【解説】クロックス厨房靴のハイスペック『ビストロプロ』紹介

こんな人に読んでほしい
  • クロックスの厨房靴(以下:コックシューズ)を検討している方
  • 滑りでお困りの方。
  • 足が疲れてお困りの方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、クロックスの厨房シューズ『ビストロプロクロッグ』を紹介!!

「足が疲れにくいコックシューズがほしい」

「コックシューズが滑って困る」

「クロックス履いているけどサイズ調整したい」

そんな方にオススメできる製品です。

 

ビストロプロクロッグは、『ビストロクロックス』のハイスペック品。

なんと、クロックスはコックシューズを2種類もラインナップしていたんですね!

正直、気が付きませんでした(笑)

今回は、そんな『ビストロプロクロッグ』について紹介します。

 

ビストロプロクロッグとは?

ビストロプロクロッグは、サンダルで有名なクロックスのコックシューズ。

ビストロクロックスというクロックスの製品の機能性を高めた商品です!

おそらく、大ヒット製品の『ビストロクロックス』を販売する中で、改善点が見つかりラインナップしたのでしょう!

価格もビストロクロックスとそこまで差がなく、普段ビストロクロックスを履いている方は試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ビストロプロクロッグのメリット

ここからは、ビストロプロクロッグのメリットを紹介!

下記、4つのメリットになります。

メリット
  1. 『Dual Crocs Comfort™』で疲れにくい
  2. カカトのサイズ調整ができる
  3. 滑りにくい
  4. かっこいい

詳しくみていきましょう!

 

1、『Dual Crocs Comfort™』で疲れにくい

Dual Crocs Comfort™で疲れにくいです。

Dual Crocs Comfort™は、通常のビストロクロックスのクッションを向上させた素材。

ビストロクロックスは、1層のクッション素材でした。

Dual Crocs Comfort™は、クッション素材を2層に分けています。

よって、体重圧を1層式よりしっかり支えることができるでしょう!

実際に、Dual Crocs Comfort™は、足を包み込む感覚があると好評の素材です。

 

 

2、カカトのサイズ調整ができる『ターボストラップ』

ビストロプロクロッグは、カカトにサイズ調整可能なパーツがあります。

その名もターボストラップ!

ターボストラップによって、クロックスの弱点であるフィッティング性をサポート。

脱ぎ履きする必要がないキッチンだけの方にも最適です。

また、脱ぐ履きが多い方は、若干ゆるくすることで脱ぎ履きのしやすさに対応。

 

 

3、滑りにくい

靴底が滑りにくい形状です。

油がたくさんある環境でも滑りにくさを発揮!!

どんなに疲れにくいクッション素材を使っていても、滑っては意味がありません。

滑るコックシューズは、踏ん張ってしまい余計に足を疲労します。

 

 

4、かっこいい

クロックスは、ファッションとしても認知されています。

通常のコックシューズではちょっとデザインが・・・・

ビストロプロクロッグは、使用シーンこそキッチンですが、見た目は外で履くクロックスと一緒です。

お客様の目に足元が入るようなお店の方にオススメ!!

 

5、丸洗いできる。

クロックスは、布製の素材がないため、丸洗いできます。

これは通常のコックシューズでは不可能。

さらに、中性洗剤で洗うこともできるのです。

臭い対策にもあるでしょう!

 

 

デメリット

ここからは、ビストロプロクロッグのデメリットを紹介!!

デメリット

蒸れやすい

クロックスなので、サンダル形状で、歩くたびに靴の中が通気します。

しかし、つま先部分は、防水性を高めた結果、一切布製の素材がありません。

通常のコックシューズにはありますね。

布製の素材がないため、靴自体に空気層がなく、汗や結露の影響をダイレクトに受けることに・・・

慣れない方は、違和感があるかもしれません。

 

 

まとめ

当記事では、ビストロプロクロッグについて説明しました。

ビストロプロクロッグは、サンダルで有名なクロックスのコックシューズ。

デザインやクッション性はそのままにコックシューズとなりました。

ビストロプロクロッグは、そんな厨房用のクロックスの中でもハイスペックな製品。

疲れやすい方や滑ってこまる方にオススメします。

 

下記、簡単に記事をまとめます。

ビストロプロクロッグのメリットは4つです。

メリット
  1. 『Dual Crocs Comfort™』で疲れにくい
  2. カカトのサイズ調整ができる
  3. 滑りにくい
  4. かっこいい

デメリットは1つでした。

デメリット

蒸れやすい。

 

クロックスは、コックシューズの中でもサボシューズという部類。

脱ぎ履きしやすいコックシューズをサボシューズと呼んでいます。

そんなサボシューズが気になる方に向けて詳しく解説した記事もオススメです。

 

コメントを残す