【シェフメイトα-7000をレビュー】超ロングセラーなコックシューズでおすすめ!

こんな方に読んでほしい

  • シェフメイトα-7000について知りたい方
  • クッション性と軽量性にすぐれたコックシューズがほしい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、シェフメイトα-7000について解説します。

結論から申し上げますと、軽くて疲れにくいコックシューズです。

疲れにくいのはよいことだね。

シンコーちゃん

「軽くて疲れにくいコックシューズがほしい」

「日本人向けのコックシューズがほしい」

「靴底にゴミがつまりにくいコックシューズがほしい」

「普通のコックシューズだと、親指が痛くなる」

そんな方におすすめな製品です。

リョクシン

実際に履いてみて「厚底なのに軽い、疲れにくい、日本人向けの形状」という感想を持ちました。

どのコックシューズを履いても親指側が痛い方に一度履いてほしい製品です。

 

シェフメイトα-7000とは?メリットとデメリットを紹介

評価項目詳細
価格¥4,400~3,300
サイズ22.0~31.0cm
サイズ感普通
カラー展開白・黒・ピンク・ミント
滑りにくさ★☆☆☆☆(星1つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
使用環境外食店◯ 食品工場◯ 給食◯ ラーメン×→湯切りによる

※床の環境による製品

シェフメイトα-7000は、弘進ゴムが開発したコックシューズ。

発売して数十年経過しても尚、人気のロングセラー製品です。

弘進ゴムは、日本製のコックシューズをメインに販売しているメーカー。

リョクシン

シェフメイトシリーズはコックシューズ市場でも評価されています。

食品関係で勤める経験が長い方は、一度は履いたことあるかもしれません。

シェフメイトα-7000も日本製のコックシューズです。

弘進ゴムのコックシューズのランナップの中もでも上から3番目の製品。

リョクシン

そんなシェフメイトα-7000を履いてみて感じたメリットとデメリットをまとめました。

下記になります。

メリット
  1. 適度な軽さ
  2. つま先の形状が日本人向け
  3. 臭いにくいアッパー
  4. 耐久性の高いアッパー
  5. 厚底のクッション
  6. 足の機能をサポートするアーチサポート形状
  7. 靴底の素材もクッション性がある
  8. 靴底にゴミがつまりにくくて詰まっても直ぐに落とせる
デメリット
  1. くじく可能性がある
  2. つま先の空間が少ない
  3. 靴底のすり減りが早い

うーん、やっぱりメリットとデメリットの一覧では、わかりにくいね。

シンコーちゃん

リョクシン

あ、やっぱり。

ということで、次項からメリットとデメリットに触れながら、シェフメイトα-7000をパーツ別に解説していきます。

↑目次へ戻る↑

シェフメイトα-7000をパーツ別に解説します。

ここからは、シェフメイトα-7000パーツ別に解説します。

靴は主に3つのパーツに分けることが可能。

パーツは、下記の3つ。

靴の3つのパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

リョクシン

これだと余計わからないので、図解しました。

靴のパーツの名称を解説

 

なるほど、これなら、わかりやすい! 

シンコーちゃん

リョクシン

 各パーツごとにメリットとデメリットを解説していきます。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を覆うパーツ。

主に、通気性や足へのフィッティング性が求められます。

クラリーノアッパー

シェフメイトα-7000のアッパーは、クラリーノと言われる耐久性の高い素材。

コックシューズは、洗剤や消毒液などが付着するので耐久性が求められます。

リョクシン

クラリーノはランドセルなどにも使用される素材。

そりゃ耐久性は高いね。

シンコーちゃん

グラスパーはしゃがめる

リョクシン

画像のように「しゃがむ」とコックシューズはシワのよった部分から割れてしまうことがあります。

本当によくある・・・

シンコーちゃん

シェフメイトα-7000のアッパーは、クラリーノですので問題なし。

本当になかなか割れません。

クラリーノのアッパーですが裏布がありません。

裏布がないことで汗や湿度が乾きやすくなります。

リョクシン

臭いにくいのは良いところ。

セミオブリークトゥー

シェフメイトα-7000は、つま先の形状がすこし変わっています。

頂点が、親指側によってるね。(セミオブリークトゥー)

シンコーちゃん

リョクシン

実は、日本人って親指が長い傾向にあるんだ。

足の指の長さをみて欲しいんだけど、一番長い指ってなに指ですか?

日本人は、親指が一番長い人が約6割と言われているんだ。

親指が一番長い人が、靴の頂点が中指あたりにあるスニーカーを履いてしまうと足にトラブルを抱えてしまうことがあります。

シェフメイトα-7000のアッパーは柔らかいし、柔らかいし良い感じ。

シンコーちゃん

ただし、アッパーで1点だけ気になるポイントがありました。

それはつま先部分の空間が少ないことです。

上側がシェフメイトα-7000で、下側が別のコックシューズ 。

つま先部分に空間が少ないので、指がきつく感じる人もいるかもしれません。

ここは好みな部分ですね。

カカト幅

シェフメイトα-7000のカカト幅は、可もなく不可もなくと言った印象。

カカト幅は、靴ヒモやマジックテープのないコックシューズには重要な箇所です。

そこにマイナス点がないのは、良いことですね。

アッパーまとめ

  • メリット①:つま先の形状が日本人向け
  • メリット②:臭いにくいアッパー
  • メリット③:耐久性の高いアッパー
  • デメリット①:つま先の空間が少ない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

次にクッションについて解説します。

クッションは、靴業界ですとミッドソールと呼ばれているパーツ。

地面には接地せず、体重や荷重を支えるので、クッション性履き心地に大きく関係します。

シェフメイトα-7000は、画像の通りに厚底のクッションです。

厚底のため、クッション性に関しては抜群。

ただ、厚底というだけではなく、足の本来の機能を支える工夫がありました。

アーチサポート形状

シェフメイトα-7000のクッション構造は、アーチサポートという形状です。

リョクシン

すこし違うのですが、ここでは分かりやすく「土踏まずを支える形状」としますね。 

土踏まずって「立ちっぱなし」だと、どんどん潰れてしまうのです。

そこでアーチサポートという土踏まずを支える構造が靴の中にあると、疲れにくい。

シェフメイトα-7000を履くあると盛り上がっている部分だね。

シンコーちゃん

シェフメイトα-7000の気になるところは、くじきやすい可能性があるということ。

くじくとは、下記のような感じ。

厚底のクッションですとどうしても、くじく可能性があります。

画像の製品は、ホカオネオネという厚底のランニングシューズ。

この製品は、超厚底ですが、くじきにくい工夫がありました。

クッション構造が、靴底に向けて開いてますね。

この構造にすることで、くじくことを防ぐことが可能。

画像はシェフメイトα-7000を後ろから見た画像です。

クッション構造が、直角に地面に向かっているの分かりますか?

ここだけ少し気になりました。

あくまで筆者の考えですが・・・

クッションまとめ

  • メリット⑤:厚底のクッション
  • メリット⑥:足の機能をサポートするアーチサポート形状
  • デメリット②:くじく可能性がある

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

靴底は、地面に接地するパーツです。

滑りにくさが求められます。

コックシューズにとって重要なパーツでしょう。

シェフメイトα-7000の靴底は、こんな感じ。

画像では分かりませんが、他のコックシューズには無い素材を使用しています。

通常は、ゴム素材を使用するところ、EVAという素材を使用。

このEVAとは、どんな素材かといいますと、身近なモノですとビート板です。

ビート板って軽くて、柔らかいですよね。

リョクシン

コックシューズの靴底にEVAを使用すると、クッション性を発揮します。

また、ゴムと違い柔らかいので、ゴミが詰まっても取りやすい!

シェフメイトα-7000の最大のメリットは、履き心地だと感じました。

その理由は、クッション素材が2種類使用しているということ。

クッションパーツは、ウレタンという高反発なクッション素材を使用。

靴底には、EVAという軽量で低反発なクッション材です。

画像のとおり、クッション素材が2種類での2重構造になっています。

衝撃吸収にすぐれるので、この構造の製品はおすすめ!

シェフメイトα-7000の一番気になるポイントは、靴底のすり減り。

残念なことに、EVAはクッション性に優れる変わりに、すり減りが早くなります。

素材が柔らかいので、仕方のないことですね、

靴底のまとめ

  • メリット⑦:靴底の素材もクッション性がある
  • メリット⑧:靴底にゴミがつまりにくくて詰まっても直ぐに落とせる
  • デメリット③:靴底のすり減りが早い

↑目次へ戻る↑

まとめ:シェフメイトα-7000は日本製の日本人向けコックシューズ

当記事では、シェフメイトα-7000について解説しました。

シェフメイトα-7000は弘進ゴムが開発した日本製のコックシューズ。

履き心地が最大のメリットでした。

発売から数10年経過しても今も人気の製品です。

それがシェフメイトα-7000の何よりの実績でしょう。

リョクシン

滑りにそこまで困っていない方やコックシューズで親指側が痛い方におすすめ!
 それでは、下記より簡単に記事をまとめます。 

シンコーちゃん

シェフメイトα-7000のメリットは8つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. つま先の形状が日本人向け
  3. 臭いにくいアッパー
  4. 耐久性の高いアッパー
  5. 厚底のクッション
  6. 足の機能をサポートするアーチサポート形状
  7. 靴底の素材もクッション性がある
  8. 靴底にゴミがつまりにくくて詰まっても直ぐに落とせる

デメリットは、3つになります。

デメリット
  1. つま先の空間が少ない
  2. くじく可能性がある
  3. 靴底のすり減りが早い
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

 

筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

 

コメントを残す