ワークマンだけじゃない!妊婦さんにおすすめマタニティー靴

こんな方におすすめ

ワークマン以外のおしゃれなコックシューズをお探しの方

ワークマンで欠品していてお困りの方

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです

ワークマンのマタニティーシューズ『CB400』人気ですね。

マタニティーシューズとは、妊婦さんが履く滑りにくいスニーカー。

CB400は、マタニティーシューズではないんですけどね(笑)

CB400は、コックシューズを基本にした滑りにくいスニーカーです。

今回は、ワークマン以外にもあるおしゃれなコックシューズを紹介。

「ワークマンのCB400が人気で欠品して困っている」

「他の人と同じモノが嫌・・・」

「滑りにくいスニーカーがほしい」

そんな方にオススメします。

 

なぜワークマンのコックシューズが人気なのか?

なぜ、ワークマンのコックシューズが人気なのでしょう。

それは、滑りにくいから。

とくに雨の日はグリップして転倒の可能性が少なくなると思います。

転倒の可能性が低いのは、妊婦さんには重要なこと。

だからマタニティーシューズとしてヒットしたのでしょう。

 

靴屋さんのスポーツメーカーのスニーカーではだめなの?

靴屋さんのスニーカーではダメなのでしょうか?

ABC-MARTや東京靴流通センターなどありますね。

結論から申し上げますと、「滑る可能性が高い製品が多い」でしょう。

理由は、ナイキやアシックス、ニューバランスなどのスポーツメーカーの靴は滑るから。

スポーツって滑ることも重要。

例えば、テニスは若干滑りながら、打球ポイントへ向かいます。

コックシューズのように滑りにくいと逆に転倒してしまうでしょう。

「つんのめる」というですかね。

スポーツは滑りもコントロールできる靴底でなくてはいけません。

「滑りたいときに滑り、止まりたいときに止まる」

↑スポーツシューズには、そんな感じの設計思想があります。

スポーツメーカーの靴底のほうが実は難しいんですけどね!

マタニティーシューズでは、滑りたいシーンなどありません

妊婦さんにとって、余計な機能のないワークマンのコックシューズが注目が集中。

よって、妊婦さんに人気になったのでしょう!

 

ワークマン以外のおすすめマタニティーシューズ(コックシューズ)

ここからは、ワークマン以外のマタニティーシューズとして履けるコックシューズを紹介!

コックシューズの中では、おしゃれな部類の製品ですね!

下記になります。

おしゃれなコックシューズ

  • ハイグリップH-230D
  • シェフメイトα-4000 ピンク

詳しく見ていきましょう!

 

①ハイグリップH-230D

メリット
  1. 見た目がよい
  2. 滑りにくい
デメリット

履き始め硬い

どうでしょうか?

かっこよくありませんか?

これコックシューズですよ!

ローファーにしか見えませんね。

製造しているメーカーはミドリ安全。

ミドリ安全は、コックシューズのシェア№1。

滑りにくさには自信のあるメーカーです。

↑ブラウンもありました!

 

②シェフメイトα-4000 ピンク

メリット
  1. 見た目がよい
  2. 滑りにくい
  3. 壊れにくい
  4. 手を使わなくても履ける
デメリット

長時間の立ち姿勢には向かない

シェフメイトα-4000は、日本製の丈夫なコックシューズ。

すこし靴底が薄いのが特徴!

靴底が薄いことで動きやすいので、動きの多いお店にオススメです。

マタニティーシューズですが、クッション素材は、薄い製品がおすすめ!

つまり『シェフメイトα-4000』ですね!

その理由ですが、厚底のコックシューズでは、転倒の可能性があるからです。

厚底になることで、足首を「挫く(くじく)」可能性が高い!

妊婦さんにとって転倒は絶対に避けたいところ。

クッション性がよいからと言って、厚底の靴を選ぶのはやめましょう!

しかし薄い底のデメリットとして、長時間の満員電車のような立ち姿勢が多いと疲れます。

 

注意

コックシューズはあくまでキッチンで滑りにくい靴。

凍結した路面や雪の上では、十分にグリップしません。

雨の日にはオススメします。

冬場の凍結路面には効果がありませんので注意しましょう。

 

 

まとめ

当記事では、『ワークマン以外でマタニティーシューズとして履けるコックシューズ』を紹介。

安全性を考慮すると、薄底のコックシューズがオススメです。

妊婦さんにとって一番避けたいのは、転倒ですから。

さらに、手を使わずに履けるにも重要なポイント。

ぜひ、検討してみてください。

下記、簡単に記事をまとめます。

ワークマン以外でマタニティーシューズにおすすめするコックシューズは2点

おしゃれなコックシューズ

  • ハイグリップH-230D
  • シェフメイトα-4000 ピンク
メリット
  1. 見た目がよい
  2. 滑りにくい
デメリット

履き始め硬い

メリット
  1. 見た目がよい
  2. 滑りにくい
  3. 壊れにくい
  4. 手を使わなくても履ける
デメリット

長時間の立ち姿勢には向かない

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願いします。

 

「もっとコックシューズについて知りたい!」

そんな方にオススメな記事があります。

コックシューズを徹底解説しました。

【徹底解説】https://worksneaker.com/コックシューズの選び方とおすすめ商品!/

 

また、Amazonでは無料試着ができるプライムワードローブというサービスを開始!

コックシューズってサイズ合わせるのが難しいので超絶オススメなサービスです。

プライムワードローブについて解説しました。

【関連記事】https://worksneaker.com/amazon-prime-wardrobe-コックシューズ/

よろしくお願いいたします!

コメントを残す