COLDPACK ICE+ STRETCH POLAR WATERPROOF

コールドパックアイスプラスポーラー

コールドパックアイスプラスポーラーのレディースです。

メンズとデザイン違いすぎて驚きました笑

リョクシン
ムートンブーツ風なデザインですね。

ゴム素材で足にフィット

コールドパックアイスプラスポーラーはゴム素材で足にフィット

ムートンブーツはスリッポンと同様にフィッティング性が低いのが通常。

余計に踏ん張ってしまうので、蒸れやすく疲れやすいです。

リョクシン
レディースのポーラーは、ゴム素材がついていて足にフィットしやすい!

また、足が多少太い方にも対応しています。

↑目次へ戻る↑

メレルのジャングルモックのアイスプラスの口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではメレルのアイスプラスシリーズをレビューしました。

筆者としましては、ジャングルモックのアイスプラスをおすすめします。

リョクシン
ただし、滑りにくさは、他のアイスプラスの方が優れているので、他のラインナップも検討してみてください!

それでは簡単に記事をまとめます!

ジャングルモックのアイスプラスのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 厚底
  2. 本革
  3. スリッポン
  4. トーアップ
  5. 着地が安定
  6. インソール入り
  7. 足あたりが良い
  8. ビブラムソール
  9. 足にフィットする
  10. クッション性抜群
  11. 氷上でも摩擦が起きる

デメリットは1つです。

デメリット
  1. アイスプラスが剥がれる可能性がある

その他のご紹介しましたメレルのアイスプラスは下記のとおり。

他のアイスプラス
  1. COLDPACK ICE+ MOC WATERPROOF
    ⇒スリッポン
  2. COLDPACK ICE+ 6″ POLAR WATERPROOF
    ⇒ハイカット
  3. COLDPACK ICE+ 8″ ZIP POLAR WATERPROOF
    ⇒メンズブーツ
  4. SNOW BANK 2.0 ARCTIC GRIP WATERPROOF
    ⇒キッズ用ブーツ
  5. COLDPACK ICE+ STRETCH POLAR WATERPROOF
    ⇒レディースブーツ

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと滑らない靴について知りたい」

そんな方に向けて下記の記事で詳しく解説しました。

もっと詳しく解説
【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!

「雪道で滑りにくい他の靴について知りたい」

そんな方は下記の記事がおすすめです!

もっと詳しく解説
【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!

その他、下記の記事がおすすめ!

蒸れない靴を解説
蒸れない靴のアイキャッチ【蒸れない靴をすべて解説します!】メンズとレディースのおすすめ品をご紹介!
滑らない靴を解説
【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!

よろしくお願い致します!

コメントを残す