【妊婦さんにも最適】ワークマンのファイングリップシューズFG410

こんな方に読んでほしい
  • ワークマンのマタニティーシューズについて気になる方
  • ファイングリップFG-410について知りたい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコー(@shinko_sneaker)です。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、ワークマンで販売されているファイングリップFG410について解説します。
ワークマンで話題のおしゃれなコックシューズだね。

ファイングリップFG-410はおしゃれコックシューズの第2弾でした。

シンコーちゃん

リョクシン

「滑りにくい靴がほしい」

「ファイングリップCB400の別カラーの製品がほしい」

「雨の日にすこし濡れも大丈夫な靴がほしい」

「女性で雨の日に滑りにくい靴がほしい」

そんな方におすすめな製品です。

人気なことはわかってるけど、実際のところを知りたいよね。

シンコーちゃん

リョクシン

実際に、購入してみて「サイズ展開が少ない、CB400と比べて重い、CB400よりも耐水性は高い」という印象。

CB400と比較してみて、正直なところCB400の方がおすすめですね。

ということは、CB400を使用していて、別のデザインがほしい方におすすめかな?

あと、CB400のデザインが気に入らない方ですね。

シンコーちゃん

リョクシン

その通り!

次項から徹底解説していきましょう!

 

注意

ワークマンのみならず、コックシューズはあくまで水や油への滑りに対応しています。

冬場の凍結路面には対応していません。

 

【ワークマン】ファイングリップFG410とは?CB400との違いも解説!

リョクシン

前述のとおり、ワークマンのファイングリップFG-410はおしゃれなコックシューズ仕様のスリッポンです。
キッチンで使用するのは、向いていないかな?

シンコーちゃん

リョクシン

そうだね。

通常のコックシューズとは異なり、表面がデコボコなデザインなので、汚れがたまるから注意が必要。

なるほど!

ちなみに、なんでワークマンのコックシューズとかファイングリップが妊婦さんに人気になったんだっけ?

シンコーちゃん

リョクシン

実際に、人気になったのはTwitterで拡散されたことが原因なんだよね。

価格は安いし、長靴に比較して軽いし、滑りにくさに特化した靴だから。

実は、意外にも靴屋さんに売っているスニーカーや長靴って、滑りにくさに特化していなかったんだ。

その結果、コックシューズを初めて履いた一般の人からすると、雨の日のグリップ力に驚いたんだろうね。

あーそうだった。

リョクシン言ってたね。

靴屋さんに売っているスニーカーのほとんどが、スポーツシューズにルーツがあって・・・

スポーツシューズは、「滑りたいときに滑って、止まりたいときに止まる」という靴底が多い。

滑りにくさだけに、特化させた靴底が以外にもなかったんだよね。

シンコーちゃん

リョクシン

そのとおり!

コックシューズの靴底には、溝が多くあって、スポーツシューズにそのような溝の多い靴底を採用してしまうと、土とか石ころが詰まってしまう。

だからなかったんだね。

ワークマンは初めてツイッターで拡散された時は、想定外だったんじゃないかな?

今回のファイングリップFG410は、人気製品ファイングリップCB400の新モデルでしょ?

その違いとかってあるの?

シンコーちゃん

 

ファイングリップFG410とCB400の違い

リョクシン

ファイングリップFG410とCB400の違いは、下記になります。
FG410とCB400の違い

  • 表面素材(ポリウレタンと塩化ビニール)
  • 靴底の形状
  • サイドゴアか甲ゴムか
  • サイズラインナップ
うーんと、リョクシン・・・

これだけだと、全然わからないよ・・・

シンコーちゃん

リョクシン

確かに、説明不足すぎたね・・・

実は、次項からファイングリップFG410のメリットとデメリットを解説するから、そこでCB400との違いに触れながら上記に触れて行くとするよ!

そっちの方がわかりやすいからね。

ファイングリップCB400について知りたい方は、下記リンクからどうぞ!

シンコーちゃん

 

 

ワークマンのファイングリップFG410のメリット紹介!

リョクシン

ここからは、ワークマンのファイングリップFG410のメリットについて解説!

下記になります。

メリット
  1. 耐水性がある
  2. 滑りにくい
  3. おしゃれ
  4. 取り外し可能なインソール入り
詳しくみていきましょう。

シンコーちゃん

 

耐水性がある

リョクシン

ファイングリップFG-410のアッパー素材は、塩化ビニールという素材。

PVCと略されて言われることも!

よくわからないけど、コックシューズって防水ではないけど、ある程度の防水性が必要じゃない?

だから、その塩化ビニールを使用するのは、普通なことじゃないの?

シンコーちゃん

リョクシン

実は、他のメーカーに多いのがポリウレタン素材なんだ。

ポリウレタンは耐水性は、実はそこまで高くない。

例えば、ポリウレタンのアッパー素材のコックシューズを濡れたまま置いとくとするじゃない。

そしたら、ポリウレタンは加水分解と言って、ボロボロになって破損してしまうんだ。

あっ確かに!

前に使ってたコックシューズは、使用後に乾拭きしてなかったら、すぐに割れて破損しちゃったよ。

シンコーちゃん

リョクシン

そう!それだね。

ポリウレタンにもランクがあって、加水分解しにくいモノもある。

でも基本は、加水分解という現象が起きることがあるんだ。

塩化ビニールは、レインウェアや漁師さんが着るウェアにも採用されているし、基本は耐水性を出したい製品には使用されるくらいの素材。

そこまで高くないし、耐水性を出したい時は、持ってこいだね。

 

滑りにくい

リョクシン

ファイングリップFG-410は、滑りにくい靴底を使用していたよ。

雨の日に履くくらいなら丁度よいんじゃないかな?

さっき言っていたとおり、普通のスニーカーよりコックシューズは滑りに特化しているんだよね。

シンコーちゃん

リョクシン

そのとおり!

ファイングリップFG410もCB400も同じようなグリップ力なんじゃない。

いずれにせよ、キッチンで履くわけじゃないから、目視で見た感じは、普通のスニーカーよりは滑りにくいと思うよ。

 

おしゃれ

リョクシン

ファイングリップFG410の良いところは、明るいカラーなこと。

今までだと、CB400のブラックの次が、普通のコックシューズのホワイトしかなかったね。

このディンバーランドみたいな色合いって意外とコーデしやすいから、良いかもね。

コックシューズのホワイトカラーを白スニーカーとして履くのは、厳しいしw

やっぱり白スニーカーってスポーツシューズのメーカーが、コスト出して発色よくしているから、ちょっと差が出ちゃう。

シンコーちゃん

リョクシン

そうそう。

ティンバーのこのカラーってジーンズやカーキのパンツにも合うし、楽だよね。

 

取り外し可能なインソール入り

リョクシン

ファイングリップFG410は、取り外しのできるインソールが入っていました。
取り外しのできるインソールって何がよいんだっけ?

シンコーちゃん

リョクシン

え、もう忘れちゃったの?

そうやって、男の人もどんどん忘れて行くんだろうな。

全然意味がわからない・・・

なんか毎回ちょいちょい要らないの入れなくて良いから。

インソールの話をしてよ。

シンコーちゃん

リョクシン

えーと。

インソールなんだけど、入っているインソールが良いって訳ではなくて。

取り外しできるってことは、インソールを入れることが前提で設計されていることが良いんだ。

つまり、他でインソールを購入して入れても、サイズ感が合いやすいからね。

初めからそうやって、教えてよね。

シンコーちゃん

 

ワークマンのファイングリップFG410のデメリット解説!

リョクシン

ここからは、ファイングリップFG410のデメリットを解説します。
まったくデメリットのない製品なんてないからね。

シンコーちゃん

リョクシン

とくに、FG410との比較メインのデメリットになります。
デメリット
  • すこし重い
  • 動きが悪い
  • サイズ展開が少ない

リョクシン

それぞれ1つ1つ簡単にみていきましょう。

 

すこし重い

リョクシン

前述のとおりに、ファイングリップFG410は、アッパーに塩化ビニールを使用しています。

塩化ビニールは、中身の配合を変更すれば、軽くなりますが、ポリウレタンには劣るかなと。

あと軽量化することで、塩化ビニールが汚れやすくもなるみたい。

そうなんだ。

ポリウレタンの方が、軽量なんだね。

シンコーちゃん

リョクシン

まぁーそうだね。

同じ価格帯だとその傾向があるでしょう。

耐水性は、塩化ビニールの方が高いんだけど、重量感は、ポリウレタンかな。

 

動きが悪い

リョクシン

上記の続きで、ファイングリップFG410のアッパーの方が動きが悪いかなと。
動きが悪いってどういうこと?

シンコーちゃん

リョクシン

歩くときに、靴も足と同時に、曲がるでしょ?

とくに、歩くときの蹴り出しかな!

あーなるほど!

その屈曲というか靴も曲がるもんね。

その曲がりがあまりよくないってことかな?

シンコーちゃん

リョクシン

大正解!

塩化ビニールって動きにくさはあるんだ。

だから、コックシューズはアッパーにポリウレタンを使用するんだね。

ポリウレタンは、コックシューズのみならず、スポーツシューズや一般のスニーカーにも多く使用されている。

つまりファイングリップCB400の方が動きやすいってことだね。

シンコーちゃん

 

サイズ展開が少ない

リョクシン

ファイングリップFG410の最大のデメリットはサイズ展開が少ないこと。
なるほど!

23.0cmとかではなく、S、M、Lと行った表記になっているね。

シンコーちゃん

リョクシン

コックシューズは、スリッポンという形状なんだ。

スリッポンっていうのは、靴ヒモやマジックテープなどのサイズを調整するパーツがない靴。

ということは、それだけ足と靴のサイズを合わせるのが大変な靴なんだね。

なるほど!

スリッポンなのに、サイズ展開がアバウトだから女性なら誰でも履けるって訳ではないのかな?

シンコーちゃん

リョクシン

そうだね。

女性は、サイズ感や履き心地よりも、デザインなど見た目で選んでしまう傾向があるんだ。

だからこそ、安いからと行ってサイズを大体で選んでしまうと足にトラブルを抱える可能性もあるでしょう。

もし、ファイングリップFG410とCB400で迷われているのであれば、CB400を強くおすすめします。

サイズ展開が多く、足に合わせやすいからですね。

注意

ワークマンのみならず、コックシューズはあくまで水や油への滑りに対応しています。

冬場の凍結路面には対応していません。

 

まとめ:ワークマンのファイングリップはFG410よりCB400

リョクシン

当記事では、ファイングリップFG-410について解説しました。
結論としては、ファイングリップFG410よりCB400がおすすめかな?

シンコーちゃん

リョクシン

そうだね。

サイズ感も多いし、靴自体が動きやすい。

また、軽量なこともおすすめなポイント!

とくに、妊婦さんはアッパーが動きやすいCB400の方が履きやすいかもね。

シンコーちゃん

リョクシン

そうそう。

あと、サイドゴアだから足を靴の中に滑らせて入れやすいんだ。

なるほど!

じゃーファイングリップCB400にしようかな!

シンコーちゃん

リョクシン

それでは、簡単に記事をまとめます。
ファイングリップFG410とCB400の違いは、下記の4つです。

シンコーちゃん

FG410とCB400の違い

  • 表面素材(ポリウレタンと塩化ビニール)
  • 靴底の形状
  • サイドゴアか甲ゴムか
  • サイズラインナップ

リョクシン

ファイングリップFG410のメリットは、下記の通り!
メリット
  1. 耐水性がある
  2. 滑りにくい
  3. おしゃれ
  4. 取り外し可能なインソール入り

リョクシン

デメリットは3つありました。
デメリット
  • すこし重い
  • 動きが悪い
  • サイズ展開が少ない
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「ワークマンのコックシューズ以外で、マタニティーシューズについて知りたい」

そんな方に向けて、ワークマン以外のコックシューズでマタニティーシューズになりそうな製品を紹介しました。

リョクシン

 

リョクシン

「ワークマンのコックシューズ以外で、安いスリッポンについて知りたい」

そんな方に向けて、安いスリッポンについて解説しました。

 

コメントを残す