【ハイグリップNHF-700をレビュー】滑りにくくて疲れにくい!ミドリ安全のハイスペック製品

こんな方に読んでほしい

  • ハイグリップNHF-700について知りたい方
  • クッション性の高いコックシューズを探している方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、ハイグリップNHF-700について解説しました。

結論から申し上げますと、コックシューズ市場トップメーカーの最もハイスペックな製品です。

「軽いコックシューズがほしい」

「疲れにくいコックシューズがほしい」

「滑りにくいコックシューズを探している」

「動きやすいコックシューズってあるの?」

そんな方におすすすめするコックシューズです。

リョクシン

実際にはいてみて「推進力がある、滑りにくい、疲れにくい、細かいディテールが綺麗」という感想を持ちました。

滑りでお困りの方におすすめなコックシューズです。

 

大きめで幅が広いです。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:1.0cm小さめ推奨

他コックシューズとの比較 : 0.5cm小さめ推奨

ハイグリップとの比較 : 同じサイズ推奨

ハイグリップNHF-700とは?メリットとデメリットを紹介

ハイグリップNHF-700は、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場でトップシェアのメーカー。

コックシューズをハイグリップシリーズとして多数ラインナップしています。

評価項目詳細
価格¥5,000~
サイズ20.0~31.0cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
コックシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開白・黒
滑りにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
使用環境外食店◎
食品工場◎
給食◯
ラーメン△→湯切りによる
※粉では滑る

ハイグリップNHF−700は、ミドリ安全のハイグリップシリーズで最もハイスペックなコックシューズ。

「滑りにくいは当たり前」がコンセプトで、疲れにくさにも優れる製品です。

リョクシン

滑りにくさを表す数値があるのですが、その数値はダントツで1番とのこと。
疲れにくいのはよいことだね。

シンコーちゃん

ハイグリップNHF-700を履いて感じたメリットデメリットは下記になります。

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. 厚底のクッション
  3. 反発力のあるクッション素材
  4. 滑りにくい靴底
デメリット

薄手の靴下はフィットしにくい

メリットとデメリットの一覧では自分に合った製品か分かりにくいと思います。

次項では、画像をたくさん使って詳しく解説しました。

ぜひ、お読みいただきコックシューズ選びの参考にしてみてください。

 

サイズ感は、大きめで幅が広いです。

 

↑目次へ戻る↑

ハイグリップNHF-700をレビューします。パーツ別に細かく解説

ここからは、ハイグリップNHF-700について詳しく見ていきましょう。

詳しく見ていくために、パーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

なるほど!

これで靴のパーツについて理解できました。

シンコーちゃん

リョクシン

それでは次項から、ハイグリップNHF-700について先ほどのメリットとデメリットに触れながら、パーツ別に見ていきます。

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずアッパーについて見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツです。

通気性フィッティング性耐久性やけど対策が求められるパーツ。

ハイグリップNHF-700のアッパーには目立った機能は感じられません。

しかし、細かいディテールが綺麗だと感じました。

甲ゴムが綺麗

足の甲あたりのアッパーをめくると甲ゴムという部位が出てきます。

甲ゴムは、靴ヒモやマジックテープがないコックシューズにとって、サイズ調整で重要。

伸縮性ゴムの質が問われます。

リョクシン

ミドリ安全のハイグリップシリーズは基本的に、甲ゴムが綺麗ですね。

上記の画像は、別メーカーの製品ですが、糸がほつれていますね、

ミドリ安全のハイグリップシリーズは20足以上購入していますが、糸ほつれは、1足もありません。

糸がほつれるとカビの発生や異物混入になる可能性があるので気をつけましょう。

シンコーちゃん

月型芯がしっかりしている

画像では見えにくいのですが、アッパーのカカト部分に月型芯という素材が入っています。

カカトの形状を作り出すのがメインですが、フィッティング性にも大きく関係する部位。

ミドリ安全のハイグリップシリーズは基本的に、この月型芯がしっかりしています。

リョクシン

甲ゴムに引き続きこのあたりの細かい品質の高いのがミドリ安全のコックシューズ。

アッパーまとめ

  • メリット①:細かいディテールが綺麗
  • デメリット①:薄手の靴下だとフィットしにくい

ビジネスソックスで履いたことがありまして、その時まったくフィットしませんでした。

 

女性の方でしたら、ストッキングやタイツではフィットしないと思います。

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地クッション性が求められます。

厚底で疲れにくい

ハイグリップNHF-700のクッションは厚みのある厚底です。

厚底は、クッション性が高く、立ち仕事でもしばらく疲れにくい。

高反発な素材

歩くとわかるのですが、歩行をサポートするかのような感覚を覚えます。

それはクッション素材のEVAの配合に秘密がありました。

配合を高反発にすることで、動きやすさを生み出しているわけですね。

クッションまとめ

  • 厚底のクッション
  • 反発力のあるクッション素材

会社へ出勤するときに、電車遅延で遅刻しそうになったときに、走ったのですが、ハイグリップNHF-700を履いたら早く走れましたね。

そのくらいに反発力を感じます。

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに大きく関係するパーツで、コックシューズにとって重要です。

ハイグリップNHF-700の靴底は、滑りにくさMAXです。

実際に滑りにくさを数値で表す実験があるのですが、その数値は圧倒的にナンバー1とのこと。

土踏まずの部分までゴム素材

滑りにくさの秘密は、靴底のゴムの面積が多いこと。

他メーカーの製品と比較すると一目瞭然ですね。

真ん中の土踏まずの部分まで、ゴム素素材がありました。

床と接地する面積が広い方が滑りにくので、こういった靴底になったのでしょう。

靴底まとめ

  • メリット④:滑りにくい靴底

本当に滑りにくさを感じます。

転倒事故が発生したお店の方に、ハイグリップNHF-700は最適だと感じました。

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:ハイグリップNHF-700は、ミドリ安全の最もハイスペックな製品

当記事では、ハイグリップNHF-700について解説しました。

ハイグリップNHF-700は、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全はコックシューズ市場でトップメーカー。

そのミドリ安全のコックシューズの中で最もハイスペックな製品になります。

滑りにくさと疲れにくさ、動きやすさに優れるコックシューズでした。

滑りや疲れでお困りの方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ハイグリップNHF-700のメリットは、4つありました。

メリット
  1. 細かいディテールが綺麗
  2. 厚底のクッション
  3. 反発力のあるクッション素材
  4. 滑りにくい靴底

デメリットは、1つです。

デメリット

薄手の靴下はフィットしにくい

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:1.0cm小さめ推奨

他コックシューズとの比較 : 0.5cm小さめ推奨

ハイグリップとの比較 : 同じサイズ推奨

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

コメントを残す