【アシックスのウィンジョブCP-303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • アシックスのコックシューズについて知りたい方
  • ウィンジョブCP-303について知りたい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

今回は、アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP-303」について解説しました。

結論から申し上げますと、滑りにくさと疲れにくさに優れるコックシューズです。

「疲れにくいコックシューズがほしい」

「転倒事故が現場で発生したことがある」

「ヨコ滑りに対応したコックシューズを探している」

「安全タイプで履きやすいコックシューズがほしい」

そんな方におすすめする製品です。

リョクシン

実際に履いてみて「疲れにくい、ヨコ方向も滑りにくい、安全靴のように芯が入っているとは思えない」と大満足でした。

価格がすこし高いのですが、耐久性も高いのでおすすめします。

 

アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP-303」とは?

アシックスがコックシューズをラインナップしていたのご存知ですか?

今までのコックシューズとは違うデザインと機能性で、さすがアシックスの一言でした。

評価項目詳細
価格¥9,612~
サイズ23.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
コックシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

アシックスは、日本発で世界でもトップクラスのスポーツメーカーです。

オリンピックや各競技の世界大会で見ないことがありません。

アシックスはここ数年、安全靴など働く人に向けた製品を発売していました。

リョクシン

ウィンジョブというシリーズで大人気です。
工事現場をみるとほとんどの人はアシックスを履いているね。

シンコーちゃん

今まで安全靴は、特殊な現場ではない限り、安い製品が主流でした。

しかし、アシックスが参入後に、市場価格は変わっていきます。

高機能であれば高価でもユーザーから受け入れられることがわかりました。

リョクシン

コックシューズもアシックスが参入後に、同じ流れがきています。
当たり前だけど、すこし高価でも仕事が楽になるのであれば良いもんね。

シンコーちゃん

そんなアシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP-303」を履いて感じたメリットデメリットを紹介します。

メリット
  1. 見た目がコックシューズぽくない
  2. 足にしっかりフィットする
  3. マジックテープでフィッティング性アップ
  4. 軽くて強度の高い先芯が入っている
  5. クッション性が高い
  6. 動きやすい構造
  7. アーチサポート形状
  8. α-GELで長時間の疲れにくい
  9. コックシューズ市場でトップの滑りにくさ
  10. 横方向も滑りにくい
  11. 靴底がすり減りにくい
  12. 溝が深くないのでゴミが詰まりにくい
デメリット
  1. 蒸れる
  2. 履きはじめ慣れが必要
  3. 価格が高い

今まで数十種類のコックシューズを履いてきましたが、ここまでメリットが多いのは初めてです。

しかし、それだけの機能は十分に感じることができました。

次項からは、メリットとデメリットに触れながら、画像たくさん使って簡単に解説していきます。

 

↑目次へ戻る↑

アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP-303」をレビューします。

ここからは、アシックスのコックシューズ「ウィンジョブCP-303」について解説。

詳しく解説するためにパーツ別に見ていきましょう。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

なるほどー!

これで靴のパーツについて理解できました。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは、次項からウィンジョブCP-303をパーツ別に、先ほどメリットとデメリットに触れながら解説していきます。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずアッパーから見ていきます。

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性や足へのフィッティング性耐久性やけど対策が求められます。

ウィンジョブCP-303は、一般のコックシューズとは異なるデザインと機能でした。

まず、一見コックシューズっぽくないのが良いですね。

足にフィットするモノソック構造

履き口には、モノソックというストレッチ素材がありました。

モノソックにより足にしっかりフィットします。

ただし、履き始めは硬いので慣れないかもしれません。

マジックテープで更にフィッティング性アップ

コックシューズではめずらしいマジックテープがありました。

マジックテープはフィッティング性がアップします。

しかし、衛生面で気になりました。

履いてみてわかったのですが、貼る側の方より貼られる側の方が小さいので、汚れにくいのでよいですね。

つま先に安全靴のような芯が入っている

アシックス ウィンジョブcp-303 1年後レビュー

つま先に安全靴のように先芯が入っていました。

包丁など落としても刺さりにくいためです。

先芯の強度は、JSAAという安全靴に関係する安全性を保障する団体があるのですが、その基準で最高の安全基準をクリアしていました。

アッパーまとめ

  • メリット①:見た目がコックシューズぽくない
  • メリット②:足にしっかりフィットする
  • メリット③:マジックテープでフィッティング性アップ
  • メリット④:軽くて強度の高い先芯が入っている
  • デメリット①:蒸れる
  • デメリット②:モノソックが履きはじめ慣れが必要

どのコックシューズでも同じですが、蒸れやすいとは感じました。

先芯ですが、入っていることを忘れさせるくらいに軽く感じます。

 

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて解説します。

クッションは足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性に大きく関係します。

ウィンジョブCP-303のクッションは、本当に疲れにくかったです。

素材は、EVAという配合で機能性が大きく変わる素材。

リョクシン

履き心地のよい配合でした。

くじきにくい形状

クッション素材に厚みのある厚底ですと、足をくじく可能性があります。

画像のとおり、クッション素材が靴底にいくに連れて広がった形状になっているのでくじきにくい。

SRBインソール入り

アシックスのスポーツシューズに採用されているSRBインソールが入っていました。

SRBがなんの略だったかを展示会でアシックスの営業の方に5回くらい聞いたのですが、また忘れましたねw

このインソールが立ち居や歩行時の足のポジションを正しくしてくれます。

動きやすい

クッション素材にフレックスグルーヴという切れ目が入っています。

つま先側が重要で、しゃがんだ時や歩くときに活躍。

これがないと、新品のときに足がアッパーに当たって痛いですね。

α-GELで疲れにくい

アシックス α-GEL

カカトの下あたりにα-GELというシリコン状のクッション素材が入っていました。

シリコンのため、クッション素材が潰れにくく、クッション性が長続きします。

リョクシン

クッション素材は複数の素材を使用することで衝撃が吸収されます。

EVAとシリコンを使用しているので疲れにくさを感じました。

クッションまとめ

  • メリット⑤:クッション性が高い
  • メリット⑥:動きやすい構造
  • メリット⑦:アーチサポート形状
  • メリット⑧:α-GELで長時間の疲れにくい

クッション性は他のコックシューズと比べ物にならなかったですね。

本当に疲れにくいです。

 

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツです。

滑りにくさに大きく関係するパーツ。

コックシューズにとって重要なパーツですね。

シンコーちゃん

滑りにくさナンバー1

ウィンジョブCP-303の滑りにくさはコックシューズ市場でトップでした。

今まで数十足のコックシューズを履いてきましたが、圧倒的です。

滑りでお困りの方に超絶おすすめ!

横方向にも滑りにくい

アシックス ウィンジョブcp-303 靴底の拇指球下

今までのコックシューズはヨコ方向でも滑りにくい製品がありませんでした。

ウィンジョブCP-303は、ヨコ方向で滑りにくいです。

また、画像は1年くらい履いた靴底なのですが、全然すり減っていません。

アシックス ウィンジョブcp-303 カカトの靴底のすり減り

カカトもこの程度でした。

床と使用頻度にもよりますが、すり減りにくいのは確かです。

さらに、溝が深くないので、ゴミが詰まりにくいのもよいところ。

靴底まとめ

  • メリット⑨:コックシューズ市場でトップの滑りにくさ
  • メリット⑩:横方向も滑りにくい
  • メリット11:靴底がすり減りにくい
  • メリット12:溝が深くないのでゴミが詰まりにくい

スポーツメーカーのアシックスさんがここまで滑りにくい靴底を開発できると思っていませんでした。

労災対策に最適でしょう。

 

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブCP-303のレビューをまとめます。

当記事ではアシックスのウィンジョブCP-303について解説しました。

スポーツシューズの技術も感じることができたコックシューズです。

圧倒的な疲れにくさを感じることができました。

料理人さんの場合、営業後に新メニューを考案や試作するとお聞きします。

仕事終わりに疲れをいかに残さないかも重要ですね。

ぜひ、ウィンジョブCP-303を履いていただき仕事のご負担を減らして快適にお仕事しましょう。

それでは、簡単に記事をまとめます。

アシックスのウィンジョブCP-303を履いて感じたメリットは12個ありました。

メリット
  1. 見た目がコックシューズぽくない
  2. 足にしっかりフィットする
  3. マジックテープでフィッティング性アップ
  4. 軽くて強度の高い先芯が入っている
  5. クッション性が高い
  6. 動きやすい構造
  7. アーチサポート形状
  8. α-GELで長時間の疲れにくい
  9. コックシューズ市場でトップの滑りにくさ
  10. 横方向も滑りにくい
  11. 靴底がすり減りにくい
  12. 溝が深くないのでゴミが詰まりにくい

デメリットは下記になります。

デメリット
  1. 蒸れる
  2. モノソックが履きはじめ慣れが必要
最後まで読んでいただきありがとうございました。 下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

コメントを残す