【コックシューズに最適なインソール紹介】疲労軽減と靴ズレしにくい

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、コックシューズに最適なインソールについて紹介しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、コックシューズはサイズの合わせにくい靴でインソールが必須なことがあります。

「靴ズレして痛い」

「制服のコックシューズがどうしてもサイズ合わない」

「新品のときはサイズ合ってたのに、履いてたら大きくなった」

リョクシン
そんな方に読んでほしい記事です。

実際にインソールを使用してみて「疲れにくい、サイズがあった、靴ズレしにくい」と大満足です。

コックシューズを使用している方におすすめ!

コックシューズのサイズが合わない原因とインソールが必要な理由

そもそもなんでコックシューズに限らずサイズが合わないのでしょうか?

その理由は、下記になります。

サイズ合わない理由
  • 靴ヒモやマジックテープがない
  • メーカーによってサイズ規格がちがう
  • 同じメーカーでもサイズ設計がちがう
  • 甲ゴムの伸縮性がわるい
  • 月型芯がよわい

詳しく見ていきましょう!

 

靴ヒモやマジックテープがない

基本的には、コックシューズには靴ヒモやマジックテープがありません。

その理由は、安全面と衛生面。

靴ヒモがほどけてしまい、そのヒモを踏んでしまうと転倒してしまう可能性があります。

リョクシン
自分の靴ヒモも他の従業員の靴ヒモを踏んでしまう可能性がありますね。

さらに、靴ヒモが汚れを吸着してしまうことも!

だから靴ヒモはコックシューズ界ではタブーになっています!

リョクシン
ただし、靴ヒモやマジックテープのあるコックシューズも多少はありました。

どのコックシューズを合わせてもサイズが合わない方におすすめ!

 

メーカーによってサイズ規格がちがう

飲食店で働いていれば、制服のコックシューズが変わることがあるでしょう!

値上げやメーカーが廃盤にした、欠品による一時的な変更・・・・

理由はたくさんありますが、コックシューズが変わったときに重要なのはサイズを合わせること!

リョクシン
残念ながら、すべての靴メーカーでサイズ設計が同じではありません。

コックシューズが変わるときは必ず注文前に、本部へサイズ設計を確認するべき。

また他の方法として、その商品のamazonレビューを見ておくことも参考になるでしょう!

 

同じメーカーでもサイズ設計がちがう

先ほど、メーカーによってサイズ設計が違うことを説明しました。

さらにガッカリなことを説明します・・・(笑)

「同じメーカーでも製品によってサイズ設計が異なる!!」

コックシューズでいえば、シェフメイトα-100とシェフメイトα-7000は全然違います。

その理由は、同じシェフイトですが、製造国と工場が違うから。

ハイグリップでいえば、ハイグリップH-700NとハイグリップH-100Nも違うでしょう。

甲ゴムの伸縮性がわるい

甲ゴムというパーツがあります。

指で抑えているところ。

この甲ゴムの伸縮がわるいとサイズ調整しにくいコックシューズといえるでしょう!

ミドリ安全は割と質が高いイメージです。

 

月型芯がよわい

カカトのが画像の部分に、芯のような素材が入っています。

ちょっと浮き出てるのわかりますか?

この芯を靴業界では、「月型芯」と呼びます。

靴ヒモやマジックテープが使用できないコックシューズは、月型芯が重要!

“硬ければよい”わけでも“柔らかければよい”わけでもありません。

カカトにフィットすることが大事!!

非常にむずかしいパーツです。

 

コックシューズに最適なおすすめインソールを紹介!

わたくしリョクシンのおすすめするインソールを紹介!!

下記になります。

おすすめインソール

  • アキレス『ソルボメディ フルインソールタイプ』
  • アキレス『ソルボ スーパーシート』

詳しく見ていきましょう!

 

アキレス『DSISソルボメディ フルインソールタイプ』

ソルボメディは、「へんぺんそく」など足にトラブルのあるヒトに向けたインソール。

なにがよいのかというと、アーチサポート形状だから。

「わたし足のトラブルない!!」という方も、おすすめ。

長時間の立ち仕事をしていると、「へんぺんそく」まで行かなくても、土踏まずがつぶれます。

その土踏まずがつぶれにくいように、サポートすることで疲れにくくなりますね!

 

アキレス『ソルボスーパーシート』

取り外しのできるインソールの付属したコックシューズに向けたインソール。

付属したインソールの下に入れてサイズ調整します。

わずか2mmのインソールですが、クッション性がグーンと向上!!

一時期、上記2つのインソールを2枚入れていました。

本当にクッション性がよくなりますね!

 

 

コックシューズにおすすめなインソールまとめ

今回は、サイズ調整のインソールを説明しました。

むずかしいこと説明しましたが、一番重要なのは、靴の中で滑らないようにすること。

せっかく買った滑りにくいコックシューズの意味がなくなっては勿体ないですから。

わざと大きめのコックシューズを買って、インソールを入れてサイズ調整することでクッション性を向上してもよいかもしれません。

若干、慣れが必要ですが・・・・(笑)

下記簡単にまとめます。

サイズの合わない理由は5つありました。

サイズ合わない理由
  • 靴ヒモやマジックテープがない
  • メーカーによってサイズ規格がちがう
  • 同じメーカーでもサイズ設計がちがう
  • 甲ゴムの伸縮性がわるい
  • 月型芯がよわい

おすすめするインソールは2点。

おすすめインソール

  • アキレス『ソルボメディ フルインソールタイプ』
  • アキレス『ソルボ スーパーシート』
リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズについて詳しく解説しました。

お時間ございましたらご確認よろしくお願いします。

コメントを残す